2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ天皇は必要なのか、論理的な理由を!

1 :名無しさま:2012/09/02(日) 20:17:27.08 ID:XKgC7gkV
伝統とか外交とか独裁の予防とか、そういうのを抜きにして。

天皇制がなくなった共和制の日本はそれなりにやっていけるのでは?

2 :名無しさま:2012/09/03(月) 05:10:02.95 ID:SKNhiKAS
つか、皇室に政治やらしといたほうが上手くいくんじゃね?っていう人のほうが圧倒的に多いでしょ。

3 :名無しさま:2012/09/03(月) 09:48:31.87 ID:MLF3M62O
それなりにやっていけるが、それは日本ではない。

2672前に神武天皇の即位により 日本と日本人が誕生した。
これが伝説であっても現在の日本人の規範となっており
有史以降は日本を安寧に築いてきた事実そのものである。

天皇家を守ることが日本そのものを守ることと考えて差支えない。
日本人が天皇を失えば、そこに日本は無く、日本人さえいない。
他の国の属領かそれ以下の国になっているということだ。


4 :名無しさま:2012/09/03(月) 20:09:00.25 ID:VM3O/deM
名義貸しとはいえ
日本軍最高司令官もできない一族が上手くいくわけないだろw

5 :名無しさま:2012/09/04(火) 00:15:36.11 ID:oPo5D1eE
スレタイと>>1本文が矛盾してて最高にアホ

6 :名無しさま:2012/09/05(水) 01:25:21.32 ID:9eLJj+Lz
ホントだw

>>1
くるくるパー

7 :名無しさま:2012/09/05(水) 01:43:38.54 ID:wTxjKaiA
日本の政治家が国家元首だったらどう思う?
国民からも尊敬されない日本の政治家が国家元首だと
諸外国から見下されるに決まってる
特にその妻がファーストレディとか(一部を除いて)ありえん
天皇制続行でいいよ

8 :名無しさま:2012/09/05(水) 06:41:25.11 ID:9sBVAK06
民主主義の根幹は「平等」という概念でありこれによって議会制などの多数決が担保される。
しかしながら生まれた環境や容姿、資質など人間が生まれながらにして差異を持つ以上
「平等」という概念は机上の空論であって現実社会でとうてい受け入れられるものではない。

ではなぜ欧州でこのような非現実的な概念による民主主義が誕生したのか?
それはキリスト教を基盤とした「神の元ですべては平等」という思想が存在するからだ。
すなわち日本において民主主義を成立させるためには「天皇」という存在を軸に
すべての国民は平等であるという概念が必要となる。それが天皇の存在意義である。


こんなこと100年以上も前に伊藤博文が語ってる。いまさら言わせんな恥ずかしい。


ちなみにあえて伝統的な価値観を言えば男系で繋がっている天皇は
それをさかのぼれば日本の歴史をさかのぼり、その到達点は日本の誕生に行き着く。

9 :名無しさま:2012/09/05(水) 07:06:07.94 ID:pEicapmX
>>3
天仁仁杵身光天津日嗣天日天皇(ニニギ)は、紀元前200年から100年にかけて
存在していた人物なのに、なぜ? 紀元前660年に拘るのか。


10 :名無しさま:2012/09/05(水) 13:37:59.80 ID:+YmUE6+m
共和制には見逃しちゃならない盲点がある。
たとえばアメリカの大統領選も、結局はキリスト教系の団体が影響力を持ってる。
諸外国にも「キリスト」や「ムスリム」といった名を冠する政党は少なくないし、実際に与党だったりもする。
うっかりすると日本だってそういう状況にならないとは限らない。

日本が曲がりなりにもキリスト国イスラム国、テロ脅威という面倒にあまり深く巻き込まれず外交が出来るのは、
日本人がその両者どちらにも与しない独自の国家元首の下に暮らす人々だから。
そもそも首相が何教だろうと世界のニュースにもならない。

11 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:21:45.78 ID:LSb65mR5
天皇制を廃止すべき理由は100も200もある
天皇制を存続すべき万人が納得する理由は全くない
これは天皇制存続派が理屈ではなく感情で主張しているからだ
俺は個人の感情はいくらでも尊重すべきだと思う
天皇が有難いなら個人でいくらでもありがたがってればいい
だが、個人の感情が万人が関係する政治上の制度になっているのは
国家機関の在り方として明らかに間違っている
それは政治、社会の在り方として誤っている
天皇は退位して下野し伊勢神宮の神主にでもなっているべきだ
人間の自由、平等、尊厳、主権、自治の前には天皇制などという苔の生えた制度は
無用の長物でしかない。

12 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:34:42.98 ID:LSb65mR5
>>8
市民平等の観念はキリスト教由来のものではない。

ヨーロッパではキリスト教以前から平等な民主社会が存在していた。

キリスト教も18世紀まで絶対王政で王様と貴族と聖職者が世の中を牛耳っており
近代より遥かにキリスト教の影響力が強かった中世の方が全く不平等な世の中である。
一方で科学技術の発達等によりブルジョア階級が急速に力をつけてきた
多数者たるブルジョアが実力通りの政治的権利を求め少数者たる特権階級を破り市民社会を誕生させた
市民革命の根本理論となった社会契約説には基本、一切キリスト教の教義は介在していない

お前の理論は天皇制を正当化するためにこじつけた詭弁にすぎない。

13 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:47:00.83 ID:LSb65mR5
中東の女性差別、インドのカースト制等々、世の中には長い歴史がありながらも
現在の倫理観に合致しない制度は沢山あり、それは見直され、人々が乗り越えねばならない
”因習”として認識されている。
長い歴史があることはその制度が社会的に是認される何らの根拠でもない
天皇制はまさにそのような”因習”であって、日本人が乗り越え、克服していかなければならない
前近代の遺物である。

14 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:52:02.67 ID:ElQN73mi
>>1
俺もそんな事考えてたし、
以前、天皇陛下の行列が通ると言う事で
信号待ち10分以上の時は腹がたった・・・

だが韓国の侮辱の件で天皇を調べたら
日本の天皇じゃなくて、世界最強の天皇だったから、もう必要だわ(苦笑)

政治抜き?
いや、抜きは駄目やろ。
あの血筋はマトモな国は敬意を評する。
これ、以外に最強の武器。
馬鹿の韓国はそれが判らんから地雷を踏んだ。

15 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:52:19.07 ID:b7N43Yca
伝統とか外交とか独裁の予防とか、そういうのを抜きにしないで天皇制は必要

16 :名無しさま:2012/09/05(水) 22:59:32.34 ID:rG1oP5sc
天皇制は有史以来常に権力者のための制度だった
現在に至るまで天皇制が国民のためにあった歴史などない

17 :名無しさま:2012/09/06(木) 00:40:36.60 ID:uj0HhxYJ
天皇ってネーミング自体が中二病乙だし、民度とか自意識があがれば地球人の頭から自然消滅するから、罰ゲームだと思ってほっとけ。悔しいけど

18 :名無しさま:2012/09/06(木) 01:57:47.37 ID:RVD0Cwa5

>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど
>悔しいけど

19 :名無しさま:2012/09/06(木) 18:12:59.50 ID:Q2fWnuFf
それが日本には愚民が多く
簡単に自然消滅しないんだよな
80年も前の亡霊に取り憑かれてそれを後の世代に残そうとしている馬鹿な年寄りもいるくらいだから

20 :名無しさま:2012/09/06(木) 21:42:10.93 ID:QuKn3Gnb
>>12
>ヨーロッパではキリスト教以前から平等な民主社会が存在していた。

まさか、奴隷制と軍国主義の婢として誕生したアテネや、共和制ローマの事じゃないよな。

21 :名無しさま:2012/09/08(土) 06:51:17.37 ID:yyKRaLvH
結局洗脳された馬鹿者たちは
論理的理由をひとつも書いてないな

22 :名無しさま:2012/09/10(月) 23:13:04.17 ID:i+nfVk0I
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね 
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね
創価,死ね


23 :名無しさま:2012/09/10(月) 23:14:15.67 ID:+aQX7QjJ
平成天皇が訪韓土下座すれば少しは日韓関係の改善に役立つだろう

24 :名無しさま:2012/09/11(火) 04:16:37.65 ID:uWJTWfvG
>>23
関係修復する理由は、存在しない。
乞食は、乞食へ戻るだけw
日本に在日のいる場所は無い。


25 :名無しさま:2012/09/11(火) 18:25:47.20 ID:L3Rnt6p/
乙武 洋匡 ?@h_ototake
おかげさまで、とても恵まれた境遇だったもので(*^.^*)
RT @Kent_Accu: 自分の境遇を利用してスポーツキャスターとか教師とかやりたい放題やられてる方ですよね?
https:
KK@Kent_Accu 名古屋 Nagoya , Japan
http://twitter.com/Kent_Accu

26 :名無しさま:2012/09/12(水) 01:17:15.54 ID:MfCrkPU5
外交上の効用と独裁の予防については割と論理的な理由だと思うんだけど
なぜ>>1はいきなりこれを除外したのか

27 :名無しさま:2012/09/12(水) 03:02:22.68 ID:2NF6Y4Qy
そもそも>>1本文が
なぜ「抜きにして」なのかを論理的に説明出来てない
だからこのスレは、既に>>1で破綻してるwww

28 :名無しさま:2012/09/12(水) 03:58:32.50 ID:8yP4eCB6
外交で役に立ってるというのは幻想で、今や王のいない国家の方が多いし、先進国見ても、王がいなくてもみんな外交立派にやってるし、王はだいたい自国に籠ってるやん。
それに、現代の多くの立憲君主国家では、君主の権限に制限を加えることで独裁を防いでる。つまり法で独裁は防止できるんだよ。なら、いらないやん。
誰が外交で役に立ってるとか、独裁を防げるとか言ったんだ?
冷静に考えれば嘘だって気付くだろ?


29 :名無しさま:2012/09/12(水) 04:45:32.02 ID:MfCrkPU5
国家元首の地位を象徴天皇という存在によって強力に占拠することには重要な効果がある。

日本において首相は三権の一つである行政府の長に過ぎず、その権限を逸脱した行為は即座に大問題となる。
世界広しの各国大統領は往々にして日本の首相などよりも随分と立派な「実権」を有し、その力を日本の首相などよりも遥かに自由に発動する。
今日において多くの事件は各国君主というよりむしろこの「大統領」という存在に起因し、この制度を如何に整備するかがが世界の課題になっている。
まずこの実情を理解しなければならない。

30 :名無しさま:2012/09/12(水) 05:05:30.82 ID:mz2BU3m1
半大統領制にして首相と大統領で権力を分ければ独裁は予防できる
外交上の効用はそもそも無い

おわり

31 :名無しさま:2012/09/12(水) 06:59:29.92 ID:JvNqcXER
日本のカミである、宮将軍の東武皇帝であり、殿様天皇(身長:約175cm、体重:約64kg,S50生まれ)の命において、この様な男女間の裸体での性行為の撮影は完全禁止している。
理由は出演女性は、殿様へのプレゼントの奉仕ペット女性が、男優がカミだと騙されて出て子作りしているから。秩父宮の子の偽者に気をつけよう。
撮影協力者の男優・監督・カメラマンは完全に逮捕するように。撮影完全停止。八王子、西東京には本物の宮家・御曹司・王子は居ない。
東武皇帝の経歴を勝手に使って、自分が偉いフリをしている偽者も存在している。公に記録が残る所で同じ発言をしない典型的な詐欺なので気をつけよう。
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=series/id=8361/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=maker/id=45067/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=maker/id=4581/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=series/id=1006/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=maker/id=45700/
http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/list/=/release_date=now/sort=date/
これらのポルノAVは偽者の命令なので、本物である私は許していない。これは約束・契約の仕事にならない。
http://www.h4610.com/listpages/177_1.html
[ 東京熱 ]←で検索(URLが直に2chに書けない)
騙された事を知っても自殺はしてはいけない。騙した悪人を倒そう!
世界の王、古くはファラオや仏陀の血を受け継ぐ天皇への奉仕女やポルノAVに数万人使ったり、
受け渡し役が処女を奪ったり勝手に結婚している罪で、諸外国が天誅を下そうと、日本を取り囲んでいる。

32 :名無しさま:2012/09/12(水) 10:23:23.79 ID:cpPbltEV
天皇いらないって言ってる奴は、
世界で陛下よりも慕われる存在になってからほざくべき。

歴史があるんだよ、皇室には。
それは他の国がどれだけ欲しがっても、絶対に手に入れることはできないものなんだ。
日本だけが持っている圧倒的なオリジナリティを、
なぜわざわざ捨てるような真似をせねばいかんのか、理解できないね

33 :名無しさま:2012/09/12(水) 11:24:28.06 ID:eHnjkj+0
>>29
本当は、憲法第一章は、国家の三権を行使する担当者は、国民に存する主権によって、召集され、解散され、任命される公務員に過ぎないと、国民に存する主権と国権との主従性を示す心臓部なんだよね。
利権の力でマスコミを操作し、国民に存する主権を次々毀損するような立法行政判決を行う輩にとっては、憲法第一章は目の上のたん瘤。

第一条で象徴の地位にあるのは天皇とし、日本国の象徴、日本国民の統合の象徴は、父系が日本の出自である象徴としているのも、誤魔化そうと必死。

34 :名無しさま:2012/09/12(水) 19:30:27.26 ID:grKMBiQN
他の国がどれだけ欲しがっても
ったって
いまどきこんなもの欲しがる国なんてねえよ

そのためにかなりの国が国王制度廃止してきてんだから

35 :名無しさま:2012/09/12(水) 23:40:57.33 ID:8yP4eCB6
天皇がいらない伝統的な論拠はもういっぱいあるのに、それでも天皇が皇居から出ていかない。
歳老いてしまった多くの天皇教の信者は頭が固くて、どうしようもない。
どうしたらいいんだ?


36 :名無しさま:2012/09/13(木) 01:26:51.39 ID:Es6wtUR+
今や国会議員は農民中心の平民だらけ、旧藩主の活躍は期待出来ない
天皇くらいしか扇の要にならない
要の居ない国は、内外から侵略にあい滅びるだろう

37 :名無しさま:2012/09/13(木) 10:35:53.20 ID:0qDmpG2R
天皇が居ても、竹島、尖閣諸島、北方領土も取られっぱなしだナ。
リサイクルショップも引き取らないクズだナ。

38 :名無しさま:2012/09/13(木) 11:53:09.59 ID:glJ3yHic
「なぜ人を殺してはいけないのか」という質問に論理的な回答はない
人はそういう世界を選んだだけ
天皇もそうだろう。我々は天皇のいる世界を選んだ

39 :名無しさま:2012/09/13(木) 12:25:53.27 ID:6rDTiQKX
論理的な説明をしようとしたら廃止しなくちゃならなくなる。

40 :名無しさま:2012/09/13(木) 13:30:20.16 ID:Z0pDVilf
国家国民の統合のためにいらっしゃるのだよ、坊や。

41 :名無しさま:2012/09/13(木) 14:21:13.86 ID:saWkRTfz
>>39
天皇制がなくなったら、おれらの楽しみがなくなる。これは大きいかも。
70年前は昭和天皇は神だったから、クズって言ったら、何故か天罰ではなく治安維持法で処刑でしょ?
時代が変わるってすごいことだ。
神だった昭和天皇をクズって言えることは最高に清々しい。


42 :名無しさま:2012/09/13(木) 14:29:56.81 ID:6rDTiQKX
ID:Z0pDVilf それはパーなおめーらだけだ

43 :名無しさま:2012/09/13(木) 15:52:55.37 ID:0qDmpG2R
バカ犬とポンコツだらけの皇賊は存在自体が迷惑。


44 :名無しさま:2012/09/13(木) 17:18:03.19 ID:Z0pDVilf
仙台・米沢・水戸・金沢・岡山・広島・萩・宇和島・佐賀・鹿児島の
旧藩の当主を閣僚とする勅命内閣、首班は徳川将軍家で

平民による衆愚政治にはうんざり天皇の名のもとに幕政復古・連邦回帰を

45 :名無しさま:2012/09/18(火) 16:18:45.75 ID:xyD/W0kg
なんで皇家を維持するのかって言われると単純に「伝統」だから
日本の成立期からずっと存在する一本の芯のような存在だから
伝統工芸をなぜ守るかというとそれが伝統だからだよね?伝統ってのはそれだけで守る対象になるわけ
伝統ってのはその民族のバックボーン だから大事 だから守る
これが納得出来ないのならどんな説明も無意味だよ

46 :名無しさま:2012/09/18(火) 16:23:53.73 ID:xyD/W0kg
あと外交上でも素晴らしいカードになりうるんだよね
ある国を天皇陛下が訪ねるってだけでその国に対する最大限の友好を示せる
まあ威力が大きすぎるカードだからこの前の訪中みたく政府が無能だとうまく使えないんだけど

それとわりと意識してないやつ多いけど天皇陛下って神道の法王だよ?
天皇制廃止って神道の法王なくそうって言ってるのと同義でもあるよ?
国民の大半が信者である宗教の法王廃止って狂ってるのか

47 :名無しさま:2012/09/19(水) 19:55:57.72 ID:nh3++gad
アホかおまえは

他国民は邪教の教祖か戦争責任者の末裔くらいしか思ってないのに
カードになるわけないだろ

洗脳されすぎ

48 :名無しさま:2012/09/19(水) 20:10:54.62 ID:ZIlMpntM
>>47
洗脳されてる国民をどうやって助けるべきか、おれらは本気で考えるべきかもな。


49 :名無しさま:2012/09/20(木) 08:00:11.58 ID:MhiOKYjO
>>47
昭和天皇には戦争の責任はないって連合国側ですら結局は認めただろうが
それに未だに戦争のこと気にしてるのは反日教育してる特亜だけ もう60年も経ってるんだよ?
他国にとってどうこうというよりも日本にとって大事な存在だということが大切なんだよ
例えば暗殺されるとして天皇は替えが今は3人しかいないよね? 1億2000万人も替えがいる首相とは違う
それだけ不幸な事故があったらやべえって人間をその国に送るってことはそれだけの信用の証になるんじゃねえの?

だいたいなんで>>1が伝統や外交抜きでとか言ってるのかが理解できん
伝統的な存在で外交官なのに伝統と外交抜きで天皇の必要性を説明しろっておかしくねえ? 最初からいらねえって主張したいだけにしか見えないんだけど

50 :名無しさま:2012/09/20(木) 21:23:02.65 ID:NtL3ctJA
連合国側は認めても連合国側の民は認めてないわな

日本にとって大事な存在だというより
戦犯や特高警察に先祖が威圧で洗脳されて未だに覚醒していないおまえ個人にとって大事な存在だろ

日本の象徴なんて新規に創ればなんぼでもいるわ

第一今の天皇が外交に役立ったことなど今まで一度もない


51 :名無しさま:2012/09/20(木) 22:17:44.61 ID:m6FDsGJ3
論理的には説明できんが必要と考える人が多いから続いてるんじゃない

52 :名無しさま:2012/09/21(金) 09:14:27.05 ID:dsR+CkVC
天皇廃止したら皇家からGHQが徴収して国庫に入れた財産も返還しないといけないんじゃないの?
今の価値だと数十兆超えるって話だけど
皇室の維持費が200億ぐらいらしいけど数十兆の財産返却するぐらいなら何百年も天皇制続けたほうが財政的にもお得じゃね?
伝統や外交除くと確かに客観的に見た存在意義は神道の法皇ぐらいかもしれないけど廃止するメリットもないんじゃね?

53 :名無しさま:2012/09/22(土) 00:41:15.52 ID:waDH8/9f
天皇制が無くなったら、それは日本じゃないな
日本という国の形ができてからは、すべて天皇がおられる。

54 :名無しさま:2012/09/22(土) 05:24:45.84 ID:hZojCJmV
>>52
その天皇の隠し財産の噂あるよね?
明治からの独裁体制を見れば、税収の一部を恣にピンハネしててもおかしくないもんな。


55 :名無しさま:2012/09/22(土) 18:44:21.72 ID:R2M02rcg
天皇の隠し財産て信者以外の者からも強制的に巻き上げたものだろ

国民投票で祭り上げた一国の象徴なら現行の醜い平面顔家系でもいちおう我慢するが
軍部とそれに洗脳された馬鹿者が発祥させた金体制と同じような世襲体制なら廃止が当然だ

56 :名無しさま:2012/09/23(日) 08:05:18.93 ID:HV7e5rFR
天皇は日本創った一族なんだから相当の財産は持ってたでしょ
強制的に巻き上げたものだっていうソースプリーズ

57 :名無しさま:2012/09/23(日) 21:22:10.72 ID:jN48axQD
天皇は日本創ったっておまえが実際にみたわけじゃないだろ

仮に創ったとしてもその子孫は無税で引き継ぐ権利はない

58 :名無しさま:2012/09/23(日) 23:51:35.72 ID:3+CwkBct
>>57
権利あるんじゃね。
なんでないの。

59 :名無しさま:2012/09/24(月) 00:50:49.03 ID:iRoIkL8u
少なくとも相続税が今の額で決まるまでは無税で引き継いで大丈夫じゃね?
日本は法律作ったからってさかのぼって適用とかないよ

60 :名無しさま:2012/09/24(月) 11:11:56.06 ID:YomhfGul
>>57
俺らはもともと陛下の大御宝なのに大日本帝国臣民にされちゃったり、日本国民にされちゃったりしたのは、大日本帝国や日本国が税金がわりに俺らを陛下から巻き上げちゃったからなの?

61 :名無しさま:2012/09/24(月) 23:24:58.01 ID:0Qzz3ESD
>>11
天皇制廃止する理由が100や200あるというのならとりあえず全部あげてみて


天皇制廃止したいならそうすればいいんじゃない?
民意がそう決定したのなら仕方ない。
民主主義ってのはそういうものだからね、仕方ない。
民意が決定するまで天皇制廃止できないね、残念だね。
廃止したいならガンバレー、民主主義だし思想の自由だから応援するよー。

さて真っ赤になって平等な民主主義では天皇制は邪魔だとか
憲法が矛盾してるとかいって結局こんなところでぐちぐち言って
何もできない天皇制廃止論者にたいする煽りはここまでにしよう。


1、民意だから、国民が廃止することを望んでいないから

感情だろうがいいじゃねぇか。
そもそもどこまで行っても結局感情が大事なんだよ。
感情を排するようになったら機械と変わらない。
宗教関係で騒いでる連中はみんなそうだ、
とりあえず熱心な宗教家を馬鹿にしてみろよ、あれと同じ。


2、伝統だから、歴史があるから
伝統やら歴史を無視するって言うならとりあえず重要文化財とか全部いらないな。
ぶっ壊そうぜ原爆ドーム、あと祭りとかも全部廃止しよう、
あと伝統芸能とかもいらないな、落語とかもそうだし、
相撲もモンゴルに取られそうだし日本の国技から外そう。

伝統を価値のないものとするということはそういうことだ。


3、日本の国教においてのトップだから
実際イスラム教とかキリスト教がはいってくるの防いでる。
日本人が初詣やらなんやらをやり続けているうちは
キリスト教に染まることはない。

たとえばキリスト教において、「教皇いらなくね?廃止しよう」ってなるか?
そもそも天皇は宗教団体の体をなしていないから天皇制廃止したら、
100年持たないのでは?つまり日本全国の神社は解体だね!
神社なくなったなぁ、教会でもいくかー、改宗しました、
日本キリスト党が政権を獲得しましたーとか
日本キリスト党と日本ムスリム党の対立で
日本が東日本と西日本に分断されてしまったーとか起こる可能性は十分ある。
天皇制廃止して神社がなくなるとこうなる。

4、日本の顔。
おまえら日本の内閣総理大臣がが日本のトップって実際いやだろ?
あの連中が建前の上でもトップじゃないってのは大きいと思う。


俺が一番言いたいのは序文および1
廃止したいのなら廃止できるだけ廃止論者を増やせ、以上。

62 :わふー ◆wahuu.1qww :2012/09/24(月) 23:25:30.46 ID:ewzkCXGD
    \ /
   (_O|・|O)
   /ィ从从', }  日本国民の象徴
   | |(|゚ ヮ゚ノ,''
   ノノゞミl†iゝlつ━lニニフ
  //(从ト。 从
     し',ノ

63 :名無しさま:2012/09/24(月) 23:40:07.90 ID:ZS+KzD7O
日本のこの有り様は天皇不在だからだ あれは天皇ではない
古く新しい スメラミコトのビジョンを見た 新しい時代の為に 今の皇室は消える 因果応報


64 :名無しさま:2012/09/25(火) 00:03:47.86 ID:TYU+5Mml
他所の国からも批判されてんだから無くしていいよ
ただの人間をわざわざ持ち上げられても困るわ

65 :名無しさま:2012/09/25(火) 08:19:40.92 ID:xS1rTQ8v
ゴミ屋敷の住人はゴミが必要
天皇狂徒は天皇が必要

66 :名無しさま:2012/09/25(火) 12:35:54.86 ID:SZMCPfZ4
天皇って大昔から人を騙し続けたんでしょ?クズのくせに。命まではとらんからもう放り出したほうがいいお!生活保護で面倒みてやってもいいのよ?

67 :名無しさま:2012/09/25(火) 16:05:26.21 ID:i0Y0o5pm
イランは死ねカス、独裁者一家が!
マジ自殺しろや、朕カス野郎が!


68 :名無しさま:2012/09/25(火) 16:38:14.99 ID:xS1rTQ8v
>>66
今現在日本一贅沢な生活保護世帯なんだがナ。
半島から来た掠奪者のくせに、古事記、日本書紀をでっち上げて
皇統を誤魔化し続けるとは、相当な悪党だナ。

69 :名無しさま:2012/09/25(火) 19:58:11.01 ID:ynw7Eexh
天皇が日本を創ったなんて誰にもわからないしな
実際は半島から渡ってきた一族が純粋な大和民族学と抗争に勝利してこの地の組長になってのかもしれないしな

天皇信者はただのヨガ教室のオヤジが
ハルマゲドンから救える超能力の持ち主だと信じ込んでるまぬけな信者と同じ


70 :名無しさま:2012/09/26(水) 01:28:56.52 ID:6JFVO9p/
反論出来ない全学連崩れが喚き出しましたぞ〜♪
流石ろんり的〜♪ゲバ棒〜♪

71 :名無しさま:2012/09/26(水) 18:52:47.72 ID:8N63IH4I
天皇は必要なのか
論理的な理由を書いたやつなんて一人もいないじゃん

結局洗脳されてるから必要だと思ってるだけだろ

72 :名無しさま:2012/09/26(水) 22:41:04.36 ID:uuuvGi5G
>>71
祈る事しかしないのに必要なわけないじゃん

73 :名無しさま:2012/09/27(木) 19:47:36.83 ID:5c8yHnFh
たとえば
天皇のツラは大嫌いだが
天皇四千年の歴史か現天皇の貫禄か天皇の抜群の外交力によって
某国家の首脳と天皇が会談した直後から某国家の漁船や活動家が尖閣列島に近づかなくなったから
天皇は必要だ
というカキコミがひとつもないなw

74 :名無しさま:2012/09/27(木) 21:57:00.87 ID:mN6u1Psn
天皇は象徴(笑)らしいけどまさしく日本を象徴してるよ。日本に未来はない。

75 :名無しさま:2012/09/28(金) 01:39:11.83 ID:1utc5e+R
>>73
皇室アンチがその程度の発想だから、とても安心してますw
いや〜楽させて頂いてますよwww

あと
議論したいなら、もう少しまともな文章を組み立てられるようになりましょうねw
ガンバレwガンバレwww

76 :名無しさま:2012/09/28(金) 15:57:24.91 ID:+J2PguRa
明日から、国体開幕だってよ。
天皇が岐阜に来るとかで、官制奉祝イベントの街宣車がやかましい。

ほんと、誰かアッと言わせることをやってくれんもんかね。

77 :名無しさま:2012/09/28(金) 18:31:23.30 ID:s5DAWAKk
2つ上で無能男に洗脳された北朝鮮人民並民度の信者が
論理的な理由も書かずにが遠吠えしているが笑える
この類いの気持悪い低レベル邪教信者と本気で議論したいと思ってないことくらい
アンカーつけてない時点で気付けよ

78 :名無しさま:2012/09/28(金) 18:41:19.23 ID:lrB3nF4k
あいつらの為に年間いくら使ってるんだよ。まとめて死んでくれんかなー。早めに死んでナー

79 :名無しさま:2012/09/28(金) 23:13:20.12 ID:2tuNWbsS
宮内庁の職員の仕事を確保するため。

80 :名無しさま:2012/09/29(土) 01:22:54.95 ID:+Wy6fa4z
 適当な国家元首として?
 憲法改正が困難だから?
 日本建国の祖だから?
 神道の最高司祭であり、この国を鎮護される方だから?
 権威がない新しい支配者の権威を補うために?
 国民が天皇制を望んでいるから?
国宝なんだ。
日本人の歴史と共にある存在。
全ての日本人が生きた証として。

81 :名無しさま:2012/09/29(土) 01:35:42.56 ID:ITj/7KSJ
とりあえず税金使って静養すんのやめてね☆

82 :名無しさま:2012/09/29(土) 03:56:37.05 ID:YKc0L5Ck
>>77
泣くなよ情けない…

83 :名無しさま:2012/09/29(土) 07:02:01.37 ID:teHsDAVj
一部の利権者が国民をひとつの方向に操って
国のためなら死をも犠牲にする人間を乱造するため
とでも書くのかと思ったら

日本人の歴史と共にある存在。
全ての日本人が生きた証として。
だとよw

そんな論理的でない信仰邪教の宣伝文句みたいなこと書くなよw

84 :名無しさま:2012/09/29(土) 07:19:21.36 ID:TEZrRFy8
結局納得のいく説明出来るやついないのかよw

85 :名無しさま:2012/09/29(土) 07:21:55.93 ID:TEZrRFy8
天皇に限らず税金を食い物にしてるやつらみんな死ね。マジで

86 :名無しさま:2012/09/29(土) 07:41:54.39 ID:wJzCStE1
天皇制を何となく支持してる国民も多いだろうと思うが、天皇が居なくなって困る人は、天皇と皇族と天皇に関わる仕事をしている人たちだけなんだよ。


87 :名無しさま:2012/09/29(土) 16:02:40.04 ID:fcUFOSgL
皇族が一般民衆になった瞬間に文化大革命の様な大量虐殺が起こる

最高権力者の地位を狙って

88 :名無しさま:2012/09/29(土) 16:13:26.63 ID:1RcN5hEG
>>87
皇族は一般民衆にはならないよ。死んでもらうからね

89 :名無しさま:2012/09/29(土) 17:44:26.68 ID:HFkFQ0nS
皇族は全員魚釣島で自給生活をしてもらおう
お手々振りは見飽きたので顔見せ興行は不要
これで中国も当分島には上陸しないだろう

90 :名無しさま:2012/09/29(土) 21:43:17.55 ID:NwUsdrkP
必要ない バラバラにし世界をまとめる事が出来なかったからだ
一つにするために 金で固め金で潰し 戦争を煽り ナチスをつくり神に対する不信感を助長させた
日本の天皇の大罪 この血をスメラミコトにしてはならない
根本的な怒りの原因が 分かった

91 :名無しさま:2012/09/29(土) 22:06:59.01 ID:wJzCStE1
>>90
おめでとう
私たちの仲間になりましたね


92 :名無しさま:2012/09/29(土) 23:50:37.71 ID:YpEaraI2
天皇の必要性は天皇陛下に聞くのが一番だ

93 :名無しさま:2012/09/30(日) 08:29:22.61 ID:27Ae0cUK
天皇制存続に必要なもの
嘘、偽造、ねつ造、隠蔽、洗脳、脅迫、暴力、圧力、洗脳、狂信、宣伝、顔見世偽善活動。

94 :名無しさま:2012/09/30(日) 10:00:47.42 ID:CIKstAB3
そしていちばん必要なのは
簡単に騙される愚かな国民だな

95 :名無しさま:2012/09/30(日) 11:01:32.99 ID:WEjhekVH
マジレスすると戦前の天皇は政治家の隠れ蓑

国民に天皇は絶対的な存在だとインプットすれば、「天皇様がこう仰っています!!」とか言って国民をまとめることができる
都合のいい存在だった

戦後も続いてるのは、戦争起こした奴等がそんな都合のいい存在手放すなんて勿体ないから
必死に「天皇様は悪くありません!悪いのは私達なんです!」って天皇を守ったから

96 :名無しさま:2012/09/30(日) 12:14:24.73 ID:zlVcCZnN
>>94
ちょいそれるけどほんまアホすぎマスゴミのいいなりだもん。漢字読めない→交代、民主万歳→このザマ。自分らで選んでおいて見事なまで掌返しw民主に入れたやつらも皇族と一緒に死ね

97 :名無しさま:2012/10/02(火) 14:32:04.27 ID:d6LLm4e5
イギリスの研究所が「日本天皇家の財産は戦争植民地など収奪で得たもの」と報告してる。
皇族は、男女差別、身分差別、職業選択の自由なし。 憲法違反してる。

98 :名無しさま:2012/10/02(火) 17:34:59.18 ID:/Umho7yA
天皇は江戸時代までは大した資産家ではなかった。(天皇が権力を持っていた時代を除く。)
歴代の天皇の中には自分の葬式代も払えない者もいたが明治政府が
天皇制強化の為に国民から巻き上げた土地や資産を与えたので大金持ちになった。

99 :名無しさま:2012/10/02(火) 18:29:36.54 ID:QI3bv2qy
>>97
日本国民に存する主権を定めた日本国憲法第一章は違憲にしたいよね。「女性宮家」検討担当参与園部逸夫元最高裁判事の外国人参政権裁判最高裁判決園部「傍論」の拡張バージョンだね。


100 :名無しさま:2012/10/02(火) 20:31:45.39 ID:C0c1xIyd
天皇制は理解できないが反対はしない。そのかわり理解できない人間を差別するのはやめてほしい

101 :名無しさま:2012/10/02(火) 21:23:15.85 ID:/zPFYhrF
無能な家系の世襲制を
理解できる人間が異常だわ

102 :名無しさま:2012/10/03(水) 07:53:15.90 ID:+EM0frco
このスレの人達は戦争責任についてはどう思ってるの?

103 :名無しさま:2012/10/05(金) 00:08:53.17 ID:xiSzxfnm
政治的理由で存在してるものを政治的理由なしで語れるわけないだろ

104 :名無しさま:2012/10/05(金) 23:05:36.93 ID:WEACT5sU
つまり何代も前の先祖が日本を創ったとかいう眉唾話を巧みに利用して
馬鹿者たちをたぶらかしてるわけだな

105 :名無しさま:2012/10/06(土) 00:47:16.88 ID:yjTaTU+l
>歴史的に独特の「日本人」アイデンティティは偏に民族の血縁を証左する「皇統」に由来することだけは抑えてもらいたいとこ。


106 :名無しさま:2012/10/06(土) 01:00:19.23 ID:higaZwiM
>>102
戦争責任は天皇家にあるんじゃなくて昭和天皇と明治憲法の欠陥にある
様に思うが

明治時代は先祖が名家は偉いって社会だったけど
今の日本はどう見ても家紋で人間の価値は決まらない

大統領制にすると大統領にどれだけ権限を与えるべきかで
争議があるだろうな。明治時代から天皇は法律にも軍隊にも
関与できなかった。大統領はもっと働くべきだという世論が
湧き上がると軍政になるかもしれんね。日本は議会政治は
天皇のもと維持されたと思うよ。一部除いて本当のところ。

107 :名無しさま:2012/10/06(土) 07:55:19.90 ID:0n0//esW
あかふくは悪質だ

108 :名無しさま:2012/10/06(土) 07:58:01.35 ID:0n0//esW
社会的信用の破棄 リセットは戦争
わずらしくてたまらない
白紙からスタート
白紙にするにはリセット 戦争がよい

109 :名無しさま:2012/10/06(土) 09:58:52.89 ID:oI/E/bgZ
大人と子供の戦争ですか

ニニギ vs 在日嘘吐き天皇家

戦争しなくても勝負は決定しているが、それでも戦争しますか?

110 :名無しさま:2012/10/06(土) 11:52:23.99 ID:iwKdYwFD
天皇が必要だっていうなら勝手にしたらいいけど税金で食わすなよ。必要だと思うヤツらが面倒みてやってくれや、あのゴミどもの

111 :名無しさま:2012/10/06(土) 12:34:39.21 ID:0n0//esW
戦争で話をつけるのが現実
あなたが殺してよくて
なぜ私が殺してはいけない
あなたが殺していいのであれば
わたしも殺していい
いくらでも殺していいわけだ

112 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) :2012/10/06(土) 12:39:48.15 ID:774eHNYF
尊師こそ天皇にふさわしい

113 :名無しさん:2012/10/06(土) 12:51:32.32 ID:aShIPWns



天皇陛下の前で罵声を発する鉄ヲタ
http://www.youtube.com/watch?v=Gw8vfu7H16A




114 :名無しさま:2012/10/06(土) 14:52:04.50 ID:0n0//esW
うち円墳ですから・・・?

115 :名無しさま:2012/10/06(土) 14:53:04.42 ID:C2DD7c1i
>>3
>>天皇制がなくなった共和制の日本はそれなりにやっていけるのでは?
>それなりにやっていけるが、それは日本ではない。

日本である必要はない。ここは蝦夷の国

116 :名無しさま:2012/10/06(土) 14:56:55.89 ID:C2DD7c1i
>>7
>国民からも尊敬されない日本の政治家が国家元首

ブンジン(文仁、秋篠宮)とか
ユウジン(悠仁、文仁の息子)とか
国民が尊敬するわけないだろw

117 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:03:41.43 ID:C2DD7c1i
>>8
人間としての資質は遺伝されない。一方財産は簡単に世襲される。
世襲制は先祖の財産だけで大きな顔をするバカをのさばらせる制度。

>>13
日本の天皇制に基づく世襲体制は、インドのカースト制と実質的に同じ。
インドでアーリア人の優位を守るためだけにカースト制をつくったように
日本では半島出身の渡来人の優位を守るためだけに天皇の男系世襲制を
つくったのである。天皇制支持者はその精神において完璧な半島人である。

118 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:06:00.30 ID:C2DD7c1i
>>14
>あの血筋はマトモな国は敬意を評する。

評するではなく表する。
漢字も正しく書けないのは日本人ではない。
即刻首を刎ねて晒せ。「この者、半島人として処刑す」

君主制国家にマトモな国はない。
変質者だけが君主制を指示する。

119 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:11:03.16 ID:C2DD7c1i
例えば文仁が天皇になったとしよう。
皆は必ずこう思う。「ああ、あの女好きね。」
尊敬の念なんか誰も持たない。

さらに悠仁が天皇になったとしよう。
皆は必ずこう思う。「ああ、あのうらなりね。」
尊敬の念なんか誰も持たない。

120 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:15:44.54 ID:C2DD7c1i
>>38
>我々は天皇のいる世界を選んだ

ウソだな。

残念だが君は選んでいない。
いまだかつて、天皇制の存続に関する国民投票は実施されていない。
つまり国民は天皇制を選んでいない。
天皇制は天皇が国民に強制したものだ。
君は強制を自分の意志と誤魔化したわけだ。
精神に異常を来したわけだ。狂ったわけだ。

121 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:23:44.87 ID:C2DD7c1i
>>46
>外交上でも素晴らしいカードになりうるんだよね
ならない。天皇に何の能力もないことは皆が承知している。
>天皇陛下って神道の法王だよ?
国家神道は、日本第一の国粋主義であるから
そのような宗教の法王であることは「悪魔」と同じである。

122 :名無しさま:2012/10/06(土) 15:31:47.25 ID:C2DD7c1i
>>61

>1、民意だから、国民が廃止することを望んでいないから
大嘘。
今まで一度も天皇制存続に対する国民投票は実施されていない。
実施すれば確実に天皇制は廃止になる。

>2、伝統だから、歴史があるから
何年継続しようが、潰れるときは潰れる。
伝統でも歴史でもなんでもない。

>3、日本の国教においてのトップだから
国家神道は、明治以降にデッチあげられたウソ宗教。
実際信者はゼロ。そんなウソ宗教のトップなんて無意味。

123 :名無しさま:2012/10/06(土) 16:35:23.70 ID:pmxuAHgz
 昭和天皇で終わってる、賞味期限切れ、耐用年数切れで劣化の一途

124 :名無しさま:2012/10/06(土) 16:57:36.68 ID:y21uRFyj
113の動画で洗脳されたバカたちが早速不敬罪云々とコメントしてて笑えた

金正日に敬礼する洗脳された愚かな民と同列だと
本人たちは気づいてないのだろうか

世界全体が見るサイトで

125 :名無しさま:2012/10/06(土) 19:11:25.81 ID:KBJCrywI
尊王攘夷!!

126 :名無しさま:2012/10/06(土) 23:40:41.71 ID:weZb+PcV
うわ〜
思い込みと願望だけで連投してる…
これで議論してるつもりなんだろうか…
どうりで過疎るわけだ

127 :名無しさま:2012/10/06(土) 23:48:39.29 ID:7FUA59tj
朝鮮人民並みの民度のやつとは
議論する気など毛頭なかったりしてなw

128 :名無しさま:2012/10/07(日) 03:28:21.02 ID:8QvTc1w3
天皇信者も議論するつもりなんて毛頭無いだろw
どんな理由でも崇拝できればいいんだから

129 :名無しさま:2012/10/07(日) 08:06:25.20 ID:yxuz0Lkk
http://p11.chip.jp/okanonaoko

130 :名無しさま:2012/10/07(日) 10:56:56.45 ID:P5TXP+SB
そもそも日本人と呼ばれる民族がこの列島を占拠する論理的な根拠とは何だろう。

この国の現在の正史としては今上陛下の祖が建国を宣言(先占の法理)し、
統治や外交の事実を積み重ね、記録にも残してきた(実効支配)。
これが無ければこの国は始まっていない。

131 :名無しさま:2012/10/07(日) 11:01:11.03 ID:jhBsCBYm
>この国の現在の正史としては今上陛下の祖が建国を宣言(先占の法理)し、

血筋が絶え、成済ました在日チョンが居座っています。
出雲大社に入れない下種に存在の意義がない事は明白。

先祖の慰霊(富士高天原)も知らないモノを誰が天皇と呼ぶのか。

132 :名無しさま:2012/10/07(日) 19:14:08.04 ID:stE2aFXv
その居座っているのが
なんの実績も残してないから
賢民はその存在に疑問を抱く

133 :名無しさま:2012/10/07(日) 21:06:16.77 ID:dqWdbGYN
君主制と民主制を併用すると制度的に矛盾が発生する どちらかにすべきだ
国民投票かけたら?

134 :名無しさま:2012/10/07(日) 21:18:45.23 ID:asaQ8He5
天皇は日本を再生させる為の奥の手を持っているような気がする

135 :名無しさま:2012/10/07(日) 23:09:36.15 ID:P0IxY5ti
そんな気がしだしたら早めに病院に池

136 :名無しさま:2012/10/08(月) 02:23:16.73 ID:2Z9Kz//0
>>133
嘘つけ。
矛盾を例示しろ。
まずは易しく、国教があるイギリスから。


137 :名無しさま:2012/10/08(月) 15:28:49.14 ID:uJpjLOhT
天皇自ら下りたい発言したら
日本は再生するかもしれないな

138 :名無しさま:2012/10/08(月) 16:54:07.39 ID:AiaL+d/S
親父の「人間宣言」に勝つには、「廃止宣言」しかない。

139 :名無しさま:2012/10/08(月) 18:37:50.75 ID:XSq8L+GH
猿は交尾いたします
うざい子供を食い殺してでも
猿は交尾いたします

猿は交尾いたします
ライバルを食い殺して
猿は交尾いたします

朝でも昼でも夜でも
猿は交尾が大好きでございます


140 :名無しさま:2012/10/08(月) 18:57:53.92 ID:2Z9Kz//0
>>138
改憲出来ない極少カルトは天皇の政治利用しか道がない。

141 :名無しさま:2012/10/09(火) 20:17:32.44 ID:K0Ne9t9R
北朝鮮のように
愚民を天皇崇拝に洗脳させて
一部利権者の矛と盾にすることだな

142 :名無しさま:2012/10/10(水) 19:43:31.41 ID:TeRhkO3Y
【議論】天皇の必要性
http://gironline.jp/bbs1.php?threadid=20

143 :名無しさま:2012/10/11(木) 00:08:49.59 ID:NWUSQal5
>>1
分かってやれよ 
必要なんだよ。
宮内庁には・・・・・・


144 :名無しさま:2012/10/13(土) 16:14:01.48 ID:vnvZ2e8J
>>136
>>君主制と民主制を併用すると制度的に矛盾が発生する
>矛盾を例示しろ。
>まずは易しく、国教があるイギリスから。

イギリスは1688年の名誉革命以後、
君主制はオマケとして存続しているに過ぎない。

ちなみにチャールズ1世は「イングランド国教会」を
スコットランドにも強制しようとしたが、反対され
清教徒革命を経て、斬首されたのは有名な話。


145 :名無しさま:2012/10/13(土) 16:32:03.53 ID:vnvZ2e8J
>>105
>歴史的に独特の「日本人」アイデンティティは
>偏に民族の血縁を証左する「皇統」に由来することだけは
>抑えてもらいたいとこ。

日本人のアイデンティティが。
「全日本人が皇室の(男系)子孫であること」
に由来するというのであれば、全くの誤りである。

21世紀の分子生物学により、日本人男性のY染色体の中には
異なるタイプのものがあり、それら全ての共通祖先は少なくとも
数万年前のアフリカ人に遡ることがわかっている。

ぶっちゃけていえば皇室の祖先は全日本人の祖先ではあり得ない。

146 :名無しさま:2012/10/13(土) 16:36:15.73 ID:vnvZ2e8J
さて、全人類の男系の共通祖先は数万年前のアフリカ人である。

彼をY染色体アダムと呼ぶことにする。

ヒトとしてのアイデンティティは
「Y染色体アダムの子孫であること」
に由来するのか?

答えは否だ。

そもそもY染色体アダムを発見するには
「ヒト」の範囲を明確に定める必要がある。
つまり、Y染色体アダム以前にヒトの定義があるのである。

147 :名無しさま:2012/10/13(土) 16:46:47.47 ID:TOxnmTYs
>>142
宮内庁にとって、天皇家は国民を洗脳し金銭を巻き上げる為だけに存在している飾りw

在日チョンリアン宮内庁職員、ご苦労さんです

148 :名無しさま:2012/10/14(日) 16:24:56.62 ID:e7WTi1uM
教育って怖いな。

149 :名無しさま:2012/10/14(日) 17:57:50.07 ID:SUk/5rIe
確かに洗脳は怖い

一民族全てが同じ方向に向かされるからな

日本も北朝鮮も

150 :名無しさま:2012/10/16(火) 04:03:19.20 ID:ppBbTp1m
確かに教育と言うのは怖い。
現代の中高生にアンケートをとった所、なんと日本国の建国者は「卑弥呼」だと答える始末。
「いやいや、実は違うんだよ」と教えてあげることの何が『洗脳』ですか。
いい加減にして下さい。

北朝鮮の如き、ぽっと出の金一族をいきなり「崇拝せよ」というのは確かに『洗脳』です。
しかし、皇紀2672年。いくら少なくとも1000年の歴史は有する『天皇』の歴史に敬意を表し、研究することはごく自然の営みであり
いくら何でも北朝鮮の金家と比べるのはどう考えてもおかしいことですよ。
「北朝鮮」などを持ち出したお歴々の中で、これに反論した人は過去一人もいませんでした。

151 :名無しさま:2012/10/16(火) 18:30:21.87 ID:Gi5Ol1No
日本国は天皇を侮蔑した教育などしてないし
マスコミも様付けして国民を洗脳させようと協力してるだろ

現天皇が建国したならともかく
何代も後の子孫に敬意を表するのは明らかに不自然なことくらい洗脳された馬鹿者でもわかるだろ
それも本物の子孫かどうか如何わしい人物に

他国で建国者の子孫を特別扱いしてるところなんて
現在はほとんどねえじゃねえか



152 :名無しさま:2012/10/20(土) 17:02:00.94 ID:Tz0C1bE8
日本国憲法の第1条〜第8条を改正することは可能である。例えば
第1条で大統領を元首とすること
第2条で大統領は選挙で選ぶこと
第3条から第7条の条文内の天皇を大統領に改めること
第5条の摂政を大統領代行に改めること(当然「皇室典範云々」は削除」)
第8条の財産云々の条項は削除すること
等々

皇室の人々は当然生活していただいて構わない。
戸籍は別途用意する。必ずしも姓は必要ない。
””(文字数0の文字列)を姓と見なせばよい。
日本国憲法第1条〜第8条の改正は、その意味で
皇室の廃止でも取り潰しでもなんでもない。ただの法律改正。

153 :名無しさま:2012/10/20(土) 17:04:49.96 ID:Tz0C1bE8
>日本国の建国者は「卑弥呼」

「神武天皇」とかいう架空の人物を答えるよりはマシだろう。
一応、実在の人物だからなw

>皇紀2672年

皇室の歴史としては長すぎる。
日本人の歴史としては短すぎる。
要するに中途半端w

154 :名無しさま:2012/10/21(日) 08:26:55.14 ID:/5UqhwoK
まあなんだ
いくら2600年歴史があったところで
今のように他人にまで天皇崇拝を押しつけるキチガイが出てきたのは
特高なるものが出現したここ90年のことだ
金体制の歴史と大差ない

155 :名無しさま:2012/10/21(日) 11:11:36.12 ID:P8J22G83

だーれが五月の蠅をわかせたかー
その両目をカラスにつつかれればいい

長鳴鳥のあわれな姿よ
とっくに首など飛んでなくなっているのに
それでもやかましく、あたりを走りまわる


156 :名無しさま:2012/10/21(日) 13:06:06.50 ID:dZMusLuj
上のようにわけのわからないこと
ひとりでつぶやいているボケた御仁が多いのも
天皇制の弊害だな

157 :名前をあたえないでください:2012/10/21(日) 14:10:11.94 ID:lFEPoxTU
アイヌ沖縄以外の日本人と天皇は、古代、文化技術もってきて未開列島を開拓、国をたちあげた朝鮮人の子孫。

158 :名無しさま:2012/10/22(月) 22:24:50.55 ID:/mdNc4Nf
前田ゴロウ

159 :名無しさま:2012/10/23(火) 12:57:52.49 ID:nZ6K0Aob
>>152
ポツダム宣言は人種民族としての日本人は国民として存続するとしている。
日本国憲法第一章天皇第一条では、総意によって天皇を自分達の国と自分達の統合の象徴とする国民が日本国民でその国が日本国であると示している。
日本国と主権の存する日本国民統合の象徴は天皇なので、父系においては日本の出自の象徴となる。
大統領制にするなら、大統領は元首の条文の前に、日本国は日本人の日本人による日本人のための国であるとする条文を入れる必要がある。

160 :名無しさま:2012/10/23(火) 15:51:45.57 ID:BwQa7fS5
天皇って名称をそろそろ変えてみるってどう?
例えば珍皇とかチョン皇とか

161 :名無しさま:2012/10/24(水) 02:42:15.82 ID:VRnC7B0+
人間たるもの、本当に完成した人間になるためには、
『仁』『義』『忠』『孝』『礼』という五つの基礎を修めることが肝要。

現代日本社会を鑑みるに、『仁』『義』『孝』『礼』の四目については今なお修養が可能な土壌としても、
『忠』の一目を修めることはもはや容易ならぬ状況、尋常な方法では難しい状況に陥りつつあると言える。
人々の道徳心の醸成をキリスト教のような「宗教教育」に頼らなかった日本の風土において、
その鍵となるのは「皇室」といえる。

たとえば今世代の若者にとって、今後最も付き合い深い皇族というのは悠仁親王殿下だと思う。
殿下を可愛らしく思うのはまさしく『仁』の発端。
彼が天皇に即位された時、『礼』を尽くすべきかなと感じるのは『義』を知る人間の証であり、『忠』の萌芽といえる。
ここに至り、ようやく現代日本人は『忠』の端緒を、何となく掴みかけることが出来る。
道徳というものはこれほどの時間をかけてようやく大成するもの。

162 :名無しさま:2012/10/24(水) 05:47:19.39 ID:VRnC7B0+
反天皇派の人々に何故か非道徳的な人が多いのも、全ては>>161に起因するものと思います。
右の方々にもいますよね? 皇室をないがしろにする方々。

こんな暴言だらけの社会で子供達が一体どうやって健全に育ちますか?
子供達が真似すべきは、少なくともあなた方のような人達ではないです。
それよりは今上陛下を真似して育ってほしいのです。それが全てです。あれこそが真の日本人像ですね。
あなた方のことなど、これっぽっちも真似してほしくない。

163 :名無しさま:2012/10/24(水) 08:58:14.75 ID:LX1PuFvr
以上、天皇真理教からのお知らせでした。

164 :名無しさま:2012/10/24(水) 21:31:48.90 ID:LX1PuFvr
>162
>>今上陛下を真似して育ってほしいのです。それが全てです。あれこそが真の日本人像ですね。
 
良い子は今上陛下を真似して退学やブルーギルなんか放流しないように!

