2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

麻生太郎大臣が香港メディア記者を馬鹿にし国際問題に [転載禁止]©2ch.net

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/21(火) 23:34:46.28 ID:ffOTZ3lw0
麻生氏、会見で海外メディア嘲り「爆笑」 世界に恥さらす
http://news.livedoor.com/article/detail/10023897/

問題発言は「粛々」だけではない。麻生太郎財務相は4月3日の会見で、
海外メディアの記者を「嘲笑」している。

 問題のやりとりは、香港・フェニックステレビの李ミャオ(※)記者との間で
交わされた。手を挙げて、自分の所属を告げると、麻生氏は「あ? 
フェニックス?」と言って大爆笑。記者や財務省の官僚も一緒になって笑い、
その場で問題視する記者はいなかった。

「笑われる理由が分からず、からかわれた気持ちで、いたたまれなくなりました」

 と李さん。しかし、こらえて質問を続け、アジアインフラ投資銀行(AIIB)に
日本が参加しないことに野党から批判が出ている点について、コメントを求めた。
海外メディアでなくても聞きたい話だが、麻生氏は不参加の理由を語る前に、
いきなり中国批判を展開した。「うちは野党が何でも言う。うちは共産党では
ないから。共産主義ではありませんから。中国と違って何でも言えるいい国
なのです、日本は。それでパクられることもありませんし、いい国なのだと私は
思っていますよ」

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/21(火) 23:35:36.29 ID:ffOTZ3lw0
●SNSで発信し中国でも話題に

 筆者は会見に出ていないので、これは李さんから見せてもらった録画の
内容だ。李さんは、このことを中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でつぶや
き、いま中国のネット上で話題を呼んでいる。

 フェニックスは、言論の自由がある香港に本社を置くテレビ局だ。李さん
は中国人だが、慶応大学を卒業し、日本滞在歴は18年。新華社など
中国の官製メディアで働いたことはない。

「フェニックスで私はAIIBの透明性について『中国から回答を得られない』と
いった麻生さんの談話も映像で流しています。ほかの中国メディアとは一線
を画し、理性的でバランスの取れた報道を心がけ、日本の主張も伝えて
きたつもりなのに、とても残念です」(李さん)

 フェニックスの視聴者は、中国など世界180カ国の2.5億人。政府は
対外発信の強化を唱えているが、貴重な発信源を傷つけてどうするのだろうか。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/22(水) 09:24:12.14 ID:AfCPZJN50
麻生はバカだから本質がよく見える。
賢い野等やマスコミは本質が見えない。
で、どっちが本当に利口なのか?w

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 13:37:13.77 ID:5MBrSeU+0
>>1
麻生は何にも恥をさらしちゃあいないじゃんか。国際問題にもなっちゃあいない。
これで国際問題になりゃあ麻生は大したもんだ。
こんな程度のことをグダグダ言う奴は、バカか、玉無しか、自虐サヨだろ。
ったく話にもならない女の腐ったみたいな野郎だ!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 18:48:07.82 ID:cqz/urcA0
>>4
確かに、麻生程度の雑魚が何を言おうと
「恍惚爺さんの戯れ言」にしかならんもんなw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/05/12(火) 14:12:31.37 ID:7M5Os+k80
中川昭一財務大臣を殺したゴミリカに、米国債売却で報復せよ!



2009年2月のG7に出席した中川昭一財務大臣(当時)は、当時南欧諸国の財政危機救済のため日本に対IMF出資を求めていたストロス・カーンIMF専務理事と会談、1,000億ドル(当時約9兆円)の出資を約束した。
私は中川氏とパリでお会いしたり、日本での諸会合で意見交換をする機会があったが、氏は日本の外貨準備ドル資産一辺倒のリスクを心配し、何とかしなくてはと考えていた。
「ドルが何時までも基軸通貨であるとは限らない。日本はドル(アメリカ)と心中してもいいのか」が口癖だった。
中川氏にとってIMFへの1,000億ドルの出資は「渡りに船」であった。
当時の麻生総理と中川財務・金融大臣は1,000億ドルの米国債(米資産)と同額のIMFのSDR(主要4通貨と交換出来る債券)と交換することにより外貨準備から米資産を減らすことに成功したがアメリカは激怒した。
日本は戦後一貫してアメリカの借金(米国債)を買い続け、決して手放さないのでアメリカにしてみれば日本が保有する米国債は一切流通することなく(売られることなく)、また返済の必要もなかった。
ところが1,000億ドルの米国債が日本の外貨準備からIMFに渡るとIMFから流通する可能性が生じる。
結果日本のIMF出資の発表と同時にドルは100円から75.50円に向け急速に下落し始めた。
日本の外貨準備から米資産を減らすことを画策した中川氏と、それに協力したストロス・カーンIMF専務理事は早速R系独占資本から制裁を受けることになった。
中川氏は2009年2月、ローマ(イタリア)でのG7期間中財務省のT国際金融局長、S財務官、Y新聞経済記者(女性)同席のテーブルで睡眠薬入りワインを飲まされ、
その後強引に記者会見会場に連れて行かれ、酩酊記者会見、帰国後中川氏は国際的恥さらしとして財務大臣辞任に追い込まれた。
日本の財務官僚TとSに一連の指示を出していたのはR系独占資本子飼いの世銀総裁ロバート・ゼーリックである。
TもSも所轄大臣の不始末の責任を問われるどころか、Tは財務官に、SはIMF副専務理事に出世した。
一方中川氏はその後不慮の死を遂げることになった。
中川氏のドル資産減らしに協力したストロス・カーン氏はニューヨークのホテル滞在中対女性従業員婦女暴行容疑でNY市警に逮捕・留置された後
本国(フランス)に送還されたが後に原告の女性はある人物に頼まれて偽証したと告白した。
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h27/jiji150511_981.html

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)