2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中野区】人さらい容認【中尾彰裁判長】

1 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 07:19:41.46 ID:IwO9gJzL
平成26年7月24日判決 平成25年(ワ)第23550号 損害賠償請求事件
★被告 中野区 ★原告 個人
【裁判要旨】
中野区は平成21年8月10日に高齢者虐待防止法に基づき高齢女性を強制保護した。
その後1年1ヵ月に及び、当該高齢女性への親族・知人・友人への居場所を秘匿した。
上記の件を中核とする賠償請求事案
【判決ポイント】
中尾彰裁判長は中野区勝訴の判決。中野区の介護系職員の判断で1年程度は
強制保護した個人を家族全員(友人知人も含む)から居場所を秘匿することを適法とした。
(これからも中野区が、1年以上の期間、裁判を経ずに区民の居場所を秘匿することを容認)。
【根拠法律】
高齢者虐待防止法13条(面会の制限)(前略)当該養護者による高齢者虐待を行った
養護者について当該高齢者との面会を制限することができる。
(この文言を果たすために全親族友人知人に1年間居場所を教えないことを適法としたのが中尾彬判決)

【判決のポイント】
@虐待者に被虐待家族の居場所が知れると、襲いに行く可能性が排除できない。
 そのため強制保護した者の「親族全員」に居場所を秘匿するのは合理性がある。
A精確には強制保護した者の居場所を教えるのは個人情報開示であり、認められえない。
【原告の敗訴した主張】
@高齢者虐待防止法13条の明文規定に反している。「国民に示された法律文言」と、
 実際の運営が、あまりにもかけ離れている。ゼロリスクにこだわりすぎている。
A強制保護された家族、残余の家族が味わう「極限的な苦しみ」が全く斟酌されていない。
 日本国憲法に定める基本的人権の簒奪であり、個人情報保護に優先されるべきである。
Bあまりにも中野区役所の行政裁量による権限が肥大化してしまう。
原告側の家族は地獄のそこをのた打ち回るような苦しみを味わっている。
人権擁護法の事前練習のような酷い仕打ちが中野区役所によって行われている。

(↓ 判決文一部のJpeg画像あるブログ)
http://nakanokuoubou.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-89ef.html

2 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 07:20:18.03 ID:IwO9gJzL
【そのほかの周辺事情】
@中野区役所は高齢者虐待防止法6条に定める相談・指導・助言規定を、知ることさえなかった。
A実際には虐待行為は強制保護当時はまったく行われていなかった。
B原告側は何度も区役所内で区役所職員に土下座をして謝罪をした。
C中野区役所は一方的に後見人設置をしてしまい後見人は人権侵害状況を継続(T女性弁護士)面会すら拒否。
D野方警察署は捜査案件として扱わず。
E中野区役所福祉分野は日本共産党の拠点。虐待通報した女医も共産党活動歴のある人物。
F中尾彰裁判長の事実認定は被告側に全面的に偏る。証拠捏造の指摘も判決上で握りつぶす。
G上記強制保護期間1年間のうち親族が面会できたのは4回、それぞれ1時間程度だけ。
H厚生労働省は1年以上親族(友人知人)に居場所を秘匿するのは合法とする立場。

3 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 07:20:49.36 ID:IwO9gJzL
中尾彰裁判長は、原告側の、被告が高齢者虐待防止法6条規定を
知ることすらなかったとする主張を揉み消した。

さらに相談指導助言は必ずする必要はない。事態を悪化させることもある。
と判決文で述べる。だが被告提出の会議記録書証には千葉某警察官や
某ケアマネージャーが「家族会議を開かせることも必要」と発言していた。

このような事実を中尾彰裁判官は無視・隠蔽・握りつぶして不当判決を下した。

4 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 07:21:57.40 ID:IwO9gJzL
中尾彰裁判長は、家族の身柄を隠されて以降の交渉を「たびたびの抗議」と決め付ける。
「たびたびの抗議」があるから紛争性が高い事案であると決め付ける。