165 :名無しさま:2012/10/25(木) 07:17:45.64 ID:714dKZJI
>>162
「反皇室」っていうカルト宗教だからね
皇室叩きの情報なら、どんなに怪しい情報でも鵜呑みにして
理性的な検証を全くしない
どのスレ読んでも、反皇室はまともに議論出来ずに逃げてるでしょ
ν速+みたいな人の多い板に皇室関連のスレが立っても
絶対に来ないんだよなあ

166 :名無しさま:2012/10/25(木) 21:42:54.53 ID:NITAWlg8
あいにくおまえのようにこんな糞掲示板のあちこちに出没するほど暇人ではないんでな
先ずおまえが天皇が外交に役立っているという
具体例をひとつ挙げてから言いな

167 :名無しさま:2012/10/26(金) 08:08:50.47 ID:xOl9xHz7
天皇が中国や韓国に行って、一言言えば、
尖閣諸島も竹島も戻ってくるらしい。
なにせ、天皇狂信者によれば、外交官1000人分に相当らしいから。

168 :名無しさま:2012/10/26(金) 08:42:36.46 ID:WTW7i6W9
尖閣は竹島の真似。北方領土も尖閣も竹島次第。

169 :名無しさま:2012/10/26(金) 19:49:56.31 ID:EnHjGmIZ
そんなキチガイ信者の願望や妄想でなく具体例や事実を書けよ

天皇が中国の序列の低い首脳と会ってから一年もしないうちに
中国が尖閣を対象に猛攻を仕掛けてきたという事実のみを書け

170 :名無しさま:2012/10/27(土) 17:19:34.72 ID:KkTjl8ak
>右の方々にもいますよね? 皇室をないがしろにする方々。
保守=王党派、ではないからw

ちなみに反世襲制は別に宗教でもなんでもなく立派な政治思想。
世襲制がダメダメなのは安倍や麻生や鳩山を見れば明らか。
鳩山の場合、前の二者と違ってアタマは悪くないのだが、
政治のセンスが皆無。あの人は学者のままでいたほうがよかった。

171 :名無しさま:2012/10/27(土) 17:27:18.52 ID:RUqiUxI6
>>170

みちのくのしのぶもぢすりたれゆへにみだれそめにし我ならなくに

といふ哥のこゝろばへ也。むかし人は、かくいちはやき、みやびをなむしける。


172 :名無しさま:2012/10/27(土) 18:18:50.65 ID:NPJP7zff
>>169
小沢にごり押しして貰って陛下の謁見を賜る事ができ、次期主席間違いなしと確認されたわけだが。

173 :名無しさま:2012/10/27(土) 18:34:31.60 ID:x6d8AyZk
>>172
源氏追放。

すざくてい、桐壺帝の第一皇子で東宮、母は弘徽殿女御(大后)。
光源氏より3歳上の異母兄。


174 :名無しさま:2012/10/27(土) 18:43:25.60 ID:x6d8AyZk
>>173
無品の親王の外戚の寄せなきにては漂はさじ。
さがなき継母に憎まれむより、は。

乳母、
ほのかなる御声を慰めにて、
浮舟を慰める。


175 :名無しさま:2012/10/27(土) 18:48:46.08 ID:0Gp/vx4h

藤壺を思慕、藤壺女御も御心落ちゐたまひぬ。

いとよう似たまへり。
思し紛るとはなけれど、おのづから御心、
移ろひて、こよなう思し慰むやうなるも。


176 :名無しさま:2012/10/27(土) 18:55:35.24 ID:0Gp/vx4h

女君、はひ隠れて、御乳母子の弁。

「いかなることならむ」思し悩むべし。


177 :名無しさま:2012/10/27(土) 19:00:10.60 ID:0Gp/vx4h

光源氏を政治的に抹殺できず、失意のままに他界する。

れいぜいてい、
嫡腹の。


178 :名無しさま:2012/10/28(日) 21:29:21.41 ID:fs2N68KJ
その次期主席とやらは天皇と謁見して
天皇は取るに足らない人物と判断したから尖閣狙いの直後行動に出だしたわけだな

日本にとっては中国次期主席とやらに貧弱な面構えの御老体を会わせない方がよかったわけだ

179 :名無しさま:2012/10/30(火) 12:33:18.19 ID:eKBpXqaS
小沢を使ったごり押しで謁見が叶ってしまった事に問題があったと洞察する頭はないのかね。
尖閣の事は、竹島の事での韓国への日本の反応を見て自動的に日本への対応が決まる。それは小沢を使いこなして部下である後継の謁見の成功によって自信を深めた現役がした事だ。
後継はヒラリーにも会わず、尖閣の反日運動が荒れてる間は行方をくらまして後継の地位に傷がつかないようにした。
だが現役となれば、前代からの方針は引き継ぐ。竹島を見て、尖閣の事を決める事になる。


180 :名無しさま:2012/10/31(水) 20:58:07.27 ID:W45Fx4SK
経緯はどうあれ
ともかく天皇の力では領土問題は一切片付かないことがわかっただろ


181 :名無しさま:2012/11/03(土) 18:41:56.94 ID:le6/QU3y
それどころか天皇の力では外交にマイナスになることがわかっただろ

182 :名無しさん:2012/11/09(金) 10:05:17.73 ID:IPdbO+x0
天皇制は負の遺産、男女差別身分差別、差別の象徴、過去の遺物

183 :名無しさま:2012/11/09(金) 11:55:21.66 ID:VgtndEba
光源氏って 韓国のホストでいいんじゃない?

184 :名無しさま:2012/11/09(金) 12:11:12.88 ID:VgtndEba
ホスト遊びもほどほどにしないと
びっくりですよ?請求書すごいですからね?

185 :名無しさま:2012/11/09(金) 13:51:33.39 ID:CLaOpLWi
>>183
美味し。

186 :名無しさん:2012/11/09(金) 16:16:18.41 ID:IPdbO+x0
天皇は、フルサト朝鮮にもどり帰って来なくていい。

187 :佳子ちゃんの将来の夫君:2012/11/09(金) 18:58:06.12 ID:MlxLFj8C
参議院一票の格差ですが、私案をご覧戴きたい。

各政党は概ね都道府県選挙区廃止には動きつつあるものの
問題は地域ブロック単位での選挙区か、比例区かに絞られた


しかし、与野党を問わず地方選出衆参両議員は県単位の
選挙区の事実上の合区に抵抗があるのも現実問題として
横たわる。

そこで逆転の発想、地方選挙区の合区ではなく都市部選挙区の
分割はどうでしょう。

全国に20ある政令指定都市を道府県選挙区から独立させて
政令都市選挙区を新設するのはどうでしょう。

神奈川には政令指定都市が3つあるから4つの選挙区になり
一票の格差是正に大きく貢献すると思っています。

188 :名無しさま:2012/11/09(金) 20:23:42.04 ID:VgtndEba
つかって、名前うるだけってできるの?

189 :名無しさま:2012/11/09(金) 20:30:26.02 ID:VgtndEba
馬鹿か?このガキは
アメリカのねぇちゃんとファックなんか出来るわけねぇだろ?

190 :佳子ちゃんの将来の夫君:2012/11/09(金) 20:31:08.99 ID:MlxLFj8C
参議院一票の格差ですが、私案をご覧戴きたい。

各政党は概ね都道府県選挙区廃止には動きつつあるものの
問題は地域ブロック単位での選挙区か、比例区かに絞られた


しかし、与野党を問わず地方選出衆参両議員は県単位の
選挙区の事実上の合区に抵抗があるのも現実問題として
横たわる。

そこで逆転の発想、地方選挙区の合区ではなく都市部選挙区の
分割はどうでしょう。

全国に20ある政令指定都市を道府県選挙区から独立させて
政令都市選挙区を新設するのはどうでしょう。

神奈川には政令指定都市が3つあるから4つの選挙区になり
一票の格差是正に大きく貢献すると思っています。

191 :名無しさま:2012/11/10(土) 00:36:45.71 ID:19i/t+bS
>>190
佳子ちゃんの将来の夫君は、床から・・・喃

192 :名無しさま:2012/11/10(土) 07:19:10.04 ID:YgDqppsB
弓道場に暴力団がうろつく
弓道場に暴力団がうろつく
やっちゃんに けがでもさせたら たいへん!
ほんとにきをつけてね!
やっちゃんに けがでもさせたら たいへん!
カス ザコ 汚れ おえ!
ハヲミガイテ ヨコニナリマス

193 :名無しさま:2012/11/11(日) 05:56:30.85 ID:Y8W/YDSa
このスレは自分にとって長い間の課題で、みつけたのでマジレスします。
結論はまだ出ない、ごめんなさい。ただ、今の段階で言えるのは、「日本とは
何か」を考えた時に、『天皇がおはします国だ』と一言でいえる。事実だから。
制度論とか文化論とか深くてよくわからない。昭和天皇が、先の戦争の責任
について「そういう文学的なことは…」と仰ったインタビューを覚えています。
責任逃れではなく、あれは、我々国民に託された言葉だと思います。民主主義
国家で、強制もなく、文献や遺跡で自由に学ぶ国民に残して下さったものだ。

世界中で民族紛争はあって、日本人がその意味を本質わかっているとは私には
思えないです。時代によって文化伝統風俗も変わるのに、日本に
天皇だけは変わらず存在する。日本書紀の成り立ちもきっと御存じだったろう。
アメリカには「イギリスから独立した国」というアイデンティティがあり、
中国や韓国は反日意識を作り、愛国心という意味で日本人は政治制度に疎い。
イギリスのような征服王でもない皇室は、世界に稀有な存在。日本人は
共和制に向く国民かというと、まだ、そうは思わないですけど…。これから
はわからない。それでいいんじゃないか。

字数が限られているからあまり書けませんが、日本人の若者が、自分たちで戦争では
なく平和を願い…。世界平和とは本当はどういうことなのか。
そう考えられるようになれば天皇の役目も要らないのではないでしょうか。
私は次代が不安ですが、だからこそお支えしなければ(どうやって?)…。

天皇の存在意義は、世界中の歴史を知り日本国を考え、学ぶ。こうあるべき、
ではないと思うし、逆に、一刀両断で税金の無駄遣いで排除すべきものでもない。
日本国とはなんなのか、日本人とはなんなのか、日本国は誰によってどう統治
されてきたのか、誰が犠牲になってきたのか(アイヌや沖縄の人々)そうすれば、
日本が何をすべきかみえるだろう。今皇室の方々には窮屈な思いをして頂いて
申し訳ないけどまだ存続してほしいと思う。このスレ主さんが日本人の若者で
あることを願う。情緒的になってしまってごめんなさいね。皇国史観ではない、
多元的国家で柔軟な日本の、いい加減であゆがゆえに誇れる日本だと自分は思う。
で、説明しにくいから、「天皇でいいんじゃね?」が今のところの結論。以上

194 :名無しさま:2012/11/11(日) 08:21:28.82 ID:H8EVvnBn
>>193
こんなことが長い間の課題?ヒマだね。
てゆーか、もっと大事なことはいくらもあるでしょw
日本が日本である由縁は、天皇とは無関係だよ。
この真実に気付けないうちは、人間ではなく猿だといっていい。

昭和天皇には戦争責任がある。彼が戦争を認めたわけだから。
本当は戦争したくなかったとかいくらいい訳しても仕方ない。
世の中にはいい訳のしようもないことがある。

「反日」は中国や韓国のアイデンティティではない。
そもそも、中国人や韓国人の全てが反日ではない。
日本人の全てが反中反韓ではないのと同じ。
極々一部の自己愛性人格障害者だけが排外主義を支持する。
これは政治的な態度ではなく人格の偏倚なのだ。

日本国は日本人が住んでいる日本列島という島だ。
天皇がいようがいまいが日本は日本だ。
こんな簡単なこともわからないうちは人間じゃない。猿だ。

195 :名無しさま:2012/11/11(日) 09:34:10.16 ID:XnEg20FT
口の形が気持ち悪いんだよ

196 :名無しさま:2012/11/11(日) 10:04:49.19 ID:kipGwP0r
一国の宰相が 神の国 発言するような国だから193のようなのが消えないんだろうな

密室で選ばれた怪しげなその宰相は
カミの国発言後支持率が絶望的数字になったが

197 :名無しさま:2012/11/11(日) 18:46:52.19 ID:Bn+GnqS3
天皇って昔から続いてる血筋を絶やさない為に生きてるんだよね。
193 のような崇拝者が待ってるから行く先々で笑顔を振り撒くんだよね。
気の毒な人生だね。自分の人生を人のために生きてるなんてさ。

可哀想に思えてきちゃったよ。辛くても崇拝者のために今日も生きるんだね。
エライよ、立派だよ、感動だよ!!

・・・でも要らない。

198 :名無しさま:2012/11/11(日) 19:33:01.85 ID:XnEg20FT
さあてー今日はみなさんの嫌いなおべんきょうの時間だだー
だだだーん ばばばーん 

そこのおまえ メガネを洗面所で綺麗にしてこい
そこ、ヒゲを綺麗に切りそろえろ
おまえ口臭は大丈夫か?仁丹を口の中に

ソマリアの女神
ヨミカキノデキナイイナカムスメX

199 :名無しさま:2012/11/11(日) 22:55:18.65 ID:7Zf4XtdT
>>194
憲法第一条では、
日本国民と日本国は、伝承と日本神話まで父系で辿れる天皇を自分達の国と自分達の統合の象徴とする事を総意とするような国民とその国だ。日本人と日本人の国と判りやすいだろ。

200 :名無しさま:2012/11/12(月) 10:25:51.12 ID:jJNLk6of
天皇は不自由、不平等、無駄の象徴。
ええ加減、ダニ一家の生活保護打ち切れヨ!

201 :名無しさま:2012/11/12(月) 10:55:05.72 ID:UuQdNCct
無差別にふっとばっしてやる
あなたは117?それとも119?

202 :名無しさま:2012/11/12(月) 11:19:47.14 ID:UuQdNCct
勘違いをしてはいけないのは
人権とは人にしか与えられないもので
あるということです
どれほど贅沢で可愛いペットでも
人権を得ることはできません
人以外のものに人権を認めると
人があたりまえとして保証されている
人権が損なわれ消えていってしまいます
人権問題 人権保護の観点が必要です

203 :名前をあたえないでください:2012/11/13(火) 14:46:30.71 ID:Nk+jNe8q
国民を一色にして異なる意見異端を琲するためにある。権威をデッチあげタブーを作る。

204 :名無しさま:2012/11/13(火) 19:21:05.75 ID:fj0IzKV+
憲法第一条とやらは他国に類を見ない変わった法だな

おそらく北朝鮮あたりにもそのような法で国民を洗脳してるんだろうな

205 :名無しさま:2012/11/14(水) 13:47:59.00 ID:tZbNw0UY
そんなにイライラするんなら、自由の国アメリカにでも移住すれば?

子供だから無理か?親に頼んでみなよ
「馬鹿か」って怒られるだろうけどね

206 :名無しさま:2012/11/14(水) 17:00:52.28 ID:eam3cDNJ
差別がおおいからやだ<アメリカ

207 :名無しさま:2012/11/14(水) 20:42:48.70 ID:xt1HCYpg
洗脳されている身には
アメリカから馬鹿と思われてることに気づかないのか
いい年こいて精神年齢は8歳のガキに言っても仕方ないが

208 :名無しさま:2012/11/15(木) 16:54:10.27 ID:diUtQh6Y
>>204
日本国民に主権が存すると明記された第一条。
万世一系の美称をもつ天皇を総意に基き国と国民統合の象徴としてしまう日本国の主権の存する日本国民は日本人だとよくわかる。
万世一系と言われるような男系継承だから日本国と日本国民統合の象徴は父系を古代まで辿れる日本の出自の象徴。やはり日本国は日本人の国とわかりやすい。


すべては主権の存する日本「国民のために」とある第七条。

主権の存する日本国民に非ざるものが非国民の利益のために公権力の行使に関わる事を明文で禁止しない法律が公布される事は主権の存する日本「国民のために」ならない。
公布される事が「国民のために」ならない法案を準備閣議決定する事は内閣の構成員の憲法尊重擁護義務違反。
主権の存する日本「国民のために」公示されなければならない選挙において候補者の重国籍の可能性を承知して国民が投票出来るよう出自や本人や祖先の帰化密入国などは周知されるべき。

「国民のために」は民主的に解釈しなくちゃ。

209 :名無しさま:2012/11/15(木) 19:39:09.69 ID:6KwEcdTb
マッカーサーが 日本人は12歳の少年 などと発言してから100年近く経つのに
未だに上のようなのがいるから日本人全体が北朝鮮人と同列の馬鹿と思われてしまうんだよなw

210 :名無しさま:2012/11/15(木) 23:53:31.30 ID:diUtQh6Y
>>209
13歳になってるならポツダム宣言は、カイロ宣言により台湾籍と朝鮮人を除外した上で、人種民族としての日本人は奴隷化される事なく国民として存続するものとしている事を勉強しようね。

211 :名無しさま:2012/11/16(金) 00:05:11.04 ID:pc09e3zI
>日本人全体が北朝鮮人と同列の馬鹿と思われてしまう

この手のスレではたまにこういう言説を聞きますが、
具体的に誰が思っているのですか?
知りたいので、実際の文章等の引用をお願いします。

212 :名無しさま:2012/11/16(金) 02:11:24.10 ID:ZD9yPhch
糞掲示板(キリッ と罵りながら、そのド過疎板に居座り
暇人ではない(キリッ と言いながら、ほぼ毎日覗いて書き込む
しかもニュース系など、人の多い板には絶対来ない
なぜなら議論するだけの知識も知能もないから

結論:皇室アンチは思考停止のカルト団体(しかも暇人)

213 :名無しさま:2012/11/16(金) 07:55:00.30 ID:rMQwxuoY
>>212
皇室厨こそカルトだが
wwwwwwwwwwwwwww

214 :名無しさま:2012/11/16(金) 21:40:49.94 ID:90m4sb0d
h爺さんのくせに(キリッ となんて付けるなよw
そんなに俺と議論したいのか
あいにく洗脳されすぎて手遅れの北朝鮮人と同じ民度の
救いないようのない2ch脳の人間を更正させる気など毛頭ない

215 :名無しさま:2012/11/17(土) 04:20:33.89 ID:4berH95m
日本の歴史が捏造から始まっている事を今に伝える存在
残念ながら日本人は韓国人と同じく嘘吐き民族であるという生き証人

216 :名無しさま:2012/11/17(土) 05:20:29.48 ID:gDBo38eZ
残念ながら日本国の「正史」としてはこの国は神武天皇が建国したことになっている。

「天皇が架空の存在で実は朝鮮の王子サマだった! ちなみにピザも朝鮮料理!」なんて、残念ながら、どう控え目に言っても、
今の所はそういう学説の一つに過ぎない。

217 :名無しさま:2012/11/17(土) 09:56:23.13 ID:fRIDFj9D
>>216
日本という国号も天皇という称号も用いられたのは天武朝。
したがって日本の「真史」は、天武朝から始まる。

「日本書紀」は天武天皇を礼賛するためのトンデモ文書。
神武天皇が実在するとわめくトンデモが、
韓国の檀君神話を笑うのは滑稽千万w

218 :名無しさま:2012/11/17(土) 14:44:20.88 ID:PLYZ9OAd
http://www.h5.dion.ne.jp/~irumu/

219 :名無しさま:2012/11/17(土) 19:32:43.10 ID:ISxO9d7l
神武天皇とやらが実在したのかどうか知らないが
そんな大昔のことでなく現代に於いて天皇が必要な具体的な理由をひとつくらい書けよ

たとえば戦時中戦犯から天皇崇拝を強いられ
洗脳されたまま覚醒しない年寄りが少なからずいるから
教祖の将軍様=天皇に特殊な出来事があれば狂信者の年寄りたちも感動するから必要だとか

220 :名無しさま:2012/11/19(月) 07:31:04.59 ID:puoVDjnQ
>>219
天皇自身が天皇でいたがる理由はいくらもあるが
国民が天皇を必要とする理由なんて一つもない。

221 :名無しさま:2012/11/20(火) 18:14:18.67 ID:GxIvuEH7
ところが一部の年寄りたちは現天皇の何代も前の先祖が
日本を創ったところに価値があると思っているようだ

事実かどうか学会にも発表されてない疑わしいことに

222 :名無しさま:2012/11/22(木) 02:54:19.77 ID:UKBxoUAp
>>219
たとえば東日本大震災の時の被災地訪問時の映像を比べてごらんよ。
天皇皇后両陛下と、菅首相(当時)の映像を。

これを見るに、政治の世界から遠く離れて国を代表する資格を持つ何らかの存在と言うのは必要なものだと思う。
仮に自分があのような深刻な状況に置かれたとして、菅さんの訪問だけは歓迎できない。

223 :名無しさま:2012/11/22(木) 03:14:44.21 ID:UKBxoUAp
そして最近、両陛下は沖縄を訪問されたとのこと。

思い返せば、ひめゆりの塔というのは今上陛下の訪問によって世間の耳目を集め、映画化までされ、本州の人々にまでその名の知れるに至ったもの。
そして今年、ようやく両陛下は白梅学徒隊の生き残りの方との面会を果たされましたよ。
沖縄には実に9つもの学徒隊が存在しましたが、沖縄の人ですら、「ひめゆり」以外の隊は殆ど知りません。
年端もいかない少女達が手足の千切れ内臓の飛び出した兵を看護し、米兵に火炎放射されたり自決したりで果てていったのです。
宮内庁の職員が「時間切れ」を宣告し生き残りの方々が帰り支度をする中、両陛下は白梅の塔の方角を尋ね、その方角に向かって、深々と拝礼なされました。

これは右とか左とか、政党思想の垣根を越えて、総ての日本人が見習うべき姿勢です。
皆さんどうか南に向かい、拝礼しましょう。

224 :名無しさま:2012/11/24(土) 09:59:12.21 ID:d6VCjymm
>>223
「パフォーマンスだけで豪華な宮殿に住めるなんていいご身分だ。」
これが大多数の国民の偽らざる本音。

225 :名無しさま:2012/11/24(土) 10:02:39.53 ID:d6VCjymm
>>222
被災地訪問は儀式ではない。
政治こそが重要であり、キレイゴトのパフォーマンスは有害無益。

歓迎?馬鹿か!首相に対して本音をぶつければいい。
互いにウソの笑顔を見せ合うのは偽善。
人間は偽善で腐る。

226 :名無しさま:2012/11/24(土) 20:23:36.45 ID:n7Pe6aFX
子供は偽善を許せない、文字通り偽物だから
そして偽善者である親に反抗する
しかしながら、親は岡本太郎ではない
そして子供は大人となり
サザエさんのような幸せな家庭を持つ
くどいようだが、偽善とは文字通り偽物となる

227 :名無しさま:2012/11/24(土) 20:26:31.56 ID:4IF81W89
チョコ系日本人へ。

228 :名無しさま:2012/11/25(日) 08:46:37.26 ID:y477qrRr
>>226
今はサザエさんのような家庭は稀。
妻は大した仕事がなくても、
パートとかいって日中は家にいない。
子供は保育園か祖父母のもと。
一緒に暮しているようにみえて
実はそれぞれバラバラ。

229 :名無しさま:2012/11/26(月) 04:29:40.02 ID:VHKC8dB0
>>224
百歩譲って天皇陛下の生活がパフォーマンスだとして、
この陛下の生活をわずか一年間だけでも真面目にこなせる人っていますか?

万歩譲って一年に一日だけで良いとして、たとえば>>223の話を聞いて、あなたはその日すぐに拝礼を実行しましたか?

230 :名無しさま:2012/11/26(月) 04:54:09.51 ID:VHKC8dB0
>>225
行政府の長に対して、たとえ災害被災者とはいえ、いかなる国民とて法に定められた以外の方法で影響力を行使することはできない。
本来、首相は東京で熱心に行政作業を進めるべきなのです。
あなたはその基本がわかっていない。

では立法府の長(衆議院議長、参議院議長)が訪問すべきか。いやいや司法府の長(最高裁判所長官)が訪問すべきか。
違うでしょう。現地には天皇陛下が訪問すべきなんですよ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい:2012/11/26(月) 10:29:37.02 ID:3ZH4j4Xn
貴種幻想、自己欺瞞、他国への優越感ウヌボレ、幼稚なナルシスム、ひとりよがり独善をみたすため。

232 :名無しさま:2012/11/27(火) 19:48:03.62 ID:zFcqAys7
被災地訪問で喜んでいたのは
昭和の初期に直接洗脳されたか洗脳者2世の年寄りばかりだったな

233 :名無しさま:2012/12/17(月) 17:12:19.24 ID:jAn6OQAu
国体だから
天皇がなくなるならそれは自称2600年続いてきた「日本」って国が違う国になる。
日本という国にこだわらないでJAPAN共和国とか建国すんならいらない。

234 :名無しさま:2012/12/19(水) 20:59:22.48 ID:FIBrr3M1
共和制は、カリスマ性を持った基地外指導者が出現しやすい。
実権を持たない王を頭に据えとくと、それを防ぎやすい。
コストパフォーマンスも、そんなに悪くない。

平和な民主主義国家を維持するのに王やら天皇がいるってのは、便利がいいのだ。

共和制国家は、カリスマ性を持った基地外が大統領になりにくい制度に苦労してるじゃないかw

選挙で、国民の支持をもっとも沢山集める人間を、国家元首にするのは、とても危険なんだよ。

235 :名無しさま:2012/12/20(木) 17:31:19.12 ID:1rWiCoSH
>>234
カリスマは微妙だがキチガイ指導者というと
大統領だとウィルソンとか?

236 :名無しさま:2012/12/23(日) 22:05:14.64 ID:is+VBoLB
共産主義者の皆さんこんばんは(^◇^)┛

237 :名無しさま:2012/12/29(土) 01:25:01.75 ID:yPE9dA6q
日本には共和制の道を行くという選択肢があってもいいのではないだろうか

238 :名無しさま:2012/12/29(土) 03:41:03.58 ID:c8BNmgn+
アラブの春は?

239 :名無しさま:2012/12/29(土) 19:51:01.92 ID:Amy910un
>>237
中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国大韓民国を見やれ。あれが良きか。

240 :名無しさま:2012/12/30(日) 00:12:32.06 ID:3hV5BSO/
日本人に大統領制やらせたら大変なことになるな

241 :名無しさま:2012/12/30(日) 00:28:13.10 ID:1MRl86so
大韓民国も保導連盟事件で初代大統領李承晩に160万人も殺されて何故いまだに大統領制続けてんの?学習能力があったらやめりゃいいのに。北朝鮮もいつまでたっても共和国のまま。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
拡散希望:朝鮮学校無償化阻止のためのパブリックコメントにご協力ください。
自民党は朝鮮学校の無償化を阻止するための法改正を予定しています。
法改正(抜け道的な条項を削除するためのもの)には、その前提として
パブリックコメントを集める作業が必要とのこと。
文科省の該当ページは下記です。(自民党の提起した)改正案に賛成する旨をお書きください。
外部リンク:search.e-gov.go.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

242 :名無しさま:2012/12/30(日) 01:38:59.93 ID:+3Hy+Xkg
伝統とか外交とか独裁の予防をするのに長い年月がかかってやっとできたんだよ。

243 :名無しさま:2012/12/30(日) 08:50:16.07 ID:Ka/WvFpS
人が犯すことのできる罪には限界があります
暴力団にしてもそうですよ、法廷で死罪になる
暴力団って少し変わってますよ
人とはなんであるかを考えていただきたい
人はどうあるべきか?どう生きるべきか?
子供が万引きでもやってる感覚で人を
やめる、諦める方いますが非常に危険な感覚です

244 :名無しさま:2012/12/30(日) 09:30:53.86 ID:Ka/WvFpS
例えば柔道の型

投げ方というのはいくらでもある
体を傷めないか?内蔵を悪くしないか?
殺気がないか?、、、、、、どんな投げ方が
理想とされる? 型をつくればいい
子供に自信をもって教えることができるか?
型をつくるのはとても難しい
その型をどれだけの人が認め
未来に引き継がれる?

245 :hi:2012/12/30(日) 12:13:22.57 ID:+zjfrmMM
you tubeで「新唐人テレビ」を検索して見てください。
それを見ると中国人も中国の民主化を望んでいる事がわかります。

新唐人テレビは中国の民主化を望む中国人自身によるテレビ局で、海外に拠点をおき、中国共産党の圧力に屈する情けない日本のマスゴミよりもよっぽどまともなテレビ局です。

日本語による吹き替えも毎日アップしています。
日本では中国共産党の圧力により報道出来ないニュースが沢山取り上げられています。
新唐人テレビのような勇気ある報道機関を広める事で、中共の圧力に屈し、真実を伝えない日本のマスゴミのへなちょこぶりを浮き彫りにする事にもなります。

さらに新唐人テレビを衛生放送を使って中国国内に放送する計画まであります。
これはある意味、中国共産党に対する強力な「兵器」です。

新唐人テレビを日本や在日中国人の間に広めて、中共が日本に戦争をしかけてくる前に中共を内部崩壊させましょう!

246 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/01/02(水) 16:04:32.96 ID:qe5Xtxv4
内向き、ウシロ向き、優越感、排他的ナルシスムの象徴

247 :名無しさま:2013/01/02(水) 22:03:41.89 ID:rsTzYz5d
マジレスすると、天皇が不要な論理的根拠の方が少ないだろ。
千年続いた王家を無くすデメリットやらコストやら()
今更、共和制に移行するメリットなんて無いだろ。

248 :名無しさま:2013/01/04(金) 16:04:10.52 ID:WA4U6A06
つまり国民にとっては何の役にも立たないが
千年続いているから惰性的に存続させたいというのが

論理的 な理由かなw

249 :名無しさま:2013/01/04(金) 17:02:13.82 ID:IHhjaSvt
そりゃ天皇や王がいない国のが多いわけだからなくてもやってけるだろ。

けど天皇ってのは国体だから天皇がいなきゃ国の正当性を示せないでしょ。

250 :名無しさま:2013/01/04(金) 17:04:39.21 ID:IHhjaSvt
メリットよりデメリットのが大きい時点でなくす意味がないでしょ。

251 :247:2013/01/05(土) 01:31:45.97 ID:+h8JKAR8
>>248
惰性つうより、長く続きすぎたので、廃止のデメリットが大きすぎるってこと。

252 :名無しさま:2013/01/05(土) 01:48:57.53 ID:+h8JKAR8
天皇制を廃止して、完全三権分立に移行
→元皇族が大統領選挙に出れるんだぜ。
 誰が勝てるんだ?
 選挙コストやら法整備のコストもばかにならん。

ドイツの様に国家元首としての大統領を立てて、実権は首相
→結局、選挙コストもかかるし、実権の無い大統領をくわさなきゃならんから、王政とたいしてコストが安くつくわけじゃない。

イギリス連邦の国家群がイギリス王を国家元首に、してるのも、その方が安全でコストが、安いからだ。

実権の無いかなと王家ってのは、それなりにメリットあるものだよ。
おまけに、世界屈指の品行方正な一家だから、どこの国の元首と逢っても、やらかす事が無い、安心して見てられる。

まぁ、そんなところかな。

253 :名無しさま:2013/01/05(土) 11:07:41.72 ID:rZ3ewgZo
半永久的に200億円のムダ金を出すより
今のうちに膿は出しておいた方が将来的にみてコスト安だろ

能力もない元皇族が図々しく立候補して勝てると思っているのは洗脳された信者だけ

まあおそらく立候補はしないだろう

254 :名無しさま:2013/01/06(日) 01:02:01.49 ID:sKOvcALP
学生運動の夢から醒めていない反日教の信者さんが「コスト」だってw

200億円→割り勘でひとり200円

 コ  ス  ト  wwwwwwwwwwwwww

255 :名無しさま:2013/01/06(日) 01:05:08.12 ID:sKOvcALP
8兆9547億円 男女共同参画予算中の高齢者向け予算(2005年度、概算要求)
5兆6102億円 道路特定財源(国と地方の合計、2007年度)
4兆8563億円 防衛関係費(2005年度、概算要求)
3兆5780億円 アメリカの宇宙関係予算
3兆1280億円 りそな銀行に投入された公的資金
2兆7800億円 朝銀(北朝鮮系金融機関)に投入された公的資金
1兆6743億円 男女共同参画予算中の男女共同参画等向け予算(2005年度、概算要求)
1兆3600億円 全国の朝鮮銀行に投入された公的資金(1998年から2002年まで)
1兆0200億円 在日外国人への生活保護
  6724億円 NHKの予算(2005年度)
  6216億円 欧州の宇宙関係予算
  2845億円 日本の宇宙関係予算
  2273億円 中国への日本のODA(2000年度)
  1212億円 中国への日本のODA(2002年度)
   108億円 宮内庁運営費(2011年度)       ←------
    57億円 宮廷費(2011年度)          ←------
    9億円 朝鮮学校への補助金(全国の合計、2003年度)
    3億円 内廷費(2011年度)          ←------
    3億円 皇族費(2011年度)          ←------

256 :名無しさま:2013/01/06(日) 02:47:06.08 ID:okQSR4Ra
年間一人200円程度の出資で国際親善や文化財の保護が全てできるのなら良いこと。
缶ジュースのような贅沢品を一回二回我慢すれば良いんだから。

『そんなことよりジュース飲みてえ』って人は飲んでればいいでしょう
でも人が真面目に納税してるのに口挟む権利は無いはずです
自分だけジュース飲んでれば良いだけでしょうよ
人をたぶらかすな

257 :名無しさま:2013/01/07(月) 19:58:02.74 ID:kNYBIYYs
で実際に
国際親善や文化財の保護に役立ってんの?

アタマのぶっこわれた人間が頑なにそう思いこんでるだけじゃないの?

国際親善ぶち壊しているようにしか見えないんだが

258 :名無しさま:2013/01/07(月) 21:16:38.26 ID:ENlui1wc
国際親善や文化財の保護に役に立たず害となる事が実証済みで遥かに多くの日本国民が享受すべき福利を搾取しているのがいっぱいいるな。

259 :有吉:2013/01/14(月) 12:29:40.95 ID:ZT23/KPo
本当に国民のために考えているなら宮内庁ごと自爆テロを起こして死ねよ!

260 :卍3286卍ss:2013/01/14(月) 14:03:12.31 ID:d0No8Ilr
>>1 現代の様な 八方塞がり状態に 日本が成った場合、國民の為に 悪人を成敗し國の体制を ガラリと
ヒックリ返し、日本國に真心を取り戻す そしてヤマトを再建する。コノタメに 天皇の魂は存在します。m

261 :名無しさま:2013/01/14(月) 14:39:18.23 ID:IvCgQgt9
>>259
てめぇこそ本気で日本のこと思ってんならクーデターぐらいおこせや

262 :名無しさま:2013/01/14(月) 17:21:22.96 ID:vavGslj8
トインビー曰わく
民族の歴史と神話を伝承しなかった民族は例外なく滅びる
天皇を失った時点で日本は国としての歴史が途絶え、日本ではなくなる
そりゃあ国としては残るだろうけど、それは日本でなはいし、文化的な精神性も失われる

263 :名無しさま:2013/01/14(月) 19:33:33.24 ID:N7zwrKGZ
なくなるわけねえだろが

なくなるのは洗脳された上のような馬鹿人間だけ

一国家としては上のような北朝鮮人民的な人間はいなくなってもらった方が有難い

264 :名無しさま:2013/01/14(月) 22:19:36.52 ID:/48XWC4g
政府や占領軍が一個人を利用して国民を一つの方向に操るため
そいつらにとって天皇が必要だ ならともかく

天皇を失った時点で日本は国としての歴史が途絶え とか恥ずかしいこと書くなよ

病的な天皇信者はナチスの残党より始末が悪いな

265 :名無しさま:2013/01/15(火) 00:10:06.87 ID:sMfblHok
「論理的で納得のできる、天皇が不要な理由」というのも
未だかつて見たことが無いので、この制度を変える必要など無いと思う。

だいたい、人と話す時に
相手をけなさないと続かないようじゃダメだわ。
そういう態度の悪さが、聴衆を現状維持に傾かせていることに気付けばいいのに。

266 :名無しさま:2013/01/15(火) 00:48:31.76 ID:jQCBFtU2
ユング派カウンセラー河合隼雄の「魂にメスはいらない」を読んでみな 天皇が日本人にって何であるか一例が書いてあるから

267 :名無しさま:2013/01/15(火) 01:25:08.67 ID:jq5vUJMy
平成天皇は自動車運転免許を更新したそうだが、平成天皇はついでに二種免許を取ってタクシーの運転手をやって、自分で生活費を稼げよ

268 :名無しさま:2013/01/15(火) 02:13:51.68 ID:11LR0jvf
>>265
ここは反天皇・反皇室論者の低レベルっぷりを確認して、安心するための板。
放っときゃいいよ。認知度が極めて低い板だし。
無知にイチから教えてやるのもウンザリじゃん。んな義理もねえし。

「北と一緒」てwww
情けない…この程度とは情けない…wwwあー情けないwww
北に便所の落書きやら反金連デモ()やら反朝新聞やらが有んのかとwww
有 ん の か と www



あとな
誰とは言わんが、改行くらい覚えろ。覚えるまでν速+あたりでボッコボコにされて来い。

269 :名無しさま:2013/01/15(火) 07:07:44.68 ID:d8D7B19F
ホンニンは気付いてないだけで
世界から見たら北と一緒の可哀想な人種なんだよw
北と一緒でわるけりゃオウムの信者と一緒だ

そんな人間の本能に反する邪教 ムリに教えて貰わなくても結構w

270 :名無しさま:2013/01/15(火) 11:48:01.40 ID:N5J1WAxP
それはイギリスやタイと一緒ってこと?

271 :名無しさま:2013/01/15(火) 17:56:55.73 ID:XA5SW0O2
「王とは掠奪者の末裔」(トマスペイン)

272 :名無しさま:2013/01/15(火) 18:07:44.65 ID:XA5SW0O2
200億円→寄生虫一匹当たりの餌代10億円。

273 :名無しさま:2013/01/15(火) 20:21:15.05 ID:d8D7B19F
一般の者にとってはタイあたりと一緒だが
天皇を失った時点で日本は国として途絶え云々と
麻原ショーコーみたいなこと言ってりやつにとっては北朝鮮と一緒だな

274 :名無しさま:2013/01/16(水) 01:20:06.58 ID:whXQkaT0
仮に皇紀2673年という記録が終了することになれば
一つの歴史的事実として、いわば神武朝ともいうべき一つの日本国が終わることは確かだ

その際、この国に残る暦は「キリスト紀元2013年」のみということになるので
歴史が途絶えるという指摘は正しい

275 :名無しさま:2013/01/16(水) 01:26:08.14 ID:68sur4za
60年しか歴史がない国って中国を馬鹿にしてるのに今度は逆に新興の歴史がない国認定を中国からされるのか
胸熱

276 :名無しさま:2013/01/16(水) 08:05:35.92 ID:uNCwvXIl
>274
仏歴があるみたいじゃん。仏暦によると今年は2556年だそうな
あるいは明治維新を新しい暦の元年にするとか手はある

277 :名無しさま:2013/01/16(水) 08:10:51.31 ID:uNCwvXIl
天皇制がなくなっても皇紀を続けることはべつにかまわない
その場合、名前は変えた方がいいな。たとえば日本暦あるいは日暦など

278 :名無しさま:2013/01/16(水) 08:25:53.43 ID:aEXfvP18
皇紀のようなセコイ暦や宗教の違いによる暦より世界共通の宇宙歴が良い。
宇宙誕生150億年・・・

279 :名無しさま:2013/01/16(水) 09:11:13.74 ID:M9kAqMGO
>>267
平成天皇なんておらん。

280 :名無しさま:2013/01/17(木) 08:57:14.47 ID:MTfDi1bI
はよ平成天皇にな〜れ。

281 :名無しさま:2013/01/17(木) 11:38:54.13 ID:5ZK/sE4w
死亡すれば、自動的に明仁が平成天皇扱いになるのは必然だw
しかし、墓地は母国である朝鮮半島につくればいい

>>273
>天皇を失った時点で日本は国として途絶え云々と
意味不明
国民を洗脳しなければ、存在出来ない天皇家だねw
洗脳している時点で終わっていると考えられないのか
この課題は、南ちょんが国民に竹島は独島だと幼児から洗脳しているのと同じ行為

おまえらが云う皇紀2673年の解釈もいい加減だよなw
ニニギは、紀元前2世紀から1世紀にかけ存在していた人物
ニニギの生まれ変わりは、安倍晴明(初代は、約24歳で死亡)は千年後に転生した
つまり、生誕日から千年を引き算すれば、ニニギが死亡した時期が算出できる
神武天皇が紀元前660年にと云う説明が破綻する、時間が合わない

根拠のない「皇紀2673年」となり、ソースがなければ想像史だねw

282 :名無しさま:2013/01/17(木) 20:17:28.23 ID:z0+Qc0Mj
皇紀2673年とか言ってるやつなんて国民の何%いるんだ?
そんな一部の変わり者しか知らない歴史なんて無くしちまって新しい日本を始めた方が国民のためだろ

283 :名無しさま:2013/01/17(木) 23:17:12.85 ID:CAHsfa/M
>>282
なんか韓国と北朝鮮みたいに東西分裂起こしそうじゃねw
日本人なんてチョン並みの劣等民族なわけだし

284 :名無しさま:2013/01/19(土) 18:44:27.74 ID:O2/VAGul
>>281
天皇制支持者でも皇紀を信じてるやつなんかほとんどいねーよ。
ヽ(´ー`)ノ
そういう問題じゃないって事が分からないって可哀想過ぎる。

285 :名無しさま:2013/01/19(土) 20:38:32.01 ID:ymJ9wEQz
>284 天皇制支持者でも皇紀を信じてるやつなんかほとんどいねーよ。

ということは、少なくとも皇紀が2千何百年とかいうのは嘘であることには間違いないわけだ。
とりあえず皇紀が嘘であることは決着をみた。よって、ここで「皇紀は嘘認定」と宣言する。
皇紀問題終了

286 :名無しさま:2013/01/19(土) 21:35:04.88 ID:+1K18jEg
>>284

あとは、裕仁(昭和天皇)がハングル文字、ハングル語を半島へ伝えた事はどーする?
また、KOREA、TYOUSEN(朝鮮)も半島へ伝えた

 

287 :名無しさま:2013/01/20(日) 04:19:06.98 ID:AoSl3ESK
>>285
あたりまえだろ、卑弥呼の時代でもあっちじゃ三国志の
時代だ。
神武なんているわけねえよ。
西暦も間違えてるけどな。

天皇は日本の要石みたいなものだ。
政治的発言も、政治に参加することも、自由もない。
豪華な牢獄に入ってる囚人と変わらん。

288 :名無しさま:2013/01/20(日) 11:02:36.62 ID:XFb7t1Oz
流れをぶった切って、スレタイに従って天皇の必要性を論理的に論考してみよう。

天皇に限らず宗教的イコンは国家や国民を統合するのに役に立つ。こうした機能は宗教的であるがため、
非常にわかりにくいし問題も多い。まず、何より宗教的権威が国家・国民統合の機能を持たせるのは
政教分離の原則に反するし、その宗教の概念を受け容れない人々も少なからず存在するからだ。
そこで天皇制度では表向きでは宗教性を排し天皇の宗教性は私的領域にとどめて無色透明の存在とした。

で、「なぜ必要なのか」に答えるならば「多くの国民が必要としているから」となる。
必要性を求めない国民が多数となれば自ずと天皇の存在は公的領域から消える。

289 :名無しさま:2013/01/20(日) 13:09:30.09 ID:0T4rav4O
誰も排除しない全ての者のための政治は祈りとなる。

290 :名無しさま:2013/01/20(日) 13:25:04.76 ID:qaiRBEzr
戦争にボロ負けくらって政治的発言を失った者のやることは、あとは祈ることだけ。
祈りだから強制力がねえからウヨクの聞かねえこと聞かねえこと。
天皇が「君が代の強制は好ましくない」と言ってもウヨクは聞かない。

291 :名無しさま:2013/01/20(日) 18:24:19.71 ID:spDaPJwG
>>288
で? 欲しいのは、本物、それとも偽者、どっち?

292 :名無しさま:2013/01/20(日) 22:17:54.72 ID:AoSl3ESK
>>290
敗戦前から、政治的発言力なんて無いけど。
明治維新以来、天皇の発言力が発揮されたのは、2.26事件の時とポツダム宣言受諾の時位だろ。

昭和天皇は、"天皇機関説"支持者だったが、それすら無視された。

"天皇"は、昔から日本という国家の要石だよ。
国民の大半が不要と考えたら、消滅する。

言動の自由は、ほとんど無い。
仕事は激務。
割にあわねーよ。

割に合うなら、1000年以上も続かないってw
割に合わねえから、天皇の地位を簒奪しようとする人間が、大昔からほとんど居なかったんじゃねえか。

293 :名無しさま:2013/01/21(月) 02:49:09.20 ID:rnZvVcH9
天皇の存在は人の分際ごときでどうこう言う問題ではない。

1300年以上の時間が作り上げた自然の造形物に対して

畏敬の念を抱けないやつのほうが問題だな。

人智を超えた法の支配を知らんのだろう。哀れだな。

294 :名無しさま:2013/01/21(月) 03:01:33.40 ID:rnZvVcH9
>>288
思い上がるなよ!しょんべん小僧!

ほう、では君はなぜ存在し
宇宙はなぜ存在するか?論理的に解説したまえ。

当たり前の話だが
人がすべてを論理的に把握できるようにこの宇宙は都合よくできてはいない。
だからなぜこの空間=宇宙も含め、存在が出来て残るかは
人智を超えた法(則)と時間の結果なのだ。人の論理でこの世界の有り様が
決定するわけがない。ある意味天皇は
その人智を超えた部分を
潔く認められる英知があるかどうかの貴様にとっての判別機だと思え
そういう基本から理解しろ。

哲学もまともに学んでない自律のなんたるかさえしらない
不自由な弱者が論理など100年早いわ。
論理とは何か?しょんべん小僧はそこから初めてみろ。
少なくとも哲学は紀元前からそういう基本的なことに答えを出してきている。

貴様みたいな啓蒙思想の理性主義者が思いつきで
どうこう議論できるとうぬぼれているから頭が痛い
貴様は論理的な議論すら不自由な弱者なのだから。身の程を知れ!

