2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【台風が行くから】野田民主党研究第456弾【注視しよう

644 :日出づる処の名無し:2012/08/27(月) 21:26:21.61 ID:s+rHgixY
ゴー宣道場 時浦兼

政府が尖閣諸島の9月中の国有化も視野に、
地権者側と本格的な交渉に入ったそうです。
地権者側も、柔軟姿勢を見せていて、
交渉は順調に進んでいるらしいです。

おやおやおやー!?
地権者は「国は信用できないから、石原都知事にしか売らない」
と強硬に言ってたんじゃないですか?
なぜ、いつの間に「柔軟」になったんでしょうか?
中国側の強硬姿勢や活動家の上陸などの事態を踏まえ、
国による管理の必要性を感じたから・・・なわけはないですよね。
んなことは今始まったこっちゃない。
地権者側と石原都知事側の交渉は現在協議が停滞しており、
今月中旬には石原知事との会談予定もキャンセルしたそうです。
で、協議が停滞している理由が
「買い取り額が定まらない」などだそうです。
東京都には既に寄付金が14億4000万円集まっていて、
都は買い取り額として15億円程度を提示していたようです。
これに対して国は20億円を提示したそうです。
「柔軟姿勢」の理由、露骨にわかりますね。


313 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)