そのため親族全員、友人知人に居場所を教えず会わせない期間が1年に及んでも、
明文規定に反しても合法と決め付ける。

5 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 07:23:10.79 ID:IwO9gJzL
これでは中野区役所側は、

相談指導助言は行わない
強制保護当時はまったく虐待は行われなかった
明文規定に反して親族友人知人全てを会わせない

など「紛争性を高める」ほど=「区民イジメの強度を増す」ほど、
「親族全員を会わせない理由が出来る」=紛争性が高い、という事態になる。

区民イジメの強度を増し、「紛争性」が高まるほど、区民イジメをする側が有利になる。
愚かしい、知恵と優しさの足りない、頭の中が見てみたい愚かな判決である。

中尾彰裁判官の判断基準の狂気性は、異常なものである。
中野区役所側に勝たせるために、あらゆる事実認定・法解釈を歪曲している。

6 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 12:51:17.47 ID:IwO9gJzL
これでは中野区役所側は、

相談指導助言は行わない
強制保護当時はまったく虐待は行われなかった
明文規定に反して親族友人知人全てを会わせない

など「紛争性を高める」ほど=「区民イジメの強度を増す」ほど、
「親族全員を会わせない理由が出来る」=紛争性が高い、という事態になる。

区民イジメの強度を増し、「紛争性」が高まるほど、区民イジメをする側が有利になる。
愚かしい、知恵と優しさの足りない、頭の中が見てみたい愚かな判決である。

中尾彰裁判官の判断基準の狂気性は、異常なものである。
中野区役所側に勝たせるために、あらゆる事実認定・法解釈を歪曲している。

7 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 12:51:50.16 ID:IwO9gJzL
中尾彰裁判官は、中野区が強制保護の直後、

「暴行虐待したとされる者の半年以内の別居を提案したが、
それは当該家族の経済状況から不可能であったこと、
それを原告側は裁判で資料(所得状況など)で証明した事」

の全部を判決で隠蔽。強制保護以降は原告側がひたすら抗議をし、
中野区側は何も提案をしなかった(何も提案しないというありえない状況)
を認定事実として捏造した上で、

「1年間親族友人知人に個人の居場所を教えないのは適法」というグロテスクな
措置を認める判決を下した。

8 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/17(水) 12:52:32.38 ID:IwO9gJzL
中尾彰裁判長は、中野区役所側が

相談指導助言は行わなかった
強制保護当時はまったく虐待は行われなかった
明文規定に反して親族友人知人全てを会わせない

などについて原告側が問うていたことをもって
「紛争性が高い事案。だから保護施設に虐待暴行をしに行く
 可能性は排除できない。だから1年間親族友人知人全員に
 居場所を教えないのは合理性がある」と判決文で述べている。

しかし区役所側の違法行為を問うことと、家族への虐待暴行をすることは
そもそも別の話であり、原告側は中野区役所職員に何度も、中野区役所内で
床に頭をこすり付けて謝罪と誓約をしている。しかし中野区役所側は
責任者が会わずに下っ端が対応し人身秘匿を続けた。

中尾彰裁判官は「区役所職員に違法性を問う」ことと「親族に暴行を加える
可能性を認定」する方向性の違うことを混同している。

頭がとても弱い人物と言えはしないか。中尾彰裁判官には、正義も順法意識も、
人徳も知性も欠如している。極めて危険な知性劣等者が、裁判官として神のごとく
権勢を恣(ほしいまま)にしている。日本の裁判制度がここまで崩れているのかと
背筋が寒くなる腐敗人物である。

9 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/18(木) 05:12:00.46 ID:hORQYQHB
中間総括・判決の最大の問題点は高齢者虐待防止法13条が明文規定として
「虐待をした養護者は当該高齢者との面会を制限できる」としたものを
「それを成すために全親族・友人知人に居場所を秘匿できる」と中尾彰裁判官が
認定してしまって点にある。愚かしいことに「居場所は個人情報で開示できない」
という中野区側の理論まで判決文中において採用してしまった。