295 :名無しさま:2013/01/21(月) 06:05:15.29 ID:AAkY0R2n
実際のところ
明治以降は時の政府が民を都合のいいように操るためのみに存在し
最近は右翼や一部の利権者のメシの種のみに存在してるだけだろ

296 :名無しさま:2013/01/21(月) 06:08:56.24 ID:XOFh+UBC
>>294
> 宇宙はなぜ存在するか?論理的に解説したまえ。
論考するテーマが違うから、そんな解説をする必要はないな。

>少なくとも哲学は紀元前からそういう基本的なことに答えを出してきている。
君の言う「哲学」が何を意味するのか知らないが、アリストテレスには彼の哲学があり
仏陀には彼の哲学がある。哲学は森羅万象を解明するためにあるのではなく、
人がいかに「認識するか」を常にテーマとしてきた。だからこそアリストテレスが
解明しようとしたテーマに普遍性があるし、老荘思想が今日でも語られる。

297 :名無しさま:2013/01/21(月) 07:38:18.07 ID:yJKicUq2
>293 1300年以上の時間が作り上げた自然の造形物に対して

1300年以上ってずいぶん控えめな数字だな。以上が付いてるが1301年か?
皇紀2600年はどこいった? はっきり2600年以上と書けないところが哀れだな。
それに1300年じゃ明らかにキリスト(教)に負けてる。

298 :名無しさま:2013/01/21(月) 07:43:12.25 ID:Htkz6xKL
「石橋を叩いても渡らない」天皇一族

http://music.geocities.jp/jphope21/0204/48/315.html

そして「後出しじゃんけん」という慎重さもあった。

299 :名無しさま:2013/01/21(月) 08:17:50.99 ID:ExKiuySj
天皇が存在出来るのは、国民の馬鹿さ加減のお蔭。

300 :名無しさま:2013/01/21(月) 11:26:14.22 ID:rnZvVcH9
>>296
はあ?意味がわからんね。

たとえば家なんかの場合でも君にはなぜここに柱が存在するのか
論理的にはわからんだろ。君が建築家でない限りね。
だから家の場合には建築家に聞けば、論理的な答えが返ってくる
場合もある。場合もあるというのは建築家ですら論理的な
答えがない慣習というものに沿っている所もあるからだ。

では天皇は家と同じで人工物か?答えはNOである。
人がこの時空と対話しながら生きてきた結果、存在するもので
なぜそうなのか?それを説明できる事ではない。
ただいえる事は天皇がある事を前提に日本が成り立っている事実がある。
なぜそうなってるか人智を超えたものをいじれば何が起こるかわからない。
素人の君が不要と思う家の柱を壊すようににね。

>>299
憲法1条も読めない馬鹿ですね。
憲法は憲法制定権力が規定する。
日本は改正限界説が妥当だから国民は憲法改正権力であり
天皇が存在するのは法の支配があるからです。

301 :名無しさま:2013/01/21(月) 11:43:17.60 ID:rnZvVcH9
哲学とは論理である
だれそれがどうという話ではなく
論理が妥当なものが批判され、継承され今日の近代国家の基礎になっている。

だれそれがそれぞれの主張をしているというのは
そりゃそうだ。それぞれがいろんな論理を展開する上で
さまざまな角度から見て、初めて神の視座が洗い出されてくる。
こんなことは西欧の中世封建社会の神学レベルの話で
少なくとも論理を語る、近代的な現代人がそんな認識では失笑ものである。

神の視座=超越的な客観性のない、僕の視座、私の視座で物事を語る自律できない
弱者連中に論理的な議論など無理。あきらめろ。

世界には論理的に説明できない事柄が満ちている。なぜ空気があるのか?
なぜ宇宙があるのか?なぜ天皇がいるのか?
だがそれは今のところ、私たちには答えが出せない問題だ。
人間なんて有史4000年かけて、その程度の生き物だ。それをまず認識しろ。
いえるのそれらは宇宙の法であり、われわれはいかんともしがたい
不可解な法に支配され、その法のおかげで存在している。
なぜ地球が必要なのかはわからないが、地球を破壊すればわれわれはいきていけないのは
地球が存在した結果、我々が生きているからという結果で判断するしかない。
その程度なのだよ人間なんて(笑)

天皇が、なぜかあるかは論理的にはわからない。
天皇は存在する、その前提で我々の近代日本が成立している。
それは少なくとも1300年と言う時間が立証した時効の憲法とも言える。

君らは人間の理性を課題評価しすぎなんだよ
人間の認識なんて同じ食べ物を見ても、食べても皆
微妙に認識が食い違う適当な生き物だ。

302 :名無しさま:2013/01/21(月) 15:51:41.95 ID:H/4jqq0R
>>300
>日本は改正限界説が妥当だから国民は憲法改正権力であり
>天皇が存在するのは法の支配があるからです。

時代に合わないから修正する、何を今更憲法に固執するのw
憲法1条〜8条まで天皇に関する記述を抜き取り、天皇制をゼロベースから
見直す必要がある

それとも、天皇制を廃止した方がいいのか?
実際、天皇制を廃止にしれと命令を出しておいたから時間の問題だがなw
永田町が天皇制に固執しているから、悩んでいるだけだろうけど

だから、本物と偽者、どっちがいいのか確認しているんだろうが
偽者なら今現在、天皇を語った輩だwwwwww

303 :名無しさま:2013/01/21(月) 19:47:09.02 ID:AAkY0R2n
強制的に天皇教に入信させることは
アメリカ人が片手間に作った憲法19条にそもそも違反している

304 :名無しさま:2013/01/21(月) 20:19:10.24 ID:XOFh+UBC
>>300
> 君が建築家でない限りね
工学的見地からすれば柱や梁の存在は構造としての必然性がある。
君はたとえ方を間違えてる。

> 人がこの時空と対話しながら生きてきた結果、存在するもので なぜそうなのか?それを説明できる事ではない。
説明なら多角的に見ていけば存在性の有り様は見えてくる。君が「できない」として見ようとしていないだけ。
古代の「おほきみ」がどうやって「天皇(といっても当時は律令上の呼称の一つに過ぎなかったが)」と名を改め、
権力抗争の課程でどのように位置づけられてきたのか見ていけばね。

305 :名無しさま:2013/01/22(火) 13:09:09.08 ID:nXRsmxzP
弥生人が縄文人と誓った理を鎮るのが天皇及び神道だろな!!

306 :名無しさま:2013/01/23(水) 01:56:00.70 ID:0JvbjX6z
反天皇的な人々になぜこれほど反道徳的な性格の人が多いのか、そこを心配します。

307 :名無しさま:2013/01/23(水) 10:43:01.58 ID:MyjxHoNI
>>306
裕仁(昭和天皇)、明仁(平成天皇)、徳仁、文仁、愛子、悠仁などが天皇家だと言う証拠をだしな

出来れば、アーク(契約の箱)がいいなw  出してミソw 話は、それからだ

308 :名無しさま:2013/01/23(水) 15:01:45.39 ID:WaCMSdkq
>>305
弥生時代に住んでたら土着でも渡来でも弥生人だが?
縄文時代にも渡来はいたが?

弥生人=全て渡来人のような風潮はこれいかに

309 :名無しさま:2013/01/23(水) 19:53:13.02 ID:qwmNEURi
憲法とやらに定められているにもかかわらず
反天皇的な人々がこれほど多いこと自体この強制個人崇拝の法と制度にムリがあるということだな

310 :名無しさま:2013/01/23(水) 22:13:52.33 ID:FOMV5vw6
>>309
個人崇拝って認識してる時点でアウト
半島に帰った方がいいね(*^o^*)

311 :名無しさま:2013/01/23(水) 23:48:45.04 ID:EK1j/0H1
特定一族崇拝だな

312 :名無しさま:2013/01/24(木) 01:19:28.05 ID:SLRNKXRo
日本軍による南京大虐殺など、東京軍事裁判の結審結果とその歴史史観を
守りつづける為に。

皇室とは関係ない人と確認されて、皇室追放寸前の所を、そのまま
東宮や常陸宮にした戦勝国。

その偽皇室は自分達を守ることや捏造歴史を守る事を条件に。
朝鮮系戸籍原本捏造組の国会議員やメデアで活躍している人びとや有識者と
いわれる人びとを作り出している。

鳩山由紀夫や菅直人や石破など朝鮮系戸籍原本捏造組の国会議員や、
メデアの朝鮮系戸籍原本捏造組が、
捏造歴史と偽皇室を守っている。

偽皇室の支配する皇室は必要でしょうよ。
史実になったら、彼らは日本に住んでられないよ。

313 :名無しさま:2013/01/24(木) 17:33:50.13 ID:lbcvv8QT
>>310
半島から来た、特定外来危惧種だな。

314 :名無しさま:2013/01/24(木) 19:16:17.34 ID:w/qWLWX/
どう見ても天皇信者が半年にお似合いだよな
天皇信者は生まれる国を間違えたようだ
北朝鮮に生まれていれば一国の従順なとしていい金体制支持者になっていたことだろう

315 :名無しさま:2013/01/24(木) 19:18:11.17 ID:w/qWLWX/
どう見ても天皇信者が半島にお似合いだよな
天皇信者は生まれる国を間違えたようだ
北朝鮮に生まれていれば一国の従順な奴隷としていい金体制支持者になっていたことだろう

316 :名無しさま:2013/01/25(金) 09:03:24.25 ID:tlT61hX5
>>312
南京大虐殺w
大虐殺が実際にあったかは、ともかく、市民に銃を向けたのは事実だろうが、先に戦争のルール違反をしたのは南京だ。
東京裁判ww
国際法上違反の裁判だな。

317 :名無しさま:2013/01/26(土) 21:24:33.77 ID:DcGPF2j2
オレ達庶民にとって天皇・皇室なぞ居ても居無くてもドウでも良い存在だろ・・実際は。

318 :名無しさま:2013/01/27(日) 02:49:00.38 ID:SyPi4bp5
庶民には国が必要なんだよ

319 :名無しさま:2013/01/27(日) 10:25:43.43 ID:2Yi5LRXh
当然国は必要だが、天皇はいらない

320 :名無しさま:2013/01/27(日) 12:39:19.90 ID:eVReHm8r
いちばん要らないのは
昔々神だと信じ込まされて未だに覚醒していない北朝鮮人民のような輩

321 :名無しさま:2013/01/27(日) 13:04:52.68 ID:SyPi4bp5
>>320
この国は天皇を自分達の国と自分達の統合の象徴にしちゃうような人達のための国なの。忘れないでね。

322 :名無しさま:2013/01/27(日) 19:07:47.68 ID:eVReHm8r
なんの業績もない一個人を自分達の国と自分達の統合の象徴にしちゃう
ことになんの疑問も抱かない時点で
人民と同じだわな

323 :名無しさま:2013/01/27(日) 19:53:37.42 ID:Op5Iv4+m
たとえ国内では如何なる人間だとしても、あの菊花紋章のパスポートを持たされて外国へ出れば 『恥ずかしいこと』 など出来ない。
日本のパスポートの国際信用度が世界5位、アジア最先鋒といわれる所以は、先人達のこの純朴な心掛けから来ていると思う。
出来れば自分達の世代もそれに恥じぬ生き方をしたいし、子孫にも問題なく引き継げるようにしたい。

皇室が存続する限り記録され続ける皇紀2673年という日本の建国暦は、普段は大人達に隠されてなかなか見えない。
でも現代の子供達がこういう『使命感』のようなものを抱くための、最後の支柱になると思う。

324 :名無しさま:2013/01/27(日) 20:44:32.26 ID:eVReHm8r
現代の子供達がこういう『使命感』のようなものを抱くための、最後の支柱になると思う

のは一部の病的信者だけだろw

一般人は現実を見て生きてるさ

325 :名無しさま:2013/01/28(月) 00:11:51.55 ID:Jt8rN/Jy
日本国は国と国民統合の象徴を天皇とするような人達に主権が存する国だということは忘れないでね。

326 :KTG:2013/01/29(火) 18:08:01.58 ID:DLg7k5YO
伝統だけのため

327 :名無しさま:2013/01/29(火) 19:21:49.47 ID:HnBJLnjA
こんなスレが伸びてしまう時点で
日本人は病的レベルに洗脳されてしまったってことがわかる
ああ情けない

328 :名無しさま:2013/01/29(火) 20:16:45.99 ID:v+w7W6um
国と国民統合の象徴を天皇とするような人達に主権が存する国が
北朝鮮と同じような異様国と気づかない時点でカルト信者は人間として終わっている

329 :名無しさま:2013/01/29(火) 20:35:13.64 ID:2XHhRbOD
>>328
ヽ(´ー`)ノ
皇族から自由な発言権を取り上げとるじゃないか。
どこが一緒なんだ?

330 :名無しさま:2013/01/29(火) 20:44:25.43 ID:v+w7W6um
そもそも21世紀にもなって皇族とかいう差別の温床がいる時点で
異様な国だと気づけよ

331 :名無しさま:2013/01/29(火) 23:07:10.98 ID:lfJPU1h1
なにがどう差別なの?
今現在でも完全な自由平等が達成されている国はないし、そもそも皇室制度は憲法14条の例外として認められているもの

332 :名無しさま:2013/01/30(水) 04:45:43.06 ID:WtgVU0a3
永きにわたる徳川の士農工商の陋習を廃止できたのは『天皇の下には四民平等』という理論に全ての日本人が納得したからこそ成ったこと。
今後再び日本政府に独裁者が現れた時は、再び民が独裁者を打倒し、大政奉還を成し、四民平等が宣言される。

天皇陛下はその『奉還』の役目を務める日本国最後の砦。

333 :名無しさま:2013/01/30(水) 08:31:08.89 ID:1KdtOM8O
天皇なんてゴミは、生まれ故郷の半島に強制送還でいいヨ。

334 :名無しさま:2013/01/30(水) 09:35:30.96 ID:D7GCdfVv
お前ら、馬鹿か?
天皇制があれば、俺が佳子に産ませた子どもに皇位を継がせることができる。
俺が摂政になって、この国を統治しやすくなるだろ。

国会なんぞ即解散。天皇親政で政治はおこなう。
天皇制に反対する連中は、大逆罪で全員死刑にしてやるよ。

335 :名無しさま:2013/01/30(水) 09:50:18.17 ID:KJtbwWiF
いつの日か本物の市民革命を実行し皇帝を廃位して
「共和国万歳」を国民みなで叫ぶのが私の夢だ
同じ思いの日本人も大勢いるだろう

336 :名無しさま:2013/01/30(水) 10:20:37.53 ID:be9dPbTo
>>334
まーた、ちょん内庁の言い分かよw

日本国民から血税を鱈腹着用、未だに私利私欲にはしるのか

337 :名無しさま:2013/01/30(水) 10:23:04.22 ID:+CdcR/5M
徳川皇帝打倒なら百年以上前に完了してる。
半島の民主主義人民共和国と大陸の人民共和国を見やれ、あれが好きか。

338 :名無しさま:2013/01/30(水) 13:48:16.44 ID:Lc50O+c1
それが日本だからとしかいいようがない
論理的にとかわめいてるのは外国人

339 :名無しさま:2013/01/30(水) 18:51:27.09 ID:8i1LwOcC
それが日本だからとしか
論理的に説明できないのは
ただの熱烈信者

思考能力のないオウムの信者と同じ

340 :名無しさま:2013/01/30(水) 19:45:05.41 ID:+CdcR/5M
日本人の日本人による日本人のための国とわかりやすいだろ
>>321

341 :名無しさま:2013/01/30(水) 20:01:07.38 ID:gkFgrb/3
国際感覚ゼロの
北朝鮮人民みたいなやつにはわかりやすいわな

342 :名無しさま:2013/01/30(水) 20:11:24.83 ID:be9dPbTo
>>338
勝手に相手を外国人と決め付けている点がコリアン化現象だよw
嘘吐き明治天皇の家系が問題だと述べているのだ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
裕仁(昭和天皇)が、自らニセ皇族と歴史に記した(刻んだ)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これの意味が解かるかい?

343 :名無しさま:2013/01/30(水) 20:16:09.83 ID:gkFgrb/3
妄想癖があるのも信者の特長だな

344 :卍3286卍ss:2013/01/30(水) 21:38:49.98 ID:alh7jb9S
お話合いの途中...:時間もナイので 予定の発言させて頂きマス。。オレのコトが 証明できたラー!
オレは ミロク魂繋がりのタメ。 現皇族とは 殆んど関係ナイト想いマス。。アエば 魂で判りまス。(例外アリ)
國民の批判もアルので 関連のナイ宮家は〆てモライマス。。イチから ヒトリで ハジメタイと想いマス。m de 龍

345 :卍3286卍ss:2013/01/31(木) 06:27:20.72 ID:ifV67tY/
>>342 キニナリ 言います。 家系は 目安&確率 。。 要は 。魂 。アル? m
ソレだけ。 もう一度言います 「本物のタマシー」オリテ イルカ というコト。

346 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/02/01(金) 16:22:21.72 ID:0YdUTqk+
差別の元凶
天皇絶対、日本絶対は、日本人を自立させず、成熟させず 
いい気に優越感でうぬぼれさせてきた。

347 :名無しさま:2013/02/01(金) 18:36:38.24 ID:iFagAXoW
低脳屁以下漫才!

348 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 08:27:20.26 ID:HjYKZqOr
ダマって聞いてイレバ。。オマエらに 天皇の 何がワカル! フザケンナヨ!m

349 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 08:34:32.41 ID:HjYKZqOr
改めて言います。 オレは2chで 一つも ウソの発言はしていません。m ウソなら 死刑望みまス。m

350 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 08:44:23.79 ID:HjYKZqOr
現実。 ココまで ヤク5年かかってマス。。理由は イズレ判ります。m

351 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 08:45:47.51 ID:HjYKZqOr
>>350 構想から スベテ ヒトリデス。m

352 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 08:56:14.53 ID:HjYKZqOr
反戦メッセージ Tシャツを売って 資金創ろうとしましたが。。
シルクプリント刷れる機械まで揃えたトコロで 日本 危機ナリ!
イマでは 版下も頼めないのが 現場です。m 本氣デヤッテマス。

353 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 09:20:10.03 ID:HjYKZqOr
男の意地を 見せるでヤンス カラスが 鳴いて 夕やけ こやけ
男の道は ど根性でヤンス キビシイ で ヤンス
ざまあ カンカン カッパのヘー
「あっしは 古風 なんで ヤンス ネェー」

止めてくれるな 男でヤンス カエルが鳴いて 雨が降る
男のいのちは ど根性でヤンス キビシイ で ヤンス
ざまあ カンカン カッパのヘー
「あっしは 古風 なんで ヤンス ネェー」

やると思えば ヤルんでヤンス オケラが 鳴いて おひさま のぼる
男度胸は ど根性でヤンス キビシイ で ヤンス
ざまあ カンカン カッパのヘー
「あっしは 古風 なんで ヤンス ネェー」

354 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 09:27:24.47 ID:HjYKZqOr
>>353 ど根性カエルの ゴローの詩 デス。m

355 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 09:29:29.52 ID:HjYKZqOr
ウタエバ イジメ問題も ブッ飛ぶヨ!

356 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 23:26:01.70 ID:HjYKZqOr
>>1 日本の 氣がアレテキマシタヨ! 宮内庁 神事ナド 大丈夫でしょうか?m

357 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 23:28:34.38 ID:HjYKZqOr
宮内庁には 直接メールも送ってマス。。無視。。アトカラ 批判は ナシでオネガイします。m

358 :卍3286卍ss:2013/02/02(土) 23:52:51.60 ID:HjYKZqOr
フトマニ。ミカサフミ。ホツマツタエ。の心の動きが 日本道徳のベースにナル。m
その後の本は ウソやチャクショク 登場人物の入れ替え。 証拠の隠蔽や焼却により
現存は??。ワカリマセン? 武家。豪族。 旧家。などに伝わり アルのかもしれない。m
伊勢物語? コレも 東から略奪サレ。。京都で ウツシ パクリ発表! 常に 偽造されてきた國。
ソレが イマの日本です。。ダカラ 天魂がオリルノデス。。オレが イルのは コトの 証明の為です。m
nano de DNAが 古代の天皇直系と ソロウヨーニ ナッテイマス。m

359 :卍3286卍ss:2013/02/03(日) 00:55:17.56 ID:TnL8154S
遠見塚古墳から 。出たモノ。 DNAトレル 髪や爪ナド。。誰がモッテル?m

360 :卍3286卍ss:2013/02/03(日) 00:57:59.87 ID:TnL8154S
念アル モノは モトに戻しましょう。m

361 :卍3286卍ss:2013/02/03(日) 01:02:10.59 ID:TnL8154S
忠告。 國心の成長を 権力使い 阻止してイルと ソイツに ヤバイのモドリマスヨ!m

362 :名無しさま:2013/02/04(月) 01:19:01.61 ID:N6J7QOjS
国というものには二つの役割がある。
一つは 『政治』。 一つは 『道徳』。

たとえば今、親が子を殺め、子が親を殺め、いじめを楽しみ、自殺が氾濫するという社会状況にある。
政治家は法律の力でこれらの課題に対処しようとしているけど、率直に言って無理がある。

とはいえ、大統領のような存在が国の道徳方針を策定ようものなら民衆は憤怒乱舞して『お前は政治だけやってろ!』と批判を浴びせると思う。
確かに大統領というのは政治方針だけを任された存在であって、道徳のことまでとやかく言うのは大統領権限の範囲外といえる。
しかし、だからと言ってこのままで良いはずが無い。何か妙味のあるシステムを考える必要がある。

かつて日本には『教育勅語』というものがあった。 法令ではない。宗教でもない。
冷静にその内容を読んでみれば、何のことは無い。ただ人間として守るべき道義が書かれているだけだ。
かつてほぼ全ての国民が暗唱していたという。
そういう状況を実現した国家は世界に殆ど例が無い。

363 :名無しさま:2013/02/04(月) 08:33:36.05 ID:NIinuoNf
道徳などというものは国から押しつけられるものではない。
ましてや天皇のために死ぬことを求め、皇民化政策のために儒教を基調として編まれた教育勅語など
百害あって一利なしと言えよう。

364 :名無しさま:2013/02/04(月) 08:35:07.78 ID:xiYOURAm
教育勅語等排除に関する決議(昭和23年6月19日衆議院決議)
 
民主平和国家として世界史的建設途上にあるわが国の現実は、その精神内容において未だ決定的な
民主化を確認するを得ないのは遺憾である。
これが徹底に最も緊要なことは教育基本法に則り、教育の革新と振興とをはかることにある。

しかるに既に過去の文書となつている教育勅語並びに陸海軍軍人に賜わりたる勅諭その他の教育に関する
諸詔勅が、今日もなお国民道徳の指導原理としての性格を持続しているかの如く誤解されるのは、
従来の行政上の措置が不十分であつたがためである。

思うに、これらの詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、
且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる。

よつて憲法第九十八条の本旨に従い、ここに衆議院は院議を以て、これらの詔勅を排除し、
その指導原理的性格を認めないことを宣言する。
政府は直ちにこれらの謄本を回収し、排除の措置を完了すべきである。
                                右決議する。

365 :名無しさま:2013/02/04(月) 11:28:54.95 ID:B6JbSXxi
>>363
天皇に捧げる命なら日頃は大事にしなければならない。
重要なことは捧げる必要がないまま国民が一生を終えられるように国を運営していくことだろう。
儒教の全てを排斥する理由はない。
「父母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ 修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ」
を、良くないこととする人格破綻者の意見に従うことは百害あって一利ない。

366 :名無しさま:2013/02/04(月) 14:52:56.52 ID:N6J7QOjS
>>363
だからどこに『天皇のために死ね』なんて書かれてるのさ。
そういう風に思い込まされているだけだ。

まずは一回原文を読んでみるべき。普通に良いことが書いてあるだけだよ。

367 :名無しさま:2013/02/04(月) 22:17:25.75 ID:xiYOURAm
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ。

お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね。

俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。

お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

             明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇

368 :名無しさま:2013/02/04(月) 23:58:34.15 ID:AOWEsqGC
今の天皇は太平洋戦争の責任を少なからず背負ってるらしいね

皇太子さんになったら天皇像も変わるかもね

369 :名無しさま:2013/02/05(火) 00:28:31.10 ID:38LSptze
>>367
面白いけど信じがたい訳文だ。長々と不要な私見まで書き足されている。
「フェミニストは死ね」や「世界征服」の話なんて何故書き足したんだろうか。
最小限、読みにくい部分だけ平仮名に直したのでフェアに「原文」に当たってほしい。


朕惟うに我が皇祖皇宗國を肇むること宏遠にコを樹つること深厚なり。
我が臣民よく忠に、よく孝に、億兆心を一にして世世その美を濟せるは
これ我が國體の精華にして教育の淵源また實にここに存す。
爾臣民、
父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ、恭儉己れを持し、博愛衆に及ぼし、
學を修め業を習い、以って智能を啓發しコ器を成就し、進んで公益を廣め世務を開き、
常に國憲を重んじ國法に遵い、一旦緩急あれば義勇公に奉じ、以って天壤無窮の皇運を扶翼すべし。
かくの如きは獨り朕が忠良の臣民たるのみならず。また以って爾祖先の遺風を顯彰するに足らん。
この道は實に我が皇祖皇宗の遺訓にして子孫臣民の倶に遵守すべき所。
これを古今に通じて謬らず、これを中外に施して悖らず、朕爾臣民と倶に拳々服膺して、
みなそのコを一つにせんことをこいねがう。

370 :名無しさま:2013/02/05(火) 08:07:11.13 ID:T1EaVhwe
>>365
> 「父母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ 修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ」 を、
> 良くないこととする人格破綻者の意見に従うことは百害あって一利ない。
誰もそれを「良くないこと」なんて言ってない。道徳を誰かから押しつけられるのは間違いと言ってるだけ。
それは天皇であろうとも。この勅語は天皇から臣民に向けての命令だ。命令される筋合いはない。

>>366
> だからどこに『天皇のために死ね』なんて書かれてるのさ。
「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」
この文面は「軍人勅諭」「戦陣訓」と併せて国体(すなわち天皇の存続)に殉じることを臣民に求めている。

371 :名無しさま:2013/02/05(火) 08:59:50.62 ID:nKHuD1zn
>>370
オマエ、アホだな。
当時の日本の状況だと、教育勅語は必要だった。

おまけに、国体は天皇の事じゃねぇよ。

どこの国でも、国の為にシネ的に解釈できる事は言っとるよ。

372 :名無しさま:2013/02/05(火) 09:16:43.12 ID:AbA/Cy8I
>371
オマエ、アホだな。
教育勅語が今必要ないという話をしてるのに。

373 :名無しさま:2013/02/05(火) 09:23:17.67 ID:T1EaVhwe
>>371
> 当時の日本の状況だと、教育勅語は必要だった。
そのせいで300万人の日本人が死んだのに?
それに僕のレスは>>366に対してのもの。必要性の有無はまた別の問題。

> 国体は天皇の事じゃねぇよ。
天皇の存在抜きに国体は語れない。

>>372
その通り。

374 :名無しさま:2013/02/05(火) 10:03:53.03 ID:xfWTMTrA
狂育勅語って、天皇真理教の経典だろ。
信じる者は騙される。

375 :名無しさま:2013/02/05(火) 12:57:08.17 ID:4dHDRM+b
>>370
よくある勘違いだが、教育勅語は命令じゃない。
少なくとも法令としての効力はない。

>そのせいで300万人の日本人が死んだのに?
物理的な力を持ち得ないただの言葉が300万人も殺したのか。すげぇな。
原爆も真っ青な殺傷力だわ。そんな言葉を作れる日本が負けたのは本当にミステリー。
まあ冗談は置いとくとして、そろ論法は「トヨタのトラックは重機関銃を積んで兵器に転用できるから人殺しの道具だ」とか、
「人間は火を手に入れたことで兵器を発明できた。火は悪だ」といった論法と同じくらい酷い論理の飛躍だ。
直接の因果関係がないものまで「300万人殺した」といちゃもん付けるのは、
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの精神で戦前のもの全てにケチ付けてる藁人形論法でしかない。

376 :名無しさま:2013/02/05(火) 13:05:53.48 ID:R7ClZZix
>>368
>今の天皇は太平洋戦争の責任を少なからず背負ってるらしいね

全く責任を背負っていない
責任を取るのなら退位しなければならない
裕仁(昭和天皇)は、歴史に自らニセ天皇と記した
しかし、退位するどころか居座り、徳仁が涌いた

戦争責任、ニセ皇族、日本国民を戦火に立たせ、自ら安全なところで居座り
戦後も高額な血税を消費し続けている

377 :名無しさま:2013/02/05(火) 13:29:17.90 ID:pqLAIx03
>>370
>道徳を誰かから押しつけられるのは間違いと言ってるだけ。
教育というのはある価値観を押し付けるものなんですが。
社会について何も知らない子供に「道徳とはどういうものか、自分で考えてみましょう」といってまともなことを思い付けるか?
「自分で考えた道徳感に従って生きましょうね」と教えて子供がみんな法律や社会倫理を守れる子供に育つか?
何も知らない子供にまずこの国ではどういう道徳の下で生きていけばいいのかを押し付ける。それが教育だよ。
個人の価値観やら個性やらはそのあと育むもの。
教育基本法第二条を読めばわかるが、このことは現代でもしっかり行われている。

378 :名無しさま:2013/02/05(火) 15:39:52.23 ID:38LSptze
>>370
教育勅語は元からある日本人の生き方を文章にしたもので、
その本質は命令でもなければ明治の新興思想でもない。
こういう日本人の人生観を形作った祖先を、天皇も国民も一緒に顯彰していくことを「こいねがう」もの。

『勅語』『勅諭』というのは現在の『おことば』に相当するものだね。
『勅令』と違い『法令』に含まれない公務上の『意思表示』であって、国務大臣の副署も無い。
それらとは根が異なるからこそ、法令でも宗教でもない第三の道といえる。

いわゆる『国是』。

379 :名無しさま:2013/02/05(火) 15:42:11.75 ID:38LSptze
>>370後段
『軍人勅諭』は陸海軍人に宛てた『おことば』で、一般国民に向けた言葉は一箇所も無い。
『戦陣訓』に至っては陸軍大臣が示した陸軍省の『訓令』(陸訓第一号)。
訓令とは法用語で行政機関内や職員に適用される内部命令のことを指す。

あなたが何故ここで唐突に軍人宛の勅諭や訓令を持ち出したのかというと、
その教育勅語の文面だけで『天皇のために死ね』と意訳するのはさすがに少し無理があると、冷静に自分でも判断したからなのでは?

380 :名無しさま:2013/02/05(火) 16:25:02.93 ID:xfWTMTrA
政府が既に正式に否定している(>>364)教育勅語を
未だに有難がっている奴って、基地害だな。

381 :名無しさま:2013/02/05(火) 16:52:34.31 ID:T1EaVhwe
>>375
> 教育勅語は命令じゃない。
勅語は詔勅の一形態である以上その様な言い訳は通用しない。

> 物理的な力を持ち得ないただの言葉が300万人も殺したのか。すげぇな。
君は頭が悪そうだ。
天皇が発する命令は絶対であるという当時の価値基準を全く無視してしまっている。
当然だがこうした言い訳も通用しない。

382 :名無しさま:2013/02/05(火) 17:00:23.36 ID:T1EaVhwe
>>377
> 教育というのはある価値観を押し付けるものなんですが。
現代の日本社会は多様な価値観を認めあい、少数派の価値観でも尊重するという
リベラルデモクラシーをベースにした社会通念を基底としている。
そうした社会にあって特定のみの道徳則を教育と称して押しつけるのは
間違った教育だと言ってるんだよ。

383 :名無しさま:2013/02/05(火) 17:02:29.55 ID:T1EaVhwe
>>379
> 『軍人勅諭』は陸海軍人に宛てた『おことば』で、一般国民に向けた言葉は一箇所も無い。
国民皆兵の当時としてはそんな言い訳は通用しない。「軍人勅諭」と「戦陣訓」が
学校教育の現場で流通した事実を君は知らないのだろう。無知は罪だな。

384 :名無しさま:2013/02/05(火) 17:14:43.03 ID:4vL9D9uG
>>373
教育勅語のせいで死んだわけじゃねーよ。
当時の国際情勢のせいだろ、アホだな。

385 :名無しさま:2013/02/05(火) 17:17:03.88 ID:T1EaVhwe
>>384
> 教育勅語のせいで死んだわけじゃねーよ。
お馬鹿さんには難しすぎて分からないかw

386 :名無しさま:2013/02/05(火) 19:30:02.01 ID:38LSptze
>>381
法用語として勅語は『命令』や『法律』などといった『法令』じゃない。
ちなみに『命令』とは法律を実施するために行政機関が制定する法規を指す。

『公式令』(勅令第6号)という天皇の行為により作成される文書の様式や基準を定めた法令によると、
『勅令』:帝国憲法の規定(第8条、第70条等)によるもの。首相、閣僚の副署をもって発効。議会への提出を要する。
『詔書』:皇室の大事や大権の施行に関するもの。首相、閣僚の副署をもって発効。
『勅書』:比較的小事の皇室や国務に関するもの。首相、閣僚の副署をもって発効。

『勅語』は公式令には規定が無い。
慣例的に広く国民に向けて出されるもので、現在の『お言葉』に相当する。

387 :名無しさま:2013/02/05(火) 19:33:11.95 ID:38LSptze
>>383
あくまで『軍人勅諭』と『戦陣訓』で攻めてくるつもりだろうか。
まるで現代人が本棚から『教育勅語』を取り出そうとすると、
「その棚には戦陣訓という俺の嫌いな本がある」と頓珍漢な理由で行く手を阻むようなものだ。
理屈としてはやや強引に思える。

「別にそれが読みたいわけじゃないよ」と言っても、
「統計によると教育勅語を読んだ人は皆戦争をしている」と言ってなかなかどいてくれない。
しまいには「犯罪者の99%は朝食に米を食べている。お米は危険だ」とまで力説せんばかりの勢いだ。
お米にしろ教育勅語にしろ、本当に危険なものなのかどうかは自分で確認して判断できるはず。

388 :名無しさま:2013/02/05(火) 20:49:44.82 ID:eaeOSFkA
>>376
明治憲法でも天皇に戦争責任無いよ。
ヽ(´ー`)ノ
国際法上も天皇に戦争責任無いよ。
どんだけ勉強不足なんだ?
ヽ(´ー`)ノ

389 :名無しさま:2013/02/05(火) 22:55:44.09 ID:lVhQIvcZ
戦争責任無いと思っているのは
世界を知らない洗脳された日本人だけ

鎖国状態の国じゃないんだからもっと世界を知りな

390 :名無しさま:2013/02/05(火) 23:18:59.95 ID:4dHDRM+b
>>381
>勅語は詔勅の一形態である以上その様な言い訳は通用しない。
既に>>386が指摘している通り、勅語は法的になんらかの効力を発するものではない。
勅令などとの決定的な違いは副署がないこと。
明治憲法第55条2項に、
凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス
とあるように、国務大臣の副署がない詔勅はなんら法的効力を有しない。
この事実を無視して言い訳だのなんだの言うのはちゃんちゃらおかしい。

>天皇が発する命令は絶対であるという当時の価値基準
この一文だけで君が明治憲法下の日本の体制についてなにも知らないということが分かる。
上に書いたように副署のない法律や詔勅は効力を有しなかった。
これは明治憲法による規約によるもので、つまり戦前の日本は天皇による独裁ではなく、憲法の規定の下に全ての国家機関が運用される立憲君主制国家だったということ。
そんな日本で「天皇が発する命令は絶対である」なんてのは噴飯ものの珍説だよ。

391 :卍3286卍ss:2013/02/06(水) 01:08:15.22 ID:t0OYPYfx
テンnoー。。変化...金上・今上・今生・ど根性!。。。。m

392 :名無しさま:2013/02/06(水) 01:21:54.09 ID:vz3PcYa/
>>382
>そうした社会にあって特定のみの道徳則を教育と称して押しつけるのは
>間違った教育だと言ってるんだよ。
そう主張するのは勝手だけど、日本の教育の基本となる教育基本法はそうなっていないんですが?
例えば、

第二条第三項 
正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、
主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。
第四項
生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

これらは「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」という価値観を押し付けているわけだ。
これとは相反する「男女は違うのだから分けるべきだし、みんな協力しなくていい」「命や自然なんて無駄にしてしまえ」なんて価値観の教育は認められない。
もしこういった価値観の教育をする教師がいれば、教育委員会から厳しく指導されるだろうね。
そもそも「多様な価値観を尊重しよう」という価値観そのものが押し付けられたものだって気付いてます?

393 :名無しさま:2013/02/06(水) 03:54:19.66 ID:dlW2oPhs
>>389
思うも何も法的に責任無いじゃん。

当時の国際法上も、国内法上も、天皇どころか、日本に戦争責任なんて無い。

勉強不足すぎ。

法律と云うモノを知らない人が責任云々って言うけどさ。

人道的責任も、問うのは難しい。
天皇は、戦争回避の命を出せたが、それをすると、独裁国家になってしまう。
明治憲法で、天皇主権となってたけど、天皇自身は基本的に政府、国会の決め毎に反対しない姿勢だった。

東京裁判は国際法違反だよ。
挙げ句に、不遡及の原則にまで反してる。

とりあえず、勉強不足すぎだよ。
ヽ(´ー`)ノ

394 :名無しさま:2013/02/06(水) 04:27:36.73 ID:YXkChaXi
些末な争いは本当はどうでも良いこと。
日本道徳の破壊にどう対処するかということが、本来あらゆる立場を超えて協力一致できることのはず。

教室の中で何十人という大量の生徒が虐めを目撃しながら、全員が全員傍観していたというのはちょっと普通じゃない。
ネットやメールを駆使して表に発覚しないように巧妙に同級生を中傷し、中高生が小学生を泣かせる動画を面白がって投稿したりする。
日本は世界でも稀なほどテレビの普及率が高く、しかもそこに毎日映し出されるコンテンツといえば保身に走る大人達か、苛虐な行為で笑いを取ろうとする芸人ばかり。
そしてネットに避難してみれば、あなた方のように教育勅語を笑う道徳軽視の人間達が、日本の大切な子供達に毎日毎日とんでもないことを教えているんだ。
恥を知れ。

今の子供はそんじょそこらの大人より知識があり、ツールを駆使する。
そうした子供達が様々な策を弄し、事件を起こすという社会は今までどの国も経験したことが無い。
経験もノウハウも無ければ、まずはそういうことが起きなかった時代の歴史を学んで対処するしかない。何かをやってみて初めて次の課題が見えてくる。
その第一案こそが、教育勅語という提案。

教育勅語に反対なら、それならそれで良いのさ。対案を出してくれさえすれば。
何か対案を出してくれる人がいて、建設的な議論が出来るならそれが一番良いんだよ。
でもあなた方は基本的に人の意見を否定してばかりで、対案を出すということをしないでしょ?
そこは指摘させて貰いたい。

395 :名無しさま:2013/02/06(水) 06:22:00.03 ID:ZJ91SES6
アンチは結論先にありきだからちっとも議論にならないな
「反天皇」という唯一絶対の結論を崇拝する思考停止カルト宗教

>389
そんな合いの手みたいな事しか書けないなら大人しくROMってろよ
アンチ教のお題目か?
毎日唱えてシアワセになろう!とか?
シアワセそうで何よりですw

396 :名無しさま:2013/02/06(水) 07:23:42.64 ID:2MBpDZbc
つまりおまえは法的に問題ないなければ世界で非難ごうごうの

当事の日本を軍事独裁国家と思ってない時点で

その国でしか通用しない解釈を頑なに信じ込んでる
鎖国状態の人民と同じ

397 :名無しさま:2013/02/06(水) 07:51:03.74 ID:YXkChaXi
>>396
日本は当時世界で初めて国際連盟に人種差別撤廃を訴えた国だからこそ、一部の諸外国から『非難ごうごう』となったんだよね。


石油の輸入を封鎖されるという謎のいじめに遭い、一年後には国中のタンクから石油が無くなるということが発覚し、軍部が憤るように仕組まれた。
そこで絶妙なタイミングでハルノートという絶妙な文書をを突きつけられたわけだ。
これが…これが人間のやることか?

398 :名無しさま:2013/02/06(水) 08:37:26.06 ID:/b8oFeuj
>>386
> 法用語として勅語は『命令』や『法律』などといった『法令』じゃない。
> ちなみに『命令』とは法律を実施するために行政機関が制定する法規を指す。
法令≠命令だから。比較憲法分野では、明治憲法下の日本を法の運用や実態に即して判断しないと
正しい理解につながらないとしているが、この勅語も「何故勅語形式を用いたか」
「事実としてどの様に運用されたか」を考慮する必要があるんだよ。

>>387
> まるで現代人が本棚から『教育勅語』を取り出そうとすると、 「その棚には戦陣訓という俺の嫌いな本がある」と
> 頓珍漢な理由で行く手を阻むようなものだ。
それは君が勝手にそう受け取ってるだけ。そもそも「好き嫌い」の話をしているのではなく、
どういった実態で「押しつけ」があったのかという話だから。

>>392
> 「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」
自分で基本法の条項を書いているにもかかわらず、正しく理解してないという典型。
この条項は自然権を前提としており、憲法の根本規範から導き出されたもの。
そして何より、教育を受ける子供が対象ではなく(教育勅語の対象は臣民全て)、
教育者を対象としている。つまり、憲法の根本規範通りに教育することを求めている。

399 :名無しさま:2013/02/06(水) 08:45:26.63 ID:/b8oFeuj
>>394
問題の本質を理解していない。問題なのは押しつけることではなく、正しく理解することにある。
実際に教育勅語運用の時代だって、ただ奉読するのみで子供たちには難しすぎて内容を理解している者は多くはなかった。
今のように大学進学率が5割という時代ではなかったから。

つまり、勅語があったから公徳心が育ち道徳的に高い子供が育ったということではない。
事実、未成年の犯罪率は今よりも当時の法が高かったという。

400 :名無しさま:2013/02/06(水) 09:31:56.48 ID:/b8oFeuj
>>397
国際連盟に人種差別撤廃を訴えたのは日本人移民が排斥の対象とされたためで、
特段崇高な理念があったわけじゃない。自分に火の粉が降りかかってきたから
それを振り払うために行っただけ。それに当時の外務筋も実現性は薄いと考えていて、
その訴えが通るとは思っていなかった。だから、この提訴を足がかりにして、
対外的な駆け引きの材料にしようというのが当時の日本の政策。案外したたかだったんだよ。

401 :名無しさま:2013/02/06(水) 09:43:18.25 ID:8K+nSqPp
>>400
偏見のかたまりだね。日本の人種差別撤廃の訴えを拒絶した側と同じ価値観だね。

402 :名無しさま:2013/02/06(水) 09:45:09.08 ID:hUWI9QoV
人種差別撤廃なら朝鮮併合とか満州支配なんか問題ありそうだけど

403 :名無しさま:2013/02/06(水) 09:49:44.29 ID:eAUDLKA6
人種差別撤廃なら身分差別撤廃(天皇制)も主張すれば良かったネ。

404 :名無しさま:2013/02/06(水) 10:02:17.52 ID:vz3PcYa/
>>398
>この条項は自然権を前提としており、憲法の根本規範から導き出されたもの。
ふーん、で?
教育が押し付けである、ということへの反論にはなっていないよ。

>教育を受ける子供が対象ではなく(教育勅語の対象は臣民全て)、
「教育」勅語、という名前なのに対象が臣民全てって、大丈夫?

>つまり、憲法の根本規範通りに教育することを求めている。
つまり、憲法の根本規範通りの価値観を子供に押し付けることを求めているわけですよ?

405 :名無しさま:2013/02/06(水) 10:16:57.64 ID:/b8oFeuj
>>401
いや、史実。

>>404
> 教育が押し付けである、ということへの反論にはなっていないよ。
君の頭じゃ理解不能か?

> 「教育」勅語、という名前なのに対象が臣民全てって、大丈夫?
教育勅語の対象は「臣民」だから。

> 憲法の根本規範通りの価値観を子供に押し付ける
ちがうよ。

406 :名無しさま:2013/02/06(水) 10:50:47.01 ID:vz3PcYa/
>>405
まったくなんの反論になってないんだけど?
別に君が「もう無理です。ごめんなさい」と言うところを見たいわけじゃないから、反論できないならレスしなくていいよ。

407 :名無しさま:2013/02/06(水) 11:29:24.09 ID:cRvcBJOp
>>396
アホですか?

当時の世界で、欧米の先進国は、後進国を侵略、植民地化しまくり。
先進国は、自国内では民主主義だったが、植民地やアジア、アフリカに対しては酷いもんだ。
それでも、国際法上は合法だった。

日本は、先進国の末端だったが、独立国家に対して、植民地化も侵略戦争も仕掛けてないぞ。

それに明治維新後、日本が軍部独裁?だった時代は、とても短い期間だけだぞ。

歴史の勉強と国際法と言葉の定義を勉強しなおしてから、発言しろ。

408 :名無しさま:2013/02/06(水) 11:34:26.34 ID:+xoGKUrD
>>401
言えてる。
実際、日本は口だけじゃなくて実践してたからな。
本音はどうあれ。

409 :119-171-172-90.rev.home.ne.jp(東北大学 金融工学 修士課程卒業):2013/02/06(水) 11:47:56.26 ID:x3SczCQ9
天皇なんて「いらねーーわ

邪魔なだけ

税金の無駄遣い


働かんかい

410 :名無しさま:2013/02/06(水) 14:55:29.11 ID:YXkChaXi
>>398 上段
なん…て情けない大人の姿だろうか。
わからなかったのならば素直にわからなかったと言いなさい。
あなたのような大人こそ、まさしく子供に見せたくない。
そんな論法は例えば英語の掲示板では全く通用しません。いくら長文で書き連ねても、全くレスが付きませんよ。
自分の考えでは『法令≠命令』? あのね、『命令』は『法令』の一類型なんです。
いくら天皇の言葉でも国務大臣の副署が無ければ法令として発効しません。事実としてそう運用されていたんです。


>>398 中段 
だって実際にこっちは「教育勅語の内容って別に普通に良い内容だよね…?」って若僧の視点から素朴な問題提起をしているのに、
そっちは軍人勅語や戦陣訓などを用いて「教育勅語を読むな」と言ってるわけだから、全く話が頓珍漢じゃないか。
こっちがいつ軍人勅語や戦陣訓を賛美したのさ? 『おまえどうせ戦陣訓も好きなんだろ』って勝手に決め付けて、そこから反論を展開してるだけでしょ?
こっちにしてみれば、全くわけがわからない反論の仕方だよ?

だからあなた方のような大人達が信用できないんだよ。
今までこんな社会を作っておいて、そんな妙な論法で言い訳をしたり、保身にばかり走ったりして、私達の大切な後輩を惑わして、
よくも自分の考えこそが至上で美しいなんて言えるね? さっさと引退しなさい。

411 :名無しさま:2013/02/06(水) 14:58:04.57 ID:YXkChaXi
>>399
教育勅語に反対なら、それならそれで良いのさ。対案を出してくれさえすれば。
何か対案を出してくれる人がいて、建設的な議論が出来るならそれが一番良いんだよ。
でもあなた方は基本的に人の意見を否定してばかりで、対案を出すということをしないでしょ?
そこは指摘させて貰いたい。

あえて二度言いました。
対案を出してもらいたいからです。無いなら、正直に『無い』と言って貰いたいからです。

>>400
日本人が本当に日本人の保護だけを求めていたのなら、日本移民の保護法だけを対象国に独自に提議すべきで、
わざわざ世界を敵に回す必要は無かったでしょ? 一体何で人種差別そのものの撤廃を訴えたの?
これが結局戦争の原因となったというのなら、外交的にも明らかな失策で、意味がわからない。全然したたかじゃないですよ?

それでも日本は提議したんですよ。

412 :名無しさま:2013/02/06(水) 15:23:33.05 ID:5DoDxY0P
新しい投票所を作ったのでまたお越し下さいませナカマ♪((o(*^∇^)X(^∇^*)o)) ナカマ♪
◎◎◎■月日が経っても色褪せないものは?■◎◎◎
http://sentaku.org/topics/45288206/

413 :名無しさま:2013/02/06(水) 18:33:25.37 ID:eAUDLKA6
仁五郎議員(歴史学者)が、議会での発言において、神がかり的な教育勅語の奉読風景を思い起こさせつつ、
「この(教育勅語の)ため、国民があることを正しいことであるか、間違ったことであるか…自分で判断する
習慣を失うことが非常に有害であった」と批判したことは注目される。
http://zenkyoto68.tripod.com/kyoikucyokugo01.htm

彼がそれについて、ある高校で講演した際、「羽仁先生は教育勅語は非常に有害なものであったといわれるけれども、
あれに書いてあることは、兄弟は仲良くしろ、父母は大事にしろ、夫婦は愛し合えということだし、
少しも間違っていないじゃありませんか」という質問を、ある教師が寄せたという。

これに対して、羽仁は、相手が数学の先生であったので、
「それじゃあなたは『朕思うに三角形の内角の和は二直角である』というふうになってもいいんだね」
と尋ねたという。

「それはちょっと違う」と口ごもったところへ、羽仁は次のように答えたという。
三角形の内角の和が二直角というのはたしかに正しい。
しかし、その上に『朕思うに』がつくと問題は別になってしまう。

『父母に孝に、夫婦相和し、朋友相信じ…』というのは、三角形の内角の和は二直角というのと同じようなものだ。
そして、これらの道徳を守れと天皇が命令しているのだ。(和仁廉夫『歴史教科書とナショナリズム』)  

教育勅語は、天皇(朕)が国民に対して「我が臣民」「なんじ臣民」「朕の忠良の臣民」などと臣民の語を繰り返し、
天皇が一方的に命令する形式をとっている。

天皇を神とし、国民はそれに仕える「臣民」に位置づけられ、「兄弟・夫婦は仲良くする」ことまで天皇が命じるものである。

これは確かに、先の衆議院決議や羽仁五郎がいうように、
国民の基本的人権を侵害し、主権在民の原則に反するものであろう。

414 :413:2013/02/06(水) 18:36:38.74 ID:eAUDLKA6
羽が抜けた。

415 :名無しさま:2013/02/06(水) 18:56:27.38 ID:YXkChaXi
>>413
だから、
あなたのような大人達がこぞって子供を惑わしてるから、今の社会状況があるんでしょうが。
少しは子供達のことを考えなさいよ。

そんなことを子供達の前で自信満々にひけらかして、実の『教育』をしない。
そんなことやって何か社会に良い影響がありますか?

あなたの目的は子供に道徳を伝えることじゃない、子供の前である一人の議員の語録を暗誦し、
その暗記能力をひけらかし、満足することだ。
それの何が教育ですか。

416 :名無しさま:2013/02/06(水) 20:31:18.72 ID:2MBpDZbc
現代に老いて
天皇教にどっぶり浸かっている者に
教育云々と云われてもな

417 :名無しさま:2013/02/06(水) 21:04:49.96 ID:YXkChaXi
>>416
すみません。
あまり老いてない若僧の生意気ですが、それでも言わせてもらいたい。

群れた少年が一人の女生徒を強姦し、その顔と身体がまるで別人のように変わり果てるまで実に様々に弄び、
最後にはコンクリートに詰めるなどの工夫を凝らして棄ててしまう。
そしてその犯人が今は普通に生活している。

これがあなた方大人達が作った今の社会だ。
あなた方が棄てた教育勅語を、自分は大切に拾いたい。

418 :名無しさま:2013/02/06(水) 21:56:52.68 ID:eAUDLKA6
天皇真理教の狂育勅語では頭の逝かれた奴しか生産されない。

419 :名無しさま:2013/02/06(水) 22:17:47.02 ID:eAUDLKA6
大日本帝国の唯一最高の統治権者であり、神的、絶対的な権威である天皇が、
国政について主体的判断、選択をすることが全然許されていないという、
天皇の憲法解釈はでたらめである。

政府各大臣、すなわち憲法上の天皇輔弼者が適法に裁可を請うたことに対して、
天皇は常に裁可し、一度もそれを却下したことはない。これは、事実である。

この事実をあげて、天皇は自分の意に反しても、政府の正式決定は裁可せざるを
えないというのは、まったくの嘘である。

正式の裁可奉請の前に、重大問題については、政府の天皇に対する内秦(非公式に
申し上げる)が行われ、それに対する天皇の「御内意」(非公式の意思表示)が示
される。天皇が「よろしい」と言えば、次に政府は正式に裁可を請い、天皇はただ
ちに裁可する。

あるいは、裁可のさい、天皇が条件をつけることもある、気にいらないものはサスペンドする。
内請された政策方針について「御内意」が示される。それをうけて政府は再検討し、
必要な修正を加え、必要ならば、それを再び内秦して、「よろしい」と、天皇が言
えば、正式の裁可を請う。

たいていは、二度目の内秦なしに、ただちに裁可を請う。
それに対して天皇はただちに裁可する。

これが、「立憲君主として天皇は裁可したのみ」のからくりである。

420 :名無しさま:2013/02/06(水) 22:26:07.34 ID:hUWI9QoV
>419 事実上 天皇には拒否権があったということだな

421 :名無しさま:2013/02/06(水) 22:29:10.29 ID:eAUDLKA6
>>410
>いくら天皇の言葉でも国務大臣の副署が無ければ法令として発効しません。
事実としてそう運用されていたんです。

「建前として天皇は国務大臣の輔弼によって国政をなさるのではあるが、
時には強い御意見をのべられることもある。

天皇が御納得されない場合は、概ねの場合問題はそのままサスペンドされて
決定が延ばされるか内閣の方が考え直すのを例とした。」 (木戸幸一日記)

422 :名無しさま:2013/02/07(木) 07:18:15.16 ID:TxHZfuV3
>>406
> まったくなんの反論になってないんだけど?
反論などしているつもりはない。君が間違っているだけだから。

>>410
> いくら天皇の言葉でも国務大臣の副署が無ければ法令として発効しません。
誰も「法令として発効された」などと言ってないんだが。

> 「教育勅語の内容って別に普通に良い内容だよね…?」
天皇が命令したり「天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼」することのどこが「普通に良い内容」なんだ?
現代人の感覚とは思えん。

> 『おまえどうせ戦陣訓も好きなんだろ』って勝手に決め付けて
そんな決めつけをしたレスなど一度もしてないんだが。

>>411
> あなた方は基本的に人の意見を否定してばかりで、対案を出すということをしないでしょ?
あなた方ってw
私は一人しかいないんだが。

> わざわざ世界を敵に回す必要は無かったでしょ?
なぜそうしなかったかはすでに説明済み。君が知らなかっただけ。

423 :名無しさま:2013/02/07(木) 07:28:14.03 ID:TxHZfuV3
>>417
教育勅語が流通していた時代の少年犯罪。
・昭和2年(1927).1.13〔17歳僧侶が幼女レイプ殺人〕
・和2年(1927).1.18〔小学校高等科1年がイジメ自殺〕
・昭和2年(1927).1.30〔中3(満17〜18歳)が父親殴り殺す〕
・昭和2年(1927).4.27〔中4らが校長に反対して大暴れ〕
http://kangaeru.s59.xrea.com/senzen.htm

今とあまり変わらんな。
それから今の時代は戦前より未成年の犯罪率はかなり下回っている。
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

こうした客観的な事実からも教育勅語が少年犯罪に影響してるとは言いがたい。

424 :名無しさま:2013/02/07(木) 08:32:36.73 ID:sfm8QSHI
>>422
>反論などしているつもりはない。君が間違っているだけだから。
論外。
間違っていると思うならなぜ間違っているのかを筋道立てて説明しなければ、
間違っていることの証明にならないし誰も納得しない。
つか、「間違っているに違いない!!」というのこそ価値観の押し付けなんだけどねぇ。

425 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:03:16.19 ID:TxHZfuV3
>>424
いや・・w
>>398>>405だから。
教育基本法は「子供に押しつけてる」のではなく「教育者に指導方針を示している」って分からないか?
そこまで読解力がないとは・・・いやはや何とも・・・

426 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:10:08.24 ID:sfm8QSHI
>>425
それが反論になっていないって何度も言ってるんだけどなぁ。
そこまで読解力がないの?
教育基本法の第二条は「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」という価値観の教育を行うよう、
教育者に指導方針してるんだろ。
これは間接的に子供にこういう価値観を押し付けるということ。
指導方針はこうなっているのに、実際の指導はその通りに行われなかったらなんのための法律なんだよ?

427 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:19:13.98 ID:TxHZfuV3
>>426
だから反論なんてしてないと何度言わせれば・・・

> 「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」
それって特定の価値観か?

428 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:27:52.24 ID:sfm8QSHI
>>427
まさか「反論」の意味から説明しなきゃならないのか?
はん‐ろん 【反論】
[名](スル)相手の論や批判に反対の意見を述べること。また、その議論。(デジタル大辞泉)
君が俺の論に批判・反対意見を述べたのだからそれは反論。

>それって特定の価値観か?
それ以外に何物でもないだろ。

429 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:34:50.70 ID:p0GbTa7n
日本国憲法は、その前文で国民主権に反する「一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」
と宣言し、同98条1項において「この憲法は、国の最高法規であつて、
その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」
と定めている。

本決議および教育勅語等の失効確認に関する決議(昭和23年6月19日参議院決議)により、
教育勅語(明治23年)、ならびに軍人勅諭(明治15年)その他教育に関する諸詔勅の効力は、失効したことが確認された。

430 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:51:40.33 ID:TxHZfuV3
>>428
> まさか「反論」の意味から説明しなきゃならないのか?
いや、その必要はないよ。

> それ以外に何物でもないだろ。
ああ、なるほど。そのレベルから説明が必要な人だったか・・・w
あのねボク、「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」というのは
我々の社会では共通認識として合意形成されてるものなのさ。
教育というのはその様な社会に子供が出ても困らない様に教え導くことにある(押しつけるのではなく)。
天皇のために戦えとか親を敬えとか天皇から命令されるのとは意味が違う。教育基準法は合意があれば改正ができる。
そこが大きな違いなんだけど分かるのかな?

ちょっと常識外れ過ぎて心配になってきた。

431 :名無しさま:2013/02/07(木) 09:59:37.17 ID:sfm8QSHI
>>430
>我々の社会では共通認識として合意形成されてるものなのさ。
はぁ……。
その共通認識を「価値観」と言うんだけど。
それらを我々が守られねばならない価値観として伝えていこう、ということを憲法などで合意形成したんだろ。
そして、まだなにも知らない子供に「こういう価値観を守らねばならない」と教育する、つまり押し付けるんだろ。

432 :名無しさま:2013/02/07(木) 10:05:39.62 ID:TxHZfuV3
>>431
やっぱりw
無理だったか・・・

> 憲法の根本規範通りの価値観を子供に押し付ける
のは間違っている理由を説明しても理解不能なわけだ。私が問うているのうは「特定の価値観」かどうか。
そして、それが「押しつけ」かどうかだ。
それに対して君は「それ以外に何物でもない」>>428と答えている。

>>425をもう一度読み直せ。

433 :名無しさま:2013/02/07(木) 10:08:28.56 ID:xVi6anx7
社会教育学的には教育とは価値観の押し付けである、というのは常識レベルなんだがな
>>430は子供に価値観を押し付けないで、どうやって現代日本の基本的価値観である自由平等、基本的人権の保障などを守らせるつもりなんだろ

434 :名無しさま:2013/02/07(木) 16:53:21.39 ID:sfm8QSHI
>>432
>私が問うているのうは「特定の価値観」かどうか。
何度も言ってるように、教育基本法第二条は特定の価値観だろ。
それとも「特定の価値観」の意味から説明しなきゃならんか?
そして>>425には>>426
>教育基本法の第二条は「男女は平等だし、みんなはお互いに協力し合おう」「命や自然は大切だから守ろう」という価値観の教育を行うよう、
>教育者に指導方針してるんだろ。
>これは間接的に子供にこういう価値観を押し付けるということ。
>指導方針はこうなっているのに、実際の指導はその通りに行われなかったらなんのための法律なんだよ?
と返している。
これの意味すらわからんか?

435 :名無しさま:2013/02/07(木) 17:15:37.18 ID:sfm8QSHI
>>432
>そして、それが「押しつけ」かどうかだ。
「教育とは押し付けである」と何度も言ってるんだけど?
>>433の言う通り、教育社会学では教育とは子供に知識や価値観を押し付けるもの。
なぜなら義務教育の目的は社会に適応できる人間、言い換えると社会で自立し、
社会で必要とされる人間を育成するために、その社会の価値観を伝達することにあるから。

436 :名無しさま:2013/02/08(金) 07:23:52.05 ID:vWXZfO1f
>>433
そんな常識はないから。
道徳教育は「押しつけである」とする意見があると言うだけ。

>>434
無理して分かろうとしなくてもいいよ。

>>435
では、勝手にそう思っていなさい。

437 :名無しさま:2013/02/08(金) 07:45:52.05 ID:8299egrc
>>436
>そんな常識はないから。
じゃあその根拠を挙げてみろっての
仮に俺のが一意見に過ぎないなら、お前のだってそうだろ

流れ見たけど、お前は指摘されたことに真っ向から反論してないよな
相手の指摘に的確に返すこともできず、ただ自分の主張を喚くだけ
そんなんじゃ誰も納得させられない

438 :名無しさま:2013/02/08(金) 08:09:42.75 ID:vWXZfO1f
また始まった・・・
まるで駄々っ子だな。

439 :名無しさま:2013/02/08(金) 08:14:04.91 ID:8299egrc
もしかして上から目線で俺は全部分かってる、こいつらは馬鹿だ、
みたいな態度取ってれば解決したことに成るとでも思ってんの?
だとしたら相当だな……

440 :名無しさま:2013/02/08(金) 08:34:24.31 ID:LbeNLqzv
なにこのスレ小難しい・・・・・・
少なくとも現代の天皇は国民を抑制するためのアイドルでしょ?
意識に刷り込むタイプのトランキライザーとでも言えばいいのか。

実際、震災のときなんかはあのビデオメッセージのおかげで多くの国民が励まされたんでしょ?
実態はおかめ面の爺さんが耳障りの良い言葉並べただけだけどな。

441 :名無しさま:2013/02/08(金) 09:24:07.21 ID:5g2Yhb70
>>440
それすらも気に入らないって人がいるんだよ。
そういう人のレス読むと、こういう理由だから反対というよりも、なにか気に入らないから反対って感じで、
好嫌感情が先に来て理由をあとから取って付けてるのばっかな感じがする。

442 :名無しさま:2013/02/08(金) 11:19:38.76 ID:NoQJT0WV
>>440
皇族が京都に退避しなかったから、()
まぁ、役に立った。

443 :名無しさま:2013/02/08(金) 11:57:43.54 ID:5QSOGkhc
両陛下は高齢だから必要なかったけど、若いのは大事をとって退避さすべきだったと思う。そしたら福島の子供たちも一旦県外に出せた。

444 :名無しさま:2013/02/08(金) 14:58:32.07 ID:wYwyBqmb
キリスト教やユダヤ教の国々がエルサレムやローマ(バチカン)を聖地とたたえるように、日本人であれば京都・奈良を日本の特別な聖地・都としてたたえる。

神社の総本社も大半が畿内に存在する。
例えば、二十二社は畿内の神社から選ばれ、国家の重大事の時に朝廷から特別の奉幣を受けた。

仏教の総本山や本山も大半が京都・奈良、近畿に存在する。

日本にある世界遺産もその多くがこの地域に存在している。

445 :名無しさん@お腹いっぱqい:2013/02/08(金) 15:05:13.71 ID:E+bwPao3
有害無益、戦争のおとし前もつけてない。

446 :名無しさま:2013/02/08(金) 15:12:20.11 ID:LbeNLqzv
天皇に何を求めてるんだよw
「危機に遭遇した際の心の支えが人それぞれバラバラだと統率できないから
共通の支えを作って国民を一括制御できるようにしましょうねー」ってのが今の天皇の役割。
ただのお飾りマスコットキャラに役割押し付けんなよ

447 :名無しさま:2013/02/08(金) 19:48:34.20 ID:NQUsNO33
ウヨクは天皇がいないと統率できないってわけだ

448 :名無しさま:2013/02/08(金) 20:34:44.33 ID:el+xXAwE
>>440
>実態はおかめ面の爺さんが耳障りの良い言葉並べただけだけどな。

まあ、確かにそういう面はあったな。

449 :名無しさま:2013/02/08(金) 22:34:05.00 ID:jcuBR5u7
必要ない
人種差別の残滓でしかない

450 :名無しさま:2013/02/08(金) 23:41:44.28 ID:5QSOGkhc
人種差別とは無関係だ。
ポツダム宣言はカイロ宣言により朝鮮人を除外した上で人種民族としての日本人は奴隷化されることなく国民として存続するとしている。
日本は日本人の日本人による日本人のための国だ。

451 :名無しさま:2013/02/09(土) 01:20:28.34 ID:PglJZVoo
平等原則に反するという主張は聞いたことあるが、人種差別は関係ないよなぁ。

452 :名無しさま:2013/02/09(土) 08:37:04.66 ID:vQMtFf7x
人種差別ではないな。
要するに特権的な人たちを作り上げて、
国をまとめたいわけだろう。

453 :名無しさま:2013/02/09(土) 09:58:44.67 ID:DsGYRId9
>>452
皇族の生活は、特権どころか、国民より制限多いぞ。

454 :名無しさま:2013/02/09(土) 10:17:52.24 ID:iIt/wp39
イメージ的な話だろ。
国民にテンノーisワンダホーな印象さえ植え付けられれば充分

455 :名無しさま:2013/02/09(土) 10:28:48.55 ID:YUDhb91z
そのイメージをぶち壊すことを雅子に期待しているんだが、最近雅子のパワーが不足している。

456 :名無しさま:2013/02/09(土) 15:38:05.13 ID:YXAzUrjl
>>453
そういう負の部分も含めての特権なんだよ。

457 :名無しさま:2013/02/09(土) 16:58:37.86 ID:lPT3DLwi
国家神道の宗教的祭祀を執り行う神主一党の取りまとめ役以外に仕事させなくていい。
全国津々浦々の神社からの貢物だけで糊口をしのげばいい。税金で生き延びさせる意味ない。
万世一系の希少なY染色体の継承を必死に願う輩に言ってやるべきは
宮内庁無視して古墳暴きDNA鑑定すれば嘘がすぐばれるよ。
信教の自由だから宗教家としてのみ生き残れ、皇室外交なんて欝病さぼり魔
皇太子妃に誰も期待しない。

21世紀になって誰が天皇家求めてる?
宗教のシンボルとして生き残ってほしいのは右翼、自民党、自衛隊ってとこ?
イスラム教のような狂信的な信者育てて自爆テロリスト育てたければ精神的支柱として生きたければ生きればいい

無駄に税金使うな。秋篠とか高松とか女ばっかり生んで別に大した仕事するわけでもなく無駄飯食ってやがる
2000年以上前に大陸から渡ってきて馬鹿な縄文人虐殺同化した末裔に
しかもゼーッ対何度も血統の断絶があったのに無かったことにして
万世一系なんて嘘こいてダニのように何もしないで人様の上がりで
無駄飯食ってやがった穀つぶし、はよ一党の血脈の途絶えん事を‼!

458 :名無しさま:2013/02/09(土) 17:04:28.10 ID:lPT3DLwi
本当の愛国者はあんなしょーもない偶像なんかいなくたって国は愛せる
昭和天皇の側近中の側近徳富蘇峰が回顧録で、何度も戦争回避するチャンス
あったのに何もしなかった。一番の戦犯と断罪してると言う。

なんで根絶やしにしない。アメリカの占領統治の手先として首の皮がつながっただけなのに。

459 :名無しさま:2013/02/09(土) 17:35:22.40 ID:MDFGsFFU
>>458
誰も調べないと思ってテキトーに書いてるのか?
その人熱烈に開戦を支持して対米姿勢を煽った挙げ句、ポツダム宣言の受諾を強硬に反対した人じゃん。
その上戦後は自分のことは棚にあげて「負けたのは日本人が馬鹿だったから」とかなんとか言ったよね。
あと「徳富蘇峰 側近」で調べても昭和天皇の側近だったって話は全く出てこないんだが。
是非ともソースを挙げてくれ。

460 :名無しさま:2013/02/09(土) 19:20:10.80 ID:lPT3DLwi
2w前の放送大学、天皇論 でいってた。言った人はどこのどいつかしらん。

461 :名無しさま:2013/02/09(土) 20:42:59.02 ID:jo421MM8
★棚橋泰文・衆議院議員

★戸籍名・松野
★知能指数69
★在日5世
★弁護士(特認)
★支持団体に障害者団体、解同
★親、本人ともに事実婚主義
★バイセクシャル
★小中学生の頃イジメにあい、仕返しに女子の文房具に射精
★濡れたハンカチ事件
★サランラップ事件
★未成年時に女児に悪戯(被害女児の一人は嫁の親戚・進藤直子)
★イタイイタイ病
★色覚異常。聴覚障害
★てんかん
★統合失調症
★@大雄会
★古知野高校定時制中退(学歴職歴を偽装)
★糞尿汲み取り屋の末裔
★妻が元ソープ嬢(名古屋「末広」、金津園「ルネッサンス」勤務)

462 :名無しさま:2013/02/09(土) 20:51:24.50 ID:dWVhkT45
差別とか、なんか中身が日本人同胞じゃないんだね。系譜隠蔽に必死なわけだ。

463 :名無しさま:2013/02/10(日) 00:25:53.75 ID:j9MYaOFP
独裁の予防とかできないだろ!
戦前の軍部独裁を忘れるな!
極右勢力が台頭して日本国憲法を捨てて大日本帝国憲法が復元されるかもしれない!
戦前に逆戻りだ!

464 :名無しさま:2013/02/10(日) 11:07:48.27 ID:OaJvuk1r
>>463
現在の中国共産党の横暴がさらに強くなると、
極右勢力が大勢を占める可能性がかなり高くなって行くだろうな。
最近の中国の勢いがすごすぎる。

465 :名無しさま:2013/02/10(日) 18:00:28.39 ID:pJIxH0cR
>>463
戦前の日本に戻れるなら戻りたいって言うのが日本人の総意だと思う
今の日本より戦前の日本の方が輝いていたし日本人としての誇りがった
そしてなによりもこんなに世の中が乱れてなかった

466 :名無しさま:2013/02/10(日) 18:28:03.82 ID:AR5K+1++
戦後、民主主義になったのと、
マルクス主義などの研究が解禁されたのまでは良かったのだが、
それが、マルクス主義の欠点や欠陥を見ないまま、
左翼や社会主義者とかその他の左翼的勢力や労働運動などに、
無批判に広まってしまったのが大きいな。

467 :名無しさま:2013/02/10(日) 19:07:45.52 ID:/3nnN1F3
>>459

おいこら、不勉強にもほどがある。普通に徳富蘇峰、天皇批判でググレカス!
再三天皇の戦争責任を追及したって書いてる。

戦前の天皇に近い開戦派が、戦後回顧録で碌でもない一貫性のないヒロヒトに愛想尽かして
あいつが全ての戦争の泥沼化の元凶だと糾弾してるのでアール!勉強せい、ドアホ‼

468 :名無しさま:2013/02/10(日) 20:08:13.74 ID:mA2P4vYR
>>467
何言ってんだお前は?
>>459に書いてあるのは、
「戦前に散々対米開戦を煽った上にポツダム宣言の受諾に執拗に反対していた張本人が何言ってんの」
ってことじゃん
天皇の戦争責任を追及してない、なんて書いてないぞ
クズだのアホだの言う前にレス内容をしっかり読んでから書き込め

469 :名無しさま:2013/02/10(日) 20:13:59.49 ID:wctr5aHR
>>467
天皇に戦争責任を求める意味が分からん。
つか、戦争責任っていう単語自体がおかしい。
まぁ、それは置いといてもだ。

大日本帝国憲法上の天皇は、イギリス国王と変わらないよ。
イギリスでは、未だに国王は、独裁権を持つが、それを振るう事は無い。

裕仁は、イギリスでの在り方を規範としてたし、国民の代表たる政府、議会が決めたことに反対しなかっただけだ。

裕仁に戦争責任を求めるなんて、アヘン戦争やフォークランド紛争、北アイルランド問題をイギリス王室に求めるようなものだよ。

ついでに。

帝国憲法上でも、国際法上でも、日本に戦争責任なんて無いよ。
ましてや天皇個人に責任なんて無い。

東京裁判は、完全な国際法違反だし、不遡及の原則にも反している。

法に照らし合わせて見れば、日本は、どこの国も侵略してない。
ヽ(´ー`)ノ

470 :名無しさま:2013/02/11(月) 06:03:54.21 ID:Y7AHroT1
また馬鹿か

その裁判が無効になってない以上国際法違反なわけないだろ
おまえが洗脳されて天皇家に惚れ込んでいるから
どうしても世間ずれした有利な解釈をしようとしてるだけ

471 :名無しさま:2013/02/11(月) 09:42:24.13 ID:qcMq4HvH
共和制とかバカか
そんなもののために義理感じる日本人がどれだけいるよ
お前らがなんたら叫んでもお前らの元を日本人が去って
いくのが落ちさw義理ねえもん

472 :名無しさま:2013/02/11(月) 09:47:41.96 ID:qcMq4HvH
469
アホ!
天皇は親政期はことごとく反乱の憂き目にあってるだろうがw
明治だって担がれただけで薩長派閥政権てのが実体だろ
平安の頃なんて天皇が逆らったら殺されてきたんだが
一歩引いて政争とは無関係の位置にいるのが正しい姿なんだよ

473 :名無しさま:2013/02/11(月) 09:54:24.57 ID:qcMq4HvH
例えば共和制とかなったら唱えたやつ自分の力だけで生きていけよ
お前らに協力するものなんて誰もいないからさw自力で一人で生きろ

474 :名無しさま:2013/02/11(月) 09:55:54.24 ID:RWHz7/AX
>>472
天皇親政期は、
天皇や上皇が逆らった場合は、
最悪結果的にしにいたった場合が多かったな。

475 :名無しさま:2013/02/11(月) 10:04:09.52 ID:qcMq4HvH
そうなった場合まず国が割れるから
重石がなくなれば核がなくなり各自がそれぞれ好き勝手に自己主張を始める
日本人自我がないとか言われるがとんでもない
ただ静と動が両極端なだけで海外のやつらよりよっぽど強い自我持ってるぞ

476 :名無しさま:2013/02/11(月) 10:27:27.04 ID:qcMq4HvH
たとえばバカみたいなガキが日本の将来はこうだー共和制だーとかほざいても
最悪殺されて終わり

477 :名無しさま:2013/02/11(月) 10:33:30.88 ID:Gybr+YK0
最早、権力も権威も無い税金泥棒一家は無用の長物。

478 :名無しさま:2013/02/11(月) 10:53:21.43 ID:xBt0vFio
>>470
ヽ(´ー`)ノ
東京裁判自体は、論理的には、国際法違反。
けれども、"違法裁判"を承知で日本が受け入れたので、有効。
論理的に違法裁判であっても、やり直しは出来ない。

でだ、その有効な東京裁判で、天皇は被告になってない。
国際法的にも、大日本帝国憲法上でも、天皇に戦争責任は無い。

479 :名無しさま:2013/02/11(月) 10:53:47.42 ID:RWHz7/AX
>>476
日本の場合自立とかがかなり弱い。

480 :名無しさま:2013/02/11(月) 13:40:57.07 ID:A9BbTMOC
東京裁判が国際法違反と言ってるのは一部の香ばしい日本人だけで
戦勝国や第3国の人間の大部分は国際法違反とは言ってないが

もっと客観的に見ようや 
洗脳された人民じゃないんだろ

481 :名無しさま:2013/02/11(月) 18:51:34.04 ID:phZ/ZV6E
天皇=税金泥棒
ハローワーク行きなさい

482 :名無しさま:2013/02/11(月) 19:34:42.72 ID:QAAToeC2
何がテンノーだ?!
アホかっての!
ただの人間をなぜ崇めるんだって話だ!
邪魔だから早く崩御あらせられてくださいまし?これであってる?宮内庁さん?

483 :名無しさま:2013/02/11(月) 22:36:11.84 ID:wdfoKETU
宮内庁に天皇いらないとメール出しときました

484 :名無しさま:2013/02/12(火) 08:30:06.21 ID:I4GGPSNm
>>480
まず、法の不遡及の原則に反している。
戦勝国が敗戦国を裁くのは、力が正義になるから禁じられてる。
国際法的に戦争そのものは、犯罪ではない。
当時でも、 ラダ・ビノード・パール判事は、上記理由で無罪を主張している。

485 :名無しさま:2013/02/12(火) 08:37:24.51 ID:afoIJX58
>>480
事後立法で、遡及して罪を問う事は、国際法に限らず、どんな法であってもデフォルトの禁止事項。
戦争そのものは、当時の国際法でも違法では無い。
そういうことを知らない人が殆どだから、東京裁判が違法だったと思わない人が多い。
ただ、違法だったとしても"受け入れる"ことを条件に"国際社会への復帰=サンフランシスコ講和条約への調印"をしたから、有効、覆る事は無い。
オマエ、そういう事もしらねーんだろ。

486 :名無しさま:2013/02/12(火) 08:48:31.19 ID:VPmq66GV
法的にどうであれ、多くの日本人を死なせた上に、東京大空襲を食らい、沖縄を地上戦に
巻きこませ、とどめに原爆2発食らって日本をハイパーボロ負けに導き、おまけに北方領
土を取られた昭和天皇の無能ぶり、結果責任の重大さ、道義的責任は未来永劫追求され、
非難され続ける。

487 :名無しさま:2013/02/12(火) 14:10:45.38 ID:bYe4GkJJ
>>484
> 法の不遡及の原則に反している。
国際法に対する無知から出てきている誤った認識。日本がポツダム宣言を受理し、そこに求められている
先般に対する軍事法廷を受け容れている以上一般法に対する特別法優位の法理から、「法の不遡及の原則」は
除外される。パル判事の反対意見が諸外国ばかりか当のインド政府からも受け容れられなかったのはそのため。
ネルーは明確に「パルの意見はインド政府の意思を代表したものではない」として排除していた。

> 国際法的に戦争そのものは、犯罪ではない。
ケロッグ・ブリアン条約以降侵略戦争は国際社会で禁止され日本も調印している。
そのため日本政府は日中戦争を「事変」と呼び、大東亜戦争は「自存自衛戦争」とした。
だから国際軍事法廷では日本の侵略性が審理された。

488 :名無しさま:2013/02/12(火) 22:09:01.74 ID:Q21l70cf
戦争そのものは、当時の国際法でも違法では無いとか
ただ一人のインド人を拠り所にして都合のいいように解釈してる時点で
浮世とかけ離れた人間 いや生き物ということだな

489 :名無しさま:2013/02/12(火) 23:45:55.43 ID:iFan3YPo
ある制度や伝統に疑問なら、単に対案を提示して比較や反論を募れば良いことで、
天皇陛下や、それを大事にしている人々に対して直接暴言を吐いてる人達のような
感情的なアプローチは特に必要無いはず。

このスレは何というか、
「論理的に話をしよう」と手招きしながら、次の瞬間には招いていた人たち自身がテーブルの上で乱舞しているようなものだ。

490 :名無しさま:2013/02/12(火) 23:58:40.23 ID:h/q7+3oU
>>489
このスレ、というかこの板全体がそんな感じだよ。
結局>>486が言えれば何でもいいような、ある種の宗教。
「法的にどうあれ」なんて、まともな感覚だったら恥ずかしくて言えない。
魔女裁判並のオカルト。

491 :名無しさま:2013/02/13(水) 00:06:01.18 ID:F9acEtEa
反天皇・皇室系のスレはみんなそんな感じだよ。
「ウヨどもは論理的に説明しろよ」と言いながら、一番論理的でないのは当人っていう。

492 :名無しさま:2013/02/13(水) 08:45:13.75 ID:STmjRnvL
皇族フェチは全員キモい!
どうせ国民にたかるウン○皇室のおこぼれに預かろうとするウジ虫どもだろw
皇室なくなれば一番困るやつらだw

493 :名無しさま:2013/02/13(水) 09:06:29.75 ID:5v4jXjl/
国事行為に祭事行為にその他もろもろはたいへんだろうし、政治関連は政治家に任せて昔みたいに裏に引っ込んでてくれてかまわん
日本式大統領をつくろう

494 :名無しさま:2013/02/13(水) 12:13:10.48 ID:SUdwlUJQ
>>487
東京裁判とポツダム宣言の関連は知っとるよ。
論理的には、違法裁判だが、有効。
で、その東京裁判が有効なのだから、国際的に天皇に戦争責任は、無い。

日本がどの国を侵略したんだ?
独立国に対して侵略戦争はしとらんよ。

495 :名無しさま:2013/02/13(水) 12:28:46.59 ID:rC5t/g5L
>>494
いや、君「一般法に対する特別法優位の法理」を知らなかったでしょう。
だから「法の不遡及の原則に反して」「論理的には、違法裁判だが、有効」なんて間違ったレスをしているわけで。
法理的に(論理的に)有効性があるんだから「違法裁判」などとは言えないわけ。

それから極東国際軍事裁判は国際犯罪(捕虜の虐待などの一般法規から侵略性の有無まで)を
取り扱った法廷だから、法廷である以上起訴されなければ法的な責任は追及されない。
しかし、多くの場合、日本人からみて昭和天皇の戦争責任という場合、対内・道義的責任を指すから
君が言う様な国際軍事法廷で裁かれてないから「無い」という意見は的外れ。

496 :名無しさま:2013/02/13(水) 12:31:06.66 ID:rC5t/g5L
>>494
> 独立国に対して侵略戦争はしとらんよ。
独立国に限定するなら日中戦争や満州事変はどは明らかな侵略行為。
尤も独立国に限定する必要性はないが。

497 :名無しさま:2013/02/13(水) 12:49:37.87 ID:4oFsw0Dm
>>495
知ってるよ。
法の精神や、国際法の精神からすると"東京裁判"は、オカシイだろと思うけどね。
"捕虜虐待"や"一般市民に対する攻撃"といった"戦争犯罪"について、公平に裁くなら、米国、ソ連、中国も本来は、裁かれなきゃならん。
戦勝国は、全く裁かれず、敗戦国だけ戦争犯罪を裁かれるって、本来ありえねー。

本来は、戦勝国が敗戦国を裁いちゃならんのだ。
それは、強国=正義になるからな。

まぁ、置いといて。

あの時、天皇を被告にしたとしても、天皇を戦争犯罪人にしたり、戦争責任を問うのは、無理だったろう。
天皇は、大日本帝国憲法の下で言動してたし、国際法に照らし合わせても戦争責任を問う根拠が無い。

道義的責任も無い。

裕仁は、独裁者じゃなかったからな。
イギリス国王が建て前上、独裁者であっても、政治不介入なのと同じだよ。

イギリスが世界中にやってきた、阿片戦争やら、他国への侵略行為に対して、イギリス国王に責任を問うようなもんだよ。

498 :名無しさま:2013/02/13(水) 12:56:43.02 ID:rC5t/g5L
>>497
知ってるなら「法の不遡及の原則に反して」「論理的には、違法裁判だが、有効」などという
間違ったレスはできないはずなんだが。

> 公平に裁くなら、米国、ソ連、中国も本来は、裁かれなきゃならん
起訴されてるのは日本の戦犯なんだけど。
日本が諸外国に対して戦犯として起訴すればよかったんじゃないの?

> 道義的責任も無い。
それは犠牲者が判断することで君が判断することじゃない。

> 裕仁は、独裁者じゃなかったからな。
独裁者かどうかは戦争犯罪とは関係ないね。特に英米法による共同謀議概念ならなおさら。

499 :名無しさま:2013/02/13(水) 13:01:45.33 ID:PQENeDTL
>497
天皇は軍の統帥だったじゃん。イギリス国王は軍との関係は?

500 :名無しさま:2013/02/13(水) 13:22:21.59 ID:rC5t/g5L
ついでに。
第一次世界大戦では敗戦国のドイツ皇帝ウィルヘルム2世を戦犯として国際軍事法廷で裁くことが検討され、
戦勝国の日本もその一角に加わっていた。って知らなかったでしょう?

その成果としてハーグ条約や不戦条約といった国際法規が次々と規定され、日本もそれに加わっていたんだから、
その罪が問われても文句が言える義理はないのさ。むしろ、第一次世界大戦時代のように莫大な賠償金を
支払わなくてすんだことに感謝していいくらいだ。(とは言えサンフランシスコ講和条約締結時には、迷惑をかけた
アジア各国に対して賠償金を支払ってる)

501 :名無しさま:2013/02/13(水) 17:24:21.38 ID:F9acEtEa
ヴィルヘルム2世は結局訴追されなかったんだが
昭和天皇だって検討だけならされたが、結局されなかった

502 :名無しさま:2013/02/13(水) 22:53:14.40 ID:ppYdPTo4
>>500
知ってるよ

503 :名無しさま:2013/02/13(水) 23:01:26.75 ID:ppYdPTo4
>>500
迷惑なんてアジア諸国にかけてないよ。
アジア諸国を植民地にしていたイギリスやフランスに迷惑かけたけどなー。
学問を教え、識字率を上げ、インフラを整え、現地人に軍事を教え、GDPも上げた。
欧米諸国は、そういうことを植民地にしとらんよ。
日本が欧米諸国を追い出した前より、貧乏になった国も識字率が落ちた国も無い。
つか、そもそも、独立国に一方的な侵略行為もしとらんし、植民地化もしとらんがな。

独立国から領土取り上げて、現地人から搾取し続けたのは、欧米の先進国。

504 :名無しさま:2013/02/13(水) 23:30:10.87 ID:oS4b+0ah
そう思ってるのはなんでも都合の良いようにしか考えない
ウヨと呼ばれる一部の頭のおかしな人間 いや生き物だと気づけよ

迷惑かけられてないと思っならここまてで反日になるわけないだろ

505 :名無しさま:2013/02/13(水) 23:49:30.20 ID:rC5t/g5L
>>503
> 迷惑なんてアジア諸国にかけてないよ。
現地の人はそうは考えてない様だけど?
(もちろん日本政府も被害に対して賠償金を払った事実から君とは正反対の意思を示してる)
以下、アジア各国の教科書からの抜粋。

>フィリピン 高等学校用「フィリピン国の歴史」(一九八一年版)
>「日本軍の残酷さ−とくに地方での女性に対する邪悪な扱い−は、多くの市民がゲリラになる要因の一つであった。
>ゲリラ活動の広がりを危険視した日本軍は、フィリピン市民に対して残酷さをいっそう加えるようになった。
>多くのフィリピン人は、有罪無罪を問わず捕らえられ、サンディアゴ砦や、日本軍が接収し刑務所とした他の施設に送られた。
>家に戻ることができた者にしても、不自由な身体となっていた。」

>インドネシア 中学校用「社会科学・歴史科 第五分冊」(一九八八年版)
>「日本時代にインドネシアの民衆は、肉体的にも精神的にも、並はずれた苦痛を体験した。日本は結局独立を与えるどころか、
>インドネシア民衆を圧迫し、搾取したのだ。その行いは、強制栽培と強制労働時代のオランダの行為を超える、非人道的なものだった。
>資源とインドネシア民族の労働力は、日本の戦争のために搾り取られた。」

>タイ 中学二年生用 社会科教育読本「歴史学 タイ2」(一九八〇年版)
>「タイ人の多くは、日本がタイを占領し、横行することに不満を感じていた。タイ人グループの中には、日本と同盟関係を持つという
>政府の方針に反対するものもあった。これら一般民衆グループには、連合国から遣わされたリーダーがいたものと思われる。」

>ベトナム 十二年生用 「歴史 第一巻」(一九八四年版)
>「インドシナに足を踏み入れて以来、ファシスト日本のあらゆる経済活動は、直接的にあるいはフランスを通じて間接的に、
>略奪戦争を遂行するため、資源や食料をできる限り多く獲得することであった。(後略)
>もう一つの非道な政策は、日本への供出用と戦争の備蓄用とのために、食料、とくに米の強制かつ廉価な買いつけをしたことである。
>この非道な政策こそ、市場における深刻な食糧不足をもたらし、一九四五年初頭の数ヶ月の間に、北部で、二〇〇万人以上の
>わが同胞が餓死した直接の原因となった。」

506 :名無しさま:2013/02/13(水) 23:56:37.97 ID:rC5t/g5L
続いて「サンフランシスコ会議議事録」での各国代表の発言から抜粋

パキスタン  チャンドリイ・モハメッド・ザフルラ・カーン外相(1951年9月6日)
「四年になんなんとする間に、日本の侵略の潮はアジア各国に放火と殺戮(さつりく)とを齎(もたら)したのであります。
最も耐え難ったのは屈辱、人間の尊厳に対する暴行侮辱でありました。遂にその終末が参りました。そしてその幕切れは
まったく突然でありました。日本の占領すなわち死の苦しみに対する熾烈(しれつ)な記憶は依然として消えず
しばしば悪夢となって蘇ってくるのであります。それが生き残った者の状態であります。」

インドネシア  アーマド・スバルジョ外相(1951年9月7日)
「日本人による占領期間中にインドネシアが被った損害は二重であります。第一に、約四百万名の人命の損害があり
第二には数十億ドルの物質的損害があります。私はここでその数字を述べることは差し控えましょう。何故ならそうすることは
この会議の主旨にそわないでありましょうから、しかし私の政府は、具体的事実と数字をつかんでおり、
それらを適当な時期に適当な場所で提出するでありましょう。」

フィリピン  カルロス・P・ロムロ外相(1951年9月7日)
「私は、ここで、日本の最も近い隣国の一つであり、不釣合いに重大な破壊を受け、日本のために損害を受けた国を代表して
述べているのであります。千八百万の人口のうち、われわれは百万以上の生命を失いました。生命の損失の他に
我が国民は未だに癒されない程深い精神的傷手を蒙(こうむ)りました。」

507 :名無しさま:2013/02/14(木) 00:42:42.72 ID:G4ZP5/Kk
印象悪いとこを恣意的に抽出してればそりゃそうなるだろうよ
日本軍という巨大組織が、アジア広範囲に展開していれば様々な印象をもたれて当然
それにいちいち一喜一憂したり全体の判断材料にしたりするのはあまり意味がない
こういった過去のことに対しては「そういったこともあったんだ」程度に受け止めれば十分

508 :名無しさま:2013/02/14(木) 00:55:48.37 ID:oRx9Lj6z
いえいえw
全て事実ですから。「迷惑なんてアジア諸国にかけてないよ」というのは嘘です。

509 :名無しさま:2013/02/14(木) 00:59:19.87 ID:oRx9Lj6z
1988(昭和63)年5月24日 第112回国会 参議院外務委員会 第10号議事録
政府委員(外務省条約局長):斉藤邦彦
参議院議員:吉岡吉典

吉岡吉典:サンフランシスコ講和会議(*1)でアジア諸国が、幾つもの国が日本の侵略を厳しく糾弾する演説をやっている問題なんですね。
私、事前にこれに関連して質問するということも通告しておきましたので、どういう国が日本の過去の侵略について厳しい批判を行ったか、
外務省の方から述べていただきたい。
政府委員:サンフランシスコ講和会議の際に日本より被害を受けたと述べた国は、
ラオス、カンボジア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、オランダといった諸国であると承知しております。

吉岡吉典:日本の戦争のおかげで独立したと感謝を述べた国が一つぐらいありましたか。
政府委員:そのような声明を行った国はなかったと承知しております。

これが実情です。

510 :名無しさま:2013/02/14(木) 01:02:08.45 ID:G4ZP5/Kk

俺は事実じゃないなんて言ってないが

511 :名無しさま:2013/02/14(木) 07:51:50.88 ID:oRx9Lj6z
>>510
君は「印象悪いとこを恣意的に抽出して」と書いてるね。元々は「迷惑なんてアジア諸国にかけてないよ」というレスに対して、
現実に迷惑をかけられたアジアの国々の考えを示した。で、「「印象悪いとこを恣意的に抽出」したのなら、せめて一国くらい
感謝を述べた国があっても良いはずだ。しかし、事実は>>509の通り「そのような声明を行った国はなかった」
「日本より被害を受けたと述べた国は、ラオス、カンボジア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、オランダといった諸国」というのが現実。

512 :名無しさま:2013/02/14(木) 08:02:41.18 ID:6zinUTH5
大東亜共栄圏というのはウヨクの脳内妄想なわけだ

513 :名無しさま:2013/02/14(木) 09:06:05.43 ID:lx5jNYS2
>>505
いや、それって、日本の変わりに入ってきた戦勝国が書き換えた()
どこでもそうだよ。

514 :名無しさま:2013/02/14(木) 10:03:26.36 ID:oRx9Lj6z
>>513
> 日本の変わりに入ってきた戦勝国が書き換えた
そんな事実があるならソース出して欲しいなあ。
よその国が国家主権を侵害して書き換えさせたなんてことが事実なら大問題だからさ。
(多分出せないと思うけどね)

515 :名無しさま:2013/02/14(木) 11:31:55.39 ID:G4ZP5/Kk
>>511
ククリックド・プラモード (タイ国元首相 )
「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」
( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において )
バ・モウ (ビルマ元首相 )
約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。
英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。
・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、
さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、
これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。
・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。
・・・ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり。
(ビルマ独立宣言より)
ガザリー・シャフェー(マレーシア、元外相)
日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という挨拶に対して、
「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったではないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、
大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。その結果、マレーシアは独立できたのです。
大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ」
〜以下略〜
(昭和六十三年七月十九日、於赤坂プリンスホテルにて)
とまあこういう意見もあるわけですよ。
この時点で君の
せめて一国くらい
>感謝を述べた国があっても良いはずだ。しかし、事実は>>509の通り「そのような声明を行った国はなかった」
は嘘だということ。
いや、嘘は言いすぎかな。公式声明となるとまた話は別になるから。
ただ少なくとも「迷惑」とは反対の感情を持たれているのもまた事実。

516 :名無しさま:2013/02/14(木) 12:19:52.69 ID:oRx9Lj6z
>>515
> 「そのような声明を行った国はなかった」 は嘘だということ。
残念ながら「そのような声明を行った国はなかった」 というのは、サンフランシスコ講和条約締結時に
「日本の戦争のおかげで独立したと感謝を述べた国」があったかという吉岡議員に対して、政府委員の
斉藤外務省条約局長が国会答弁として述べたもの。まさか国会で嘘はつかないよねえ。

517 :名無しさま:2013/02/14(木) 12:34:22.72 ID:oRx9Lj6z
バー・モウ1977年(昭和52年)に死去→どうやって1988年(昭和63年)に発言できるんでしょうか?

どっちにしろ、「元」国家首脳の個人的意見であるので、国を代表する発言では無いからどうでもいいんですがw
どうせ出展は清水馨八のトンデモ本からの引用だし。

518 :名無しさま:2013/02/14(木) 12:51:12.18 ID:oRx9Lj6z
ちょっと待て。昭和六十三年七月十九日というのはガザリー・シャフェー(マレーシア、元外相)という人の発言時期か。
ってことはバ・モウの独立宣言って日本占領統治時代の1943年じゃないか。そりゃ日本の悪口は言えないわな。
でもってバ・モウって敗戦が濃厚な1945年にはビルマから逃げ出して日本に亡命している。

519 :名無しさま:2013/02/14(木) 13:19:46.98 ID:9bPTX+9v
インドネシア独立記念日では、未だに日本兵のコスプレしとるがな。
台湾人でも、日本領土時代の人は未だに自分は日本人(ry
アジア諸国が欧米諸国の植民地から独立出来たのは()

侵略もなにも、日本は完全に持ち出しだよ。
欧米諸国の植民地と戦争しとらん。
戦争は、宗主国とした。

アジア諸国で日本に怨恨持ってるのは、日本を下だと思ってたのに、負けた中国と併合された朝鮮くらいだ。

朝鮮は、日本が清を負かして、初めて独立国家になった。
その後、日本に併合されたけど、戦争したわけじゃない。

520 :名無しさま:2013/02/15(金) 07:17:41.94 ID:lXMKdHPg
>>519
> 侵略もなにも、日本は完全に持ち出しだよ。
それは単に侵略して資源の略奪(「南方占領地行政実施要領」では要国防資源ノ急速獲得を目的としてると明記)が
思ったように推移しなかったというだけで、当初の目的が達成できなかったという結果論に過ぎない。

> 欧米諸国の植民地と戦争しとらん。 戦争は、宗主国とした。
極東軍事裁判では宗主国だけでは無く中華民国、フィリピン、インドなど被害を受けたアジア各国が参加している。
君の意見で欠落しているのは日本によってもたらされたBC級の被害者や犠牲者の大半は宗主国の人間では無く、
アジア各国の人々だったという事実。

521 :名無しさま:2013/02/15(金) 09:10:30.46 ID:7A3ui7lZ
>>520
極東裁判に宗主国だけでなく植民地も参加しとるのは知っとるよ。
それと、戦争をしたかどうかは別問題。

戦争という言葉の定義からすると、植民地と戦争しとらんだろ。
インドネシア人や台湾人、インド人で組織された軍事組織と戦争しとらん。
戦争犯罪と戦争は別問題だ。

アジア諸国の独立国家との戦争は、中国とだけじゃん。

522 :名無しさま:2013/02/15(金) 11:43:25.99 ID:lXMKdHPg
>>521
戦争犯罪は戦争をした相手国の国民を犠牲者にしたって話なんだけど。

523 :名無しさま:2013/02/15(金) 12:09:12.41 ID:oaBdokcE
>>520
ヽ(´ー`)ノ
もっと歴史を勉強しろ。
不当な裁判であっても日本はそれを受け入れて、償いも終わってる。
賠償も終わってるのに、過去に遡って謝る必要などない。
そんなことを言ってるのは、戦勝国と韓国、北朝鮮、日本だけだw
イギリスが阿片戦争の()、インドネシア独立戦争()
アメリカが原爆、民家への空襲、ベトナム戦争()、朝鮮戦争()
中国がゲリラ戦、朝鮮戦争()、元寇()
ロシアがシベリア抑留&強制労働()
ヽ(´ー`)ノ
どれもこれも戦争犯罪ですが。

524 :名無しさま:2013/02/15(金) 12:21:51.70 ID:lXMKdHPg
>>523
勉強が必要なのは君の方だ。日本が受け容れた以上裁判は不当では無い、という理由はすでに示した。
それに俺は「賠償も終わってるのに、過去に遡って謝る必要がある」などとは主張していないので、
このレスも不適当。

> どれもこれも戦争犯罪ですが。
ちがうな。国際法違反の可能性があっても(元寇までさかのぼるのはさすがにどうかと思うがw)、
提訴されていない以上戦争犯罪であるかどうかは誰も判断できない。

525 :名無しさま:2013/02/15(金) 12:50:31.97 ID:vnhOyeZi
>>517

ビルマ国の成立は1943年。1988年なんて数字はどっから出てきた?

>どっちにしろ、「元」国家首脳の個人的意見であるので、国を代表する発言では無いからどうでもいいんですがw
君の主張は「日本はアジア諸国に迷惑をかけただけ。感謝されることはない」というもの。
それに対しての反証は感謝される意見で足る。
それもそういう意見を述べたのが元国家元首ってのは大きな意味を持つんだが。
日本でも元首相の発言は大きく取り上げられるだろ。

>>518
>ってことはバ・モウの独立宣言って日本占領統治時代の1943年じゃないか。そりゃ日本の悪口は言えないわな。
そういう論法が通じるなら、アジア諸国の人たちが日本を非難するのは日本からの賠償目当てって論法もできるな。
そりゃなんの被害も受けてないのに賠償しろなんて言えんわな。できる限り最大限の非難をするだろうよ。
戦後賠償の多くが決まったのはサンフランシスコ条約。
君の>>506の引用はサンフランシスコ条約を決める会議でのもの。
帳尻が合うね。

526 :名無しさま:2013/02/15(金) 15:09:16.09 ID:lXMKdHPg
>>525
> 君の主張は「日本はアジア諸国に迷惑をかけただけ。感謝されることはない」というもの。
そんな主張をしたレスは一つも無いんだけど。

> 日本でも元首相の発言は大きく取り上げられるだろ。
そうでもない。少なくとも「国代表者」としての発言と扱われることは無い。

> そういう論法が通じるなら
そういう論法も何も日本が軍事占拠した傀儡だった人物が、傀儡政権時に宗主国をヨイショしたから
信憑性があるなんて思ってるアホがいるとは思わなかったよ。

527 :名無しさま:2013/02/15(金) 16:11:01.54 ID:vnhOyeZi
>>526
>そんな主張をしたレスは一つも無いんだけど。
>>511で、
>せめて一国くらい感謝を述べた国があっても良いはずだ
と言ってるじゃん。
その上で国会議事録から「声明を出した国はない」というのを取り上げている。
そういうレスをしといて「『日本は迷惑をかけた。感謝はされていない』、なんて主張していない」なんて言われても、周りはそうは見ないだろうね。
自分の主張とは違う認識を持たれていると分かった時点で、自分の主張したいことはなんなのかはっきりさせた方がいいと思うよ。

>そうでもない。少なくとも「国代表者」としての発言と扱われることは無い。
国家代表者として扱われることはないのには同意だけど、大きく取り上げられるのは間違いない。
ニュース見てても元首相の発言が話題になるし、それは諸外国でもそう。

>そういう論法も何も日本が軍事占拠した傀儡だった人物が、傀儡政権時に宗主国をヨイショしたから
>信憑性があるなんて思ってるアホがいるとは思わなかったよ。
とりあえずアジア諸国が日本を非難するのは戦後賠償目当て、というのは認めるんだね。

528 :名無しさま:2013/02/15(金) 18:45:03.15 ID:lXMKdHPg
>>527
俺が言ってるのは、「迷惑なんてアジア諸国にかけてないよ」というレスに対して、「国として」独立したアジアの国々の中で
「サンフランシスコ講和条約締結時」に感謝を述べている国があるのか?
という問いかけであって「日本はアジア諸国に迷惑をかけただけ。感謝されることはない」などという主張はしていない。

> 大きく取り上げられるのは間違いない。
大きく取りあげられるという割には、それを取りあげてるのが清水の著作だけって情けない事実があるだけ。

> とりあえずアジア諸国が日本を非難するのは戦後賠償目当て、というのは認めるんだね。
それは国によって違うだろうし、日本は戦後「賠償金ビジネス」と言われるODA活動で一部の為政者やゼネコンらを
潤すために、むしろ積極的に賠償を持ちかけている事実なら良く知っている。

529 :名無しさま:2013/02/15(金) 21:06:34.24 ID:LEgiwvCC
>>528
つか、現時点で日本を非難してるのって、半島と中国以外にあるのか?

530 :名無しさま:2013/02/16(土) 08:25:23.11 ID:/TbPmrsy
>>529
> つか、現時点で日本を非難してるのって、半島と中国以外にあるのか?
さあね。俺はそんな話題には関心が無いから、
関心がありそうな君が考えるなり調べるなりすればいいじゃないか。

531 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2013/02/17(日) 20:48:35.25 ID:iOgCnzKB
この世界に自分が理解できないことはとにかく否定
それがB(aka)層w

この宇宙がなぜあるのか?君がなぜ存在するのか?
論理的に説明してみなw

説明できなきゃ、もちろん君は不要という論理だから
さっさと死んでねw

532 :名無しさま:2013/02/17(日) 22:16:06.43 ID:g0uFjukd
ゴミ屋敷の住人はゴミが必要。
天皇狂徒は天皇が必要。

533 :名無しさま:2013/02/17(日) 23:33:58.08 ID:EivRLeoJ
別に反天皇制だからってチョンシナってわけじゃないだろ。
英国だって王政に反対の人間が一時は過半数超えたんだから。
豪州だって君主制については半々だ。
カナダとかは知らない。

534 :名無しさま:2013/02/18(月) 22:04:23.67 ID:bAz0RyEI
信者のくせに天皇の存在意義が答えられないもんだから

この宇宙がなぜあるのか?君がなぜ存在するのか
とか関係ないことに話をそらしてるのが笑える

素直にテメエが惚れ込んでいるから個人的には必要だ
と答えればいいものをw

535 :名無しさま:2013/02/19(火) 05:09:05.62 ID:F3So3qPr
またアンチ教の念仏かwww
つか、まさか毎日ここ来てんのかwww気持ちわりいwww

とりあえず>>1から音読してこいwww

536 :名無しさま:2013/02/19(火) 12:47:34.72 ID:GGrv+nB7
>>534
無形文化財みたいなもんだよ。

537 :名無しさま:2013/02/19(火) 16:31:53.18 ID:xHlj1gqY
皇族はみんな京都に引っ越してひっそり暮らす
国事行為は代理を立ててその人に任せる
年一くらいで表に出てお言葉を述べる
産まれた時から死ぬまで客寄せパンダじゃかわいそうだし、俺はこれでいいや

538 :名無しさま:2013/02/19(火) 16:46:03.69 ID:NbGWRL5Z
天皇陛下万歳←wwwwwwwwwwwwww

539 :名無しさま:2013/02/19(火) 17:20:47.37 ID:WKUwMjWi
無形文化財ならわざわざ憲法に天皇条項を設けて宮内庁まで設営する必要は無いだろう。
それならば文化庁所轄で管理し、最低限の予算を組んで運営すれば事足りる。
そうではなくて、天皇制度が何故必要なのかを天皇制支持者ももっとちゃんと考えるべき。

皇室は長い歴史の中で大きくは4つの形に変化している。古代史の「大王(おおきみ)」、
その後の律令制に位置づけられた天皇(天皇の呼称は唐から輸入した)、中世史から江戸末期までの
ほぼ実権を持たない帝の時代(建武の新政など例外もあったが)、それから明治以降の国民国家の天皇。
こうした時代の変遷の中で変化して行ってる天皇の在り方があり、現在の象徴天皇制がある。
象徴天皇とは立憲君主制とはやや異なる。前者が天皇の存在を国家や国民の意識の投影に意義を求めるのに対し、
後者は君主の権限を法の支配によって制約するという考え方に基づく。

540 :名無しさま:2013/02/19(火) 19:16:45.49 ID:8MY4NoV2
>>539
長いヽ(´ー`)ノ

象徴でいいじゃん。
君主じゃないしさ。

541 :名無しさま:2013/02/19(火) 21:28:16.59 ID:KLBkxsLl
なぜ生き仏の象徴が必要なんだね

統合がなんちゃらかんちゃらと言ってるやつもいたが
足りないやつによくいるwをいっぱいつけた馬鹿丸出しの信者と統合されても困るんだが

542 :名無しさま:2013/02/20(水) 09:15:17.54 ID:m+X8IjhJ
日本国民は皆、自由で平等。
但し、天皇皇族は除く
と、いうようなバカ制度でいつまで騙し続けるのかいな?