これでは当該措置を受けた家族は地獄をのた打ち回るような苦しみを受けて崩壊してしまう、
「虐待した養護者は面会を制限できる」とある明文規定を「全親族友人知人が対象です」と
勝手に読み変える下賎下劣卑劣な狂気の、中尾彰判決である。

法律は国会から司法関係者の手に渡り、どんな読み替えをしても良いものではないことを、
中尾彰裁判官は全く理解していない。
法立文言は国民に開示され、その明文規定は国民にも示されているものである。
日本語としてそこに示された「明文規定」を裁判官が勝手に改変してはならないことが分からない
中尾彰裁判官は超がつく危険人物である。
中尾彰判決はこれからも中野区が自らの判断で1年以上個人の居場所を全親族友人知人から
秘匿しうるとした人権無視の共産党型の狂気満ち溢れた不当判決である。

10 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/18(木) 05:12:46.09 ID:hORQYQHB
そもそもは中野区役所が犯罪行為を犯したのだが、
中尾彰裁判官が法律の明文規定を蹂躙したことが強度の問題なのだ。
高齢者虐待防止法13条には「虐待した養護者は、面会を制限できる」と明文規定がある。

中尾彰裁判官は「それをなすために親族友人知人全員に1年居場所を教えないのは適法」なる
被告の愚昧な主張を是としてしまった。地方行政府の賠償を認めれば出世が遅れる。
そのような裁判所内の腐敗した処世術の足を舐めるために、法解釈を蹂躙したのである。

だが問題はこの愚昧なる狂人的法解釈だけではない。中尾彰裁判官はそのような判決で、
人としての良心を捨てたのだ。そのようなことをされれば家族がどれだけの苦しみを被るか。
強制保護された本人が、どれだけ寂しく辛いか。誰も訪れない介護者があっという間に
身が縮み、喋れなくなり、死んでゆく現実があるか。

中尾彰裁判官は、それぐらいにことも分からない、愚昧を極めた低劣な男と言わざるを得ない。
明文規定を極度に蹂躙するのでは、日本にまともな裁判所など無いと言える。

ただ書記官に神様扱いされて、高給を蝕み、「自分は高潔な知性の正義の者である」と大見得を切る、
ただのペテン師の心を持った、イカサマ公務員がそこにいるだけである。恥を知れ。

11 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/18(木) 05:14:02.72 ID:hORQYQHB
本事案については親族全員に居場所を秘することは違法行為。
後見人設置の必要性は一切なかったが中野区は家庭裁判所に申請、
自動的とも言える取り扱いで、高野栄子弁護士が後見人になった。

法定後見人でありなっがら高野栄子弁護士は中野区と同様に
面会制限を続け、それ以降数年にわたり当該家族への面会を
拒否している。

ただ会わない、居場所は教えない。これが後見人のすることだろうか。
何十回にわたり謝罪と反省の意を伝えてもなしのつぶてである。
このような状況も中尾彰裁判官は判決では無視している。

とてつもない裁判官である。

12 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/18(木) 05:14:44.36 ID:hORQYQHB
本事案については強制保護直近2ヶ月においては、すでに虐待行為は「ほぼ完全にゼロ」であった。
そのことは中野区提出の乙号証により明確に明らかになるところである。

わずかに「腕に5ミリ程度のかさぶたが数箇所、絆創膏が一つ」確認されただけであり、その三日前に
共産党系政治活動歴のある女性心療内科医師が「両腕に酷いあざ」とある証言が完全に崩壊している
状況にあった。
そのほか皮膚科や内科の医師は「虐待行為は認められない」と驚いていたということまで乙号証には
記載され、強制保護には反対の意見を述べていることが記載されている。

このような状況下であるにもかかわらずの強制保護であるが中尾彰裁判官は「なんら違法性はない」と
狂気の判決を強弁したのである。
狂人裁判官と言わざるをえない。
法を曲げ、事実認定を曲げ、家族がのた打ち回るほどの苦しみを受けた違法行為を「屁理屈」で適法とする。