543 :名無しさま:2013/02/20(水) 09:57:25.55 ID:sAeV7XL/
内閣総理大臣も最高裁長官も憲法上の要請として一般国民とは違う待遇でしょう。

544 :名無しさま:2013/02/20(水) 10:04:22.97 ID:IX9tf8Rg
そもそも「天皇制度」って、共産主義者の造語なのに存在意義を語っても意味無いだろ。
あと東京裁判は、パール判事の「日本無罪論」が今や国際法学会では主流になってるんだよ。
確かに、フィリンピンや北ベトナムで飢饉の犠牲者が出たことは、日本の責任だ。
そういった負の面もあったが、全体的に東南アジアでは評価されている。勿論、当時も戦勝国に阿った華僑や現地人もいたけどね。
BC級戦犯の被害者の証言なんて殆どが誘導された虚構か誇張されたもの。捕虜へのビンタで死刑になった人も多数いた訳。
日本が戦争したのは、宗主国であってその手下になった現地人の証言のみを信じるとか、頭弱いんだろうね。
しかも、現地の教科書の内容も100%信じてるとか、どんだけお花畑なんだよ。賠償金やODA目当てに、捏造することも有り得るだろw
例えば、今村均や鈴木敬司って人がどんなことをしたか、少しは勉強してから言えよ。

545 :名無しさま:2013/02/20(水) 10:35:33.39 ID:Nv6sJbg+
>>544
> 「天皇制度」って、共産主義者の造語なのに
既に一般用語として定着しているのだからそんな心配は必要ない。それを言い出したら「天皇」という呼称だって
中国から輸入したものであり適切性を欠くという話になる。(無論、そんなアホな話は無いが)

> 東京裁判は、パール判事の「日本無罪論」が今や国際法学会では主流になってる
どこの世界の国際法学会だ?
そもそもパルは東京裁判段階では国際法の専門家ですら無く古代史を専門にした裁判官だった人物。
彼が主張した法理が国際法に与えた影響はほとんどない。

> 全体的に東南アジアでは評価されている。
それは戦後になってから東南アジアへの謝罪と賠償を行い、経済支援を行ってきたからであり、
戦前戦中に行われた過酷な徴用や虐待に対する反省を真摯に受け止める姿勢を示したから。

> BC級戦犯の被害者の証言なんて殆どが誘導された虚構か誇張されたもの。
何の裏付けも無い言いがかり。事実として誤認逮捕や誤認判決が多かったのは確かだったが、
それを遙かに上回る裏付けのある立件が行われたのも事実。そもそも事実認定を困難にしたのは
日本軍や政府が証拠となる公文書を焼き捨てたことに起因するわけで問題はむしろ日本側にあった。

> 賠償金やODA目当てに、捏造することも有り得るだろw
何の根拠も無いから論外。
また、日本の政治家や役人らが現地の独裁者(朴正煕やスカルノら)を潤し、利益を循環させて日本のゼネコンに
利益誘導してきた。こうした事実関係はあるが現地の歴史教科書が「賠償金やODA目当て」とする事実があるなら
是非ソースを出すべきだな。君の憶測に過ぎないと思うが。

546 :名無しさま:2013/02/20(水) 12:56:40.68 ID:IX9tf8Rg
>>545
天皇制度が一般用語として定着してる???君はそもそも「天皇」を理解していないんだろうね。俺は「天皇制度」って語彙自体が悪質で意図的な誤謬だと思ってるから、基本的に「天皇」に関する認識が違うんだろう。だから、議論しても意味が無いんだよ。

パル判事は、少なくとも東京裁判後に国連国際法委員会の委員長まで務めているが???
例を挙げると、1950年に英国枢密院顧問官で当時の政界の元老で国際法の権威でもあるハンキー卿は、自身の著書「戦犯裁判の錯誤」の中で「パール氏の主張が絶対的に正しいことを私は疑わない」と言明していますが???
その他、パール判決を支持する欧米の法曹界の権威達の証言は、枚挙に暇が無いんだが?君の言う、「国際法に与えた影響は殆どない」という根拠は?

あのさー、捕虜への虐待なんてどこの国でもあったの。だから東京裁判を一から勉強し直せっての。まずは君が思ってる「事実」ってのが、どれだけ信憑性があるのか疑ってみなよ。話はそれからだ。
あと、賠償金やODAで日本の政治家やゼネコンが潤ったってのは、あくまでも結果の一部分だし、現場作業員が無給で奴隷扱いだったとでもいう訳?
それにスカルノは別としても、朴正煕は清廉潔白な人間だったって知らないの?
ODA目当てというのは、あくまでも俺の憶測だけど、スカルノなんか見てると、そういう面も多少はあったと思いますがね。

少なくとも、戦後の日本は「罪」の面については認め、謝罪し、賠償も援助もして来た。
それなのに、戦争に行った訳でも無く、アジアの復興になんの寄与もしてない人間が「功」の面には蓋をして、偉そうに偽善者ぶって謝罪したり、貶めたりする行為が許せないってのが俺の立場。

547 :名無しさま:2013/02/20(水) 13:10:13.41 ID:Nv6sJbg+
>>546
> 俺は「天皇制度」って語彙自体が悪質で意図的な誤謬だと思ってるから
君今人がどう思ってるかなんて話はしていない。一般用語として定着していると言っている。

> パル判事は、少なくとも東京裁判後に国連国際法委員会の委員長まで務めている
一時期国連内の委員会で委員長を務めたことと国際法の法理に資する法理論とどの様な関係があるのか意味不明。

> 国際法の権威でもあるハンキー卿は
その人物が国際法でどれだけの実績があったのか君は知ってるのか?

> 捕虜への虐待なんてどこの国でもあったの
「体罰などどの学校でもある」「飲酒運転など誰でもやっている」
違法行為を正当化したがる馬鹿が良く口にする詭弁とすら言えない幼稚な言い訳。

> 賠償金やODAで日本の政治家やゼネコンが潤ったってのは、あくまでも結果の一部分だし
これだから無知な人は困る。日韓条約で賠償ビジネスにうま味を覚えた政治家や官僚らは、紐付きODAビジネスを
意図時に行って利益還流を行ってきたことは周知の事実。

548 :名無しさま:2013/02/20(水) 13:31:20.63 ID:Nv6sJbg+
>>546
> パール判決を支持する欧米の法曹界の権威達の証言は、枚挙に暇が無いんだが?
それは佐藤和男がばらまいたデマを君が真に受けてるだけだよ。
どこでそんなデマを仕込んだのかは知らないが、もう少しまともな学術的な価値のある論文なりを読むようにしろ。
恥ずかしいくらい程度が低い。

549 :名無しさま:2013/02/20(水) 13:32:03.97 ID:IX9tf8Rg
>>547
だから端的に言うと天皇は制度じゃないの。一般用語として定着してるってのも、君が勝手に思い込んでるだけ。

少なくともパル判事は、国際法に則ってあの判決文を書いたんだが・・・
国際法で実績???意味がわからんねぇ。

幼稚な論法に付き合ってやるが、飲酒運転をして、一方が裁かれ、一方が無実だったとする。これで法が成立するのか?

ちなみに日韓条約で日本は賠償金を支払っていないがな。あくまでも経済協力金だ。君は未開な土地に道路やダムを作るのは、政治家や官僚の利益のためだと思ってるんだろうね。
これこそ、まさに幼稚な中二病って奴じゃね?

550 :名無しさま:2013/02/20(水) 14:47:13.95 ID:IX9tf8Rg
>>548
まあ、東京裁判に懐疑的な人といえば、レーリング判事(東京裁判時のオランダ代表判事)が有名だけど。
その他にも、W・フリートマン、T・パジェット、W・ダグラス、O・ハドソンなど、本当に挙げればキリがない。
代表的な例として、「パール判事の日本無罪論」(田中正明著)の「国際法学会に光を増すパール判決」(p196〜p201)
に載ってる。俺自身は論文までは読んでないけどね。
あと大事なのは、主宰したマッカーサー自身が後年、「日本が第二次世界大戦に赴いたのは安全保障のためだった」と上院の委員会で発言している。
そして、トルーマン大統領との会談で「東京裁判は誤りであった」と報告したことをアメリカ政府が発表している。

話は変わるが、さっきまで自分に銃口を向けていた敵国の捕虜に対して、どこまで人道的に対処出来るのだろうか。
灼熱地獄で飢餓やマラリアが蔓延している中で、それでも人道的に振舞う自信があるのか?言うことを聞かないからといって、手を挙げない自信はあるのか?

平和で腹一杯食べて、冷暖房効いた所で、地獄の中で苦しんでた先人達をそれでも非難出来るのか?
あの地獄の中、「天皇陛下万歳」って死んでいった人達は、「天皇=日本=郷里=家族」だったからじゃないのか?

551 :名無しさま:2013/02/20(水) 21:52:26.48 ID:vvsCyplZ
ほんの一部の懐疑的な人のみを都合よく信じ込んでるから
「天皇=日本=郷里=家族」とか平気で吐けるんだよな

「赤の他人のオッサン=日本=郷里=家族」と洗脳されてるのみると憐れとしか思えん

552 :名無しさま:2013/02/20(水) 22:20:27.13 ID:T58AJjMb
今でも日本国と日本国民統合の象徴だし
感覚として別におかしくはないな。
海外で久しぶりに日の丸見た時なんかもそういう連想は働くもんだろ。それだって布切れには違いないが。

553 :名無しさま:2013/02/21(木) 00:36:27.52 ID:d1V8iyhn
>>551
君にとっては赤の他人かもしれんが、平氏や源氏だって皇孫であり、織田信長や徳川家康だって天皇の前では平朝臣、源朝臣を自称してた訳だし、日本人の祖先を辿れば、約半分は天皇家と藤原家に行き着くらしい。
だから、天皇抜きにして、日本の歴史や伝統、文化は語れないんだよ。
明治以降、国民は天皇の赤子だって言われてたのも、あながち間違いじゃないんだよね。

554 :名無しさま:2013/02/21(木) 07:52:24.31 ID:rx4GCh+o
>>549
> だから端的に言うと天皇は制度じゃないの。
天皇の存在自体は制度じゃ無いよ、でも、制度化されている以上「天皇制度」なのさ。

> 少なくともパル判事は、国際法に則ってあの判決文を書いたんだが
時代遅れの国際法概念しか持ち合わせていなかったからあの様な意見書になったというのが正しい。

> 国際法で実績???意味がわからんねぇ。
彼は極東国際軍事裁判で判事を務めるまで国際法を学んだことも、国際法に関わったこともなかったということ。
国際法に詳しい人物が見つけられず、人選に苦慮したインドが専門性を無視して派遣したのがパル。

> 飲酒運転をして、一方が裁かれ、一方が無実だったとする。
やれやれ。裁かれるかどうかという意味では無く立件されてるかどうかという話だよ。

> 日韓条約で日本は賠償金を支払っていないがな。
それは日韓双方の政治的な理由による。日本側は表向き賠償金とすることを嫌がり韓国側は賠償金であることを求めた。
その結果、日本は表向き「独立祝い金」という名目で無償援助と有償の借款を行った。韓国側は国民に対して
日本が払ったのは賠償金であると説明した。独裁政権であったから国民の不満を逸らせる必要があったからだ。

> 君は未開な土地に道路やダムを作るのは、政治家や官僚の利益のため
馬鹿に理解を求めるのは無理なのか?

555 :名無しさま:2013/02/21(木) 07:56:45.23 ID:rx4GCh+o
>>550
> (田中正明著)の「国際法学会に光を増すパール判決」
松井石根の日記を改ざんした人物がどうかしたか?

> マッカーサー自身が後年、「日本が第二次世界大戦に赴いたのは安全保障のためだった」
お馴染みのナベショーのねつ造がどうかしたか?

もう少し程度の良い材料を持ってこないと話にならんぞw

556 :名無しさま:2013/02/21(木) 08:23:33.76 ID:rx4GCh+o
>>553
> だから、天皇抜きにして、日本の歴史や伝統、文化は語れないんだよ。
これは確かにその通り。皇室が日本の歴史上果たしてきた役割は大きい。日本に仏教が根付いたのも、
そこから派生して生まれた多くの文化もある。確かに皇室とは無関係に華開いた江戸期の町民文化や
室町時代や安土桃山時代の武家政権によってもたらされた文化もある。それら総体が
日本の歴史や文化を形作ってきた。

> 明治以降、国民は天皇の赤子だって言われてたのも、あながち間違いじゃないんだよね。
それは間違い。「天皇の赤子」というのは、封建制から国民国家に移行する必要性から、
天皇の赤子として国民を臣民にして紐帯関係に擬して一君万民を根付かせようとした。
先祖をたどればとかは関係ない。

557 :名無しさま:2013/02/21(木) 08:29:39.21 ID:i2cB5uOn
天皇の先祖はアフリカ人。

558 :名無しさま:2013/02/21(木) 08:52:15.68 ID:rx4GCh+o
>>549
> 一般用語として定着してるってのも、君が勝手に思い込んでるだけ。
これについてももう少し間違いを指摘しておこう。
例えば衆院の最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会(平成15年)の基礎資料には
「象徴天皇制に関する基礎的史料」がある。Wikipediaでは「象徴天皇制」という項目がある。
憲法学や政治学の教科書には「天皇制」という表現が数多く使用されている。
(司法試験の為の基礎教科書として最も普及している芦部信喜「憲法」には「天皇制」という項目がある)
Googleで「象徴天皇制」を検索すると622000件がヒットする。

これだけ一般化されてる事実があるにもかかわらず、それを認めないのは
「君が勝手に思い込んでるだけ」じゃないのかいw?

559 :名無しさま:2013/02/21(木) 09:30:57.75 ID:rx4GCh+o
おまけ

てんのうせい【天皇制】
昭和初期の国家論争の中でマルクス主義用語として登場し,社会科学用語として定着した日本独特の君主制を指す用語。
狭義には明治維新から第2次大戦での敗戦までの近代天皇制を指すが,広義には古代天皇制,戦後の象徴天皇制なども含まれる。
世界大百科事典

しょうちょう‐てんのうせい 〔シヤウチヨウテンワウセイ〕【象徴天皇制】
日本国憲法に規定された天皇制。天皇は日本国および日本国民統合の象徴であり、国政に関する権能を有しないとされる。
デジタル大辞泉

560 :名無しさま:2013/02/21(木) 14:32:56.74 ID:6PeO61an
>>549
つか、韓国に賠償金を支払う理由が無いじゃん。
朝鮮と戦争してねーんだから。

561 :名無しさま:2013/02/21(木) 14:35:17.83 ID:6PeO61an
天皇家って、日本の宗家みたいなもんじゃん。

562 :名無しさま:2013/02/21(木) 19:04:45.33 ID:d1V8iyhn
>>555
松井石根の日記の改竄の件とは、ここでは関係ないでしょ。この本でも改竄があった訳?
それにマッカーサーの発言は、議事録にも残ってるんだが・・・
>>558は、そもそも「天皇」を理解していない外国人が作った日本国憲法や敗戦利得者が作った法規を持ち出してくるから、話が噛み合わないんだろうよ。

563 :名無しさま:2013/02/21(木) 19:22:52.09 ID:d1V8iyhn
>>558
君は法律に詳しいようだが、では極東国際軍事裁判を「事後法」「法の不遡及」「法の下の平等」の観点から説明してくれないか?

564 :名無しさま:2013/02/21(木) 21:59:49.60 ID:ex6ZL69t
>>561
戦後はそのようなことは政教分離に反する。

565 :名無しさま:2013/02/21(木) 22:15:03.14 ID:FvWR5ZTo
天皇不要

566 :名無しさま:2013/02/22(金) 00:57:53.98 ID:GNUfmvf+
>>564
そういう存在を国と国民統合の象徴とすることは日本国民の福利に合致するからそうしたんだ。
屁理屈つけて勝手に変質させようとするんじゃない。

567 :名無しさま:2013/02/22(金) 08:42:32.87 ID:QeO5P0/D
>>560
> つか、韓国に賠償金を支払う理由が無いじゃん。 朝鮮と戦争してねーんだから。
日韓条約の交渉過程で日本側が主張したのが正にその理屈だった。対する韓国側は植民地支配に対する
賠償を求めたために双方の言い分がかみ合わず進展が遅々として進まず、自由主義陣営として韓国を
中ソの防衛線にしたいアメリカを苛立たせた。アメリカ側は日本に対して条約締結を強く促して
日本側が折れる形で決着したが、根本となった主張がそもそも噛み合っていなかったことに加え、
韓国側の政権が独裁政権だったため民主化されてからこの問題が再燃して現在に立っている。

>>562
> 松井石根の日記の改竄の件とは、ここでは関係ないでしょ。
原点を平気で改竄する人物の著書は信用に値しないということ。

> マッカーサーの発言は、議事録にも残ってるんだが・・・
マッカーサーは「日本が第二次世界大戦に赴いたのは安全保障のためだった」などと発言していない。
ナベショーが時節に都合良く誤訳して広めたのがその嘘発言。

>>563
> 極東国際軍事裁判を「事後法」「法の不遡及」「法の下の平等」の観点から説明してくれないか?
まず、「事後法」「法の不遡及」というのはいわゆる大陸法系刑法の概念で、罪刑法定主義の原則に基づく。
こうした誤解が広まったのは当該裁判の審理条件が英米法概念で遂行された為に、日本法刑法の手本となった
大陸法概念を用いて反証を行った日本人弁護人が主張した「事後法」「法の不遡及」が顧みられず、
もっぱら英米法概念のエッセンスである「法は発見される」という法理と共同謀議にフォーカスされた。
日本法しか知らない日本人弁護人は当然共同謀議の理解が無かったし、大陸法系のオランダ人法律家の
レーリングも英米法の理解が低かった。勝者の裁き論が後を絶たないのはそういった背景がある。
それに加えて日本人被告のBC級犯罪は「事後法」「法の不遡及」とは無関係に、それまで国際法として
定着していたハーグ陸戦法やケロッグブリアン条約に抵触する違反行為である点も「事後法」「法の不遡及」を
主張した弁護人らから見過ごされている。

ついでながら、現在の国連による国際法刑法でも法の不遡及は適用外とされている。

568 :名無しさま:2013/02/22(金) 08:52:38.55 ID:QeO5P0/D
>>566
> そういう存在を国と国民統合の象徴とすることは日本国民の福利に合致するからそうしたんだ。
これは違う。天皇が国家と国民を統合する象徴と位置づけられたのは、あくまでも天皇に対する憲法からの命令として
国家と国民を統合する象徴としての責務を求めているということ。立憲主義憲法ではおおよそ国家機関に対して、
法の支配から天皇であっても命令する対象となる。天皇条項が制憲時に規定されたのは様々な理由があったが、
(GHQの思惑、当時の日本政府らの思惑、制憲段階での国民の意思など)少なくとも昭和天皇も今上天皇も
立憲主義を正しく理解して国家と国民を統合する象徴としての責務を求めて来ている。それが現在でも天皇制度の
大きな支持として各種の世論調査においても証明されているし、天皇条項の改正が世論のマジョリティとなっていない
理由であろう。多くの国民は天皇に対して親しみを感じている。

569 :名無しさま:2013/02/22(金) 09:04:01.77 ID:QeO5P0/D
>>562
> そもそも「天皇」を理解していない外国人が作った
と言うなら、天皇という呼称だって外国のもの(唐の時代の中国)だし、長く国法とされた律令制も同様。
日本人の良さは外国から移入した概念を日本独自にアレンジして消化し身体化するところにある。
天皇にしても「大王(おおきみ)」から天皇に変わり(ただし、この呼称は養老律令によれば呼称の一つに過ぎなかった)、
明治以降天皇に統一された。中国が皇帝から天皇号をやめても日本は天皇号を守り続けてきた。
君が言う外国人は立憲主義や立憲君主については日本人よりも遙かに理解が深く(法制局の佐藤達夫の証言)、
また、天皇が君主では不適当という判断も正しかったと言えよう。ウエストミンスター憲章から援用した「象徴」とする
地位は、今上天皇もおっしゃっている通り日本の皇室の伝統にマッチしている。

570 :名無しさま:2013/02/22(金) 10:35:26.59 ID:QeO5P0/D
せっかくだから日本が第二次世界大戦に赴いたのは安全保障のためだった」というデマについてもう少し掘り下げて説明しておこう。
ナベショーがこの上院軍事・外交合同委員会公聴会発言を発見して嬉々として「ほら、マッカーサーだって日本が戦争を始めたのは
自衛のためだといってる」と言い出した、当該発言の原文は以下の通りだ。

They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan.
Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.

ナベショーはこの「security」を「安全保障」と訳して自説の「自衛戦争論」を正当化しようとした。
しかし、単語というのは幾つかの意味があり文脈の中で意味を選択する必要がある。
まず「security」だが、この単語には「安全、安心、油断、確実、保護、保安、防衛」などの意味があり、
必ずしも「安全保障」のみに使われるわけじゃない。上述の英文を簡単に直訳的に和訳すると
「彼らは、もしそれらの供給が遮断された場合、日本に1000万〜1200万の失業者が生じることを恐れた。
そのため、戦争に突入しようという彼らの目的は、主に安全上の観点から生じた。」となる。
前段の「失業者」という文面から、対外的な防衛(自衛)の為の対処では無く、失業者が多数出ることを恐れた
国内事情から「戦争突入」したと認識していることが読み取れる。要は石油や鉄くずの禁輸という措置を用いて
治安悪化を恐れた日本が、戦争突入を選択したという意味だ。

では、マッカーサーがどうしてこのような発言をしたのだろうか?
それは彼が上院軍事・外交合同委員会公聴会時点に置かれていた状況と、当該公聴会のテーマから考えていくと
良く理解できる。マッカーサーは朝鮮戦争の指揮者として非常な苦境に立たされており、その為トルーマンに
原爆使用を進言して解任されるが、当該公聴会は退任勅語に行われた。つまり、彼は朝鮮戦争での自分の意図が
正しいことを証明したかったのだ。それで、中国に日本に対して行ったような経済封鎖による圧力が有効だという
自説を披瀝した。当該公聴会のテーマは当時現在進行中の朝鮮戦争について関係者の意見を聞く為のものであり、
マッカーサーが日本の開戦についての話題を出したのはこのような背景があった。

571 :名無しさま:2013/02/22(金) 10:48:43.20 ID:QeO5P0/D
>>562
> 松井石根の日記の改竄の件とは、ここでは関係ないでしょ。
という意見について「信頼できない」ことに加え、もう一つ面白い事実がある。
> マッカーサーの発言は、議事録にも残ってるんだが
という認識についてのものなのだが、田中正明がこのデマに一枚かんでいるらしい。
以下は小堀桂一郎の発言だそうだ。

> この話は昭和47年発行の『日本無罪論』で田中正明先生が
> 言ってられたのですが、聞くと、原典と突き合せてないということで、
> 渡部昇一さんと話合って原典を突き止めることになり、ニューヨーク・
> タイムズに記事が出ていることが窺え、そこで現物を学生に
> 探してもらうと見付かりました。
> 東京裁判を開くための条例を制定した最高責任者マッカーサー自身が
>「侵略戦争でなく自衛戦争だった」と証言です。どんどん使って
> 宣伝しようと渡部さんと喜び合ったものです。

田中正明はこのデマでも「原典と突き合せてない」らしい。
松井石根の日記改竄と併せてどれだけ信頼できない人物かよく分かる。
そんなヤツの書いてるの鵜呑みにされてもねえw

572 :名無しさま:2013/02/22(金) 10:50:31.88 ID:9FuJADr0
>>562
呼称は変遷してるけど、太古より君主であったことに変わりは無く、そこに「天皇」という名称を与えたってことでしょ。
律令制度にしても日本の社会に合致するように、試行錯誤のうえ編纂されている。
だから、天皇も律令制度も支那とは性格的には異なる訳で・・・。
そもそも「天皇」という呼称が唐から輸入したというのも、一説に過ぎない。

外国人は立憲主義や立憲君主に日本人より理解が深いと言っても、そもそも欧州の王と日本の天皇とは異質な存在なんだから・・・。
唯物的な観点ではなく、日本の歴史と伝統、文化に則った「天皇」で論じないと意味ないってことでしょ?

573 :名無しさま:2013/02/22(金) 11:15:34.04 ID:QeO5P0/D
>>572
つまり、君は今上天皇の認識は間違ってるといいたいのだな。

574 :名無しさま:2013/02/22(金) 12:03:01.20 ID:QeO5P0/D
>>572
> そもそも「天皇」という呼称が唐から輸入したというのも、一説に過ぎない。
そういう間違いをどこで仕入れたのか良ければ教えてくれ。
天皇号が唐の高宗の使用を初出としているのは疑いの無い事実であり、
日本のオリジナルの号ではないことは古代史の定説なのだが。

575 :名無しさま:2013/02/22(金) 12:21:42.36 ID:GNUfmvf+
>>568
憲法第一条についてそのような議論は成り立たない。
主権の存する日本国民は、第一条の日本国と日本国民統合の象徴を富士山とすることも出来る。
しかし道理に基き法の支配を考えるのであれば、そうしたとしても富士山に命令する憲法を制定するわけではない。

576 :名無しさま:2013/02/22(金) 12:43:03.94 ID:GNUfmvf+
>>574
スメラミコトの漢字表記に「天皇」を採用した。

577 :名無しさま:2013/02/22(金) 12:45:02.95 ID:QeO5P0/D
>>575
> 憲法第一条についてそのような議論は成り立たない。
いや、成り立つが。憲法では天皇の存在を前提として「君主の一形態(佐藤功説)」もしくは
「象徴としての役割以外は持つことが認められない制度(芦部説)」成り立つ条項だからだ。

> 主権の存する日本国民は、第一条の日本国と日本国民統合の象徴を富士山とすることも出来る。
そんな規定を憲法に設ける必要は一つも無い。(立憲主義憲法上無駄、無意味)

578 :名無しさま:2013/02/22(金) 12:46:06.16 ID:QeO5P0/D
>>576
その採用したのはいついかなる理由によるものかという話なんだが。

579 :名無しさま:2013/02/22(金) 20:19:29.92 ID:9FuJADr0
そもそも「天皇」は北極星を意味し、道教の「天皇大帝」から由来しているというのが有力。
唐の高宗と日本の天武天皇は、ほぼ同時期に天皇号を使用しているので、どちらが先という結論は出ていない。
ちなみに、倭国時代から「天王」という呼称は既にあった。

で、日本国憲法を作った「外国人」は当然知ってた訳ですよね?
「象徴」という概念に関して異論は無いが、そこに至るまでの歴史的文化的な蓄積を理解していなければ、只の抽象論になってしまう。
日本国憲法、戦後の日本、及び天皇不要論者は、概ねそこの認識が欠けてるから問題だと思うんだが。

580 :名無しさま:2013/02/22(金) 22:00:10.00 ID:GNUfmvf+
>>577
日本国民に存する主権と享受すべき福利をおざなりにしたままでは議論はそもそも成り立たないがな。
憲法第一条は自らの国と自らの統合の象徴を決定することも成し得る日本国民に存する主権について記したものだ。
日本国民に存する主権は日本国民の総意により、イギリス国王や就任中のアメリカ大統領についてもこれを日本国の象徴、日本国民統合の象徴と成し得るものだ。
但し、そう憲法によって定めることは日本国民の福利に著しく反する。
一方で、これらを単なる元首と定めることは特に日本国民の福利に反するものではない。
憲法第一条と憲法第三条、四条はそれぞれ憲法の独立した条規だよ。

>>578
漢字伝来前の天皇も天皇

581 :名無しさま:2013/02/23(土) 08:16:48.93 ID:0bkIgFCt
>>579
> そもそも「天皇」は北極星を意味し、道教の「天皇大帝」から由来しているというのが有力。
天皇の由来が他にあるのか?

> 唐の高宗と日本の天武天皇は、ほぼ同時期に天皇号を使用しているので、どちらが先という結論は出ていない。
高宗が天皇号を使用した時期(674年)よりも天武・持統説の方が時期(689年)としては後になる。両者の関係から
高宗が用いることを知った天武・持統によって日本でも使用されたとする学説が有力。

> で、日本国憲法を作った「外国人」は当然知ってた訳ですよね?
そうした天皇号に関しての知識があったとする史料の存在を俺は寡聞にして知らない。

> そこに至るまでの歴史的文化的な蓄積を理解していなければ、只の抽象論になってしまう。
> 日本国憲法、戦後の日本、及び天皇不要論者は、概ねそこの認識が欠けてるから問題だと思うんだが。
それは憲法に求めるべきものではなく、先に示したように天皇が憲法から「象徴」であること命令される存在であるのだから、
統治機構や天皇側が主権者である国民に対して象徴作用の意味づけを周知する必要があるということ。

世界広といえど「歴史的文化的な蓄積の理解」を国民に求めている立憲主義憲法など世界中どこを探しても存在しない。
それは立憲主義憲法というのは国民(人民)が統治機構に対して命令する(授権規範と制限規範)という
基本原則があるからだ。そうした理解が無い連中が、「憲法には国民の義務規定がない」とか
「日本の歴史や価値を反映してない」などというピント外れの批判をする。憲法に何でも求めるのがアホが考えることで、
憲法がいかなる存在理由があるのか分かってない。それは天皇の価値を分かってない廃止論者と何も変わらない。

582 :名無しさま:2013/02/23(土) 08:28:45.66 ID:0bkIgFCt
>>580
> 日本国民に存する主権と享受すべき福利をおざなりにしたままでは議論はそもそも成り立たないがな。
> 憲法第一条は自らの国と自らの統合の象徴を決定することも成し得る日本国民に存する主権について記したものだ。
その通り。

> 日本国民に存する主権は日本国民の総意により、イギリス国王や就任中のアメリカ大統領についてもこれを日本国の象徴、日本国民統合の象徴と成し得るものだ。
> 但し、そう憲法によって定めることは日本国民の福利に著しく反する。
主権委譲は憲法学の通説である限界説に反するので無理。主権者として外国人に統合機能を求めるのは理論上は可能。
実際に英連邦はウエストミンスター憲章によって英国国王を象徴として統合機能を担う存在としている。
問題となるのは「日本国民の福利に著しく反する」かどうかよりも、現実の問題として外国人に統合機能が果たせるかどうかだ。

> 憲法第一条と憲法第三条、四条はそれぞれ憲法の独立した条規だよ。
意味が分かりにくいが、天皇条項のうち、1条と3・4条が個別の意味合いの条項であるというなら間違い。
1条を前提として3・4条に意味が備わる。1条で国民主権を謳っているから国事行為は国政無憲法であり、
責任を負うことが無いと解するのが正しい。

> 漢字伝来前の天皇も天皇
倭国の大王は天皇では無い。

583 :名無しさま:2013/02/23(土) 19:42:22.33 ID:dHaQquRi
>>582
> >>580
> 主権委譲は憲法学の通説である限界説に反するので無理。

単に元首を選定することは主権の譲渡を意味しない。

主権者として外国人に統合機能を求めるのは理論上は可能。
> 実際に英連邦はウエストミンスター憲章によって英国国王を象徴として統合機能を担う存在としている。
> 問題となるのは「日本国民の福利に著しく反する」かどうかよりも、現実の問題として外国人に統合機能が果たせるかどうかだ。

日本国民の福利に著しく反すれば機能しないことになるし、機能しないことは国民の福利に反する。


>
> > 憲法第一条と憲法第三条、四条はそれぞれ憲法の独立した条規だよ。
> 意味が分かりにくいが、天皇条項のうち、1条と3・4条が個別の意味合いの条項であるというなら間違い。
> 1条を前提として3・4条に意味が備わる。1条で国民主権を謳っているから国事行為は国政無憲法であり、

国政無憲法って何?

> 責任を負うことが無いと解するのが正しい。
>
三条、四条は天皇が日本国の象徴、日本国民統合の象徴であること、日本国民に主権が存することと無関係。


> > 漢字伝来前の天皇も天皇
> 倭国の大王は天皇では無い。

オホキミは大王とも天皇とも書く。

584 :名無しさま:2013/02/23(土) 22:01:41.54 ID:0bkIgFCt
>>583
> 単に元首を選定することは主権の譲渡を意味しない。
元首という概念は憲法学上意味の無いものであることは常識の範囲。

> 日本国民の福利に著しく反すれば機能しないことになるし、機能しないことは国民の福利に反する。
問題となるのは「日本国民の福利に著しく反する」かどうかよりも、現実の問題として外国人に統合機能が果たせるかどうか。
既にウエストミンスター憲章の実例を出している。

> 国政無憲法って何?
国政無献納の書き間違い。

> 三条、四条は天皇が日本国の象徴、日本国民統合の象徴であること、日本国民に主権が存することと無関係。
そんなアホな説明はどの憲法の教科書にも書いていません。

> オホキミは大王とも天皇とも書く。
書かないよ。古代史で著名な学者の熊谷公男「大王から天皇へ」を読んでごらん。

585 :名無しさま:2013/02/23(土) 22:59:50.85 ID:xYz9twiA
>>581
>高宗が天皇号を使用した時期(674年)よりも天武・持統説の方が時期(689年)としては後になる。両者の関係から
>高宗が用いることを知った天武・持統によって日本でも使用されたとする学説が有力。

高宗が「天皇」号を使用したのは、ほんの数年の一時期のみであり、以降支那で使用されたことはない。
つまり皇統の連続性が無いので、普遍的な極星を意味する「天皇」を使用したこと自体が間違いと言える。
その点、日本の「天皇」には「すめらぎ」という読み方があるように、古えよりの皇統の連続性を含んだ文脈で使用される面がある。
このことからも、唐から輸入したという論理は、少なくとも「制度」を語る上では成立しないのでは?

586 :名無しさま:2013/02/24(日) 09:55:47.94 ID:dU4+CmcT
>>585
> 以降支那で使用されたことはない。
そのことは既に>>569に書いている。「中国が皇帝から天皇号をやめても日本は天皇号を守り続けてきた」

> つまり皇統の連続性が無いので、普遍的な極星を意味する「天皇」を使用したこと自体が間違いと言える。
皇統の連続性と天皇号には関連性は無い。道教思想を篤く信じていた高宗が「宇宙の最高神」である「天皇」を
皇帝号として用いたものであり、同様に道教に傾倒していた天武も用いたというもの。
養老律令を定めた不比等も、律令では天皇号は「詔書に称する所」として唐令を手本としているが、
天皇号を用いる場合というのは国内に対して、天子号は祭祀を行う場合に用い、皇帝は対外的に用いるなど
使い分けをしていた。江戸末期の御触書では「天子様」という表現が用いられており、一般的な認識としては
明治政府が天皇号に統一するまでは天子号が通念とされていたことが分かる。

587 :名無しさま:2013/02/24(日) 10:34:26.62 ID:dU4+CmcT
>>584
> > 国政無憲法って何? 国政無献納の書き間違い。
又しても変換ミスしてしまった。これは「国政無権能」のこと。右派〜保守派の方々には言葉の持ち方に噛みつき、
「不敬だ」「馬鹿にしている」とった批判をよく見かけるが(自衛隊を「暴力装置」と発言した仙谷官房長官の例など)、
例えば「天皇機関説」というのは国家法人説から導き出された用語でありながら、当時の右派から執拗に攻撃された。
前述した「暴力装置」というのも、ウエーバーが用いた用語であり政治哲学分野では当たり前の表現なのに、
攻撃材料とされたという政治の現場の現実を考えると、戦前から何も学んでないという残念な気持ちになる。

当該用語の「国政無権能」という表現も憲法学では普通に使われているが、もしかしたら右派〜保守派の方々には
心地の良くない表現かも知れない。イメージとして「無能」であるかの印象を与えかねないからだ。
だが無論、この表現自体は天皇陛下に対して政治権能を持たないという意味でしか無く他意は無い。

588 :名無しさま:2013/02/24(日) 14:45:35.17 ID:gIbrJhYX
「国政無憲法」が「国政無献納」じゃなくてよかったよ。
戦後、言葉狩りを利権の温床にまで進化させた連中にそんな理屈を言って他意はないと済ますことが出来るのかね。
目を見張る効果があるところに戦後の保守や右翼も少しは学ぶべきかもしれないな。

ウェストミンスター憲章がなんだというんだね。外国人かどうかを言うなら当時のイギリス国王はドイツ系とデンマーク人の混血。家産国家であった歴史がない日本とはやはり国の成り立ちが違う。日本の場合、外国の血統の象徴を定めることは国民の福利に著しく反するだろう。
アイルランドについてうまくいかなかったのはアイルランド国民の福利に反したからだね。

憲法三条四条を象徴とされていることと関連付けることは論理的ではないよ。権能有るものや権能を持ち得ないものを象徴としても構わないのだからね。

>> オホキミは大王とも天皇とも書く。
>書かないよ。古代史で著名な学者の熊谷公男「大王から天皇へ」を読んでごらん。

まあこれを仮名で書いてみなよ
天皇乃 御命畏美 柔備尓之 家乎擇

589 :名無しさま:2013/02/24(日) 17:33:21.10 ID:gIbrJhYX
>>586
天子も天皇も推古朝くらいはいくだろうよ。
どちらもスメラミコトやスメミマミコトの漢字表記だがね。
皇子ミコと王オホキミ

590 :名無しさま:2013/02/25(月) 07:24:16.60 ID:DTc1OSAf
>>589
> 天子も天皇も推古朝くらいはいくだろうよ。
戦前には通説だった津田左右吉説は現在では信憑性が疑われており根拠にならないとされている。

591 :名無しさま:2013/02/25(月) 10:38:08.03 ID:YJm29PGD
>>590
その説だと天皇の皇子がミコで皇子の子の王がオホキミということについての説明とかが相当厳しいんだよね。また落ち着くところに落ち着くだろうよ。

天子については推古朝に遡ることについて異論はなかったと思うよ。

592 :名無しさま:2013/02/25(月) 16:25:25.23 ID:DTc1OSAf
皇子が大王の子に用いられるようになったのは日本書紀編纂以降のこと。
それ以前は特定の皇子という用い方はされておらず、大王候補という認識が確立したののもこの時期。
また、天子号は古くからあった中国王朝の皇帝の呼称であり、こちらも天皇号と同様に輸入されたもの。
単に輸入された時期が古かったため、天子号は天皇号よりも前に大王の呼称として使われた。

593 :名無しさま:2013/02/25(月) 17:21:54.51 ID:YJm29PGD
>>592
で、いつからミコの子をオホキミと言うようになったと言うのかね。

594 :名無しさま:2013/02/25(月) 17:36:26.69 ID:DTc1OSAf
>>593
自分で言い出したんだから責任を持って説明するのは君の方だよ。

595 :名無しさま:2013/02/25(月) 19:03:29.63 ID:YJm29PGD
>>594
答えられないなら推古朝くらいまでは遡るということでいいんだね。まあ、もっといきそうな感じもするけどね。

596 :名無しさま:2013/02/25(月) 21:32:05.54 ID:DTc1OSAf
>>595
>>584>>590
少しくらいはまともな学者の書いたものを読めよ。

597 :名無しさま:2013/02/26(火) 02:23:19.83 ID:8eHqBDJa
>>596
推古朝では天子をテンシと訓んでたとか言い出しそうだな。

598 :名無しさま:2013/02/26(火) 16:05:22.89 ID:J9mcg1ER
●道教と天皇大帝
中国には三皇五帝伝説がある。三皇とは天皇、地皇、人皇で、別説では伏羲、神農、黄帝という。
五帝とは少昊、リ頊、帝嚳、帝尭、帝舜で別説では伏羲、神農、黄帝、帝尭、帝舜という。
女媧を含めている場合もある。皇と帝は別系列の存在で、皇は神であり、帝は人王である。これを
統一して自らの称号としたのが、秦の始皇帝である。

天皇、地皇、人皇は神格化され、天皇大帝が地皇・人皇の上に立ち、太一神となる。
そして天の一点に居て、動かない北極星を神格化し、全天地を支配する存在に祭り上げて行った。

皇帝が天皇という称号を使用するのは、道教の隆盛と関係があり、六七四年(上元一)に唐の高宗と
則天武后が天皇・天后と称したのが最初である。
日本の大王の天皇への改称が、それ以前とは考えにくい。

●三種の神器 八咫の鏡、草薙の剱、八坂瓊之曲玉(匂玉)
まず神器という用語そのものが道教に由来する。

・八咫の鏡
鏡は、道教の至人または聖人の心とする思想による。六世紀の南朝の梁の陶弘景の著作に初出。
『古事記』では天孫降臨にさいし、天照大神が孫のニニギに対し、鏡を「もっぱら我が御魂として」
祭れと述べたという。これが八咫の鏡の由来。

・草薙の剱
剱もまた漢王朝で始祖である高祖劉邦の斬蛇剱の神話にまつわる皇帝の象徴とされていた。
天皇家の「草薙の剱」は、スサノオの斬蛇剱(ヤマタノオロチの体内より出現)であり、伊勢神宮を
介してヤマトタケルに授けられ、駿河の草薙で力を発揮し、最後に尾張の熱田神宮に奉納された。

・八坂瓊之曲玉
八坂瓊之曲玉も『日本書紀』の神武天皇紀に初めて登場する。
道教思想にもとづく鏡と剱の二種の神器に、儒教のシンボルである玉(璽)が加わって三種の神器と
なったともいい、今もって日本の天皇家の尊重するところであり、各地の神社の御神体にも多い。

599 :名無しさま:2013/02/26(火) 16:07:29.01 ID:J9mcg1ER
●記紀に見られる道教の影響
・八という数字
末広がりの八 八という数字は末広がりの吉数として、日本人が好む数字とされている。
記紀では大八洲、八百万の神々、八紘一宇(または八紘為宇)、八咫烏など八の字に因む言葉が
多数登場している。
三種の神器の一つでもある八咫の鏡は、「八頭、八葉形」つまり八角形。
御所の紫宸殿にある天皇の「高御座」が八角形。八角形の古墳や、難波宮の八角殿院の八角形礎石、
八角形の法隆寺夢殿など、大和国家と縁が深い。

八紘一宇 また「八紘一宇」は神武天皇の即位前年の詔令に「六合を兼ねて以て都を開き、八紘を
掩いて宇と為す」(『日本書紀』)とあることに由来している。「八紘」は世界を八角形として
把握することで、「八荒」ともいう(『淮南鴻烈』原道篇)。「六合」もまた世界を意味する
という(『南華真経』斉物論篇)。
「八紘一宇」は最高神である天皇大帝が、八紘=八荒の中心に天皇の高御座をおき、全宇宙を
統治するという理想を示したものである。宇宙というのも道教の観念。

天皇と真人
「天皇」の語の最初の確実な使用例は、『万葉集』にある柿本人麻呂の「清御原の宮に神ながら
太敷まして天皇の敷きます国」とされる。これは天武天皇の皇太子草壁皇子の死(六八九年)を
悼んだ歌。
六八六年死去した天武天皇の和風諡号は「瀛真人」。
道教の「天皇」の語とセットになっているのが「真人」である。道教で神仙が住むという海中の
神山の「瀛州」の最高の神仙を「真人」という。六八四年制定の「八色の姓」の最高位の「姓」は
「真人」。

600 :名無しさま:2013/02/26(火) 16:09:28.93 ID:J9mcg1ER
●道教と紫との関係
天皇の内裏にあって儀式を行う場所が紫宸殿である。紫色は古くは太一神の宮殿の尊貴な色であり、
皇帝の甘泉宮の祀壇・祭場をつつむ聖なる色であった。天上世界に住む天皇大帝の宮殿を「紫宮」と
されており、これはまた紫微宮、紫宸殿とも呼ばれている。「紫皇」「紫闕」の語もある。
とくに前述したように北魏が皇居を紫宮と称したのを、日本が真似たらしく、奈良時代中期に
光明皇后の皇后宮職を紫微中台とし、藤原仲麻呂がその長官(紫微内相)となって権勢を振るった
ことがある。

六〇三年に聖徳太子が定めたという冠位十二階は、徳仁礼信義智の六つを大小に分けて冠位とし、
それぞれ色を定めているが、最上位の徳には紫色が配されている。この六つのもとは天の五星を
五行(木火土金水)に配し、さらに人の五常(仁礼信義知)に関連させ(『漢書』天文志)、
その上に「徳」をおく。この徳は『論語』の「至徳」、『老子』の「上徳」、『荘子』の「至徳」を
ふまえ、五世紀頃成立した道教の教典『太霄琅書』が最上位としたものである。

●神社(神道)と道教との関係
天皇家の遠祖天照大神を祭る伊勢神宮は、『日本書紀』垂仁天皇紀に「この常世の浪の重波帰する国に
居らむと欲す」としたので、伊勢の地に移ったという。「常世の国とは神仙の秘区にして、俗の臻らむ
所に非ず」と説明されている。伊勢神宮の神体が鏡であることも含め、きわめて道教的である。
伊勢神宮という呼称は景行天皇紀にはじめて記されているが、実際には七世紀末に持統天皇の頃、
創建されたといわれている。

神道の源流 神宮神社が道教的であるとすれば、日本独特の宗教とされる神道も怪しくなる。

日本の神道の基本は祖霊信仰と自然崇拝(アニミズム)である。死者はミコトとなり、カミとなる。
この祖霊信仰はツングース族特有の信仰であるとも、西南中国の鬼道に由来するとも云われる。また
神道では山も海も木も草も神であるが、これがアニミズムである。きわめて原始的な宗教と云ってよい。

601 :名無しさま:2013/02/26(火) 18:47:44.07 ID:u+wBy2HJ
天皇要らない!

602 :名無しさま:2013/02/27(水) 20:47:29.17 ID:0QJWVpuJ
現天皇がなんの役にも立ってない以上
不要なのは確かだ

603 :名無しさま:2013/02/27(水) 22:08:26.46 ID:IPBW30Fa
必要も何も、天皇を国と国民統合の象徴としている国民が日本国民

604 :名無しさま:2013/02/28(木) 07:36:05.66 ID:UfRLRk5Y
天皇の役割である統合機能は頭の悪い抽象的認識の苦手な人、形而上学的な分野をよく分かってない人には理解不能なのだろうと思う。
そもそも「天皇が役に立ってないから不要」というのはどういう意味で書いているのか分からない。
統治機構上、象徴として統合機能を果たす存在としての天皇を不要と考えているのか(そうであれば天皇に変わる統合機能が必要となる)、
それとも国家制度以前に天皇の存在が社会的な意味で役割を果たしてないと考えているのか(具体的な論証がない)。

前者の場合、各種の世論調査結果による国民の認識、天皇制度廃止がこれまで政治上のアドホックなテーマになってこなかった事実から、
我々主権者は「象徴として統合機能を果たす存在としての天皇を不要」とは考えてない事実が導き出せる。
他方後者では、天皇と皇室の存在が様々な文化的分野や社会福祉分野で重要な役割を果たしている事実を見逃している。
例えば茶道や華道は後続の支援抜きには語れない文化的分野であるし、皇后陛下が中心となって行われている福祉分野に対する
支援活動は「役に立ってない」どころか、その役割の大きさによって支えられていると言っても過言ではあるまい。

605 :名無しさま:2013/02/28(木) 08:12:02.29 ID:YxW4kjFR
天皇制は維持費ばかり掛かって益少ない無用の制度。
基地害とバカが支える天皇制。人気取りの顔見世興行はウザイ。

606 :名無しさま:2013/02/28(木) 08:35:12.76 ID:UfRLRk5Y
個人的に無用の制度だといくら書き込んでも国会議員の2/3以上、国民の過半数が同様に考えてなければ存続する。

607 :名無しさま:2013/02/28(木) 08:36:12.74 ID:CgIZyScd
>●三種の神器 八咫の鏡、草薙の剱、八坂瓊之曲玉(匂玉)

八咫の鏡・・・女性が体裁を整えるのに使われた道具、現在九州地方の某神社に纏われている
剣、匂玉・・・誰が所有していたのかが不明 ニニギの所有なら剣はボロボロに錆びている

伊勢神宮・・・格式は不明 元になった神社も不明 天皇家が自称しているだけで確証は無い

昭和天皇の人間宣言まで天皇は神だったとして、いつ頃から神だったのでしょうか?・・・明治天皇から
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1060541350
睦仁、嘉仁、裕仁が人間神ならば、明仁、徳仁、悠仁、愛子も自動的に神になりますが、
誰も神のチカラを使用していません
自ら宣言するのであれば、使用出来て当たり前ですが、カルト宗教のように語る理由はどうしてなのでしょう?

608 :名無しさま:2013/02/28(木) 08:59:25.28 ID:UfRLRk5Y
>>607
> 昭和天皇の人間宣言まで天皇は神だったとして、いつ頃から神だったのでしょうか?
まず、大きな間違いとして指摘するならば、昭和天皇はいわゆる「人間宣言」はしていない。
人間宣言という表現は「新日本建設に関する詔書」に対して当時のメディアが報じた際に用いた表現であり、
天皇の神性を否定しているのでは無く、天皇と国民との紐帯を相互の信頼と敬愛に求め、天皇を現人神として
民族的優位性や世界を支配するという発想は架空の観念であると看過したというのが当該勅書の内容。

天皇を神性なる存在とした画期は天武期であるとする説が有力(当然だが学問的な意味で)。
前述した柿本人麻呂の歌にある様に、皇子から天皇に即位した天武のカリスマ性をたたえ、
天皇を単なる支配者ではなく神性を帯びた存在として認識された。
また、天皇号が律令に定められるまでは、天皇とは天武に対する固有の尊称として使われており、
当時の人々にとって天皇といえば天武を指す言葉であった。

>睦仁、嘉仁、裕仁が人間神ならば、明仁、徳仁、悠仁、愛子も自動的に神になりますが
ならない。天皇神は大嘗祭によって神性を授かり、正統な継承者とされており、
たとえ皇族といえどもその神性を身に付けられないからだ。大嘗祭以前では皇太子であろうとも人間であり、
あくまでも天皇(現人神)の候補でしかない。

609 :名無しさま:2013/02/28(木) 11:42:05.66 ID:UfRLRk5Y
>>607
> ニニギの所有なら剣はボロボロに錆びている
一応、この間違いも指摘しておこう。草薙の剱の伝承はニニギ由来では無く、スサノウが八岐大蛇を退治した際、
その尾から出てきたとされている。神話であるから当然に伝承が事実であるかどうかは余り意味を持たない。

610 :名無しさま:2013/02/28(木) 17:07:18.23 ID:CgIZyScd
>>608
>人間宣言という表現は「新日本建設に関する詔書」に対して当時のメディアが報じた際に用いた表現であり
今と違い、当時メディアは依頼されて行っている
論点が既に破綻している事に気づけよ

>ならない。天皇神は大嘗祭によって神性を授かり、正統な継承者とされており、
残念ながら、裕仁(昭和天皇)が自らニセ皇族(ニセ天皇)である事を歴史に記した、これを覆すのは至難
また、彼らは不正に皇位を継承しているのに過ぎず、退位するのが本望だ

>>609
>草薙の剱の伝承はニニギ由来では無く、スサノウが八岐大蛇を退治した際
話の創り方が妄想でしかない
ニニギは存在していた人物、しかも二千二百年前に実在している
天皇家を名乗る輩は、日本史すら理解していない不貞な輩でしかない
鏡は認めたんだね

天皇記も知らない成り済まし皇族は死んで償え

611 :名無しさま:2013/02/28(木) 17:10:47.28 ID:UfRLRk5Y
>>610
> 当時メディアは依頼されて行っている
日本語でおk?

> 残念ながら、裕仁(昭和天皇)が自らニセ皇族(ニセ天皇)である事を歴史に記した
日本語でおk?

> ニニギは存在していた人物、しかも二千二百年前に実在している
日本語でおk?

612 :名無しさま:2013/02/28(木) 19:41:40.35 ID:CgIZyScd
>>611
おめー性格悪りーなw

613 :名無しさま:2013/02/28(木) 19:47:06.09 ID:CgIZyScd
>>611
 
ニセ皇族、ニセ天皇家と ID:UfRLRk5Y は認めた
 

614 :名無しさま:2013/03/02(土) 01:43:18.31 ID:Rzp0K0AD
天皇家の男子にしかない染色体が本当に存在するのかをまず立証してほしい。
土葬だから、遺体からDNAを採取して、万世一系の証明もぜひ。

615 :名無しさま:2013/03/02(土) 10:04:29.99 ID:DJoEg4MN
>>614
天皇家の男子に”しかない”、とはいえない。
源氏とか平家とかはもちろんのこと。
ナイショで作った男系子孫でももっている。
それから、初代天皇の兄弟ほか、男系系統の子孫にもある。

ここでいう初代天皇は「神武天皇」を意味しない。
崇神天皇や応神天皇でもないだろう。
せいぜい、継体天皇がいいところか。

つまり、ヤマトのオオキミは、必ずしも現在の日本の皇室の
男系先祖ではない可能性がある。
したがって、宮内庁は、不当に陵墓を占拠している。

616 :名無しさま:2013/03/02(土) 23:33:43.23 ID:Rzp0K0AD
>天皇家の男子に”しかない”、とはいえない。
男系死守派の論拠が”しかない”。
ホモサピエンスのモンゴロイドの日本民族の、天皇家の男子固有の遺伝子が存在するのなら
遺伝子学的見地から、検証をして世界の遺伝学会に発表してもらいた。

617 :名無しさま:2013/03/04(月) 05:20:23.83 ID:t6taDklj
http://www.google.co.jp/search?q=%8Dc%91%BE%8Eq%88%CA%82%F0%8FH%8E%C2%8B%7B%97l%82%C9

かの国の法則もなんのその、一体何ゆえの暗黒パワー?
皇室に暗い影を落とす「あの人」の存在、そのダークパワーの源を探る。
なお、最近は皇太子一人公務でもダークパワーを発揮してるのが気になるところ。

詳細は、
     _______                     __
    // ̄~`i ゝ                    `l |
    / /        ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
   | |     ___ // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
   \ヽ、   |l | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
      `、二===-'  ` ===' '  ` ===' '  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                         ヽヽ___//   日本
         ______________  __
         |皇太子夫妻にまつわる怖い話  .| |検索|←をクリック!!
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
http://www.google.co.jp/search?q=%8Dc%91%BE%8Eq%95v%8D%C8%82%C9%82%DC%82%C2%82%ED%82%E9%95%7C%82%A2%98b

618 :名無しさま:2013/04/07(日) 00:14:52.71 ID:db8Ljter
沖縄を狙っている中国は本土と分断させるために琉球独立を煽る。
琉球王国は中国文化の影響が強く中華文明圏であることを根拠に
侵略を正当化してくるだろう。
中国が次に狙うのは本土だ。日本も中華文明圏である事を根拠に
侵略の正当性をこじつけてくる。
事実日本文化のほとんどは大陸由来。
しかし天皇の存在は日本が中華文明圏で無い事を示している。
古来より他国に飲み込まれることなく日本が存在出来た事は奇跡である。
もしGHQによって天皇を消されていたらチベットとまでは言わなくても
台湾のような微妙な存在になっていただろう。

619 :名無しさま:2013/04/11(木) 16:03:54.07 ID:zQmniBOB
日本人の自我をシッカリ自立させない、思考停止にするためにある。

620 :名無しさま:2013/04/12(金) 08:14:31.26 ID:nrrUp4vd
言ってみれば、となりの佐藤家と天皇家の違いがわからないのよね

621 :名無しさま:2013/04/12(金) 18:01:37.46 ID:L6pDZbVt
皇室であって家じゃないよ。

622 :名無しさま:2013/05/04(土) 14:00:06.76 ID:jyeDJaUg
必要さがわからない
伝統ぐらいしか

623 :名無しさま:2013/05/04(土) 14:02:30.09 ID:jyeDJaUg
戦争責任者の子孫が日本国の象徴?

624 :名無しさま:2013/05/04(土) 14:11:49.88 ID:5uExsceM
戦争責任者の子孫が今度は平和の使者面?

625 :名無しさま:2013/05/04(土) 16:56:09.03 ID:y4HbjGdV
ドーナツの穴がどうして必要なのか分からないからドーナツの穴を無くそうなどとワメくのはキチガイ各自の勝手だし、

穴が空いてるドーナツは金輪際食べないという方針で生きて行くのもキチガイ各自の勝手だよ

ただし、穴あきドーナツを作りたい人や食べたがってる人たちを力ずくで邪魔し始めたら鉄格子付きの部屋から出られなくだけだ

626 :名無しさま:2013/05/04(土) 16:57:33.63 ID:adI6M5wW
戦争責任者とか
アメ公が勝手に貼り付けた
汚名に縋り付く売国奴

627 :名無しさま:2013/05/04(土) 17:04:43.00 ID:y4HbjGdV
天皇が果たして戦争を主催する責任者なのかどーかという机上の空論に大して深い意味があるとも思わないが、

責任者なら責任者でも全く問題ないだろうよ

人類史上空前絶後の規模で繰り広げられた大戦争の主催者が天皇だったのであれば、天皇が太陽系文明の責任者としての地位に登り詰めて最初に着手した事業が第二次世界大戦だったというだけの話だよ

628 :名無しさま:2013/05/05(日) 02:36:27.90 ID:np2YSLtY
百姓あい 昭 らし、万邦 和 して、昭和天皇は崩御された。

629 :名無しさま:2013/05/05(日) 03:54:01.57 ID:/JU586zb
存在した方が国民にとって都合が良いのか悪いのか?自分にはまだ結論出てない。
ただ外交上で日本の天王星は一目おかれて役立ってる面を見ると、余裕があるのら続けたほうが、、、
とは思う。
可能なら本人達はどう思っているか本音を聞いてみたいもんだ。

630 :名無しさま:2013/05/05(日) 08:24:39.13 ID:/z7W8Uz5
大室天皇

631 :名無しさま:2013/05/05(日) 08:43:17.91 ID:fO9Im7JY
>>629 余裕があるのら続けたほうが、、、

余裕はない。もし続けたいなら、税金ではなく続けたいと思う者たちの寄付で維持すべき。

632 :名無しさま:2013/05/05(日) 17:59:38.56 ID:/JU586zb
>>631
自分も余裕あるのか?とは思うが、海外からの留学生への厚遇や公務員や天下り団体の厚遇
そして在日外国人への厚遇などを目の当たりにすると、削るべき順序としてはまだじゃなかろうか。

633 :名無しさま:2013/05/06(月) 00:25:40.33 ID:nbiVBJ0A
>>632
参考>>255

634 :名無しさま:2013/05/08(水) 21:36:11.62 ID:uW+p8m4I
外交上で日本の天王星は一目おかれて役立ってる
という都市伝説を信じ込んでいるアホがまだ存在してるのか

この現政府が推している元首候補が日本に利益をもたらした具体例をひとつ挙げてくれよ
天皇狂いの歴史ヲタにもこの具体例は答えられなかったが

635 :卍3286卍ss:2013/05/09(木) 21:15:36.82 ID:jjcxiYwt
>>1 日本國民の自由のタメ 必要!。m

636 :名無しさま:2013/05/09(木) 22:51:16.89 ID:EidD6HqR
この国には天皇を批判する自由がないやないけ

それより天皇の外交によって日本国が莫大な利益を得た具体例を挙げてくれよ

637 :卍3286卍ss:2013/05/10(金) 03:10:05.10 ID:s/UBTwaS
>>636 ちゃんと日本の現状 理解してますか?。。チョイ前の 日本オールスターで 華麗に世界から集金しましたヨ!。m

638 :名無しさま:2013/05/10(金) 09:25:37.04 ID:d36/44S4
うるさいバカ犬と目障りな皇賊は存在自体が迷惑。

639 :名無しさま:2013/05/10(金) 15:39:45.68 ID:zcajiPF7
日本人は電波で繋がっていなければならばい。
心と心が繋がって結界を張るんだ。
そして結界の中心には、天皇陛下がいらっしゃる。

こういうこと?

640 :名無しさま:2013/05/10(金) 20:32:52.33 ID:hT3Pmuab
迷信迷信、幻想、おたぶらかし。

641 :名無しさま:2013/05/11(土) 09:19:39.85 ID:s4G4yXD9
父の父と父系を辿ると人皇初代神武天皇に行き着く系譜を持つ、日本の血統の天皇を国と国民統合の象徴とする人々の国。

642 :名無しさま:2013/05/11(土) 09:44:29.38 ID:ju9xaYJ7
天皇の祖先は、朝鮮からやってきた、かっぱらいです。
それを、昔からの正統な主権者のように見せかける為に作ったのが「古事記」「日本書紀」
の捏造の歴史書です。
天皇を敬愛すると言うのは、かっぱらい、ごろつきの子孫を敬愛すると言うことです。

643 :名無しさま:2013/05/11(土) 11:17:06.41 ID:s4G4yXD9
古代の一時期、任那に日本の官家が置かれ、新羅百済が王子を人質に出して服属していただけです。

日本は天皇を国と国民統合の象徴とする人々の国です。

644 :名無しさま:2013/05/11(土) 11:56:21.59 ID:b9QesVYh
皇室と一般国民を区別するのは、一種のレイシズムでしょ

645 :名無しさま:2013/05/11(土) 16:17:29.16 ID:ju9xaYJ7
天皇は元祖暴力団天皇組の組長。

646 :名無しさま:2013/05/12(日) 18:53:58.37 ID:1yrvuZNk
信者には
天皇が外交によって日本国が莫大な利益を得た具体例を挙げられないようだから
代わりに俺が天皇の外交上の使い途を答えてやろうw

前大統領の要求どおり天皇が土下座して謝罪すればとりあえず一定期間は半島南の半日感情はおさえられ
スムーズな貿易が出来る


ただし一定期間を過ぎると次なる要求が来る

647 :名無しさま:2013/05/13(月) 02:20:48.68 ID:PDdvKr2e
日本国と日本国民統合の土下座など有り得ん。
竹島侵略を提訴すればそれでいい。

648 :名無しさま:2013/05/13(月) 03:43:16.33 ID:Ibigf4Ge
>>646
スレチだけど、半島南は反日でいてくれていいよ。
あのような人達が親日になってもそれ以外の国の人から白い目で見られてしまうよ。
当然スムーズな貿易などいらない。
緩やかな国交断絶が望ましい。

649 :名無しさま:2013/05/13(月) 20:45:16.33 ID:14JV8MiZ
つまり日本の低レベルなネット情報を鵜呑みにしてる嫌韓厨は
天皇は外交には全く使い途がない いや外交能力がないといいたいのかな?

それより低レベルなネット情報を鵜呑みにしないで第3国の評価を調べてみな
日本も韓国も第3国からの評価は大して変わりゃしねえから

650 :名無しさま:2013/05/13(月) 20:52:36.64 ID:6URErP7z
国民統合とは琉球民族やアイヌ民族をも、
日本国民として統合する、その為の象徴?


皇族と一般の日本国民を区別するのは、一種のレイシズムでしょ

651 :名無しさま:2013/05/13(月) 22:10:47.08 ID:PDdvKr2e
ポツダム宣言は、カイロ宣言によって朝鮮人、台湾人を除外した上で、レイスとしての日本人の奴隷化を否定し一つの国民として存続するとしている。沖縄、アイヌは除外されていない。
レイスであり一つの国民である日本人の国民統合の象徴と考えるべきだろう。

652 :卍3286卍ss:2013/05/16(木) 06:22:06.81 ID:NSvsNCDe
高校生のトキから。フェリーで渡り。バイクで 沙流川沿い走り。アイヌ集落ヨッタリ。足寄ヌケテ。
阿寒湖行ってた。。道東もヨク 走った。。国後島も出来るだけ 近くっぽい 野付半島で観て想った。。
沖縄は 返還時かな?。当時から ズット記念硬貨モッテル。ナカナカ行けなかったが。家族で一度行けた。
チャント観て。。想い。。刻んだ。。m

653 :名無しさま:2013/05/18(土) 18:33:14.51 ID:KGetB0v1
【論理力テスト】次の文章は正しいようで実は論理的に間違っています。どこがどうおかしいか貴方は説明できますか→「何度学校を変わってもいじめられるのは、いじめられる側に原因がある証拠だ」…答えは「感情自己責任論」で検索

654 :国防委員会:2013/05/18(土) 20:56:17.73 ID:TrRM5Ula
天皇は日本人の宝  1億総国民が犠牲になっても
守らなければならない日本民族文化の最後の砦。

655 :名無しさま:2013/05/18(土) 22:19:49.86 ID:RUZAYYRo
>>654
>1億総国民が犠牲になっても守らなければならない

国民統合の役割を担っているのは判るが、
生物的に守らなければならなく感じるのは、

天皇系の、いわば支配者の血筋というよりも、
日本人の遺伝子解析が進んで、
日本人の遺伝子から中心的な家系が判明した時に
その家系に対して持つべきじゃね?

種族保存の法則として。

656 :名無しさま:2013/05/19(日) 08:03:43.95 ID:YeUydx2i
ゴミ屋敷の住人はゴミが宝に見える。

657 :名無しさま:2013/05/20(月) 11:10:49.96 ID:vaa7ux+d
保導連盟事件や耽羅独立運動弾圧の虐殺マニア初代大統領以来、全ての大統領がゴミ。

658 :名無しさま:2013/05/20(月) 22:46:25.86 ID:TCickqwr
天皇は日本人の宝  1億総国民が犠牲になっても
守らなければならない

とか思うのは勝手だが
そんな新興邪教の謳い文句みたいなもん他人に押しつけるな

659 :名無しさま:2013/05/21(火) 16:21:23.50 ID:hh+kzjrZ
一応、古代以来、日本の民は天皇の大御宝として尊重されることになっている。民が国家第一の宝とされる理念の源としての天皇は日本人の宝と言えなくもない。

660 :名無しさま:2013/05/21(火) 19:55:13.43 ID:eBebuS5c
日本 「このまま日本人は一億総玉砕で、戦う準備がある。
    日本本土に上陸しても、ゲリラ戦で徹底的に争うから
    米軍の上陸部隊も無傷というわけにはいかんぞ。

    そこで「取り引き」だが、天皇陛下が玉音放送で終戦を呼びかければ、
    国民は耐えがたきを耐え、偲びがたきを偲ぶことだろう。

    天皇制を残す方が得だとは思わんか?」

米国 「わかった、考えておこう。
    もし玉音放送で国民を大人しくできるのなら、
    褒美をやらんとな」

          ↓
        象徴天皇制


こういう例は、別に悪いことではない。
もし北朝鮮の金正恩が就任当時、平和的に国家を解放できたなら、
アメリカは象徴性の適応に前向きに考えたであろう。

また、天皇が象徴性を永続的に行なっていることは、
他の閉ざされた国の元首にとっても、信頼できる「取り引き」例であり魅力である。

661 :名無しさま:2013/05/21(火) 20:21:21.52 ID:eKM3H0j+
つまり、りんごを手から放せば
地面に落ちるということですよ

662 :名無しさま:2013/05/21(火) 20:46:51.65 ID:OcKES1tW
「安倍の祖父の岸信介は、戦前は原爆開発、戦後も原子力政策に関与してした。
親父の安倍晋太郎は、ロシア日本カレッジという研究機関の設立に出資し、
この機関はオウム真理教によって運営されていた。安倍晋三は神戸製鋼に勤めた時期があるが、
この時の同僚の一人が村井秀夫(後のオウム真理教幹部にして、暗殺された男)である。」 

オウム真理教の「宗教法人申請」を東京都は拒否し続けていました。
それに圧力を掛けて強引に認可させたのが、時の運輸大臣だった「石原慎太郎」です。
地下鉄サリン事件が起こると、自分への繋がりがバレる前に石原慎太郎は突如国会議員を辞めます。
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=46952#more-46952

安倍の実兄は三菱商事、本体の三菱重工は、日本を代表する軍需産業である。
日本が戦争をしなくても、暴利をむさぼっている軍需財閥で知られる。
三菱は安倍の祖父・岸信介の力を利用して、戦前はいうまでもなく、
戦後も米戦闘機や戦車のライセンス生産をして、戦前を上回る武器生産メーカーに成長した。
防衛予算のほとんどを懐に入れている、と見られている。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52032515.html

なぜ石油があったか考えてみたことありますか、これはですね戦争のときに、
アメリカは日本には石油を売らないと、ところがパナマ国籍の船ならば、
石油を積んでいって日本に売っても、自分達は攻撃できないというような理屈で、
日本に石油を間接的に売るわけです、本当の話です、でこれに三菱が作った昭和通商という会社が、
それを引き受けるわけです、で昭和通商と三菱は同じですけど、そこでまずいので、
日本水産という会社が代行するわけです、魚を運ぶということではなくて、
魚の代わりに石油をパナマ国籍からもらって、持って帰るので戦争は長引くわけです。
太平洋でいっぱい戦争しました、あれはアメリカの石油をもらって、
アメリカの石油を使った軍隊と戦争ゴッコをやったっちゅーことですよ。
そしてある時になってもう石油をやらないという時に、天皇は気がつく。
ああ遂に終わりがきたかと、これが真相なんですよ。http://www.youtube.com/watch?v=eugXzHoKnes

当然、処刑されるべきだったと思います。最高責任者ですから。
軍部が暴走して勝手にやったという言い逃れを側近に考えさせて
マッカーサーに吹き込んだのでしょう。命乞いされてもマッカーサーは、
責任を取らせて処刑すべきだったと思います。責任を取らせられなくて残念です。

自分の意のままにならない陸海空の大将の首を挿げ替えたのは天皇ですので
軍部が言うことを聞かなかったという言い逃れはウソでしょう。
全財産の放棄と処刑されても構わない云々は、美談仕立てですが、
それで最高責任者の処刑が免除になるのは、不自然です。何か取引があるでしょう
https://twitter.com/Fibrodysplasia

663 :名無しさま:2013/05/21(火) 22:08:17.59 ID:VaCg4b4J
某国の王のように天然ガスの輸出益で庶民に恩恵を与えてりゃ

総国民が犠牲になっても
守らなければならない

という気にもなるが
信者以外の国民にも養って貰ってる身の天皇の身代りに生贄なんて御免だわな

664 :名無しさま:2013/05/21(火) 22:39:30.48 ID:hh+kzjrZ
気になるなら、その某国に引っ越して、そこの庶民にしてもらえるよう御願いすればいいのに。

665 :名無しさま:2013/05/22(水) 21:31:26.18 ID:xeiFnHYq
2つ上のカキコミをどこをどう読んだら某国が気になると感じるだろうね

こんな単細胞だから

赤の他人を1億総国民が犠牲になっても
守らなければならない

とか簡単に洗脳されてしまうんだろうな

おまえら信者だけじゃ養えないから非信者の資金も頼ってるんだろ

666 :名無しさま:2013/05/24(金) 18:58:55.85 ID:mLcQzs0U
在日の生活保護は韓国に払わすようにして皇室と日本人にもう少し手厚くすればいいと思う。
竹島のことや白樺の天然ガス泥棒を許しちゃいけないね。

667 :名無しさま:2013/05/25(土) 07:58:44.33 ID:xZUap11C
【皇室】天皇陛下「久しぶりにヒキガエルを見た」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369310551/

668 :名無しさま:2013/05/25(土) 09:39:16.32 ID:J2oBfqF1
天皇陛下「久しぶりに鏡見たらヒキガエルを見た」

669 :名無しさま:2013/05/27(月) 06:04:49.99 ID:I04+B1hM
【沖縄】橋下氏「米軍に『もっと日本の風俗業を活用しろ』と言ったら米司令官が凍りついていた」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368461933/

【慰安婦問題】 橋下氏 「沖縄の占領中に、(米兵が)沖縄の女性を性のはけ口として活用したのは事実だ」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368797509/

【維新】橋下徹市長「批判する人は風俗業を知らないだろうな」 在日米軍に風俗活用を推奨★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368525223/

【国際】米軍は風俗使えとの橋下氏提案に米国防総省「ばかげている」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368490825/

670 :名無しさま:2013/05/27(月) 07:58:26.08 ID:I04+B1hM
【慰安婦問題】 橋下氏、批判にツイッターで反論 「米国は日本占領期に日本人女性を活用した。反省するべきだ」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368759529/
> 橋下氏は「確かに日本がやったことは悪い。戦場での性の対応策として、女性を活用するのは言語道断だ」とした上で
> 米、英両国、フランス、ドイツも「現地の女性を活用していた」と主張。
>
> 「日本だけを特別に非難するのはアンフェア。米国はフェアを重んじる国だ」「米国をはじめ世界各国も反省するべきだ」とも書き込んだ。

【国際】米兵、仏女性を性的はけ口に=レイプも多発−第2次世界大戦中の欧州★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369587301/

671 :名無しさま:2013/05/28(火) 13:20:14.07 ID:itLILhnw
自民議員がへっぽこ過ぎてまたハシゲ無双じゃんw
反論できなくて「自民党の票で当選した」と人格攻撃に走るみっともない自民議員www

「慰安婦発言」で波紋...渦中の橋下氏生出演 新報道2001 2013年5月26日(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=Sc7zlT2CsRo&list=PLB85BFE07595E6BB7

【政治】自民の歴史認識「二枚舌」=橋下氏★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369706755/

「国際社会には村山談話、河野談話を継承すると言い、国内向けには自虐史観は駄目、
(従軍慰安婦の)強制連行はなかったと言っている。二枚舌だ」と批判した。
また、「自民党の中には河野談話の見直しを声高に叫ぶ人がいっぱいいたのに、
今、問題になるとだんまりを決め込んでいる」と語った。 

672 :名無しさま:2013/05/29(水) 16:16:45.58 ID:e/OSleTk
【政治】安倍首相、ヘイトスピーチへの懸念を表明…「ヘイトスピーチが増えている」参院予算委員会、民主党・鈴木議員の質問に対し
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367917380/
安倍首相、ネトウヨ・在特会デモを強く批判 「ある国・民族に対しヘイトスピーチする奴らは日本の恥だ」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1367908719/

【政治】 安倍首相「わが国はかつて、アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた。痛切な反省が原点」 村山談話継承アピール★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369488170/

673 :名無しさま:2013/06/02(日) 10:30:46.16 ID:S8c8h94W
国民統合というのが、意味不明だ。

個人主義に向かうなら、国民が1人ひとりバラバラなのが望ましい。
群れて巨大な一団となるのは、「鰯」の様な弱者である。

それとも、個人主義を謳歌できない劣った土人が多いのか?
個人主義でも国民が繋がっていられることを学んでほしい。

674 :名無しさま:2013/06/02(日) 11:00:13.56 ID:s5d0lZrT
戦犯天皇

675 :名無しさま:2013/06/02(日) 12:53:05.16 ID:A7OFoGhz
A級戦犯(永久戦犯)天皇

676 :名無しさま:2013/06/02(日) 13:02:34.52 ID:h7eMx4xF
いつ国に戻って大統領閣下に忠誠を尽くし、閣下を中心に統合された国民として団結し、祖国に命を捧げるべきか。

今でしょ。

677 :名無しさま:2013/06/04(火) 00:20:45.88 ID:qAVR/qhL
>>1
答え:自民党が売国するのに、都合がいいから。


解説
自民政権は、TOEFLの大学義務化と小学校の英語必修を、
かねてから英語教育の強化を望んでいたアメリカに、政治上の密約取引のカードとして
切ってきた。

昔なら、植民地化だ・属国だ・日本語が廃止される、等々の危機感を訴える声も
多かったが、今は中韓に恐れおののく日本国民を良い事に、アメリカは漁夫の利を得る
格好のチャンスでもある。

それに協力的な自民政権は、
天皇の国家元首を謳う憲法改定案や、議員の靖国参拝などで、
国民には「日本の歴史を重んじてくれている・売国などする筈がない」と、
錯覚を起こさせるのが目的だ。

678 :名無しさま:2013/06/04(火) 01:45:54.41 ID:MZzu/yeD
こういう議論がしたいなら、
まず初級テキストとして福沢諭吉の『尊王論』『帝室論』くらいは読んでおくべき。

その上で自分は福沢諭吉の考えのどの部分にどう反対なのかを明確にし、問題提起をすべき。

679 :名無しさま:2013/06/04(火) 05:06:48.06 ID:qAVR/qhL
意見を述べるなら、自分の言葉で語れ。
丸投げはイカン。

680 :名無しさま:2013/06/04(火) 20:37:58.50 ID:MPR8+hbY
大昔の古臭い人間の書物をテキストにしてもなにも得るものはないわな

681 :名無しさま:2013/06/05(水) 09:55:18.39 ID:bDzKZuyg
まあ、全く無意味だと思わないが参考程度にはなるかもよ。
でも1世紀以上も前の人が書いた内容が現代に通用するかっていえば、
当時としては先進的だったと言う程度。今じゃ通用しない。

682 :名無しさま:2013/06/05(水) 16:05:11.65 ID:Km0e9aLL
天皇制を肯定している人の本なんて、わざわざ読む必要はないわな。
反対意見ならともかく。

683 :名無しさま:2013/06/05(水) 21:29:53.47 ID:tqj+QOV3
考え方が非科学的。
百年前だろうと千年前だろうと人間が考えることに大差は無い。

684 :名無しさま:2013/06/06(木) 00:07:01.74 ID:8GqB+a98
ここの人たちは
『なぜ天皇は必要なのか、論理的な理由を』知りたいんじゃないのかい?

福沢諭吉ってのはまあなかなか面白い人物だよ。
「ぶっちゃけ何でこんな本を書かなきゃいかんのか自分でもわからん。
でも、将来的に『皇室の功用を理論的に説明してくれ』って言い出す奴が必ず出てくると思うんだよな。
だから先に理論的に説明してやらあ」
って言って書いたのが『尊王論』ってやつだよ。

福沢諭吉はあくまで理屈屋の意地で中立的な観点から大衆向けに尊王論を説明したのであって、
時には過激な尊皇派を戒めたりもしている。
そのため当時の右翼から批判されたりしたんだ。
それにも怯まず真っ直ぐ真ん中から日本を案じていたんだよね。実に面白い男。

現代の喧しいネットの荒くれ同士で青っぽくて無知な議論を延々と続けるのもいいけど、
いずれはこういう先人を議論の友とし、その書に反論を試みるべきだろう。

685 :名無しさま:2013/06/06(木) 00:09:25.49 ID:8GqB+a98
福沢諭吉の言葉を一部要約。

「政権が多数主義で決まるものとしたならば、その多数主義を根拠としてとことん『決める政治』をやるべきなのに、
どういうわけか日本って『決められない政治』だよね。民間の世界でも似たようなことが起きている。
なぜ日本ではこういうことになっているのだろう。」

というようなことを明治の頃にすでに考えていたんだよ。
彼は、

「西洋のような多数主義を取り入れたのなら、本来はその多数なるものを神聖視し、神と崇め、一も二もなく服従すべきだ。
しかし日本人はどうもそこまで『多数』とやらを神と崇めきれてない感じだよね。
まあそらそうよ。西洋人は数百年単位の歴史をかけてそういう多数信仰を築いてきたんだ。
そういう歴史背景すっ飛ばして急に制度だけ導入したって中々彼らと同じ信仰は持てんよ」

というように分析している。
これ、実は『尊王論』の一節なんだ。
まさかそんな書でその辺の話をされるとは思わなかったから、興味深く読んだなあ。

686 :名無しさま:2013/06/06(木) 08:39:38.27 ID:QY3Ym2C+
諭吉は金を儲けることが好きで、いつでも、そういうことをする男さ。(勝海舟)

687 :名無しさま:2013/06/06(木) 12:38:09.77 ID:j7Dw7mP6
ネトウヨ怒りの感情論

688 :pcog:2013/06/07(金) 12:12:07.43 ID:QDxCKCkA
日本に於ける君主制廃止つまり天皇制廃止の必要性を要約すると次のとおり。
1.人は生まれながらにして、その身分には上下があることを肯定することは、民主主義の理念に反することになり、人権差別の元凶となる。
2. 天皇制を温存していると、天皇は権力者の傀儡として利用されて、思想統一の道具とされる。
3.特定宗教である神道の祭主である天皇が、日本国の象徴であり国民統合の象徴とされるのは、日本国憲法が定める政教分離の原則に反する。
4.宮内庁関係予算、毎年約190億円は、税金の無駄使いである。
5.21世紀に於ける天皇制は、天皇・皇族の人権〈自由権)の侵害を醸成する。

http://www12.bb-west.ne.jp/matuoka/

689 :名無しさま:2013/06/07(金) 21:55:41.37 ID:ShAV3f8M
>>688
>1.国民は、2600年125代にわたり父系により継承されてきた世界最古の皇統と引き比べることにより、他の古い血統を根拠とするあらゆる特権の主張を陳腐なものと見做し相対化することができる。

あらゆる差別を徹底して廃除すれば、貧富の差を唯一絶対の尺度とする強固な階級社会が出来上がる。

古代の民主主義も近代民主主義もこうした身分制、奴隷制、人種差別を前提として発展したものである。

主権は天皇を国と国民の象徴とする人々に存する。

人種民族としての日本人が一つの国民として独自の国家を形成し存続することはポツダム宣言においても認められている。

> 2.
権力者が自ら最高位について南北それぞれに思想統一をし、悲惨な事態を齎したのが南北朝鮮の現代史である。
南北朝鮮の分断とその継続は南北で思想が不統一であることによるものである。
戦後日本においては思想はほぼ統一されており、これが沖縄復帰を齎した主たる原因である。

> 3.国民的習俗、宗教観を政府が尊重擁護することは民主主義以前の問題として国民の享受する国政の福利として欠かせないものであり、民主主義の前提となるものである。

> 4.憲法を遵守し国と国民統合の象徴を維持するための支出は国民の福利に資するものであって額としては少ない。
憲法が、国政の福利を享受するのは国民であることは人類普遍の原理としているのに反し、非国民に支給される生活保護1200億円である。

> 5.生まれながらの皇太子、皇太孫であっても、皇室会議の議により一般の親王とした上で、皇室会議の議により皇籍から離脱させることはできる。
本人の意思を尊重し制度を積極的に運用できるよう、
必要があれば、皇室会議の議と本人の意思とに基き、皇統に属する男系の適切な男子を王とし、皇室外から皇室に繰り入れる開かれた皇室とすることが望ましい。

690 :名無しさま:2013/06/07(金) 22:40:17.13 ID:HRl9pXHx
>>688
1.天皇は内閣総理大臣や最高裁長官と同じく憲法上要請されている存在であって、いわゆる身分制の一種ではない。
2.天皇の行為はそもそも内閣の助言と承認に基づくものであって、その責任は内閣が負うものである。
3.天皇は「政」に関する権能を有していない。首相の信仰が問題にならないのに、天皇が問題になるのはおかしい。
4.『宮内庁費』は見直しの余地がある。外務省からの天下り関係など。
5.内閣総理大臣や最高裁長官も憲法上の要請としていくつかの人権を自制している。

691 :名無しさま:2013/06/07(金) 22:50:43.33 ID:ZrJ/PgXI
何のかんの屁理屈を並べても天皇劇団の団員数は後22名。10年後には約10名。
はよ、解散した方が賢明。出し物も役者も陳腐マンネリでカビが生えている。

692 :名無しさま:2013/06/07(金) 23:42:34.16 ID:aWyDL/QT
>690
>2.天皇の行為はそもそも内閣の助言と承認に基づくものであって、その責任は内閣が
負うものである。

上の項目は憲法第3条のことを言ってるのか? だとしたら3条は以下の通り。
第3条 『天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、
その責任を負ふ。』

内閣が助言・承認するのは国事行為に対して。国事行為の規定は7条。

で、例えば天皇の被災地への慰問なんてのは7条には当てはまる項目はないので、国事行
為には当たらない。従って慰問は内閣は承認する必要はないし、責任を負う必要もない。
そりゃ水面下では天皇(というか主に宮内庁)と政府でやり取りはあるかもしれないが、
憲法上は内閣の責任はない。

693 :名無しさま:2013/06/07(金) 23:55:21.87 ID:HRl9pXHx
>>692
あ、違うよ。

天皇は憲法一条に基づき存在するものとしてたとえ国事行為外であっても憲法の制約を受けることになっており、
その公的行為の条件として第一に「政治的ではないこと」、第二に「象徴としての性格に反しない」こととなっている。
故にその行事内容については宮内庁が配慮し、内閣が責任を持つことになっている。

694 :名無しさま:2013/06/08(土) 09:09:41.40 ID:3X3tGxgb
>>690
>憲法上要請されている存在であって、いわゆる身分制の一種ではない。
残念ながら、自ら選んで職業に就いた内閣総理大臣や最高裁長官と違い、皇族という
血統によって決められている天皇の場合「身分制の残滓」と言って間違いじゃない。

>首相の信仰が問題にならないのに、天皇が問題になるのはおかしい。
首相が替われば彼ら個人の信仰の対象も変わってくる。一方で天皇は代替わりしても
皇室神道にまま変わらない。何故なら天皇は神道の祠祭者だから。その様な立場の存在が、
多様な価値を前提としている憲法規範の中で唯一例外的存在として「象徴」を名乗って
いいのかどうかはよく考える必要がある。

695 :名無しさま:2013/06/08(土) 09:50:19.25 ID:A3/eTaEg
本来なら処刑されてもおかしくない天皇を
マッカーサーが無理やり残したのがそもそもの間違い。

696 :名無しさま:2013/06/08(土) 13:50:44.61 ID:N9Sapzuv
>>694
「血統によって職業が定められていること」を身分制の定義だとするのなら、これは天皇には当てはまらない。
天皇というのは職業ではなく、民間で言うところの家長というものに相当する。

喩えて言えば
土地管理を任された会社が上げてくる必要書類にサインして判を押す、地主一家の家長に相当する。
日本人はその一族として土地に暮らすもの。
ここ二千年の歴史の中で、八割方の日本人には多かれ少なかれ皇室と同じ血が混ざっている計算になる。
これが日本国の成り立ち。

697 :名無しさま:2013/06/08(土) 13:52:27.84 ID:N9Sapzuv
>>694
日本の憲法は内心の自由を保障し、信条による差別を禁じている。
天皇が「政」に関する権能を有しない以上、『政教分離に反する』という指摘も当たらず、
具体的にどのような実害があるのか判然としない。

そもそも『八百万の神々』を尊重し保障している天皇陛下にどのような問題があるのだろう。
まさしく「多様な価値を前提としている」考え方なのでは?

698 :名無しさま:2013/06/08(土) 16:51:56.39 ID:A3/eTaEg
神主の親玉を税金で養う必要はないナ。
餌代は信者に請求願う。

699 :名無しさま:2013/06/08(土) 21:54:25.67 ID:A1ltDiY9
今からだと金持ちが秘密クラブを最高権威にする行為を防止する効能がある

700 :名無しさま:2013/06/10(月) 11:26:18.05 ID:Y+mPTDDg
http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

宗教・歴史・考古学・心理学・超常現象から政治経済・皇室問題まで

幅広く学べる知識の宝庫「中杉弘のブログ」です。

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

701 :18才は大人だからね:2013/06/13(木) 17:40:19.42 ID:75MqBHVZ
絶滅危惧種は保護すべき

702 :名無しさま:2013/06/14(金) 09:01:04.10 ID:de+FEVM+
ペスト菌は消滅すべき

703 :名無しさま:2013/06/15(土) 14:24:09.89 ID:R1EPreWy
>なぜ天皇は必要なのか、論理的な理由を!

天皇が必要だなんていつ何処で誰がいった?
最初の天皇はなりたいからなったんだろw
その子孫が既得権益で天皇の位を継承してるだけ。

ああ、そうそう皇室はもともと半島人。
Y-DNA調べてみな。O2b1だから。
O2b1は半島発祥。半島にも数%いる。

704 :名無しさま:2013/06/15(土) 16:52:21.10 ID:SZe0n/Cf
>>703
O2b1は江南まで辿れる。起源は半島ではないよ。

705 :名無しさま:2013/06/15(土) 21:23:00.89 ID:R1EPreWy
>>704
江南にはO2b1はいない。起源は半島
日本皇室は半島人
皇室信奉者は半島に屈服したチキン

706 :名無しさま:2013/06/17(月) 08:27:58.00 ID:hAj5qJZ6
天皇の祖先はアフリカ人。

707 :名無しさま:2013/06/17(月) 08:58:32.07 ID:MpzviI50
>>706が真理。

重要なのは2673年前に今現在のこの国を建国したのは天皇だという
歴史的現実でしょ

そもそも、ここ二千年の歴史で日本人の八割方には多かれ少なかれ今の皇室と同じ血が混ざっている計算になる。
人類の起源はぶっちゃけアフリカなんだけど、この辺りが日本人のアイデンティティということなんだよ。

708 :18才は大人だからね:2013/06/17(月) 14:19:18.84 ID:4B/e0pqD
この国とはどこの国ですか

709 :名無しさま:2013/06/17(月) 21:23:37.66 ID:1kJyIika
>>707
2673年前とかマジで信じてる奴はメンヘラーw

天皇の祖先は半島人
半島人と原住民を分けるのは男系の血統
だから皇室は男系維持に固執する

男系でみれば、O2b1の割合はせいぜい30%
しかも皇室が出来てから後の系統はO2b1の中の一部
つまり、男系狂信主義では、日本人は日本に住む人間の
極々一部ってこったw

皇室礼賛は半島人の差別主義
つまり反韓右翼は、実は韓国の愛国狂どもとまったく同類w

710 :18才は大人だからね:2013/06/18(火) 12:16:59.53 ID:8lJZHCy7
安心汁 皇室礼賛者などほとんどいない
天皇皇后礼賛者なら居るかもだけど
二人の息子たちはなんだかなーレベル

711 :名無しさま:2013/06/18(火) 19:59:47.80 ID:SPD8puIJ
>>705
火病炸裂の起源主張だね。
O2b1は日本列島、沖縄、ベトナムに分布するんだよ。かって江南にいた集団が共通の起源と想定されているんだよ。
ベトナムの越南は江南から南下したことが知られているからね。
半島にわずかに残るO2b1は、狗耶韓国、や任那日本府などの半島南岸の倭人の支配や、三王統のうちの一つの昔氏王統の始祖を倭人としたりしている新羅建国伝承や、古墳時代前期後葉から半島南部に出現する前方後円墳などの名残りと見なすのが自然だよ。

712 :名無しさま:2013/06/18(火) 21:05:13.96 ID:SPD8puIJ
>>709
同姓不婚のタブーを伴わない日本の父系出自と、強固なタブーとする大陸の父系出自は別ものと考えるべきだね。
半島の父系出自は、大陸の儒教の父系出自を、おそらく漢人王朝の高麗以降にとり入れたもので、半島独自のものではないでしょう。
全面的に出自を父系によるとしたのは、おそらく李朝が儒教を国教としてから。
実際最古の族譜も李朝期のもので、中世になって15世紀くらいから儒教の丸写しにより、出自を父系とするようになったとも考えられるね。
勿論楽浪郡に入植した漢人の子孫は儒教式の男系系譜、北方遊牧民に繋がる夫余族出身の高句麗や百済の王統は遊牧民由来の男系系譜、建国に倭人が関わった新羅王統とかは男系系譜を持っていたけどね。
新羅の王統が朴昔金と三つあったりするのは、出自を父系とする土着の習俗を欠いていた可能性もあるね。

713 :名無しさま:2013/06/19(水) 23:40:39.27 ID:pI66XUj1
自民党は、「愛国」と「売国」の二刀流


「議員の靖国参拝や「天皇の元首・憲法明文化」に取り組んで、
愛国心を煽っていながら、一方で

「大学のTOEFL義務化」や「小学校英語教育の強化」で、
日本は着々と“英語圏”へと向かっている。

まぁ、アメリカから出される要望に沿ったものだろうけど、
外交上の裏取引として有効な売国カードだ。

愛国心の強い有権者が自民党に投票することで、
知らず知らずの間に、売国に手を貸すことに。

714 :名無しさま:2013/06/20(木) 22:37:55.89 ID:maHu2Lvh
>>711
D2の私は火病とは無縁w
O2b1は朝鮮半島にも数%存在することは複数の論文等で発表されている。
少なくともベトナムで発見するよりはるかに多い。
ちなみにベトナムなどで見つかったことを発表してるのは、
韓国人グループによる論文。
しかも見つかったタイプは現代韓国人のものに酷似している。
何がいいたいかといえば、ズバリ試料の汚染の可能性。

715 :名無しさま:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:FBnrQnmx
学会に論文も出したことの無い奴がD2やO2b1なんて議論しても滑稽なだけ
すくなくとも論文提出してから言おうか。

716 :国民は皆 票等:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:ge6PhZnh
天皇一族と其の臣下は日本と日本語を作った元祖日本人である
 天皇否定は日本語の否定である新日本人は何語を話すのか

717 :名無しさま:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ewuy27Px
最近変な事件や災害が多発するのは仁徳のない天皇のお陰。

718 :国民は皆 票等:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:eEjRodzz
日本がおかしくなったのは外圧がすべて 天皇のせいではない
米帝が鎖国で平和に暮らしている日本に軍艦4隻を送り込み恫喝した
幕府の対応が悪いと薩長連合がクーデターを起こし内戦になったが
自分たちを正当化するために天皇を担ぎだしまんまと成功=明治維新

ここで最大の間違いが起こされた→首謀者不明
天皇は神道と仏教の両方を信仰していて、それゆえ日本は平和だった
 この平和を破壊すべく天皇から仏教を奪い取り現人神に祭り上げた
仏教の人間は皆平等・因果の法則を否定したのだから侵略・敗戦は必然なのだ

日本のとるべき道は、平和な状態に戻すこと
 天皇は仏教に帰依すること、京都に戻ること、待遇は江戸れべるにすること。

719 :名無しさま:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:o1btdKwL
>>718
確かに、それまでは京都でひっそりと生活していた、皇室を、薩摩と長州と貧乏公家が、幕府を倒すクーデターの為に、引っ張りだしたのだから、
その後の帝国主義路線から、太平洋戦争へと敗北したのも、ある意味では、当然の流れであり、当然の帰結だとも考えられるね?

歴史認識も、江戸幕府時代と、明治以降では異なったものだったのかもしれないからね。

720 :名無しさま:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:o1btdKwL
>>713
それよりも、中国チーナな韓国等のアジアの留学生や研修生等に、
年間100万円とか200万円とか、支援し始めたのが自民党なんだよね?
中曽根内閣は表面的には、靖国神社参拝とかしていたが、実はアジア主にチャイナの人たちにだが、支援し始めたわけだろうか?

二刀流と考えると、辻褄は合うわけだね?

721 :名無しさま:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:YJwXHIaf
>>720
憲法前文に、国政の福利は国民が享受するとあるぞと、国会で日本人のために叫ぶ政党が無いんだよね。
国と国民統合の象徴くらいは、父系を辿ると古代の天皇や建国伝承の神武天皇まで行き着く系譜の日本の血統を維持しないと相当危ない。

722 :名無しさま:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:uBDZ/dmG
もしマッカーサーが昭和天皇を処刑していたら日本はどうなってたの?
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1374933354/l50

723 :名無しさま:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:FbkhDx6M
>>721
自民党を見てもわかるように、1980年代の中曽根内閣の後半あたりから、
チャイナ留学生や研修生に対しては、かなり手厚く支援しはじめて、
所謂一般の日本人庶民や中流や貧困層に対する支援が、貧弱になって行ったと思われる。

724 :名無しさま:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:AHpgyIXF
>>723
国民の享受すべき国政の福利の最も基本的なものは、望めば男女の子の親となれ、孫の顔を見て死んでいけることでしょ。
生き物として最低限のことが先ず国民に保障されないと。

725 :名無しさま:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:HrhZ38R4
薩摩と長州と貧乏公家が突如クーデターに引っ張り出したわけじゃないぞ
朱子学の隆盛とともに尊皇思想が全国に広まって
それが幕末の政治不安とあいまって倒幕思想になっていった
そもそも幕府の将軍が尊皇思想の親玉たる水戸家出身なんだからいわずもがな

726 :名無しさま:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:1/5zuZvK
天皇が廃された場合、その翌日から何が起こるのかを具体的に考察してみる。

まず現憲法下で施行されている法律は全て天皇が公布したものなので、
それらの法律全ての正当性が失われる。

そもそも憲法自体が天皇の名で公布されているものであり、内閣総理大臣の法的根拠も天皇の任命による。
首相や最高裁長官、並びに日本国の法令7,845個(平成25年5月時点)の法的正当性を喪失。
即座に新たな新憲法・法令を公布、施行しなければならない。

727 :名無しさま:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:1/5zuZvK
さて。
ここでひとつ、現憲法の具体的な法的根拠を一から考えてみる必要がある。
現憲法の法的根拠とは、すなわち前憲法の改正条項と、天皇の御名御璽にある。

それでは前憲法の法的根拠は何なのかといえば、ひとえに天皇の御名御璽だ。
では、その天皇の法的根拠とは何なのだろう。

煎じ詰めて結論付ければ、日本は古来より『古事記』『日本書紀』を基とする不文憲法の国であったと看做せる。
イギリスは『マグナカルタ』『権利の章典』を基とする不文憲法の国だが、それと同じ法的理論を用いる。
そうすると前憲法の法的根拠を一気に説明できるわけだ。

前憲法の起草者である井上毅は世界各国の憲法とともに
まず『日本書紀』というものを随分深く読み込んだ上で、ようやく日本の憲法を起草したらしい。
この史実からも日本が実は『古事記』『日本書紀』を基とする不文憲法の国であったことが証明される。

728 :名無しさま:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:M8gadfdm
726,727、人間が作ったものは、人間が変えても問題はない

729 :名無しさま:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:BkhKm55k
変えてはいけない。むしろ回帰する義務を日本が負うということが国際社会と日本の共通認識とされたとも言える。

730 :名無しさま:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:IlbkwJMt
大日本帝国の降伏が遅れて、原子爆弾二発を投下されたのは
国体護持、つまり天皇制の存続にこだわった人達のせいである。

天皇制の存続を望まなければ、原子爆弾を投下される前に降伏していた。

731 :名無しさま:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:sdy3bVR2
>>730
確かに、視点をそこに持って来たら、
天皇制に拘り過ぎたために、被害を拡大したとも言えるし、
神話を過信し過ぎだったとも言えるな。
問題は違うが、原子力発電所の問題に関しても、
自分たちの科学技術を過信し過ぎていた部分もあるのでは無いかな?

732 :国民は皆 票等:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:8LvfSSje
科学技術を過信 →大間違い

安全よりも利益優先 これが真相だ

733 :名無しさま:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:bwV7bQuY
天皇制に拘ったのも原発安全神話に拘ったのもウヨク・天皇支持派という共通点。

734 :名無しさま:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:JbhZCZrs
>>731
原爆投下は正当化出来ないし、
天皇の問題は日本の立憲政体が存続するかどうかの問題。
つまり、
人種民族としての日本人は奴隷化されることなく、国家を成す一つの国民として存続するとした
ポツダム宣言第十項に実質があるかないかの問題。

そんなことはアメリカは百も承知。

それまで対外戦争をほとんどしてなかったから三千年不敗の皇国という神話が出来たんだよね。
戦争を繰り返せば負けることもある。

船舶用に小さくするために、高温高圧にしたんで、それをそのまま大きくしたら扱いづらくなる。いざという時、人が制御出来る規模を考えないと。

735 :名無しさま:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EjKpEAbx
>>1
抜きにした事柄だけで
十分に論理的な理由になってるよね、それ……

736 :名無しさま:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:RlGcDrG7
亀井静香が、天皇陛下に「京都か広島にお住まいに」と進言!

亀井静香金融担当相(当時)は天皇陛下との昼食会の際に
「血で血を洗うような汚らわしい武家の江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。
京都か広島にお住まいになってはどうかと、陛下に一方的に申し上げた」と述べた。

陛下は「京都は好きです」と応じた。

737 :名無しさま:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:fcGZTo9t
共和制日本だったら、むしろその時の権力者が徹底抗戦をさけんで本土決戦になった可能性が高い
ソースはナチスドイツ。ヒトラー一味にとって、降伏は死を意味するから降伏する意味がない
よって共和国日本や日本人民共和国の指導者は全土が占領されるまで戦うよ

もっとも天皇という権威がなくてそこまで戦えるかという視点はでてくるがな
内部からの革命やクーデターで終戦の可能性は高いかもしれないね

738 :卍3286卍ss:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:Mlv7cQQv
本来日本は立憲君主制です。。天皇は最底辺の國民の意見を聞き 想い判断する。
貴重な存在。。闇を隅々まで照らす 謂わば國の提灯持ち 。。本来誰でも相談出来るべき!
今は 他国に乗っ取られ 日本の最高のシステムが 機能していない!。ココ重要!。。安泰に成れば。
普段は 世界最強のシャーマン。。お天気係りが 本職。。。10No!