これだけ腐敗した危険卑劣裁判官は、日本に二人といない。下賎下劣を極めている。
極めて卑劣な、出世主義者で、法と正義を踏みにじって平然とする、心が腐りきった冷血漢である。

13 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/20(土) 03:27:11.05 ID:3sQc62XO
極めて卑劣な、法律の明文規定を踏みにじった判決を下した、中尾彰裁判官
家族の地獄のような苦しみを理解できない、知的水準が精薄レベルに近い人物。

14 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/22(月) 14:55:33.39 ID:cTphwzkY
なお後見人設置の不服申し立て権者は、4親等以内だが、
後見人設置決定の審判は、なんと今回は高野栄子にしかいかなかった。

家族は後見人設置の事実自体を知らされず、不服申し立て制度・期間があることさえ
通知されなかった。このような事態も原告は準備書面で指摘したが、中尾彰は黙殺した。

日本の裁判制度は狂気の怠慢を抱えている。その怠慢の先に、正義の仮面をかぶった
超悪徳犯罪共犯の者、中尾彰のごとき下劣人物が生まれるのである。

15 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/23(火) 14:04:37.06 ID:CVKtveRT
原告側は、乙号証に偽造があることも指摘した。
本事案に関する会議録・日誌の類いが、極めて決定的に、
相互矛盾している事、あるべき記録が抜かれている事、
白紙やパンチ穴の痕跡の有無が、偽造である事を明確に
指し示していると指摘した。

しかし中尾彰裁判官はこれらの指摘を完全に黙殺した。
そして高齢者虐待防止法の明文規定を蹂躙し、
中野区役所の判断だけで国民の一人を家族友人知人から
1年以上も居場所秘匿するという極限的な権力乱用犯罪を、
是認してしまった。狂人裁判官としか言えない!
中尾彰は裁判官というよりは狂人であり、卑劣な共犯犯罪者である。
裁判制度は崩壊している。
日本の裁判関係者は、恥を知るべきである。日本はこんな国ではなかった。
日本の裁判制度は中尾彰のように表出した正義と知性の欠落人物の判決によって、
国民の信託の付与に足りえない、腐敗と不正義に満ちた、
悪辣組織・悪辣制度であることが、白日の下に晒された!

16 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/24(水) 16:24:12.50 ID:OFEly9q3
中尾彰判決では、高齢者虐待防止法13条には、期限の定めが無いという。
この認識自体が、第9条の規定を看過した、極めて不当な認識である。
また中尾彰判決は、期限の定めが無い以上、危険が去るまでは措置を続けなければ
ならないとしている。本事案の場合は、ではどのような事態に推移したか。
中野区側は、ただただ時間を引き延ばし、被害者家族の反省の態度を記録にも残さず、
立ち直りの可能性を(記録上は=乙号書証は後日作成された偽証書類)一切考慮していない。
そして後見人高野栄子弁護士の不要な設置に至り、この弁護士は被害者家族への面談も拒否して、
もはや5年も強制保護された家族の居場所を秘匿している。
このような後日経緯を併考しても、中尾彰裁判官の示す「危険が去るまで全親族への居場所秘匿は適法」
なる判決が、明文規定に反している法の死であるのみならず、実態的にも不当であることが明白である。

「危険を除去するまで居場所秘匿は合法」という危険を除去するとは後見人を設置して
その後見人が面会拒絶して5年でも居場所秘匿を継続する事態の解決を見ることが理想正当なのか。
そうではないはずだ。高齢者虐待防止法は飽くまでも第9条規定の一時的措置であり、
介護職員には人身全面秘匿の権限は与えられていない。
飽くまでも一時的な避難と、時間を置き、家族の反省や再発の防止状況を観察する短期措置の規定であり、
中尾彰裁判官は、根底から高齢者虐待防止法の理念と立法意義を解釈できていない不当判決を下したのである。