739 :名無しさま:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:d4/FLd+f
3000年不敗だってさ白村江の大敗北を忘れたから中国に勝てず対米戦で負けた

740 :名無しさま:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:/g1PZAUH
不敗というか不戦に近いものがあるけどなぁ
日本の大きな対外戦争って白村江と元寇、朝鮮出兵と日清日露大東亜戦争くらいだし
細かいものなら刀伊の入寇やらシベリア出兵やらなんやかやとあるけど

741 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:GAsC+5dn
>>730
その意見には激しく反感を覚える。
原子爆弾を投下したのはあくまでもアメリカ側の国際法に反した独断行動であり、
「日本が最後まで戦い抜く覚悟だから原爆で終わらせた」というアメリカ側の論法は明らかに破綻している。
もしこれ以上は「コストに見合わない」「非現実的」だと判断したならそこで軍を停止させるべきだ。
本来はそこで外交の出番のはず。

アメリカは単に実権目的だった。
現に、アメリカは広島・長崎の被爆患者のデータを入念に収集し今も保管している。
彼らは被爆者を収容し、何の治療行為もせず、ただ朽ちるまでの経過を黙って観察していたということだ。
ただ戦争を終わらせる目的で原爆を使ったなら、戦争が終わった後にそんなことをしたのはおかしい。
せめて日本人医師のやりたいように全力で治療させてやるべきだった。

742 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:7nRJKR5t
アメリカに原爆実験のチャンスを与えたのは天皇が戦争止めなかったから。

743 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:GAsC+5dn
>>742
明治憲法下では天皇にそのような国策決定能力は無い。
御前会議でも一切発言できないことになっていたのが歴史的事実。

しかし昭和天皇は昭和16年9月6日の御前会議において「和歌を詠む」という方法で異例の発言をし、開戦に反対している。
そこで一度は政府・軍部で開戦の白紙還元が検討されたという記録がある。

また昭和20年8月、「首相が天皇に議決してもらう」という憲政史上初めての珍事が起こり、
その結果として「終戦の御聖断」ということになった。
天皇が国策決定能力を持ったのは憲政史上後にも先にもこれが唯一の瞬間であり、その時の言葉はまさに「戦争を止めよ」だった。

744 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:qK+w/30N
ウヨサヨ言いたくないけど左翼って未だに昭和天皇が全権握ってたって本気で言ってるんだけど
時代遅れすぎるから論法変えろよ

745 :卍3286卍ss:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:8tTKUN1/
全ての古墳を調査して。。何かしらDNAが採取出来たら。。皇族の協力を得て。。
ノーベル山中先生が 照らし合わせる。。この結果が 一番納得出来るのでは?。。。10No!

746 :卍3286卍ss:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:8tTKUN1/
今の日本の状態では 不信ばかり募り スッキリしないネ!。。。10No!

747 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:VjUKTJmA
”信用”という言葉に不信感を感じる
私から見れば分相応 義理人情に生きてきたスラムのガキのほうが
信用に値する (ローン審査は厳しいけどねぇ)
信用という言葉を逆転しないでもらえないか
日本を正すように

748 :名無しさま:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:ndd0dcJF
うん

749 :卍3286卍ss:2013/09/01(日) 12:16:46.46 ID:Uwj9/SzB
宮内庁は 神話や伝説を舐めすぎ!。。イッタイ彼らに 何が判ると言うのだろう?。
國民に対し 真実を隠し続け。。最後は 誰が責任取れるのか?。。物凄く重大コト。。。10No!

750 :名無しさま:2013/09/01(日) 12:27:46.50 ID:cvzydSnj
確かに真実を隠し続けてるよな
北韓の金家系となんら変わりない存在だということを

751 :卍3286卍ss:2013/09/01(日) 13:04:12.57 ID:Uwj9/SzB
>750 そこで 山中教授が何故 このタイミングで ノーベル賞を取ったのか?
然も DNAの研究で!。。日本の天皇を ハッキリさせるため!。。コレが神国!。

752 :名無しさま:2013/09/01(日) 19:17:41.24 ID:6d38kBuY
743
昭和16年に和歌を詠むではなく対米戦はやめよと発言して欲しかった。

751
日本人は理屈ではなく感情で動く民族なのでdnaはさほど気にしないのでは

753 :卍3286卍ss:2013/09/01(日) 21:06:36.51 ID:Uwj9/SzB
>752 真実は大事!。。DNAの中に 日本の秘密がアル。。この 他人を信用しない
様な時代だからこそ 証明をするコトが もの凄く大事!。。ついで2神話も証明デキル。。。10No!

754 :名無しさま:2013/09/01(日) 21:43:25.16 ID:UJz0Xb0l
チョンの血が入ってる皇室

755 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】(5+0:8) :2013/09/02(月) 06:50:53.55 ID:U/2fsscd
http://www.youtube.com/watch?v=Rqk7mplWaj4
http://www.youtube.com/watch?v=620TThnCjSg

756 :名無しさま:2013/09/02(月) 17:41:09.44 ID:xbj1mwP/
DNAで何を証明するのさw

757 :卍3286卍ss:2013/09/02(月) 18:25:44.72 ID:HGz5N/rA
>756 本物か偽物か。

758 :名無しさま:2013/09/02(月) 20:11:09.09 ID:24UL4QGo
正統、偽者が分かった時にどうするの?

759 :名無しさま:2013/09/02(月) 21:41:09.59 ID:WMR5iaam
どのDNAに対して判断するの?
陵墓を暴いてするのか?
古い骨で正確な鑑定ができるのかね?

760 :卍3286卍ss:2013/09/02(月) 21:45:06.96 ID:CmWeIcGJ
古来から続く日本人のDNAは 解明されつつあります。。あらゆるサンプルと照らし合わせれば
自ずと 真実が観えてくると想われます。。その後は 國民投票が 一番納得がいくのでは?。

761 :名無しさま:2013/09/02(月) 22:02:18.07 ID:hpOUzPl7
”つぎの天皇ってこの子がなるの?”
こういった喋り方をする方は社会にはけっこういらっしゃる
ものだ
しかし、ご本人を目の前にはけっこう弱かったりもする
芸能人

762 :名無しさま:2013/09/04(水) 15:35:03.23 ID:dNQ8JIaG
天皇制の効能は、日本社会において2つある。

1「平等主義思想に対する牽制」
 反差別の平等主義者は、天皇制を否定したがる。
 そのもそのはず、天皇制とは差別制度だからだ。しかし知らねばならない、
 100%の平等(民主)主義は社会主義であり、100%の人権主義は共産革命主義なのだ。
 王制の打倒を目指したクーデター革命政権が、歴史上で「成り上がり軍閥」として
 惨禍の限りを尽くした。中国では最高権威に夜盗の軍閥が座ったり、
 ロシアでは陰謀の得意な扇動家が粛正と殺戮をほしいままにし、
 日本では共産主義革命を訴える派閥が殺人集団となり、ブラック社会となり害毒を垂れ流した。
 100%の平等主義や100%の人権主義を否定して希釈するには、
 天皇制や王室制を世襲にて運営することが、手法上はもっとも手っ取り早い。
 いまや天皇制とは、ブラック社会の招来を防ぐために一定の寄与をする便利な機関なのだ。

2「科学万能主義や100%の合理主義に対する牽制」
 天皇家のDNAがどうとか、血統主義が非合理的とかいうのは、
 科学万能主義や合理主義という名の思想によるものだ。
 科学万能主義は最後には唯物論的な社会主義理論に帰着し、
 合理主義は最後には優生学的思想の淘汰選良主義に帰着する。
 経済を科学で管理して人間を規律正しく平等に労働させる社会で何が悪い。
 受験で官僚を選んで固めて何が悪い。と確信する人間には、私の言は理解できまい。
 科学主義や合理主義は社会に必要だが、強くなりすぎると社会に息苦しさを呼ぶ。
 天皇制が存続することで、科学主義と合理主義が強くなりすぎぬよう、
 社会の防波堤とすることができるのだ。

763 :名無し:2013/09/09(月) 01:04:14.99 ID:nNBL4/+z
天皇制は必要であるとおもいます。
まず、第一に民意が必要であるとしているからです。
NHKの2009年の世論調査で象徴としての天皇が必要であるか、というアンケートに対
、八割以上の人がいると答えたからです。
(なお、この調査は18歳以上の男女に無差別に行われています)
次に、まだまだ世界の国々が伝統を重んじる傾向にあり、天皇陛下の存在が抑止力とな
っているからです。
(例として、イギリスなどは、天皇陛下に対し、国から贈られる最高の称号を贈っていま
す。また、アメリカのオバマ大統領は、天皇陛下に対し頭を下げて挨拶しています。頭
を下げる文化のない欧米社会の中では、驚くべきことです。さらに、海外から日本に来
られる方々は、大抵の場合天皇陛下に会いたいとおっしゃるそうです。)
そして、最後に、これに関しては、人によって考え方が違うかも知れませんが、戦争直
後、アメリカでは日本を植民地化する方向で進んでいましたが、昭和天皇陛下がマッカ
ーサーさんに頭を下げて、国民を助けてほしいとたのんだことにより、日本の植民地化
以外の道が、選択肢として生まれたそうです。(ちなみに、自分はどうなってもよい、と
までおっしゃったそうです。これについては、当時のマッカーサー元帥の通訳のアメリ
人の方が証言しておられます。)
そもそも戦争が天皇のせいであるという人もいるかもしれないが、当時の天皇に政治な
どほとんどなく、確かに止め切れなかったのは責任といえば、責任かもしれないが、結
局天皇は、命を張って国を助けて下さったのだし、私たち国民はそのご恩をお返しすべ
きとわたしは思っています。頂いたご恩はきっちり返してこその日本人であると思いま
す。

わたしも元々は天皇陛下がいる意味がわからず、色々調べていくうちに、日本に天皇陛
下は必要だな〜て思いました。
未熟な知識なので、間違いかあれば指摘して頂けると、有難いです。

長文で、失礼いました。

764 :名無しさま:2013/09/09(月) 07:06:45.74 ID:3Xc32U8V
>>762
>「平等主義思想に対する牽制」
牽制の必要などない。平等性は日本の国是であり世界的にも目指すべき理想。
その足を引っ張るのは理想の否定であり国是に対する反逆。

>「科学万能主義や100%の合理主義に対する牽制」
そういった認識が合理的判断に水を差し、曖昧で不合理な情緒的認識を押しつける。
ともすれば統治する側は「国民は愚民である方が統治しやすい」という
誤った考え方をしがちで、また、それを助長するのが曖昧で不合理な情緒的認識。

765 :名無しさま:2013/09/09(月) 09:44:53.82 ID:3zTwIM+a
国営天皇詐欺と振込み詐欺はいくら言っても騙される馬鹿が絶えない。

766 :名無しさま:2013/09/09(月) 11:42:29.58 ID:K5a/OCEK
>>764
しかし知らねばならない、
純度100%の平等主義・民主主義は社会主義であり、
純度100%の人権主義は共産革命主義なのだ。

上級左翼「ふはははーっ! 人民による人民のための政治とはっ!
 個人主義的な自由主義経済や資本主義の発展から生まれる
 格差社会を否定する理念よ!
 100%の民主主義を実現するには自由主義を否定するしかない!
 わはははーっ! そして人権による人権のための社会とは!
 個人主義的な自由主義経済や資本主義の発展から生まれる
 格差社会と、そこから生まれる身分階層を否定する理念よ! 
 人権思想の最後に行き着くところは、
 既成権力の否定と既成の私有財産の否定っ!
 既成のそれらを否定するためには、革命中央政府に一度権力を集中せねばならぬ!
 唯物論とは、いかなる権威にも束縛されず、
 神にさえ束縛されぬと言う科学的合理的意志を示した思想の表明っ!
 唯物論の帰結として、王政や天皇制は、
 平等と人権と科学と合理の名の下に否定せしめられるのだーっ!」

767 :名無しさま:2013/09/09(月) 19:52:56.44 ID:fyclyv18
1度権力を集中させると権力を手にした奴が手放さなくなり悲劇が始まる

768 :名無しさま:2013/09/10(火) 09:52:02.39 ID:DA1+tUIB
しかも世俗の権威が失墜した王制なき社会では、
主力組織が神格化され絶対化する。さらに、
主力組織の誰もがナンバー2の特権階級になりえるため、
結果として、謀略と密告による粛正の嵐が巻き起こる。

そこが平等主義の帰結。
平等主義とは、割ってしか飲めないアルコールと同じもの。
100%で飲むと世界が狂う。

769 :名無しさま:2013/09/10(火) 09:53:54.64 ID:etAFMn9s
フランスは「王制なき社会」だけど「主力組織が神格化され絶対化」されてないよ。

770 :名無しさま:2013/09/10(火) 10:44:50.36 ID:DA1+tUIB
フランス革命
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD
エベールらは「理性」を神聖視し、これを神として「理性の祭典」を挙行した。
ロベスピエールは、キリスト教に代わる崇拝の対象が必要と考え、
「最高存在の祭典」を開催した。しかし、ロベスピエールが処刑され、
一度きりに終わり定着しなかった。

最高存在の祭典
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B8
>これらの事情からキリスト教に代わる理性崇拝のための祭典を開く必要に迫られていた。
ロベスピエールは、「もし神が存在しないなら、それを発明する必要がある」と語ったという。
キリスト教の神に代わるもの、それが「最高存在」である。

771 :名無しさま:2013/09/10(火) 10:53:54.98 ID:etAFMn9s
ロベスピエールの時代じゃなく現代の話。

772 :名無しさま:2013/09/10(火) 11:04:53.07 ID:DA1+tUIB
>>771
フランスはウィーン会議などでの「正統主義」で、
王制への回帰趣向など認められることは確かだが、
現代フランスでは王制はない。

キリスト教が残ってはいるものの……

ttp://www.circam.jp/reports/01/detail/id=3172
>[1]人種や宗教が異なる人々で構成されるフランスにおいて、
信仰される宗教としては、2003年の統計データ
[TIME ALMANAC 2004 : Information Please(2003)]によると
ローマ・カトリックが国民の約8割強を占めマジョリティとなっている。

確かに王制はない。ないものはない。
キリスト教なき日本が王制(天皇制)を否定することもできるだろうけど、
フランス以上に長き革命と殺戮の歴史を経験することになりそう。
天皇制や王制とは、(ついでの宗教も)必要不可欠ではないけど、
人民の自己顕示欲や出世欲による、
革命と殺戮を減殺する効用があると思わるる。
日本に最初から天皇制がなければ、オウムは、統一協会は、創価学会は、幸福の科学は、
どのような組織となっていたかという話し。

773 :名無しさま:2013/09/10(火) 11:49:01.89 ID:etAFMn9s
>>772
王制がないんだよね?
それでも「主力組織が神格化され絶対化」されてない。

>世俗の権威が失墜した王制なき社会では、
>主力組織が神格化され絶対化する。
は正しくないという結論でいいね?

774 :名無しさま:2013/09/10(火) 13:14:49.97 ID:DA1+tUIB
>世俗の権威が失墜した王制なき社会では、
>主力組織が神格化され絶対化する。

キリスト教圏でいうと、
革命が起こって王制が廃絶した直後の時期には、
歴史では必ず王制の神格化・絶対化が起こる。
その後は起こらない場合もある。
(相当な闘争の犠牲が伴うが)

キリスト教圏以外の例で言うと、
ラストエンペラー後の中国共産党政府があるが、
これは毛沢東が紅衛兵によって神格化され気持ち悪い政権ができ
今も「絶対化」されたまま継続中。

北朝鮮でも主体思想の擁立と気持ち悪い神格化がバッチリ今でもなされている。

もし、王制だけでなく、
キリスト教など世俗の宗教的権威も見当たらない社会において、
主力組織が神格化されたり絶対化されたりしない実例があれば、

世俗の権威が失墜した王制なき社会では、
主力組織が神格化され絶対化する。
は正しくないという結論でよい。
(当然だが、ここでいう「世俗の権威」には、王制だけでなく宗教も含んでいる)

そんな実例は本で読んだことがないけど。

775 :名無しさま:2013/09/10(火) 13:52:58.99 ID:etAFMn9s
>>774
>キリスト教など世俗の宗教的権威も見当たらない社会
これまでの例として、その前提に立つなら

>世俗の権威が失墜した王制なき社会では、
>主力組織が神格化され絶対化する。
>は正しくないという結論でよい。
ということだね。
そして、社会の安定期においては(現代のフランスを例として)、
主力組織は神格化も絶対化もされていない。

776 :名無しさま:2013/09/10(火) 14:27:30.68 ID:DA1+tUIB
>これまでの例として、その前提に立つなら

どういう意味だろうか?
フランスは世俗の権威(キリスト教など)がない国だと言いたいのだろうか・・・

>そして、社会の安定期においては(現代のフランスを例として)、
主力組織は神格化も絶対化もされていない。

フランスでいうと、
主力組織のフランス政府は神格化も絶対化もされていないけど、
キリスト教会はフランス人の多数派から宗教的な世俗の権威を認められているが…

777 :名無しさま:2013/09/10(火) 14:37:50.12 ID:DA1+tUIB
「世俗の権威」を調べてみたら、
いわゆる宗教的な権威は世俗の権威には含まないそうだ。

十字軍とかの時代の、人をも大量に殺しかねない
宗教的権威の時代と比べたら、
いまのキリスト教はかなり世俗化したと思うんだがな・・・

正しくは
×「世俗の権威」
○「一般化した非合理的権威」
だね。

ちなみに「一般化した非合理的権威」が見当たらない国を探すと、
韓国がある。

韓国には「一般化した非合理的権威」がないように見えるが、
クッポンと呼ばれる悩ましい問題がある。

778 :名無しさま:2013/09/11(水) 09:03:01.82 ID:YoRgGHPi
>>776
>キリスト教会はフランス人の多数派から宗教的な世俗の権威を認められているが…
宗教は世俗の権威ではないと言おうと思ったら・・・>>777で分かった様だね。

>>777
>○「一般化した非合理的権威」
宗教権威をそう定義するのなら、問題は宗教権威が人々に対してどれだけの
影響力があるかを考慮する必要がある。例えば日本では神道系が約1億700万人と
言われているが、習俗的な慣習が及ぼす影響に「権威」があるのかが問われる。

>ちなみに「一般化した非合理的権威」が見当たらない国を探すと、
>韓国がある。
22.8%が仏教徒で18.3%がプロテスタント教徒、そして10.9%がカトリック教徒。
それなりに「一般化した非合理的権威」があるみたいだね。

779 :名無しさま:2013/09/11(水) 11:35:28.87 ID:srJxRUdI
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭

能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭能年玲奈はおならの口臭
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
おおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1

780 :名無しさま:2013/09/12(木) 11:35:10.80 ID:Oicofu5G
>778
>習俗的な慣習が及ぼす影響に「権威」があるのかが問われる。

そこは人文学の弱点で、個別具体例は実験の検証ができない、
というのがある。
日本から天皇制をなくせばどのように社会が変化するか。
これは正確な実験が難しく、確実な検証も難しい。

それでもなお書いてみると、
多数派の日本人に対して「日本人で一番理想とされる
 人格の持ち主は誰だと思いますか?」と聞いたなら。
イチローや北野武のような個人有能者を挙げる人がいる一方、
親和的正確を持つ「天皇」を挙げる人も多いだろう。
日本人が天皇家のキャラクターを参照し、
天皇が日本人のキャラクターを参照して、
ともに島国で平穏に暮らしやすい形態に進化してきたからだ。

理想的な人格に近づきたい、という欲求は、人間の欲求の中でも高次なものであり、
一般には「アイデンティティ」と呼ばれる。

>22.8%が仏教徒で18.3%がプロテスタント教徒、そして10.9%がカトリック教徒。
それなりに「一般化した非合理的権威」があるみたいだね

それもあるけど、日本と比べると韓国は「お手本にしたい人格者」というような、
親和性の高い性格の人間の見本が少ないかもしれない。

「韓国はアイデンティティのない国、だから反日しかない」と一部で言われる。
それが本当かはさておき、親和性を求めるときお手本となる見本がない、
とすれば、どういう影響があるか考えてみてもよいかも。

781 :名無しさま:2013/09/15(日) 04:12:04.86 ID:hK+lrMGT
あなたの身なり喋り方が嫌いだな
詐欺師ほどスーツをたくみに着こなす
たぶん パンチパーマに紫の特攻服なんかが
あなたには、お似合いだ
オレオレ詐欺がなんだかんんだいいながら
社会で詐欺を擁護してる

782 :名無しさま:2013/09/15(日) 17:16:08.78 ID:TetTAukT
大和 ヤマト ト 奈良で確定。
邪馬臺
祁馬臺
邪靡堆
邪摩堆
邪馬臺
邪馬台
-------
夜麻苔  日本書紀
邪馬台
----
壹與   倭人伝表記
臺與   梁書、北史表記
台与 トヨ 卑弥呼の後継者
-----






-------
苔 

----



ヤマト 大和 読みは ト 奈良で確定。
古墳時代以来一系。殷王朝の祭司王の形式と周王朝の徳治の
文化を継承する易姓革命のない、古き良き中華文明の正統継承国

783 :名無しさま:2013/09/17(火) 00:08:34.23 ID:XONbuFUb
魏志倭人伝なんてあてにならないよ。
あの記述に正確に従うと、邪馬台国は海の上にあったことになる。

だいたい『卑弥呼』『邪馬台国』なんて明らかに支那側の勝手な「蔑字」じゃないか。
何であんな奇妙な漢字で名付けられた国や人名が日本の教科書に載り、ましてや子供たちに教えられてるんだ?
高校生にアンケートを取った所、日本の建国者を「卑弥呼」だと思ってる子がいるらしい。
高校生が馬鹿なんじゃない。日本の教科書が馬鹿なんだ。

日本の建国者は神武天皇だ。そこは普通に子供たちに教えようよ。

784 :名無しさま:2013/09/17(火) 11:10:56.20 ID:t1lgkoLI
>>783
っ『もっともマシな一次資料』

785 :名無しさま:2013/09/17(火) 14:06:59.70 ID:XONbuFUb
>>784
どの点がマシなのかをそもそも聞きたい。
あれは中国人が『魏書』の外伝部にちょこっと伝聞・噂話を書き記しただけのもので、
日本現地の研究によると「邪馬台国」も「卑弥呼」もまず存在自体からして不確定なのが現実。

786 :名無しさま:2013/09/17(火) 15:34:08.41 ID:t1lgkoLI
神武天皇も、研究が進んで学会で確定となったら、
徐々に教科書に載せられるうようになると思うし、
卑弥呼や邪馬台国も、研究がすすんで学会で疑わしいとなったら、
徐々に教科書から消されていくと思うよ。
「従軍慰安婦」という言葉だって、
広辞苑第五版と第六版を比べたら、
よりマシなほうに動いたし、
最近では鎌倉幕府が1192年成立ではないという説が学会で優勢となり、
教科書に反映されてきているという。
歴史学会は、最近になってイデオロギー色が薄くなり始め、
徐々に「もっともマシな実証」にもとづく教会初期術に近づきつつある
と思うたぶん。

787 :名無しさま:2013/09/17(火) 19:19:57.23 ID:fnvD4yqa
>>783

無教養。

倭人伝は貴重な文献。

実証的な歴史と、神話の歴史の二つを矛盾することなく
生きているのが日本人。

片方だけにしたがるのは欧米に毒されている。

788 :名無しさま:2013/09/20(金) 22:51:19.16 ID:JHW86T4M
>>787
その貴重な文献に忠実に従えば、邪馬台国は海の上にあったことになる。
当時中国人が「邪馬台」と称したどこかの小島の歴史なんじゃないかね?
案外それが邪馬台国の真実なのでは。

789 :名無しさま:2013/09/20(金) 23:35:26.87 ID:lKR99+nV
神を冒涜するな


世の中うまくできてる
そういうふうにしてくれよ

宮殿は息苦しいし 長屋は狭っ苦しい
どちらも生きるは苦しい


そろそろオマエ本気だしてくれないか?
私は待ち続けているのだが

790 :名無しさま:2013/09/22(日) 01:33:50.38 ID:Vp9CJStF
「釣魚台」よろしく、「邪馬台」って小島のことだったんだろうな

791 :名無しさま:2013/09/23(月) 01:22:12.67 ID:tchpg8qf
普通に邪馬台国はヤマト国と読めるよ

792 :名無しさま:2013/09/25(水) 12:53:25.78 ID:jCWu7b3+
天皇指示する国民だけが、お布施するべきで
すべての国民から搾取するべきでない

793 :名無しさま:2013/09/25(水) 21:59:28.79 ID:bsHl1McR
そいつらは概して低所得者だから
他人の懐で自分の偶像に万歳しようとする

794 :名無しさま:2013/10/01(火) 19:23:32.35 ID:3Eir8V9T
婦人警官がオレの女きどりなんて、ありえない話で
婦人警官がマフィアに売り飛ばされるという話は
いたってまっとうな話
教習所で習ったとおりの美しい運転なんておめぇーら
できねぇーんだろ?いらつくな

795 :名無しさま:2013/10/01(火) 23:47:31.81 ID:NEhO4dqt
人を助けるために自己犠牲になったのに、日本人の女性ではそれを讃える映画もできず
美智子糞皇后も日本人の自己犠牲のためには見舞いにも来ないんだな
糞売国奴の韓国人美智子皇后め!!!
人を助けるために日本人が亡くなってもその見舞いにはきやがらない日本の皇室!
ふざけんのもいい加減にしやがれ!!!

796 :名無しさま:2013/10/05(土) 06:44:32.89 ID:GUnFEUmj
明治維新、昭和20年と市民革命のチャンスはあった。
自覚、真の知性、自立心の欠如、そのままぬるま湯、ゆでカエル状態。

797 :名無しさま:2013/10/05(土) 20:39:47.90 ID:ZloDyDAz
天皇が存続=皇室が存続
つまり皇室の守っている色々な物が守られる(建築物、美術品、雅楽等)
経済、民度で世界に後れとりつつあるのに、伝統が無くなったら日本完全終了ですわ

798 :名無しさま:2013/10/06(日) 08:57:48.87 ID:hgBkDmL/
殿様がいなくなっても殿様時代の物は残っているので、
天皇が消えても問題なし。

799 :名無しさま:2013/10/06(日) 09:29:34.06 ID:WI9Eekb2
>>796
日本人に決定的に欠けているものが、
アメリカで言うインディペンデント精神ではないか?
真の智恵や知性。
自立心の欠如。
自由精神の欠如。
お上に従っているぬるま湯状態。

800 :名無しさま:2013/10/06(日) 20:42:17.66 ID:R/iD7g2t
>>799
民主的な選挙だけじゃ信用ならない政府が出現するということさ。
選挙で選ばれた韓国初代大統領李承晩が自国民160万を虐殺した保導連盟事件や7万を殺した済州島の耽羅独立運動弾圧を見ればわかる。

801 :名無しさま:2013/10/06(日) 23:37:31.22 ID:XyMmoOmx
ここの人達は福澤諭吉先生の『尊王論』『帝室論』は読んだの?
少なくとも2chで議論するよりは色々と有意義だと思う

まさに明治維新当時の人間がどう考えていたのか、>>796さんの疑問に対しても色々と歴史の証言をしてくれる書だと思う。

802 :名無しさま:2013/10/07(月) 08:58:55.93 ID:dBgC34kV
福澤諭吉は如何わしい奴と勝海舟先生は言ってるゾ!
一見自由な考えを持っているようだが、福澤諭吉も坂本竜馬も所詮、天皇崇拝の妄想から逃れられなかった奴。

803 :名無しさま:2013/10/07(月) 10:45:56.23 ID:ESLEz8nQ
日本全体の事を考えて国を運営していくためには、皆、私欲を離れて話し合わなければならない。
そこで、日本では、私欲の少ない人間ほど上位にいる国柄になり、そうした国のトップには、
当然、まったく私欲のない人間がいなければならない。
それが天皇だと思う。
オーケストラの指揮者は楽団のトップだが、独裁者ではない。
全体の調整者だ。
天皇もそれに近い。
日本人の心のあり方のモデルだと思う。

804 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:30:04.25 ID:ZWcOJjcK
何処の馬の骨か分らんボンクラをトップに担ぎ上げると碌な事にはならん。

805 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:32:26.95 ID:dCjMICMb
>>800
普通選挙だとそうなるかもしれないね。
明治初期のように、高額納税者だけに限るとかがいいのかも。

806 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:34:37.93 ID:dCjMICMb
>>802
天皇は、早ければ鎌倉時代、
遅くても室町時代後期には、
政治的能力を完全に失ってしまった。
ある意味では、室町後期から戦国時代安土・桃山時代、
江戸時代と、政治的な能力を失ったまま幕末を迎えたような気がする。

807 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:37:54.17 ID:nUlK/bJd
どうしたのお前ら?
急に語り始めちゃってさ_φ(・_・

808 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:39:40.03 ID:plnLiCrD
普通に考えれば天皇になるには劉家の嫁を娶らねばならんてことになるわな

809 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:44:00.84 ID:dCjMICMb
>>804
家柄がよくてもボンクラな人は結構いるのではないか?

810 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:44:31.05 ID:nUlK/bJd
805
なに韓国みたいなこといってんだバーカ

811 :名無しさま:2013/10/07(月) 18:47:01.79 ID:nUlK/bJd
利権だの騒がれてたのになにいってんだこいつら?

812 :名無しさま:2013/10/07(月) 19:05:56.09 ID:nUlK/bJd
皇后排出ってことだろうけどその血筋残ってるの?

813 :名無しさま:2013/10/07(月) 19:20:59.90 ID:plnLiCrD
きわどい問題かなーこれなー

814 :名無しさま:2013/10/07(月) 21:20:22.09 ID:rVVo4hqD
><809
家柄のよすぎる非人でしかない
鏡の前とこういった場所ではいたって常識
ギロチンコロリのない現代はつらすぎるといおうか生き地獄

815 :名無しさま:2013/10/08(火) 08:05:18.55 ID:GRpFy24b
>>814
日本は権力者には大衆が甘いけど、
権力者のほうは、民衆にはきびしいから、
打ち首獄門とかになっていたよね。

816 :名無しさま:2013/10/08(火) 08:27:22.68 ID:3Yo814O9
>>803
まったく私欲のない人間がいると思っている時点、基地害の思想。
ヴィオラを引くふりは出来ても、オーケストラを指揮する能力はなし。

817 :名無しさま:2013/10/08(火) 10:01:28.17 ID:jBVJbvaW
天皇が日本の先住民族の長の子孫ならまだ分かるけれど
所詮、侵略者だからな
アイヌ民族から天皇を出した方が日本としては相応しいんでないの?
アメリカで言えば新大陸を発見したコロンブスか初代大統領のワシントンの子孫が
代々継承しているようなものにどれ程の価値があろうかね?
本当に神の末裔とでも言うのなら話は全く別だけれど

818 :名無しさま:2013/10/09(水) 01:10:57.83 ID:gIwwhTjz
>>817
先住民族の長の子孫だろ

819 :名無しさま:2013/10/09(水) 08:15:19.76 ID:A/XE6D+l
>>816
まったく私欲のない人間は存在しないと思うね。
つまり、オーケストラの指揮者としては難しい。

820 :名無しさま:2013/10/09(水) 08:29:19.34 ID:+15XbX57
根拠のない血統信仰は、いい加減止めよう!
煩悩だらけのボンクラ崇拝は、止めよう!

821 :名無しさま:2013/10/09(水) 08:38:53.76 ID:RrgljL3A
>>817
>アメリカで言えば新大陸を発見したコロンブスか初代大統領のワシントンの子孫が
>代々継承しているようなものにどれ程の価値があろうかね?
明治維新の使節団がアメリカに行ったときに特に驚いたのがこの話。
当時の日本人の価値観では世襲が当たり前で、選挙で国の代表が決まるという認識が
全くなかった。使節団の一人が「ワシントンの子孫はいまどこに?」と訊くと、
相手のアメリカ人は「さあ、どこかにはいると思うが知らない」と答えたという。
武家や公家では世襲が常識の日本ではあり得ないことだった。

822 :名無しさま:2013/10/09(水) 16:34:36.82 ID:cg8RolYc
世襲だと人民の支持失うと子孫の人生が失くなる。
民主制なら勝手をやっても本人がやめればそれで済むのが原則。
世襲が続いたというのは、そこそこの政治が続いたということだろ。
実際、当時の識字率や法令に関する知識の普及率等はアメリカの何倍も上だった。

823 :名無しさま:2013/10/09(水) 22:28:24.27 ID:fxfzTgj8
昭和天皇と平成天皇のお人柄が素晴らしかったから現在は指示されてるけど
仮に後白河上皇みたいなクズが天皇に即位したら
国民な皇室をどう考えるだろうな?

824 :卍3286卍ss:2013/10/10(木) 02:05:54.38 ID:n8+NFXIA
今の皇族が 朝鮮勢力に牛耳られてイル様な状態では 日本にとって意味が無い!
国際社会に向け 日本代表として 平和や紛争について ハッキリと何も発言できず 。。
天皇陛下も皇太子も 宮内庁などの 悪人共に ただのお飾りにされてイル...
古来から血筋が繋がってイルと言うが 残念だがコレも嘘でアル。。
本当の天皇とは 古来より魂でキマル! 。。天魂モチで 強い霊力も必要!
日本人は魂の定義を忘れてイル。。コノままでは 國が危うい。。
何時迄も 天皇が他国に操られてイテは ハッキリ言って日本の咲きはナイ...今の皇族が 朝鮮勢力に牛耳られてイル様な状態では 日本にとって意味が無い!
国際社会に向け 日本代表として 平和や紛争について ハッキリと何も発言できず 。。
天皇陛下も皇太子も 宮内庁などの 悪人共に ただのお飾りにされてイル...
古来から血筋が繋がってイルと言うが 残念だがコレも嘘でアル。。
本当の天皇とは 古来より魂でキマル! 。。天魂モチで 強い霊力も必要!
日本人は魂の定義を忘れてイル。。コノままでは 國が危うい。。
何時迄も 天皇が他国に操られてイテは ハッキリ言って日本の咲きはナイ...
もう一度 原点にカエリ 日本の提灯モチで お天気カカリでアル 天皇を見直すべき!
もう一度 原点にカエリ 日本の提灯モチで お天気カカリでアル 天皇と言う者を見直すべき!

825 :卍3286卍ss:2013/10/10(木) 02:08:52.57 ID:n8+NFXIA
>>824
何か 文章がダブり失礼しました。

826 :名無しさま:2013/10/10(木) 08:43:13.41 ID:bJ85ODFe
>>824
天皇やそのとりまきたちには、
基本的に、意思というものを見ることが難しい。
昭和初期でも、天皇を理想化しすぎた青年将校たちの行動があった。

827 :卍3286卍ss:2013/10/10(木) 16:19:07.27 ID:n8+NFXIA
>>826
そうですネ。。ソコが 今の日本にとって直さなければいけないトコロ。
天皇が 國民を想い。。素早く國を善い方向に動かす!
コノ状態が 本来の日本の姿。。
今は 天皇も取り巻きもオカシクなってイル。

828 :名無しさま:2013/10/11(金) 05:19:48.51 ID:vNPN9S2s
関係者さん。すいません。創作発表のまどかの原作者スレッドを見てくれませんか?世界最強法が書いています。

829 :名無しさま:2013/10/11(金) 08:57:46.40 ID:vyyWG6+h
>>827
仁徳天皇の時代なら、もしかしてそうだったかもしれないが、
現在は、皇室や天皇にそのような状況を期待できる可能性は少ない。

830 :卍3286卍ss:2013/10/11(金) 12:06:55.31 ID:J1NCoVF4
>>829
ヒント:國民投票。

831 :名無しさま:2013/10/12(土) 23:37:57.44 ID:rt8V0ezN
>>802
自分は福澤諭吉先生も、勝海舟先生も、別け隔てなく読んでるよ。
その上での意見だけど、両者とも「尊皇」という点にかけては誠の忠義者なのでは?

もちろんその他の点では意見の違いがあり、意見の違いがあるからこそ、フェアに正面から議論した両雄ではあるけどね。

832 :名無しさま:2013/10/18(金) 12:19:12.26 ID:gK3+eBIA
  天皇制反対・廃止

833 :名無しさま:2013/10/20(日) 00:30:38.75 ID:iHGxPUnK
たとえば古代ローマ国家がこの現代世界においても現存していたとしたら、
それはある一つの人類遺産だよね。

日本の建国は古代ローマとほぼ同時期。
その紛れも無い証拠が現存する第125代天皇陛下。皇紀2673年の動かぬ証拠。

自分の国が世界で唯一残っている二千年国家だと、日本の子供達がフェアに知ったら、
そこからようやく彼らは誇りを持つことが出来る。

「いじめ」や「保身」という狭い私心の世界から脱し、
さながら昔の武士の子の如く、自然と名誉ある生き方を模索し、アメリカ人とも何人とも世界の人々と「鷹揚」と対話するようになると思う。
個人の感情からではなく、あくまで大儀の観点からNOと言うべき時にNOと言える、誇りある国際人になると思う。

834 :名無しさま:2013/10/20(日) 08:49:25.26 ID:bOEVH/rf
>>833
>自分の国が世界で唯一残っている二千年国家だと
二千年続いているとする歴史上の根拠は何もない。
誇るかどうか以前に事実に反する。

835 :名無しさま:2013/10/20(日) 09:28:50.19 ID:zj6k6DRi
権力者が粘着して税を搾取し生き残っていることが
誇りといえるという時点であほの性分

836 :名無しさま:2013/10/20(日) 10:39:25.10 ID:iHGxPUnK
>>834
奈良県の纏向遺跡では約1800年前に突然5基の前方後円墳が出現し、
考古学的にはこれが日本の建国だとされている。

1800年という時点で既に世界最古だけど、建国してすぐにあんな規模の前方後円墳を5つも造る力があるわけは無いから
実際の建国のタイミングはそれより更に数百年前だと考えられる。

837 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:01:00.61 ID:bOEVH/rf
>>836
>奈良県の纏向遺跡では約1800年前に突然5基の前方後円墳が出現し、
>考古学的にはこれが日本の建国だとされている。
されてないよ。デマふかしちゃ駄目だよ。

838 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:12:55.18 ID:iHGxPUnK
>>835
たとえば西洋や中国の皇帝や王は常に民と対立し、厳重に守られた城に住み、民と戦争した存在であるのに対して
日本の天皇は民と同じ市中に約1000年も暮らし、幕府という軍事政権から民を開放し「四民平等」「五箇条の御誓文」を打ち立てた御方だ。
ここから日本の民主主義の歴史が始まっている。

明らかに西洋や中国の「権力者」という生き方とは違う。
そもそも天皇は西洋の王のように宝石をちりばめた王冠(クラウン)を誇った王ではない。
現在も過去も諸外国の王に比べて驚くほど清貧な暮らしをし、
民のことを「おおみたから」と呼び、「おおみたから」の尊さを誇った王なのさ。

日本で最初の福祉政策を開始したのは仁徳天皇とも元明天皇とも光明皇后ともいわれる。
ご存知の通り、仁徳天皇は夕方になっても民の竈から煙が上がらないのを心配して3年間の減税措置を行い、
元明天皇は80歳以上の孤独老人に衣食住を保障した。
路上生活者やストリートチルドレンを保護したのは光明皇后の悲田院や施薬院だ。

こんなことをやった皇室は世界のどこを探しても日本にしかいないわけだよ。

839 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:14:47.69 ID:iHGxPUnK
>>837
纏向遺跡を否定するのだろうか?
それは明らかに学問的な態度ではない。

840 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:17:29.26 ID:PtJsRRgL
大和の王権とも言うべきものがあった時代以前に、
邪馬台国が、奈良県にあったわけだろ?

841 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:22:22.55 ID:bOEVH/rf
>>839
>纏向遺跡を否定するのだろうか?
遺跡そのものを否定しているのではなく、遺跡がヤマト王権に通じる存在であるかどうかの
明確な証拠すらないのに、「考古学的にはこれが日本の建国だとされている」などという嘘を
まことしやかに書き散らすことを批判している。

842 :名無しさま:2013/10/20(日) 11:49:10.44 ID:iHGxPUnK
>>840
邪馬台国は当時の魏と国交のあった一地方の国に過ぎず、それ以上のことは現在何も解明されていない。
ましてや安直にヤマト政権と結びつけるのは学問的な態度ではない。
そもそも魏志によると邪馬台国の人口は約5万人とされるが、当時の奈良の考古学的調査からしてそれは有り得ない。
それに魏志によると邪馬台国は太平洋の海上に存在したことになる。ますます意味不明だ。

外国人が書いた邪馬台国伝説は、日本現地の考古学的調査を待って冷静に見極めればいい。


>>841
…?
出土物からして、考古学的には明らかにヤマト王権に通じている。

例えばすぐ近くの唐古・鍵遺跡は弥生期の一大勢力だったけれど、それはヤマト王権とは通じないことが判明している。
九州や吉備の文化的特色を受け継ぐ纏向遺跡の出現が一つのキーポイント。
神武天皇の東征の記述とも合致する。

843 :名無しさま:2013/10/20(日) 12:03:57.97 ID:bOEVH/rf
>>842
>出土物からして、考古学的には明らかにヤマト王権に通じている。
通じてないよ。
嘘書いちゃいかんね。

844 :名無しさま:2013/10/20(日) 12:07:13.16 ID:iHGxPUnK
>>843
だから、どこがどういう風に通じてないのかをきちんと説明してほしい。
初めて見る意見だ。

845 :名無しさま:2013/10/20(日) 12:40:32.05 ID:iHGxPUnK
ちなみに邪馬台国伝説は当時の中国の政治的理由から作られた中国国内向けのプロパガンダと見るのが妥当。

魏志によると日本列島は九州を起点に南方に伸びる列島だと記されている。
しかし実際には全く真逆の北方に伸びる列島だ。

なぜこんな大嘘が堂々と大書されたのか?
それは当時「魏」と対立していた「呉」「蜀」など南方国家を牽制する為だと考えられる。

846 :名無しさま:2013/10/20(日) 12:43:19.71 ID:u9TR+ZnK
日本は天皇に気に行かれればいい人生送れるよ!wwww
ヒップホップで言う所のバビロンづけってヤツwww

847 :名無しさま:2013/10/20(日) 13:34:09.44 ID:bOEVH/rf
>>844
>どこがどういう風に通じてないのかをきちんと説明してほしい。
纏向遺跡群が他の一般的な遺跡には見られない多くの特徴があるというだけで、
「ヤマト王権に通じている」かどうかは明らかではないよ。
「明らか」と言ってるのは君くらいで、考古学者や古代史家では
定まった学説はなく、まだまだ可能性の範囲に過ぎない。

848 :名無しさま:2013/10/20(日) 13:35:55.36 ID:bOEVH/rf
>>845
>邪馬台国伝説は当時の中国の政治的理由から作られた中国国内向けのプロパガンダ
これも嘘。こんなトンデモを平気で書くから天皇信者は馬鹿にされる。

849 :名無しさま:2013/10/20(日) 15:28:30.53 ID:0IuaRzbj
魏志倭人伝だろ?
あれが、中国の政治的理由のプロパガンダって、
その当時は中国共産党も、毛沢東もいなかっただろう?

850 :名無しさま:2013/10/20(日) 17:43:52.14 ID:iHGxPUnK
>>847
ああ、書き方が悪かったですね。
まず纏向遺跡の特徴についてごく簡単に説明します。

・出土した土器の平均15%がヤマト以外の地域で作られている。
・その地域は南九州から南関東に及ぶ。特に吉備地方のものが多い。
・王権祭祀の原型が見られる。

まずはこの三点について一つづつ、論拠を示しながら王権との繋がりを否定して下さい。



>>848
>>849
では納得できるように説明してもらいたい。


魏志によると日本列島は九州を起点に南方に伸びる列島だと記されている。
しかし実際には全く真逆の北方に伸びる列島。
なぜこんな大嘘を書いたのか?

仮に未開文明の土人が描いた地図だとしても、こんな南北真逆という根本的なミステイクは有り得ない。
ましてや相手は大中国文明の一角である、「魏」サマだ。
何らかの政治的意図でこんな嘘を書いたとしか思えない。

851 :名無しさま:2013/10/20(日) 17:49:51.97 ID:bOEVH/rf
>>850
>論拠を示しながら王権との繋がりを否定して下さい。
逆だろう。君が「その程度の理由」で天皇との繋がりを証明しなきゃならないんだよ。
こちらは「明らかではない」という立場なんだから。

852 :名無しさま:2013/10/20(日) 18:14:14.28 ID:iHGxPUnK
>>851
なるほど。
ではあなたが「その程度の理由」と考える最大の理由、
あなたが考える纏向遺跡最要の特徴とはそもそも何ですか?

まずはそれを知らないことには議論ができません。

853 :名無しさま:2013/10/21(月) 01:34:14.99 ID:QF3j/Szs
というか何をしようが皇室は1400を超える歴史を持つ現存する世界最古の王家であるのは揺るがないだろ
エチオピアはもったいないことをした

854 :名無しさま:2013/10/21(月) 01:35:28.82 ID:QF3j/Szs
1400「年」
すまんね

855 :名無しさま:2013/10/21(月) 04:44:55.66 ID:+WOVci4e
>>852
>「その程度の理由」と考える最大の理由
>>847で書いてるけど。

856 :名無しさま:2013/10/25(金) 19:29:53.28 ID:fsuCoi8N
>>853
同意。
考古学的には少なくとも1800年だけど、この際重要なのは日本が現存している世界最古の国であるということ。
そこから日本の子供たちへの道徳教育が始まる。

杉原千畝のような外交官が生まれ、インドやインドネシア独立のために戦う日本人が生まれるためには
今の日本国ではダメでしょう。

857 :名無しさま:2013/10/25(金) 19:31:23.19 ID:fsuCoi8N
>>855
あなたが言っていることをそのまま参照します。

>纏向遺跡群が他の一般的な遺跡には見られない多くの特徴があるというだけで、
>「ヤマト王権に通じている」かどうかは明らかではないよ。

これに対し、まず「纏向型前方後円墳」の全国的波及を指摘します。
南は鹿児島から北は福島県まで、列島規模で「纏向型」の古墳が分布しています。
当時ヤマト王権の他にこのような勢力があったという話はとんと聞いたことがありません。
よければ、あなたの具体的な見立てを教えて下さい。何が纏向遺跡の中心勢力だったのですか?

纏向は他地域からの搬入土器が15%以上出土するという日本史上初めての「中心街」の出現地であり、
その搬出元で量的に多いのは吉備、瀬戸内海、伊勢湾とあります。

次に王権祭祀の原型が見られることを指摘します。
それまでの青銅器祭祀が纏向出現を機に姿を消しています。
火と水を使ったマツリと導水施設、小規模ながら方位をきちんと合わせた祭殿風の建物の存在。
その後の王権祭祀の特徴と一致します。

こちらは今まで散々、あなたの言われるがままに長々と色々なことを書かせて頂きました。
そろそろ退屈でしょう? 今度はそちらの番です。

858 :名無しさま:2013/11/03(日) 10:20:08.17 ID:guL+Sysi
>皇室は1400を超える歴史を持つ現存する
>世界最古の王家であるのは揺るがない

恥ずべき記録だな
無能な馬鹿を担ぐなどサルの行為w

859 :名無しさま:2013/11/03(日) 11:01:04.97 ID:2VxGWdVu
>>858
考古学的には約1800年の歴史が保障されている

反論があればどうぞ。

860 :名無しさま:2013/11/03(日) 11:03:15.63 ID:zzJfCPvo
宗教と同じで精神的な支柱が欲しいのだよ
まあ日本人には必要ないけどね

861 :名無しさま:2013/11/03(日) 11:23:50.75 ID:5PSqhnAV
>>859
されてないよ。
ヤマト王権が天皇家の先祖だとする考古学上の学説は存在しない。
卑弥呼や倭の五王が誰かも確かじゃない。

862 :名無しさま:2013/11/03(日) 11:40:11.35 ID:2VxGWdVu
>>861
なるほど。
まず伺いたいのが、「倭の五王が誰かも確かじゃない」というのが比喩的な表現なのかなんなのか、

日本で最古の首都と目される奈良県纏向遺跡。
その纏向研究の第一人者、寺澤先生の研究については御存知で?

863 :名無しさま:2013/11/03(日) 12:45:00.59 ID:5PSqhnAV
>>862
>纏向研究の第一人者、寺澤先生の研究について
邪馬台国=纒向遺跡説を主張してる寺沢薫のことか?
まだ決定力に欠ける学説だけどな。

864 :名無しさま:2013/11/03(日) 12:48:09.57 ID:5PSqhnAV
仮に寺沢薫の邪馬台国=纒向遺跡説が正しいとしても、倭の五王が
記紀に記された歴代天皇のことであるとする決定的証拠もない。
また、それらの王権が万世一系の天皇家の先祖であるとする根拠にもならない。

865 :名無しさま:2013/11/03(日) 13:01:11.63 ID:2VxGWdVu
>>863,>>864

私は「邪馬台国=纏向遺跡」説には立ちませんね。
ただ、纏向遺跡が日本最古の『首都』であることには賛同しています。
寺澤先生の纏向研究については一目置くべきでしょう。
いろいろなことが学べます。

866 :名無しさま:2013/11/03(日) 16:04:24.88 ID:Gn/XDwQs
平安時代じゃあるまいし
現代社会に天皇、 天皇制、 皇族はいらない!
役立たずの天皇一族です。

867 :名無しさま:2013/11/03(日) 21:02:08.45 ID:guL+Sysi
現皇室の祖先の継体天皇は、
倭の五王とは別系統なんだがねw

868 :名無しさま:2013/11/09(土) 16:15:59.41 ID:Ie4lS9PZ
さんざん貴重な家系だとか
神格とか言ってるけど

そもそも
本当に血統が続いてるかどうかすら怪しいもんだよね
勝ち残り生き残った者につくらされ
都合の良い歴史にした文献しか残ってないのに

869 :名無しさま:2013/11/09(土) 17:17:08.03 ID:1pY2FGJ4
メニュー偽装より悪質なのが血統偽装。

870 :名無しさま:2013/11/09(土) 18:10:39.98 ID:pvc/h+U6
今の時代に日本に天皇制は必要なし、皇室なんて差別の何者でもない
※余計な事だけど世界の国の王室とか皇室とかもいらない

871 :名無しさま:2013/11/09(土) 18:17:04.87 ID:oXzZImJ0
「王とは掠奪者の末裔。」(トーマスペイン)

872 :名無しさま:2013/11/18(月) 23:33:47.34 ID:lKywLv77
カルトに論理的な理由なんてあるわけねーじゃん。

873 :名無しさま:2013/11/19(火) 00:13:26.39 ID:R5RgzrJX
【静養なう】皇太子さまがツイッターを始められる★2

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/curry/1383641588/

874 :名無しさま:2013/11/20(水) 09:23:57.89 ID:+pJFdXXX
天皇(制)とは、「古事記」「日本書紀」を経典とする宗教。
天皇は神主の親玉。こんな奴を税金で養う必要はなし。

875 :名無しさま:2013/11/20(水) 09:27:24.59 ID:7M9UtGPa
国民平等にするべきで
自公民系列の政党では無理

876 :名無しさま:2013/11/20(水) 17:20:00.53 ID:vkxOveCb
というか民主主義では無理だろ

877 :名無しさま:2013/11/20(水) 18:55:43.11 ID:bBObjIom
天皇が居なくなったら大使は馬車に乗れるのだろうか?