17 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/26(金) 04:55:08.29 ID:2i0pvCVS
東京地裁裁判官・中尾彰は、法律の「明文規定」を蹂躙し、
中野区役所のいわれない区民イジメを正当化する、
人間の風上にも置けない卑劣奴である。

18 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/26(金) 12:16:32.93 ID:2i0pvCVS
2ちゃんねる裁判・司法板書き込みより

26 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2014/09/26(金) 07:02:09.53 ID:UeoyK5RJ0
東京地裁とか、さいたま地家裁とか、こういう大都市の裁判官ほど
保身しか頭にない「ひらめ裁判官」ばかりなので、公権力の犯罪行為を
罰するなんてことは、出来ないんだよ。

弁護士等の第三者に裁判官の判決を、抜き打ちサンプルでチェックさせ、
おかしな判決が多い裁判官は、10年ごとの任期を更新しなかったり、昇進
、昇給もさせない
などの改革が必要。
あと。裁判官の人数が少なすぎるので、大幅に人員を増やしたうえで
1人頭の給料を大幅に削減することも必要。

19 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/27(土) 18:22:29.27 ID:Z/UwlpCe
中野区が高齢者虐待防止法6条の規定を知ることすらなく、
千葉某警察官そのほかが家族会議を開かせるよう提案したが中野区職員が
黙殺して強制保護に及び、中尾彰裁判官がかかる状況にもかかわらず
「場合によっては事態悪化を招く恐れもあるので相談指導助言は不要」と
判決文中に述べたことは以前も指摘した。

そのほか裁判で争われた点として、中野区側は一時期虐待をしていた家族を、
「昼夜逆転していて何もしていない」と認識していたが、被告側は資料を示し、
昼夜逆転など全くしておらず、家族経営の会社の経理・留守番・振込み、
メールやファックスによる取引先との折衝、そのほか業種固有の制作実務をし、
また食品などのほぼ毎日の買出しや清掃ゴミ出しを担当していたことを詳細に示した。

しかし中尾彰裁判官はそれらを黙殺隠蔽した判決を示した。
原告側は、法廷で主張しても、隠蔽黙殺され、明文規定を蹂躙した判決に、
絶望と諦念を深くしている。全く正義の欠片も無く、ただただ腐敗した不正義が
淀んでいるだけの東京地方裁判所。国民の負託にこたえない「神様自認の下劣漢」の
中尾彰が、書記官らに神様使いされ、犯罪の片棒を担ぐ大嘘判決をひねり出すだけの
卑劣地になっている。

20 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/28(日) 03:11:48.95 ID:ZMJtnN1H
中野区役所職員に何日も、土下座をして謝る家族があり、
強制保護当時は全く、暴行は無かった。

法規の明文規定を蹂躙して、中野区役所の職員の判断だけで、
1年以上も家族一人の身柄を親族友人知人すべてから居場所秘匿した。

中尾彰裁判官は法律を踏みにじって中野区役所職員の
ありえない犯罪行為・区民イジメを、正当化してしまった。
裁判所は死んだ。
中尾彰裁判官によって死んだ。

21 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/30(火) 00:51:01.47 ID:x4uAYh/c
被告乙号証によると、強制保護以前(被告=中野区側が一度も虐待者とされる者と
会わなかった時点で)被告職員のうち犯罪の中心にいたヒラ女性職員は、
虐待者とされる者について、「原告は、中程度の人格障害者だと思われる。
両親に甘やかされて育ち、何かすると尻拭いを両親がやってくれていたと思われる」と
書かれていた。しかし当該職員はその時点で一度も原告と会っていない。会ってもいない
人間をそのように記す異常性。

同じように本件の唯一の通報医師である共産党活動歴ある女性医師は、
「原告はひきこもりというより「落ちてゆくことが出来ない人」「社会性が落ちている」」
と発言したと記録されている。こちらも原告と一度も会わずにここまで言い切っている。

これらの異常性についても原告は指摘し、それらの異常な人的評価をもとにした措置には
適正性が全くない(公務員が公務として措置をするに相応しい精神的正常性が、被告職員らには
備わっていない。法律解釈の正常性が欠損しているのと同様に)ことを指摘したが、
中尾彰裁判官はこの件(くだり)も、判決で完全に握りつぶした。

原告は裁判所の「正義を持たない下賎な欺瞞性」に、絶望を極めており、死をもって抗議する旨、
周囲に漏らしている。

22 :名無しさん@介護・福祉板:2014/09/30(火) 16:11:45.61 ID:x4uAYh/c
法律の明文規定を蹂躙し、
中野区役所職員だけの裁量で、
1年以上も一人の家族の居場所を
親族友人知人全員から秘匿することはありえない。
親族友人知人に居場所を教えるのが個人情報の開示であるから
しなくて良いなどという判決は、
噴飯物を通り越して哀れでさえある愚劣なもの。
中尾彰裁判官は醜悪愚物である。

23 :名無しさん@介護・福祉板:2014/10/01(水) 20:40:25.14 ID:ixaZV7u4
中尾彰裁判官判決では、
@強制保護後何度も「抗議」をしている。
A何度も土下座をしている。
B被告は原告に精神病院に行くよう薦めている。

そのような事から「1年以上に及ぶ全親族友人知人への居場所秘匿は合理的」としている。

@は、既に述べたように「抗議」ではなく「話し合い」であり、家族を奪われれば当然に
 するものである。当初は半年以内の別居という 不可能条件を出していた事。
 中尾彰裁判官は隠蔽したまま判決に及んだ。

Aは、家族と会いたいから土下座している必死の原告の想いがあるものを、土下座をした、
 それゆえに紛争性が高いと、「悪い条件」に数え上げているのは、言語道断の卑劣な
 論法であり、人としての道を踏み外した論理である。

Bは、既に述べたように被告職員は異常な人格を備え、会わない人間を非常に汚い言葉で
 人格認定している。「昼夜逆転で何もしていない」などと甲号各証で丁寧に否定した、事実に
 基づかない認識である。そのような認識の下で被告職員が一度短い時間「口にした」だけである。
 そのような「被告らが精神病院に行けと言ったから被告の「1年以上の家族の居場所秘匿」が
 合理的だ」というのは、まったく不合理論である。

 中尾彰は特段被告の主張した論でないものまで見つけてきて判決理由に加えている。
 一方で原告の主張する有力事実は、ことごとく隠蔽無視し、判決に論及されていない。

裁判官中尾彰は真にペテン師状の性格を備えた下賎・下劣人物である。

明文規定を蹂躙し中野区役所職員の判断だけで、1年以上家族の居場所を全親族から
秘匿することを是認した。強制保護当時は全く家族虐待など行われていなかったことも、
被告の原告に対する事実認識・人格認識が異様に粗雑で誤認であった事も、隠蔽無視した。

真に狂人裁判官と呼ぶべきはこの男、中尾彰である。

24 :名無しさん@介護・福祉板:2014/10/03(金) 08:07:06.33 ID:MejoWsiI
日本の司法は終わっている。
「虐待した養護者は面会を制限できる」という国民に提示された
法律文言を、「それをなすために全親族友人知人に居場所は教えません」
とする中野区役所の狂人的理論を是認した中尾彰。

家族がのた打ち回って苦しむ地獄のような苦しみが一切理解できない知的障害裁判官!

個人の居場所を教えることが個人情報の開示になるなどというのは、
「生命・生活・健康・財産」に関わる個人情報は開示しなければならないとする
個人情報保護法の規定からも類推して開示対象であり中野区の条例においても
同様の規定は読み取れる。

なによりも中尾彰判決は、日本国憲法の基本的人権の尊重に違反した、憲法違反判決である。

25 :名無しさん@介護・福祉板:2014/10/08(水) 06:51:43.26 ID:sb1VlKxh
.

26 :名無しさん@介護・福祉板:2015/04/02(木) 01:45:39.08 ID:dr8bNzqk
同じ事を繰り返してて大変だね

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)