総理大臣がお殿様の姿で大使と会うのだろうか?

878 :名無しさま:2013/11/20(水) 18:59:16.90 ID:6caISouJ
山本タロウがなぜあんなにたたかれるのか、理解できなかったが、やっぱり理解できなかった。
天皇いらんでしょ、
最近の日本はおかしいよ。

ね。

879 :名無しさま:2013/11/20(水) 19:29:43.42 ID:bBObjIom
戦前からおかしいのですが。

880 :名無しさま:2013/11/20(水) 23:13:03.56 ID:6caISouJ
戦後でかわったのかと。
国歌の強制から始まり、今回の件もそう。

コウタイシに会って、よっ!げんきか?
って言ったら殺されそうなおかしな国、日本。

881 :名無しさま:2013/11/20(水) 23:56:44.60 ID:Wn0Q7gyB
チンピラ右翼と天コロ依存患者によって支えられた国営カルト。

882 :名無しさま:2013/11/21(木) 01:05:07.42 ID:AYwT4S51
反対派がビビりばかりで選挙にも出馬しないから皇室は安泰だな

883 :名無しさま:2013/11/21(木) 07:01:55.52 ID:37L6SWw0
ここは良いスレですね

884 :名無しさま:2013/11/21(木) 08:39:20.78 ID:Dvjxf2sX
>>880
イギリスの方が、
庶民から話かけてはいけないとか、
ルールがあるにしても、
王室批判の自由があるからね。
伝統があるから。

885 :名無しさま:2013/11/21(木) 09:45:11.56 ID:n/8kZBo5
天皇は元祖暴力団天皇組の組長。
ゴロツキが崇拝するのもうなづける。

886 :名無しさま:2013/11/21(木) 11:09:13.86 ID:Dvjxf2sX
>>882
日本人は、
論理的に考えたり、
ディベートをしたりするのが苦手と言うのか、
宗教的な天皇や天皇制に対して、
感情的に成りすぎているからではないか?
論理的な事を言う場合も、屁理屈や団子理屈をこねくり回して来たからだな。

887 :転ばぬ先の杖:2013/11/21(木) 11:19:59.22 ID:5tTVWtSu
馬車といえばケネディ大使の写真を見たら、
 段差が大きくて転ぶのではと思った。
 女性と老人のときはもう1段有ったほうが良いと思うよ。

888 :転ばぬ先の杖:2013/11/21(木) 12:22:44.85 ID:5tTVWtSu
権威付けの為に待遇を落として居た方がよい。
 各国大使が着任の挨拶をするなら1年でころころ変わる大臣よりも
 ありがたさが違う。馬車にも乗れるし。

889 :名無しさま:2013/11/22(金) 17:48:15.22 ID:rIxAxY0n
権威があるのなら、中国、韓国に一言いえば尖閣も竹島も返すはずなんだけどナ。
張り子の虎にはとっくに権力も権威もなし。

890 :名無しさま:2013/11/22(金) 20:26:41.41 ID:KcPCCPIN
日本の信者自民党には強い権威がある

891 :名無しさま:2013/11/23(土) 12:38:21.45 ID:jzYR+M5h
論理がないのがカルトの特徴です。
天コロ真理教はカルトです。信者に論理などありません。
一心不乱に狂ったように天コロ崇拝に耽るだけです。

892 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:01:55.54 ID:AMi3kPcT
縄文人=立礼度0 ほぼパープリン統治、アメリカのフラワー麻薬ヒッピー文化的なナニカ
中国から来た呪術を使う知識人がいた。

弥生人〜中国からきた、戦争と穀物栽培の概念を持つ動物を適度に飼う事ができる、
業の強い人脈。

この業の強さ、中国から来た部分がなければ、意味がない。

893 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:05:42.77 ID:AMi3kPcT
天皇の権威とは、明確なもの
立礼性もなければ、明確な哲学も戦争と穀物栽培によって強制的に生まれる
生と死を物理的に囲む文脈は、どこから運び込まれたのか。
そういうものを自称して語る事憚らないのが天皇家などの皇族貴族であったはず。
歴戦の歴史と人脈バトルの結果、強者の地位を譲らなかっただけで存在している天皇家。
ぽ前らは、中国から来てなかったらそれができていないのだから、
中国から来ているという部分を無くしたら、歴史全てが禿げ上がる。
法的正当性皆無、ヒトが人の上に歩んできた浅ましくも逞しい歴史をただのチンピラの珍走伝となって
お縄に御用となる。

894 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:10:38.15 ID:AMi3kPcT
アフリカ等から出てきた人間の歴史が各国の大地に帰るのなら、全部家出少年少女の
哀れな末路にしかならない。
人類のチンピラ動が、陳とならず、真に王道足り得るのなら、中国の歴史もまた王道そのもので
繁栄大華であるし、天皇家も永遠にある。天皇家の永遠性は、文脈であり、その権力を行使したならば
正しく真に王道な文脈がそこに入ってきて、それが日本に真なる哲学の開花を与えることにもなる。
そうでないなら、地に落ちた廃絶陳片倒として、地面の中に記録されるだけ。
日本から知的な世界で脱出するということの実現のためには、文脈が必要で
これをなし得るためには限られた極めて細い微弱なものしかなかった。

895 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:13:32.68 ID:AMi3kPcT
現在は情報が氾濫する文脈が強固に実現される社会のありうる西洋型社会で
アメリカは大正義であるのは、戦争ではなく情報とネットによって成り立っていて
世界中の文脈は余すことなく、人々が想像するより多く存在している。
だから、天皇家は多少武家に取られたということを気にすることなく
王道を語ればいいのである。もしそれができないのなら、中国との間にある文脈を
まともな道としてそこに表すべきである。

そうすればもはや正しい鎖国ない日本となってなにも開国する必要がない。
哲学的に鎖国していることを恐ることもなく、ただ自由になった日本がそこにあるし
それを拒否するのなら、橋を王道として掲げておくべきで、それができないなら死ぬべき。

896 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:15:56.18 ID:AMi3kPcT
たしこの宇宙では人間が脱するためには、本当に効いいている哲学を
使わなくてはいけなくて、その実現は今では想像力と情報だけで成り立つ。
強大な文脈を放って置ける程度の確実な仕事が必要なだけ。

西洋人が意識していない文脈もあるので、ただ事実だけほうっておけばいいのであって
人間社会の頂点が誰であるかなどというのは、自分がどこから宇宙を見ているかということと同じくらい
イミのないことであるだろぉ〜。

897 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:33:34.98 ID:AMi3kPcT
中国では、かつて神農という伝統家が70代程度統治していたらしい。
これは命よりも高い食にかける巨大なる陰徳をもって治めるという意味で
食べ物を腹に収めると同じ意味で国を治めるといった、人間=食べる機械という定説に従って
愚直にそれを守り、唯の責任感が強い料理人が体を張りすぎて過労死するような勢いで死んだものである。
中国の知識人教養人技術陣といったものも文化大革命などで定期的に抹殺されている。
特に腐敗がひどくなったので文革でほぼ絶滅してしまった。
このように、食べることにかける陰徳が少ないことを極少の危険と言って、真にまっとうな道を進む者以外は
これによって最大に殺される。

898 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:41:41.98 ID:AMi3kPcT
日本人によって作り出された養生学には一つの歴史があって、水野南北
という観相学者、相見師の大家の得た天命的文脈がある。
中国と台湾、日本に東洋の顔相観の歴史があるが、際立って日本の相観術に力があるのは
この相観師の力によるもの。水野南北の文脈こそ、真に人間の価値を見抜いているもので
適当にぶら下がっている人間に関しては全てこの法則が当てはまるし
それは文脈の上で業の深い方の人間の歴史は否定されているということを言っている。
総じて、食べる機械である部分も理解できていない人間はその意味で死んでいるし
動物としての機能も満たしていない生き物がどうしていきていられると言えるでしょうか、という意味である。

899 :名無しさま:2013/11/24(日) 00:48:57.67 ID:AMi3kPcT
人が食べるとは何なのか、食べるとはなんなのか、食べることができるとは一体何だ
これを神農は身をもって表し、業の深い方の人類は食べるものをじざいに扱えるようにすることで成し得ようとし
ただアフリカでは何も考えず食べていたのである。
業の深い方の人脈を受ければ、中国でも文化大革命の嵐は吹き荒れるし
そこにどこ出身だとかどんな知識を持っているかというような粗末な情報花にも意味をなさない。
腐った文脈を得た書物なら燃やされるべきだし、人もそう。むしろ知識を消せば
子孫は大して殺されなくて済むのだから、優しい策であった。飢えに対して浅ましい感情を抱く
人間であれば農家でも殺されるし、他も等しい。
日本が特徴的なのは古いからというより、海に阻まれていれば中国人は来れても
中東の人間やモンゴル人は着づらいという部分にある。この二つが業の深いほうの人脈だからだ。
アメリカに近づいたほうの業の不快方の文脈は、やがてものを運び守ることの重大性に重きを置いた
見方をし、実際に世界中の食べること自体を動かすようになる。食べるそのものを動かすのではなく
食べるという塊そのものを槍で刺して持ち帰っていく、また槍を刺して私物化する
こういったことで食べることを理解しようと勤めたわけである。

900 :例えば君が居たとして、邪馬台国は:2013/11/24(日) 02:43:42.24 ID:AMi3kPcT
中国人は食べること自体を極めようとした方の文脈をいくつも持っていて
だから海外にいって突いてもって帰るといったことがあまりない。周りにいる人間を
手下にしようとすることはあっても、海外に遠く出て、全部領地にしようとする意欲は
食べる動機から言って、そんな文脈はない。
ここに文脈の固定性と見えない橋の外側の陰的な実在しないものによって存在する陰の束縛がある。
食べられないという意味が陰だとすると、これに他所の食物を投下することで成し得る西洋的なやり方と
陰に向き合う東洋的な見方がある。この周りを業の深い方の文脈が回っているから
実際はこの業の深さはアフリカからアメリカにいたる栄光のロードである。
ようは、人類の業の深いチンピラ道には、なぞの人類以外のものがあるので
それを見た上で各国の文化を見ないと、真の力などまったく手に入れられないということである。

日本人において哲学の力が足りないばかりに、このやり方はまったく力不足で
可能性が人としてあっても、実際に起こりうることがありえないほどの空虚感で満ちている。
まるでそんなことはない、と笑っているかのような空虚感であるが、それは
栄光のロードや業の深さにいたる以前の追及の意味での立場で、とにかくまったく力がない。
日本人は陰が強すぎるので、特殊人間なのである。だから

901 :どこの哲学でできているのか:2013/11/24(日) 09:11:05.39 ID:AMi3kPcT
日本の天皇論者はただの学校で馬鹿になったアホの集まりで、全部燃書して
畑に埋めるべき。

因をまったく説明しないまま天皇を語った気になっている騙り幼児の集まり。

海外では国によって哲学が違うことを知らないことがモロばれ。
哲学は国によって違うのであって、ここを言わなければ哲学を語ったことにならない。
どこ国からきたか、は哲学がなんであるか という意味の証明で
どこからどこへ動いたか考古学的発想しかない日本人のアホ学者は最初から理解できないまま
死に絶えるように設計されている、出版させ会議室を開き、弁当を食う程度の生き方をする機械。
真の王道の燃えカスで飯を食っているような緑茶しか飲めない伊藤園の手先は、死んだほうがより飯がうまいだろw
日本の学者も中国の系譜に習い、文化大革命されて畑の肥やしになれよ。そういうのを飯がうまいって言うの。

902 :名無しさま:2013/11/24(日) 09:15:06.11 ID:AMi3kPcT
出牢後、人相見から顔に死相が出ていると言われ、運命転換のため、慈雲山瑞竜寺(鉄眼寺)に出家を
願い出たところ、「半年間、麦と大豆だけの食事が続けられたら弟子にする」といわれ、堂島川で川仲仕を
しながら言われた通り麦と大豆だけの食事を続けたところ、顔から死相が消えたばかりでなく、運勢が改善してしまった。
こうした体験から観相学に興味を持ち、髪結い床の見習い3年、湯屋の三助業3年、火葬場の隠亡焼き3年と徹底した観相の
研究を実施して観相学の蘊奥を究め南北相法を完成し、節食が運勢を改善することを唱えた。

食に仏教があり、死を超越した知識・・・・

水野南北は現代基準で見てもかなり高度な知識人で、こういう風に
ピンポイントで要素を見抜かないと、真の傑物は日本では見つけられない。

903 :名無しさま:2013/11/24(日) 09:23:38.39 ID:H+NkiRaT
簡潔は知恵の精髄、
天皇は半島から来た泥棒一族。

904 :名無しさま:2013/11/24(日) 10:46:48.49 ID:ARz5iLtz
>>889
権威とか長い伝統とか、
国体とか、その他色々叫んで来たわけだが、
それが通用したような時期は、明治の憲法制定前後から、昭和20年あたりまでではないか?
現実の国際情勢には、
何一つとしと影響を与えて来た可能性は低いであろう。
つまり、日本国内だけでは無いだろうか?

905 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:09:57.12 ID:AMi3kPcT
軍事的なゲートが、文化の交龍を妨げているのが
ポイントで、現代の西洋型社会では各国の文化性を優先して尊重してくる
日本は軍権政治で鎖国までするような極度の軍事ゲート制を放って
元来持っていた文化的文脈・歴史を今につなげよ というのも
西洋型社会の要求にぴったりと一致している。

いまだに鎌倉戦国にできた武家の鎖で文化をがんじがらめにしているのは
あまりにナンセンスで陳腐だといった感じだ。
西洋ではどのように文化が伝来したのかを非常に明確に言うのに
日本ではローマ語といった文脈の使い方すら憚られるのも、武家の放った鎖に
配慮を配っているだけの非常に意味のない浅ましい行為。

906 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:16:00.63 ID:AMi3kPcT
日本人は政治に配慮して、文化を捻じ曲げて演ずる軽薄な奴隷根性がある。
夫家に配慮して、自らの家の伝統を捻じ曲げて押し殺す妻と妻家のような、苦しさを見る。

アメリカやEUでは文脈を非常に大事にする、というより、それがなければなんであるのかという
これらが世界の覇権を握っているから、過去の伝統を見切るのか?アホげている。
これらが世界の覇権を握っているからこそ、その伝統制にしたがい、日本も過去の文脈を正しく
認める。しかしなぜかその当たり前ができなくて、知的な詮索でない
細々しい人脈の詮索が権威を持って邪魔をしている。

武家の歴史に配慮して、日本人は国策的企業の事業に配慮して歴史が中国などからつながっている文脈を
意図的に裏に返している。まさに夫家の家業に配慮して自らの出自を隠す妻である。
中国共産党と同じで、政治的詮索を元に歴史を偽ることを憚らない愚かさがある。
日本人は自らの歴史を武家の歴史を横断させて偽っていることを自覚するべきだ。
結局は負けて核爆を落とされて馬鹿でもわかる明確なNOを見た日本人の武家なのだから
いつまでも配慮するべき夫ではない。

907 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:20:08.70 ID:AMi3kPcT
なぜ日本人は武家の家柄を見るたびに配慮して憚り文化を捻じ曲げてドヤ顔をするのか。
そもそも徳川家もしかり、武家の中には自分たちが天皇家のような中国からきたという
貴族とは明確に違う土着のしかるべき傑物だと自称して自らが地域の代表者であると
形付ける習慣がある。
なので武家はまさに日本の文脈を切断した張本人そのものだ。

こういった武家のアホげている自己主張で文化観を偽り、適当な浅学しかない
人間はそれをまじめに信じ込んできた。日本の正しい文脈を見つめなおせるよう、
天皇がそこにいるじゃないかぁ〜。

908 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:26:15.38 ID:AMi3kPcT
アホ〜な武家に騙られてそのまま放置というのは、まじめに信じ込むべき歴史ではなく
ごみのような文脈である。どこからかやってきた一族と村だったのに、
いつの間にか一族がわけのわからない天然事故主張をおっぱじめ、めちゃくちゃな
ことを言うようになったようなものである。
ただのゴミ武家に過ぎないのに、文化を適当なものとして片隅に追いやるような事をしている。
武家の文化に対する配慮など、官僚の法遵守みたいなもので言いたいときにつく嘘である。
徳川家康だって中国から学習した参謀が居なかったら、江戸時代を作れて居ないだろ。
それをどうしたら土着の傑物と自称できるのか。そういうのは恥ずかしい見栄だろぉ。

船で行く必要がないんだから、今の時代にそういう武家の配慮をする必要性がない。
西洋的人文学社会ではそういう配慮はどうでもいい。非常に惜しい(文化的な意味で)
働きだ。そういうのが無ければ文化的な文脈の働きは良くなるだろ。

909 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:29:09.85 ID:AMi3kPcT
何で現代に生きている日本人が、過去の戦国時代の武家の一族に気を使ったような
文化を自称し続けるのか?
中国が文革されて共産党化しているから余計にわかり難い。

文脈がアホだから、正しく過去を引用できず、アホ名知識人もどきが闊歩する日本なんて
海のそこに沈下してしまえば、一番きれいになる。

910 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:31:53.91 ID:AMi3kPcT
別に日本人は中国からの文脈を引用するのが嫌いじゃない。
ただ武家がそれを嫌ったのをまねするボケサルが居るだけ。
周りを見回してまねして自らの出自の汚らわしさを隠そうとした秀吉のような。

そういうやつの話なんか、バブル後の日本ではかすんで見えない。
今こそ〜正統な文脈を語るべきである!〜

武家の文脈など要らない、
文化の伝道師の文脈こそ、運んだ歴史こそ真実〜

911 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:34:34.94 ID:AMi3kPcT
欧米では宗教BOX
中国だと門派集団

文化の文脈は強大であることこの上ない。
日本ではどうだろう。文化の方の筋はどこにあるのか?
それの薄さを武家の家筋で補ってるつもりになってるけどミスボラシイ。
武家なんて農家と大差ないんだよ、この国では。

912 :名無しさま:2013/11/24(日) 11:41:31.35 ID:AMi3kPcT
パソコンにたとえるとわかりやすいだろ。
この会社から来たこの○○があって、この○会社から来た○○があって
そういうのがあって我が社のパソコンもある、などと平気で言う。
こういうことをいえない日本に文化はあるのか?
武家に配慮してこそこそしている感じがする。

中国でも仏教などの文脈等、切りたいときに切り去ってきた。。
そういうのを収めて言うべき。
日本はウイグル・チベット弾圧と同じようなことを文化でやっている。
しかも中国ならいろんなところから来た人が己の自伝を語るが、
日本の文化の伝道をわざと無いように見せている武家鎖はやってることが違う。
全部の根元みたいのを鎖で縛って騙している。これは痴呆症を引き起こす。

913 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:21:53.64 ID:Mlx6KlNZ
中世でいうと、(武)士農工商・・・
武士は食わねど高楊枝・・もっとも贅沢な暮らしは商人ですよ?
質素倹約を美徳とする、おそらくあなたたちには関係のない哲学ですよ

914 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:25:52.31 ID:FIKPuWhd
大抵の場合、美徳というのは現実には逆の現象があるから美徳とされるケースが多い。
聖徳太子の憲法十七条「和を以て貴しと為す」は、有力豪族間の抗争を戒めるために
言われたことだし、武士の質素倹約も元禄以降、賄賂の横行に対処する為の戒め。

915 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:33:20.54 ID:Mlx6KlNZ
アメリカ人にわかるようにいうならば
ブルースウィルスがモテる武士ですよ

916 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:47:05.52 ID:1nM3U0Jw
つか天皇がいなくなったらアメリカが存在する理由もなくなるね
どうするか崩壊する方にもっていくか?

917 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:48:10.64 ID:ZbmSsYA0
天はもういらなくなるってことだから日本人も好き勝手はじめてもいいってことだろからね

918 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:49:07.85 ID:Mlx6KlNZ
ハーバードIT系?
つまりあなたが何歳か存じないが
たがだか頭のいい人間が何十年考えた答えが、ただ あなたにあるということなの
である。
ところで、ギロチン台を前に、真実を叫びつづけた、賢人の足元に及んでいるの
か?そこが疑わしい。
例えば、キリストに関して、歴史上、のべ どれだけの賢人がキリストを語ってきた?
その歴史に残されたものは、あなたの頭脳の及ぶところではない。
現実、あなたが何を言っているのか?私にはさっぱりわからない。

919 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:55:34.76 ID:1nM3U0Jw
いやだから誰がやったか知らないけど文学から歴史からいろんな物が爆弾仕込んであるもんなあ
それを悪意をもって広めていくだけであれっすわ

920 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:59:27.80 ID:ZbmSsYA0
古代の呉人あたりの名残りかね〜
オタクはあまり近づけない方がよさげだけど

921 :名無しさま:2013/11/24(日) 15:23:54.56 ID:Te1JTMFk
カルトに論理があると思ってるの?全てが虚妄だ。

922 :名無しさま:2013/11/24(日) 19:28:44.33 ID:C8K2m6GQ
カルトでも多数派ならば民主主義ではそれが採用されるのだ

923 :名無しさま:2013/11/24(日) 20:59:53.63 ID:AMi3kPcT
アメリカ社のパソコンを褒めれない中国国営パソコン企業はまだいい
しかしパソコンが我が国の出自であると騙るような北朝鮮企業は
正しい文脈の引用が難しいことになってボケてしまう
(どこから引用すればいいの?架空の妄想でPCを作るの?)
実際中国ならぼけている感じはそんなに無いのに対して
北朝鮮など全体的に呆けてしまっているような感じがする。
根本的な文脈さえ切ってしまうような人間に力が沸いてくることは無い。

ただパソコンの企業は薄い板と微弱な電流を使ってて、繊細すぎて
技術一筋にいくしかないので、国には喩え難い。

924 :名無しさま:2013/11/24(日) 21:02:48.40 ID:AMi3kPcT
913 :名無しさま:2013/11/24(日) 14:21:53.64 ID:Mlx6KlNZ
中世でいうと、(武)士農工商・・・
武士は食わねど高楊枝・・もっとも贅沢な暮らしは商人ですよ?
質素倹約を美徳とする、おそらくあなたたちには関係のない哲学ですよ


なんだこれは???
徳川家康家より贅沢な商家はない。
徳川家は商家だとでも思っているのか?
似非知識人を騙った大阪の出っ歯作家の言うことを酒場で真に受けて
そのまま本に書いてしまった詐欺にはまりやすい人の本を読んで
それで大学の講義をやったつもりになった教授の教え子か?

925 :名無しさま:2013/11/24(日) 21:40:59.21 ID:Mlx6KlNZ
源氏ですが

926 :名無しさま:2013/11/24(日) 21:43:48.68 ID:Mlx6KlNZ
ヨーロッパ貴族 三銃士なんかも同じような考え方がありますよ
目の前は棺桶だ なにをもっていく?

927 :名無しさま:2013/11/24(日) 21:59:49.73 ID:Mlx6KlNZ
人権とは人にしか与えられないことを知っていたか?
人でないものに人権を与えてはいけない、人でないものを
人なみに扱ってはいけない人の守られる人権が消えていくから
人でないものの斬りかたって知ってるか?冗談だよ

928 :名無しさま:2013/11/24(日) 22:27:05.31 ID:Mlx6KlNZ
アメリカ黒人差別なんてないのだがここは
勘違いしすぎ アメリカ人は

929 :名無しさま:2013/11/24(日) 22:32:57.33 ID:Mlx6KlNZ
死にたくないのか?
ならば足元に機関銃をぶっぱなしてやれ
アメリカ人がベトナムでやったように
そのほうが楽しい
踊れよ

930 :名無しさま:2013/11/24(日) 22:58:54.24 ID:Mlx6KlNZ
非人がくせーじゃないか?
フランスの糞売女!これがジャンヌダルクだよ
おまえ刀も抜けないのか?

931 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:17:13.46 ID:AMi3kPcT
源氏はどこの文脈を引用しているんだ?そこを適当にしているから
日本はいくつもあるように見えてしまうんだろ。
あなたが源氏と同じ場所に行って同じ事をするための条件を言ってみろ
そこに巨大なるものが無ければ、ただのイナカのおじいちゃんだ。

キリスト教は死を超越してないし、生を生み出しても居ないからかなり適当なものだ。
たんに驚意が強くてインパクト化しているだけ。利益率が低い。
人間が生きているのも死んでいるのも大差ないし、その意味は波の上に出てる部分が生きているだから
波の凹んだ死もなにもないという意味で、凹んでいる部分を見たくも無いのに
上に出ることもできないから適当に暴れているだけのキリスト教などゴミのような物。
上に出てるとキリスト教、下に居るとアンチクライストとか言う幼稚さ。どっちも只の一波なんだから
そんなことを行って記憶を分断しても痴呆症になる率が高くなるだけ。キリスト教の末裔の
医学の知識も浅いのに何を言ってるのかw

932 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:22:29.98 ID:AMi3kPcT
秀吉の実績ぐらいしか信じるものも通用させられるものも無い大阪人が
ちょっと見栄をはるだけなのに、それを教養としてしまう。
哲学としてみれば戦争で勝つことだけを元にしたもので、
上に書いた歴史的な文脈上の話だから、秀吉は中国皇帝よりぜんぜん格下のゲテモノとなる。
家康もちょっとそこでやってるおじさんに過ぎない。
全部自分たちの作ったものを適当にまわし読みして田舎でコピーの歴史をやれもしないような
怪しい日本人の歴史は、そもそも哲学的に窮屈にできているところが原因だ。
貴族コンプレックスをむしろ逆にアイデンティティー化したのはまだしも
そういった武家の目先の征服のためだけの持論を元に、日本人は中国からきた
文化を使いながら、なおかつオリジナルになってしまったなどと勘違いするのは痴呆症だ。
まったくオリジナルじゃないのに、老人が家人に見栄を張るために嘘をついている。これが世に言う鎖国ボケである。

933 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:26:09.23 ID:AMi3kPcT
どれも宇宙の情報なのに、勝手に分断すると痴呆症になる。
中国も日本も同じ宇宙なのに勝手に分断すると、武士の末裔のように
痴呆症がひどくなって大変な放置プレイになる。

つながってる文脈を直視できるようになってからどうにかしろよw
わかりもしないのに弾みだしても、狂うだけ

934 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:33:28.26 ID:AMi3kPcT
痴呆症が決定的に人間の道に反している点はそれが矛盾している形であることにある
普通人が前に進みたいときは、そのまま進む
ここで自立しないで他人に頼っている部分があれば
それがうまくいかなかったことで止まったまま貼り付けになる
だから脳の記憶が貼り付けになりやがてオカシクなっていくとき、人はそれを痴呆症と発見するのである。

哲学的な部分と教養を中国に頼って進みだし、知的な部分の文脈で痴呆症発見
日本は痴呆症

935 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:35:43.71 ID:AMi3kPcT
歩き出して、皮が一筋他人に張り付いたまま進めば
やがて進めなくなる
こういうのは進展とは言わない。ただ持っていたものがはげて狂ってるだけで
本当に脱したのとは違う。

936 :名無しさま:2013/11/24(日) 23:46:20.59 ID:XOtTx1mz
「皇紀2673年」というのは何も伊達や酔狂で言ってるんじゃない。

2000年以上の歴史を有するとなればこそ、実体は何らまとまりの無い烏合の衆なんだよ。
長い歴史の中で色々な立場があり、皆それぞれ家系図もかなり複雑に枝分かれしてわけが分からなくなっている。

それらを全てひっくるめて一つの結束を生む力はこの世にもはや「宗教」しか無い。
でも日本にはまだ奥の手が残されている。
それが「天皇」さ。

「天皇こそが宗教だ」という人もいるけど、笑止千万。
世界の宗教の現実と、日本の天皇の歴史的事実をフェアに研究すべき。
『八百万の信仰の自由を認めるエンペラー』それが世界史的な天皇の特色。

937 :名無しさま:2013/11/25(月) 00:39:22.27 ID:9KCqjYst
人としての君の役割を果たさなかったのが天皇
中国から来たのに堕落して仕事をしなかった
そういうろくでなしの君は殺してしまえばいい。

犯罪者。
天皇が日本に着てから、中国はデカクなった。その勢いに圧倒されて歴史をフレッシュに格を上げろよ。

口伝が伝わらなくなってから久しい。
日本みたいに鎖国を極めた特別な国で口伝を口にすれば、斬首刑になるほどヒステリック。
口伝を仕切らなかった天皇の悪行と堕落を教え、日本人を開放しろよ。

海は開く。

938 :名無しさま:2013/11/25(月) 00:48:29.66 ID:9KCqjYst
B'z youtube.com/watch?v=RmSSCUPgiiQ

VERB COMMUNICATION(Long)

作詞:稲葉浩志
作曲:松本孝弘

Crazy in my mind 正統騙ってる
銅剣は交わしたけど 名詞も知らない
Is it love? それとも……
I don't know wow wow wow wow wow wow

いつでも Makin'love 君じゃなくても
真っ赤なバラの花びらで 直立不動 nights
That's Kill それでいい
I say wow wow wow wow wow wow wow

欲しがってる どこかで
人間だけの 王道を
陰負けしないで 生きていられる Don't you think so?

Hey, Hey Give me your body no, no それだけでいい
コウケ撃ち殺して 山が割れて平野取り戻すまで
Hey, Hey オシエナイ pass into  君のこと
イミフな動詞で 格真にせまらないで
Hey, Hey Speak up We Logic
wow wow wow wow wow wow wow
Verb Communication

939 :名無しさま:2013/11/25(月) 00:49:53.44 ID:9KCqjYst
過去の地元の bad news TVで楽しんでる
そんな卑しい自国に やさしく飼いならされていたい
Is it free? Is it happy?
I don't know wow wow wow wow wow wow

皇族にリズム合わせて もっと利口に生きれば
血も流れない ウワベの惨風慢富 days
It's alright, Are you alright?
I don't know wow wow wow wow wow wow

そう 逃げてる
真の過去を 失うのが怖くて
かけがえのないものを作ることから逃げ出してる

※Hey, Hey Give me your body no, no それだけでいい
公家押し殺して 海が開くまで
Hey, Hey コロシタイ any more 君のこと
イミフな動詞で 格真にせまらないで 
Hey, Hey Give me your body no, no それだけでいい
ウソで真伝を Shut it up! 触れないで
Hey, Hey ワカラナイ any more 人のこと
wow wow wow wow wow wow wow
Verb communication※

940 :名無しさま:2013/11/25(月) 08:24:07.27 ID:9KCqjYst
イミフなコトバで 煙に巻かれそうだから
生を超越したようにに立ち上がる体が欲しいだけ
Give me your  exile(キ・ミ・は・シ・ケ・イ), yeah alright
We say wow wow wow wow wow wow wow

そう 逃げてる
いつか過去を 失うのが怖くて
かけがえのないものを作ることから逃げ出してる

www.e-saikaku.co.jp/president_blog/wp-content/uploads/2012/11/1757_01.jpg
static.flickr.com/69/168713770_681a9197b5.jpg
d2nh4f9cbhlobh.cloudfront.net/_uploads/galleries/24681/the-godfather-1.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c9/Emperor_Juntoku_large.jpg/250px-Emperor_Juntoku_large.jpg

upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/33/Yellow_Emperor.jpg
ecx.images-amazon.com/images/I/61mvd0wDYlL._SL500_AA300_.jpg
i1.chinamil.com.cn/jwjj/attachement/jpg/site1/20111226/001fd0499b9e10622f9250.jpg
m1.aboluowang.com/life/data/uploadfile/201110/20111027082202913.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0f/Fan_Zhongyan.jpg
livedoor.4.blogimg.jp/dqnplus/imgs/6/9/69fd5d80.jpg
b.blog.xuite.net/b/b/5/2/11519069/blog_78644/txt/32380427/15.jpg

941 :名無しさま:2013/11/25(月) 08:26:06.06 ID:9KCqjYst
www.youtube.com/watch?v=51B1q98O2OY
photo.wenweipo.com/2012/12/13/20121213xy0011.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d4/Macarthur_hirohito.jpg
nishigami.komei.in/image/report/20090620_2340.jpg
blog-imgs-60.fc2.com/i/i/m/iimatome7/e641920b.jpg
www1.odn.ne.jp/~ceg94520/rekishi/koukyo04.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/76/Minamoto_no_Yoritomo.jpg
blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/d2/5b13c3108a87e4a409b4cc1e7d44094a.jpg
jjtaro.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/02/20/s.jpg
pds.exblog.jp/pds/1/201301/12/93/d0060693_1949566.jpg
www2s.biglobe.ne.jp/~koua/tamio/gif/emaki_muromati8.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/18/Mooko-Suenaga.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9f/Sekigaharascreen.jpg
wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/image/71.jpg
www.sakai.zaq.ne.jp/duehv307/img324.jpg
articleimage.nicoblomaga.jp/image/12/2007/5/c/5c608d3b7f8ae09f1270dd446def3d8116df01c71186355738.jpg
big5.china.com/gate/big5/images2.china.com/mili/zh_cn/history4/news3/11078476/20091218/15742178_200912181005004791700.jpg
2.bp.blogspot.com/-mrr2EWx5lY4/UmoDl7WKkPI/AAAAAAAAANA/G85ctTjLcWg/s1600/%E3%83%96%E3%83%80%E3%82%AC%E3%83%A4.jpg
img.my.tv.cctv.com/attachments/2008/04/156189_200804171447347.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/36/Odanobunaga.jpg/250px-Odanobunaga.jpg
upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/7f/Toyotomi_hideyoshi.jpg/250px-Toyotomi_hideyoshi.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/73/Mikatagaharasenekizou.jpg
nohmask21.com/hannya1/hannya1J.jpg
img.uutuu.com/data7/a/ph/medium/090124/0fc11e572ac498fb33ee5bdd4617abc6.jpg?1232729081687
img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/ef/34/meiniacc/folder/1046238/img_1046238_43672010_2?1327612785
blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/08/b869adaed131e4c7201b8d6f761c2b7f.jpg

942 :名無しさま:2013/11/26(火) 23:08:51.91 ID:ogiD1Ljv
天皇家系が長く続いてるのは戦争は庶民にやらせておいて
高見の見物をしながら命令してきたから

943 :名無しさま:2013/11/26(火) 23:13:07.56 ID:COdXr5bu
現代では内外の飾りさ

政府の正統性を示すことができる

944 :名無しさま:2013/11/28(木) 01:02:39.31 ID:Uwv4x0wO
実務的な話をすると、共和制への改革にはまず莫大な金がかかる。
大統領選挙一つとってみても、

平成25年度の天皇・皇族費の総額…約5億円
前回アメリカ大統領選の費用総額…約5000億円。
(参考)日本の衆院選の費用総額…約700億円。

皇室の140年〜1000年分くらい?

945 :名無しさま:2013/11/28(木) 08:46:45.83 ID:OaXlHd+F
共和制はアメリカだけの制度じゃない。
ドイツ大統領維持費は遙かに安い。
それにアメリカの場合、首相は存在しないからその分の費用は掛からない。

946 :名無しさま:2013/11/28(木) 08:48:56.48 ID:DhcVI6/u
天皇、皇族は家賃ぐらい払えヨ。
都内の広大な一等地だけど、全員で年10兆円に負けとくw。

947 :名無しさま:2013/11/28(木) 08:58:07.45 ID:OaXlHd+F
>>944
アメリカ大統領選挙って公費じゃなく政党や支持者の寄付で行われるんだよ。
天皇制に使われる予算は全て税金から支出される。

948 :名無しさま:2013/11/28(木) 09:17:01.97 ID:Jp/NSGsD
>>947
アメリカ大統領選挙の資金の殆どは、
支援の大金持ちや一般市民の寄付で賄われているからね。
年収500万円から1000万円程度の市民でも、3万円から10万円程度は出せるような感じだ。
何故かと言えば、寄付に税金がかからないとか、
自動車税が年間4千円程度とか、重量税とかも無いとか、健康保険以外が非常に安いからなんだね。

949 :名無しさま:2013/11/28(木) 09:23:32.82 ID:OaXlHd+F
>>948
そう。だから税金で運営されている天皇制の比較として持ち出すのは不適切。
金額の違いを大きく見せたいが為のインチキなんだけどこそくなやり方で
全然「論理的」じゃない。比較するなら議院内閣制の大統領とするべきなのに。

950 :名無しさま:2013/11/28(木) 09:27:37.30 ID:5imoodg9
戦争犯罪人の昭和天皇は戦後、全国を慰問に回ったが、唯一、沖縄だけ訪問することができなかった。
昭和天皇自身が沖縄戦を引き起こした張本人であるという自覚と罪悪感に苛まれ、一度も沖縄の土を踏むことはできなかった。
1986年10月に沖縄で開催された海邦国体で、昭和天皇の沖縄訪問については沖縄県民の間でも賛否が分かれ、沖縄タイムスや琉球新報も世論が真っ二つに割れたこの問題を連日大きく取り上げた。
海邦国体を機に、昭和天皇の沖縄訪問を実現させたい宮内庁は沖縄県に対し、昭和天皇の沖縄訪問を打診したところ、
沖縄県側は「あの忌まわしい地上戦を経験した沖縄では昭和天皇の訪問を快く思っていない人が相当数いる。沖縄県警も警備上の責任を取れないと言っている」と言い、 暗に昭和天皇の沖縄訪問を遠慮してもらいたい旨の回答をしたのはあまりにも有名な話である。

951 :名無しさま:2013/11/28(木) 09:39:13.01 ID:OaXlHd+F
>天皇・皇族費の総額…約5億円
というのも嘘だね。これ、多分内廷費と皇族費だけを切り取った金額だと思うが、
両者併せて平成25年度は5億8千5百万。皇室費の総額は61億4千万だし、
宮内庁費は102億8千6百万かかってる。これ以外にも警備に当たる皇室警察の費用は
警察庁管轄のため皇室予算には計上されていない。

また、公務のために支出される国内各地の出席などの予算は地元自治体が持つ(警備費用も)。
かつては皇族が来ると地元産業の活性化に繋がるとして歓迎する自治体が多かったが、
最近では自治体が経費削減のため皇族の来訪を断るケースも出てきている。

これらの総経費は全て公費(税金)で賄われており、おおよそ270億年だと言われている。
ソース元は『天皇家の財布』。

952 :名無しさま:2013/11/28(木) 11:09:26.07 ID:0MlL+jDY
なぜ天皇は不要なのか、論理的な説明を!

953 :名無しさま:2013/11/28(木) 11:15:55.68 ID:VDC3Tv5B
単刀直入にいえば、永遠に個人家系に多額の税金を貢ぐことは

財政赤字の元凶

954 :名無しさま:2013/11/28(木) 13:11:22.19 ID:tRVqgOEY
24時間365日が心霊体験
ものすごい数の神霊、心霊が追いかけてくる
呪詛の始発点、呪詛の中心点
苦痛の終点
本当に痛い

955 :名無しさま:2013/11/28(木) 13:12:46.96 ID:tRVqgOEY
修験が苦痛をやわらげてくれるのがよくわかる

956 :名無しさま:2013/11/28(木) 14:35:38.99 ID:VDC3Tv5B
皇室連中に莫大な警備費用が必要かというと
権力や権威を持っていて多くの国民を殺して、うらみをかってきたので
御身の心配をしなくてはいけないから

957 :名無しさま:2013/11/28(木) 18:49:07.82 ID:VDC3Tv5B
M男w

958 :名無しさま:2013/11/28(木) 21:41:21.29 ID:p7oRND4M
マッカーサー「日本は12歳」
自立できない幼稚な天コロ依存国家、ジャップ。

959 :名無しさま:2013/11/28(木) 22:14:49.13 ID:+oqIVwoY
警備は三国人対策、

960 :名無しさま:2013/11/28(木) 22:35:34.75 ID:YJWpUSqw
このアメリカの黒人、なぜ黒人差別が大好きかしってるか?
金がもらえるから黒人差別に大賛成なのさ
べつに私は鏡にあなたをうつしてあげてるだけ

961 :名無しさま:2013/11/29(金) 03:40:39.64 ID:ZB6wbWNR
>>947,948,949
いやいやあ〜、
冷静に理論的に考えてください?

もしこれほどの莫大な経済的活動を日本の国家元首の選出などというつまらない目的じゃなくて
普通の経済活動として自由にやらせるなら
どれほど素晴らしい国益を生むことか…!

962 :名無しさま:2013/11/29(金) 04:40:42.34 ID:ZB6wbWNR
日本の国家予算約103兆円における国賓の接受・皇室費を含めた最終総額は

>>951さんのいうところ数百億円以内らしいですが、
これは諸外国に比べてどのくらいお得なのか

963 :名無しさま:2013/11/29(金) 09:03:16.15 ID:B0zDyIR+
>>961
>冷静に理論的に考えてください?
意味不明。冷静で論理的に考えれば、公費による支出による運営と
大半を私費で行われる活動を同列に扱うことの間違いを指摘するのは当然。

>もしこれほどの莫大な経済的活動を日本の国家元首の選出などというつまらない目的じゃなくて
国内ばかりか国際的にも大きな影響を及ぼす大統領選挙を「つまらない目的」とする
根拠を示せない限り、それは単なる君の個人的感想に過ぎない。

>>962
諸外国の「何」と比べてなのか質問の意味が不明。

964 :名無しさま:2013/11/29(金) 11:52:56.83 ID:oWSZV7vs
天皇家系数人のために数百億使う予算を
庶民に使えば数万人の民が助かる。
いや数百万人か

965 :名無しさま:2013/11/29(金) 12:27:24.87 ID:oWSZV7vs
自殺者が数万人だからその命も助かったかもしれぬ

966 :名無しさま:2013/11/29(金) 19:06:45.73 ID:apfbZGH3
おお、閃いた
 皆の意見は正しい
 税金は借金返済 
 皇族は寄付金にすれば大きく金が動くので経済が活性化する
経済が活性化すれば、税金も寄付金も共に増える、お目でとさん。

967 :名無しさま:2013/11/29(金) 21:36:01.50 ID:fSWxAeyA
天コロ信者に論理はねえ、カルト信者は精神病。

968 :名無しさま:2013/11/30(土) 08:25:06.24 ID:kKRo/uWq
なぜゴミが必要なのか、論理的な説明を!

969 :名無しさま:2013/11/30(土) 11:16:23.11 ID:OKwxgYnC
民主主義だから。

970 :名無しさま:2013/11/30(土) 16:12:02.39 ID:mDYij6cq
ゴミはクズカゴへ。

971 :名無しさま:2013/11/30(土) 17:11:44.14 ID:9M8je9gH
宗教=天皇教

972 :名無しさま:2013/12/01(日) 08:41:21.56 ID:vIe4RLT0
ゴミ屋敷の住人はゴミが宝に見える。

973 :名無しさま:2013/12/01(日) 08:50:48.65 ID:39f2SaXk
霊視の必要性もあると思いますゴミ屋敷は

974 :名無しさま:2013/12/01(日) 11:00:34.96 ID:3fBBAxZ9
天皇皇后両陛下インド訪問に対するインド人の反応

The Times of India
http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-11-28/india/44545698_1_pm-shinzo-abe-india-japan-empress-michiko


・「インド人総出で出迎えようよ。日本国民全員から敬愛されてる存在なんだから」
・「両陛下にはどうか、自分たちのホームのようにくつろいでいただきたい」
・「皇太子時代にインドに来た時のことにも言及していて、心が暖かくなった」
・「インドと日本の良好な関係が永遠に続きますように」
・「インドは両手を広げて、両陛下を温かく迎えます」
・「美しく、素晴らしいご夫婦だね」
・「今回の訪問は、インドと日本、お互いにとって有益なこと」
・「インドは国際問題で日本をサポートするべきだ」
・「インドと日本の友好関係は、お互いにとって有益だものね」
・「国際的ないじめっ子には、日本とインドが一緒に対処していくべき!」

・「インドと日本は生粋の友人同士。なぜ日本が長い間インドから距離を置いていたのかは不明だけど、
  天皇陛下の訪問をきっかけに新たな関係へ発展してほしい」

975 :名無しさま:2013/12/01(日) 13:59:22.38 ID:yfYSMTAA
カースト思想の残る国インド、
超絶VIP待遇ロイヤルニート身分の天コロ様、
そりゃ相性はいいわなwww

976 :名無しさま:2013/12/01(日) 15:01:07.94 ID:isw1tLr/
天皇は必要でない。ゴミだ

977 :名無しさま:2013/12/01(日) 17:02:02.19 ID:D0JbhEft
天皇というパンダを利用して、インド人を手なずけて商売しようという意図が見え見え。

978 :名無しさま:2013/12/01(日) 17:34:40.11 ID:sUz9HmV7
この訪問によって
日本側が得られるものはなにもないな

印度にタカられるだけだろう

979 :名無しさま:2013/12/02(月) 09:12:11.19 ID:HJhA7IRn
天皇、皇族が大した用事もないのに外国にうろうろ行くだけで億単位の税金が使われる、
赤字財政になるのも無理はない。

980 :名無しさま:2013/12/02(月) 17:38:56.75 ID:PqT5SxPg
自民政権は英語教育の強化に力を入れているから、
日本はこのままいけば、数百年後にはアメリカに吸収されるだろう。

遠い将来、世界が一つの国のようになるだろうから、その布石として
いくつかの国は大国に吸収される。

そうなれば、天皇制は残したくても消えてなくなる。

981 :名無しさま:2013/12/02(月) 18:39:02.24 ID:Eu4BvT4C
天皇パンダ論

本来的に天皇とは立憲君主とは相容れない。まずはこの基本原則を理解しろ。
明治維新を経て天皇の位置づけをどうするかとゆ〜コトを明治の元勲連中は
試行錯誤して考えた。王政復古なのだから天皇親政が適切だろうとか、開国
したのだから欧州の君主制を模したらどうかとか。で、紆余曲折をへて出た
結論がプロシャ型の君主とゆ〜立場を選んだ。現在の天皇の原型はここから
スタートしている。この段階で古来からの天皇とは違った存在になったワケ。

そして、戦争に負けると民主制に見合った存在にすべく考えられたのが現在
ある「象徴」としての天皇だ。この原型は英国型でありバジョットが唱えた
「権力と尊厳の分離」とするものだ。そこで当時の役人連中は考えた。英国
の王室ってどうしてるのか。見て分かったのはウンンザー公の国王離脱など
の変遷によって尊厳の対象としてではなく、「親しまれる理想的な家族像」
なる表出によって王室維持を図っているコトを。BBCによって王族の日常を
国民に伝え国民は王族の家族に憧れるとゆ〜図式の関係性だ。日本もそれを
取り入れた。それが「開かれた皇室路線」だ。

つづく

982 :名無しさま:2013/12/02(月) 18:40:06.56 ID:Eu4BvT4C
つづき

やがて時は移り、日本は繁栄しメディアは変わらず「開かれた皇室」の姿を
露出し続けた。大きな起点となった出来事が二つ起きる。一つは宝島社から
出た「皇室の危機」による論争と、昭和天皇の崩御である。前者は宮内庁の
職員によってもたらされた皇太子(今上天皇)の奔放な私生活の暴露であり
後者は時代のうねりであろう。これにより皇室は開かれ国民が無自覚な意識
で単純に憧れる家族ではないことを知らしめた。皇室にはやはり、深く高い
壁があり国民には理解できない独特の世界があるコトを、だ。

そうした状況を踏まえてオレは「天皇のパンダ化」或いは「パンダ天皇」と
呼ぶコトにした。パンダ舎はガラズ張りではあるが、そのガラスは実弾でも
貫通しない強化ガラスを使用している。つまり開かれているようで実は閉ざ
されている。これが皇室の実態だ。そしてパンダがタイヤ等で遊ぶ姿を見て
動物園に訪れる人々が喚起の声をあげるよ〜に皇居の前では日の丸を振った
人々が同様の声をあげる。オレにはこの二つが重なって見えるワケだ。

983 :名無しさま:2013/12/02(月) 20:43:38.36 ID:ilRtjDnw
最近授業に武道を必須科目にしたとか
子供も増やせとかいってるみたいだが
後10年後くらいに戦争する準備にも見える。
自民右翼政党ならやりかねない工作だ

984 :名無しさま:2013/12/02(月) 20:49:45.67 ID:ilRtjDnw
武道でなくてもスポーツはいくらでもある時代
あえて危険性の高いスポーツを必須科目にして
歩兵隊にでもするつもりかもな
庶民は将棋の歩のような身分にするのが自民政権

985 :名無しさま:2013/12/02(月) 21:37:18.85 ID:ilRtjDnw
戦時中竹槍で刺す訓練を兵隊でもないのにやらされたとか

986 :名無しさま:2013/12/02(月) 21:46:32.15 ID:YsUq+kbA
武道と戦争を結びつけるのはさすがに極論では…

987 :名無しさま:2013/12/02(月) 23:02:04.74 ID:9k6N+3CR
日本の民主化に貢献(玉音放送で国民に無抵抗を促す)したから、
そのご褒美としての象徴だろうね

世界中に独裁国家はまだあるけれど、権力者の世代交代のタイミングで
民主化を進めてくれたら、ご褒美で象徴でいられるというお手本でもある
金正恩は、延坪島砲撃を指示したのなら無理だけれど

988 :名無しさま:2013/12/03(火) 00:05:46.06 ID:vhkWV9Ob
もんぺ履いて本土決戦に向けた竹槍訓練、

もうアホかとwww

989 :名無しさま:2013/12/03(火) 09:01:31.29 ID:0z4yOAdw
>>982
現実に、皇室や天皇の在り方には、
庶民や国民との間に、
高いと言うのか厚いと言うのか、
壁があることが、この30年から40年間辺りで、ハッキリして来たわけだね。

990 :名無しさま:2013/12/03(火) 09:11:03.91 ID:0z4yOAdw
>>980
中曽根政権を切っ掛けとして、
約30年間の自民党政権は、
徹底的なチャイナシフトに傾いて行った訳だ。
1982年から1983年辺りからのチャイナ志向は、
凄まじい勢いを感じさせるように、個人的には思われる。
ところが、去年のチャイナの反日行動を切っ掛けとして、
流石の自民党政権も、30年間以上のチャイナシフトに、
疑問を提示始めた訳であろう。

991 :名無しさま:2013/12/03(火) 09:12:44.64 ID:2oNdor6k
武道イコール戦争傭兵育成効果
自衛隊のような訓練を押しつけたら国民にばれるから

天皇一族が多くの国民に迷惑かけて何がご褒美だ
責任とって自害でもいいくらいだろう
天皇は時代の権力者の言い分について逝くだけで
右翼政党の方針でまた戦争初めて
ころころ態度代えるだろうね

373 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)